カテゴリー「個人記録」の記事

2014年12月31日 (水)

2014年の総括

1920971_703896746359718_52056846366文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

実は今年1年間まったくブログの記事をアップしてなかったです。

この記事が最初で最後になりますね(^^;)

昨年の末にランニング中の転倒で鎖骨骨折を受傷し今年は初めからモチベーションがかなり低下。ここのブログもなおざりになりました。

しかし、5月に娘が誕生! 更に頑張らなければならない状況にはなったんです。

でもランニングは10年やって目標をクリア したところでイマイチ気持ちの盛り上がりに欠けました。

なにか身体に新しい刺激がいるという気持ちは強く苦手なことにチャレンジしたくなっていたんです。

スイミングは私が今まで避けていた競技です。中高とプールの無い学校だったんで金槌の私に好都合で泳げないまま大人になりました(^^;)

新しいスイミングスクールがオープンして子供達が行くという話になった時、トライアスロンコースがあることを知りました。それも午前6時15分から午前7時45分! これだ!と思いました。

トライアスロンに出る気は全くなく、泳げない私にはタフ過ぎて個人練習してる状態ですけどね(^_^;)

そして、7月から頭の老化にチャレンジするためプログラミングも始めました。

実はプログラミングの勉強は別のブログで記録をつけながら続けています

ランニングも必ず年1回ウルトラ100kmを走るというテーマは持っています。今年は9月28日に開催された秋田内陸リゾートカップ100kmチャレンジマラソン (上記写真)に参加しました。

昨年は自己ベストの目標だったサブ10を達成しましたが、今年の100kmは10時間39分でした。練習不足だったけど10時間台で走れたんで満足はしてました。

しかし、今年を振り返ってみるとやはり不満足な一年だったでしょう。このブログも放置してしまったし、ランニングも中途半端、スイミングもまだまだ、プログラミングも先が見えない...

仕事に関して言えば、1つ達成できたことがありました。今年の夏に日本抗加齢医学会の専門医試験を受けて合格しました。アンチエージングの専門医として来年も益々頑張っていきたいと思ってます。

来年はブログの記事もアップしていきます。

では良いお年を!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年12月30日 (月)

ランニングの記録7 - サブテン

20131020151604
文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

2013年の総括を書き留めておこうと思っていても年末はやはり忙しい。それでも来年に向けて今年の話をしておこう。

「40歳からのアスリート」をテーマに掲げ、紆余曲折しながらも適度に頑張ってきた。適度な頑張りだったんで偉そうな話はできませんが、今年は節目を迎えることができました。

ちょっと遡って「ここ」を読んでもらうとわかるけど、「40歳からのアスリート」で掲げた目標は2つ。一つ目は、フルマラソン(42.195km)を3時間以内で走る「サブ3(スリー)」。そして、二つ目が、ウルトラマラソン(100km)を10時間以内で走る「サブ10(テン)」だった。

しかし、サブスリーの夢は早々に諦めていた。サブスリーを狙うには絶対的に練習量が不足していたし、人生のテーマと掲げるぐらいの目標なら、もう少しランニングを中心にした生活をしなければならなかった。しかし、根気も無く集中力に欠ける私がランニング練習を持続できず、ここ2年間は毎月300km の練習距離を続けるに留まった。

それでも、10月20日の第19回四万十川ウルトラマラソン2013で9時間46分の結果を出して念願のサブテンランナーになれたんです。実はメチャメチャ嬉しいんです!!!

これで私の目標だった「40歳からのアスリート」は節目を迎え、来年から新たな目標に向かって走ることになった。迫り来る50歳代をパワフルに過ごすためにも身体には新しい刺激を加えていくつもりだ。

-----

今までの私の記録

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間17分20秒
とくしまマラソン2009(09/04/26)

ウルトラマラソン100km 9時間46分03秒
第19回四万十川ウルトラマラソン(13/10/20)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年1月22日 (金)

ランニングの記録6 - 第14回宮古島100kmウルトラ遠足

今までの私の記録

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間17分20秒
とくしまマラソン2009(09/04/26)

ウルトラマラソン100km 10時間37分??秒
第14回宮古島100kmウルトラ遠足(10/01/16)

-----

「40歳からのアスリート」というテーマを掲げ、ウルトラマラソン、100kmを10時間以内で走る「サブ10」、そしてフルマラソン、42.195kmを3時間以内で走る「サブ3」に挑戦しているけど、本気で狙い始めたのは、43歳になった一昨年の暮れ。

最近ライフログの読者になった人は、私が昔からランニングをしていると思っているでしょう。実はランニングを始めたのは2005年(平成17年)から。小豆島で開催された第26回瀬戸内海タートルマラソンが初フルマラソンで、もう年齢は40歳になっていた。この時、練習不足の初心者が経験する足の痛みに苦しみながら走った。中間地点の折り返しから、給水所毎にロキソニン(鎮痛薬)を飲んでいた。医者とは思えない無茶苦茶な走り方をしていたから、30kmを超えたところで、ロキソニンを飲んでも改善しない激痛に襲われ、最後の数キロは足を引きずって4時間38分33秒でゴールした。

右下腿のシンスプリントだった。それから1ヶ月以上走れなかい日々が続いたよ。これを教訓に、鎮痛剤は止めた。痛みってのは、無理をしたら身体が発するサインなんですよ。ちゃんと警告のサインを受けとめなきゃね。鎮痛剤で誤魔化していると、大きな怪我になり、体力もモチベーションも下げてしまう。リハビリに時間もかかってしまう。中年以降になるとリハビリの時間ももったいないね。痛くなるってのは、絶対的に筋力不足なわけで、長時間走る筋肉ができてないってことは、練習不足なんですよ。

今は鎮痛剤を使ってません。筋肉痛はあるけど、2,3日すれば改善するし、筋肉痛があると、「新しい筋肉ができてる」って感じて、逆に嬉しくなる。トレーニングをして筋力がついてくると、ちょっと練習をしても筋肉痛は起こらない。そうなれば、強度をちょっと上げて筋肉痛を起こすって事を繰り返すようにしている。

初ウルトラは、3年前の2007年の宮古島100kmウルトラ遠足だった。タイムは11時間34分41秒、初めてにしては良いタイムだったから、満足してしまった。その後、走ったり走らなかったりダラダラしてモチベーションは低下。現状維持もできなくなって、翌年の2008年の宮古島は、14時間19分11秒...

これじゃいけないと奮起して2008年の暮れから「40歳からのアスリート」計画をスタートさせたという流れだ。年齢は40歳半ばにかかって、体力は落ちているけど、どこまで記録を伸ばせられるか試したくなったんですよね。

当然、若者の練習法を取り入れるつもりはない。衰えゆく筋肉に合わせた独自の調整法を試さなきゃいけないでしょう。無理な負担を心臓や関節にかけないっていうのが原則、だって健康的な老後を送ることも目的の1つですからね。自分の体力に合わせて調整していくため、最新の文献データも利用してエビデンスに基づいたトレーニング法を取り入れ、自分の身体を使って実践するスタイルを取っている。

まあそういう訳で、40歳を超えてサブ3、サブ10ができるかどうか、皆さん、見守ってくださいな。

こういう状況で昨年1年練習を続けた。走る大会で自己ベストが出ていたのも頷けるでしょ。10月の四万十川ウルトラマラソンは自己ベストが出て一年の締めくくりになった。

今年初っぱな、恒例になっている宮古島100kmウルトラ遠足に参加した。四万十川ウルトラでは、後半ミネラル不足で失速してしまったという苦い経験をしたので、これを克服すれば10時間30分は軽いと思っていた。

Web 今年は総勢19名で宮古島に乗り込んだ。初ウルトラが4名いたり、練習不足のメンバーの憂え顔の中、一人、「10時間30分切ったる、10時間近づけてやるぞ」と気を張っていた。

実はライフログの裏ブログ、ライフログ・アザーサイドで宮古島ウルトラの中継をした。

「宮古島100kmウルトラ遠足」をキーワードにしてググってみてもいい。ライフログ・アザーサイドがトップページに現れると思うよ。

実はレースの総括も既に書いている:2010年宮古島100kmウルトラ遠足の総括

自己ベストで走れてある程度満足してしまったけど、目標タイムに届かなかったのは悔しい。ミネラル不足の対処もして記録が伸びなかったということは、昨年の10月から続けている練習のままでは現状維持が精一杯ってことだろう。このままではいくら練習しても記録が伸びない。練習に変化を加えなければならない時期ですね。

次は月末の愛媛マラソン、自己ベストは無理でも3時間30分は軽くクリアしたいと思っている。どうなることやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年10月25日 (日)

ランニングの記録5 - 第15回四万十川ウルトラマラソン

Plomyzqmwqmjmawscu03ks3kskxl01陸上競技に縁もゆかりもなかった私のライフスタイルにランニングが入ってきたのは5年前。知り合いの先生が「ウルトラマラソンに出てみない?」と誘ってくれたのが切っ掛けだった。

それから1年後、「第11回宮古島100kmウルトラ遠足」に出場した。初ウルトラは11時間32分で完走。初めてにしては好成績だった。しかし、無理をしたのは言うまでもなく、身体はボロボロ。それから動けない日々が続いた。

好成績で走れた満足感と身体の故障からモチベーションは下がってしまった。その結果、翌年の第12回大会は完走できたけど、14時間19分というボロボロな成績だった。海宝ロードレース主催の大会は制限時間16時間。しかし、一般的な14時間制限なら途中リタイヤになっていただろう。

このままじゃ駄目だと思い立ったのが昨年の10月。ダラダラと走っていてもいんだけど、メリハリのある生活にするため、「40歳からのアスリート」というテーマを自ら掲げた。そしてランニングに取り組む姿勢に変化を加えた。

それまでは100kmも走らない月もあったけど、10月から月300kmから400kmの距離を維持した。そして、三度目のウルトラ挑戦。今年の1月に開催された「第13回宮古島100kmウルトラ遠足」では、自己ベスト11時間24分で走れた。

これまでは大会が終わったら走らなくなっていたけど、今年はランニングを続けている。大会参加が目的じゃなくなったからだ。走り続ける人生、生涯アスリートしてどこまで走れるか考えるようになったからだろう。

モチベーションをキープするためにフルマラソンの大会にも積極的に出場した。海部川風流マラソン、四万十川桜マラソン、そして徳島マラソンにも出場。出る度に自己ベストも更新できた。

しかし、春先のランニングシーズンが終わって、夏場になると悪い癖が出てきた。雨が多いという理由から走らない日が増え、モチベーションもかなり下がった。それでも、なんとか通勤ランを続ける日々。しかし、9月にはとうとう月間走行距離が200kmに届かなかった。

嫌な状態で秋のランニングシーズンが到来した。

不安いっぱいで四万十川ウルトラマラソンのスタートラインに立っていた。

大会は10月18日の日曜日だったので、前日の土曜日にUMMLの白石先生の車で四万十入りして前夜祭(写真は前夜祭の集合写真です。右端でガッツポーズをしているのが屋台ブルー)に参加した。赤鉄橋下でキャンプをする白石先生と別れ、UMMLのすずやんが民宿月白に連れて行ってくれた。作家の家田荘子さんも度々訪れる月白は、お遍路さんの好んで泊まる民宿なんで、ウルトラの大会と無関係で、朝早い我々に朝食の用意は無い。それでも、大相撲ファンの女将さんは、大相撲勝栗くんとジュースのセットを持たせてくれた。女将さん、ありがとうございました。

午前3時に起床して、前日コンビニで買っておいたおにぎりやパンを食べる。ウエアを着込んでトイレに行くけど、出ない... 朝早いスタートの大会ではいつも困る。頑張っても仕方ないから3時半に宿を立つ。ゴール会場の中村高校横にある駐車場に車を駐め、スタート会場行きの巡回バス乗り場に向かう。午前4時過ぎに巡回バスに乗り込んでスタート会場になっている蕨岡中学校に午前5時頃到着、号砲まで30分しかない。

簡易トイレがずらーっと並んでいるけど、待っている人も長蛇の列。誰もが同じ状態なんですよ。我慢できない訳じゃないからトイレは諦める。

62km地点のエイド、カヌー館で受け取る荷物とゴール地点で受け取る荷物を受付に預けてから、スタートラインに移動する。

午前5時半にスタート。

薄暗い中、人混みをかき分けながら走り始める。最初の20kmは標高差600mの登りがあるから、できるだけキロ6分を切るペースで走りたい。しかし、1500人の集団の中で思うように前に進めない。1キロ毎に距離表示があるけど、最初の1キロ表示を通過する時、既に7分を回っていた。「さあ、挽回していかなければ」という気負いと、オーバーペースでは潰れてしまうという不安感を感じながら、足の感覚を確かめるように慎重に走る。

町から出て山へ入っていく。すずやんに後ろから声をかけられて抜き去られる。速すぎるという思いと、遅れたくない気持ちが足を速める。しかし、冷静になってペース落とす。微妙な心境の揺れからペースも定まらない。遅れたくない気持ちが強いから、2.5km毎にある給水所に立ち止まらない。

徐々に上りの高配がはっきりしてくる。ペースを落とさないように気をつける。走り出してしばらくすると、トイレに行きたくなった。エイド後に設置してある簡易トイレを確認するけど、いつも誰かが入っている。何度もパスしながら走り続けていると、トイレを我慢できず茂みに消えていくランナーが気になっていく。

とうとう我慢できなくなって、コーナーの陰に隠れる茂みに入って用足しをしてしまった。コースに戻ると、ずすやんが前を走っていた。彼がトイレに寄っていた時に抜いていたが、自分が用足しをしている間に再び抜き返されていたようだ。

20kmのラップタイムは1時間59分。なんとか2時間を切ることができた。次の40kmまでは下りが続く、自ずとペースは上がる。途中のライダーハウスで用を足してから身体が軽くなり、快調に走ることができた。1時間49分のラップタイムで40km地点をパスする。約10分の貯金ができていた。この貯金をどこまで維持できるのか考えていると、隣を走っていたランナーが話しかけてきた。フルマラソンを3時間7分で走る彼はウルトラ初挑戦だそうだ。サブ10狙いというけど、サブ10狙いだったらもう少し先を走っていないとね。

フルマラソンの距離42.195kmでちょうど4時間というタイムだった。さあ、ここからどんな走りができるかだ。

前を走っていたすずやんがペースを落としていた。まだまだこれからだよと声をかけて彼を抜き去った。その後、キロ6分をキープして走ろうとするけど、自分のペースも少しずつ落ちてくる。60kmまでのラップタイムは2時間3分。

ここで力尽きてしまった。62kmのカヌー館にたどり着いたときは、貯金が5分になっていた。荷物を受け取っておにぎりを頬張りナッツを食べる。少し腰を下ろして休むと時間はすぐに経つ。10分休んて5分の借金ができてしまった。既に足に疲労がたまっているからもうペースは上がらない。キロ7分をキープすることも難しくなってしまった。

ペースが極端に落ち込んだから途中の給水所やエイドに立ち止まれなくなった。後半は水ばかり飲んで直ぐ走るという繰り返しだ。80km地点までのラップタイムが2時間27分。うーん、10時間台もやばい。それでも最後の20kmは必死に走り、ゴールまでのラップタイムは2時間24分。ちょっと縮めることができて、最終的に10時間43分で走りきった。

ダメージは大きく、ゴールして座り込んだら動けなくなってしまった。立ち上がるとめまいと脱力感に襲われる。かなり無理をしていた。知り合いが持ってきてくれた四万十うどんを汁まですべて飲み干したら体調が戻った。間違いなく塩分不足になっていた。後半で水ばかり飲んでいたためだ。足がつっていてもおかしくなかっただろう。塩分をしっかり補給していたら後半のペースの落ち込みももう少し改善できたかもしれない。次のウルトラの課題としておこう。

サブ10を目指していながら10時間43分というと、不甲斐ない記録に思われるかもしれない。しかし、満足している。夏場の練習不足があったけど足は結構動いてくれたし、レース後に筋肉痛以外の故障は無いからだ。

サブ10はまだ先の目標にしようと思う。次のウルトラは来年の1月だけど、今度は10時間30分にする。記録は自ずと付いてくる。フルマラソンでサブ3もまだまだ先にしておこう。

無理せず怪我せず走り続けたい屋台ブルーでした。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間17分20秒
とくしまマラソン2009(09/04/26)

ウルトラマラソン100km 10時間43分18秒
第15回四万十川ウルトラマラソン(09/10/18)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年4月27日 (月)

ランニングの記録4 - とくしまマラソン2009

「40歳からのアスリート」計画進行中の屋台ブルーです。昨日、徳島で開催された「とくしまマラソン2009」に参加してきたよ。

大会参加の詳細は、ライフログのプライベートブログ、Life-LOG OtherSideに書いてあるから、興味のある人は読んで下さい。

今年の目標の1つは、「フルマラソンを3時間30分以内で完走」だったけど、「40歳からのアスリート」という目標もあり、3時間10分に引き上げた。最終的に来年ぐらいにサブスリーを狙うつもり。それにしても、3時間17分はよく走ったなと我ながら思うよ。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間17分20秒
とくしまマラソン2009(09/04/26)

ウルトラマラソン100km 11時間24分14秒
第13回宮古島100kmウルトラ遠足(09/1/17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 9日 (木)

ランニングの記録3 - 四万十川桜マラソン

「40歳からのアスリート」を実践中の屋台ブルーなんだけど、先日、4月5日に高知県、窪川で開催された第一回四万十川桜マラソンに参加してきたよ。

その時の様子は、ライフログのプライベートブログ、Life-LOG OtherSideに報告しているから見てね。

今年の目標の1つ、「フルマラソンを3時間30分以内で完走」は達成することができたよ。ということで、フルマラソン記録への挑戦は一休み。次の目標は、100kmウルトラマラソンを10時間以内で完走だ。練習法も少し変更していくから、秋口の四万十川ウルトラマラソンで達成したい。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間20分53秒
第1回四万十川桜マラソン(09/04/05)

ウルトラマラソン100km 11時間24分14秒
第13回宮古島100kmウルトラ遠足(09/1/17)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年3月26日 (木)

ランニングの記録2

「中年男のアスリートへの道」をテーマに始まった今年、今のところ真面目にランニングを続けているよ。右のカテゴリーに「個人記録」っていうのがあったのを忘れていた。久しぶりに更新できている記録があるから更新しておく。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間37分06秒
第1回海部川風流マラソン(09/02/22)

ウルトラマラソン100km 11時間24分14秒
第13回宮古島100kmウルトラ遠足(09/1/17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月21日 (土)

個人的な記録

個人記録」というカテゴリーを作って自分の個人的な記録も載せていた。

先日このページにライティング・ダイエット宣言もした。

私の個人的な記録がいつまで経っても載らないと思った人もいるでしょう(いないか)。実はこのLife-LOGの裏ブログ、Life-LOG OtherSideに個人記録を載せている。

個人的な記録

興味ないかもしれないけど、毎日コツコツ記録を残しています。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 7日 (月)

ランニングの記録

ランニングの個人記録を、そういえばまだ話していない。振り返ってみれば、UMMLの会長であり私の医局の先輩、現在は白石心臓血管クリニックの院長、白石先生に誘われてランニングの世界に入ったのは、2005年の夏。それから曲がりなりにもランニングを続けることで肉体的にも精神的にも健康でいられていると思う。無理な走りをして二ヶ月以上走れなくなったこともあるが、最近一年ぐらい筋肉痛以外の故障はない。このまま無理しないで今年の目標タイムを出したい。

クオーターマラソン12km 56分35秒
第1回高松ファミリー&クオーターマラソン(06/10/22)

ハーフマラソン 1時間42分50秒
第29回小豆島オリーブマラソン全国大会(06/5/28)

フルマラソン 3時間48分10秒
第27回瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会(06/11/26)

ウルトラマラソン100km 11時間34分42秒
第11回宮古島100kmウルトラ遠足(07/1/13)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年3月13日 (月)

Private Record 3

今朝、車で通勤中に自転車で旅行をする若者の集団を見かけました。自転車のキャリアに寝袋や鍋をくくりつけて走っている連中だったんで、春休みに旅行をしている学生かなと考えていたら、自分が学生だった頃を思い出しました。実は自分も医学生の頃に自転車旅行をしていて、春休みに紀伊半島を一周した事があるんです。あの頃は自転車で運動するのが好きだったけれど、健康のために走っていなかったと思います。今は時々通勤に自転車を使うけれど、楽しみのためというよりは健康のためという意識が強いですね。自転車は好きなんでそんなに苦にならないけど、時々健康のためという気持ちに負担を感じることもあります。運動を生活の習慣にする場合には気持ちの負担は大きな障壁になりえます。やはり楽しみながらすることは大事な事で、何をして楽しいかというのも人それぞれです。この楽しみは自分で見つけるしかありません。低俗な理由でもいいと思います。私はランニングを生活の一部にしていますが、仲間と競争したり、マラソンの大会でいい記録を出したいという目標を持って練習を続けています。あまり競争心を強く持ちすぎると大人げないと言われるかもしれませんが、運動を習慣化することが大事なのである程度はかまわないと思っています。でも過度の運動で体を壊さないようにしなければいけませんね。(06/3/13)

今朝の体重:64.1kg

今日のエクセサイズ

腹筋100回: 腹直筋、内・外腹斜筋

背筋50回: 脊柱起立筋

バタフライマシーン(105kg)20回: 大胸筋、三角筋

ラットプルダウン/バックワイド(50kg)20回: 広背筋、上腕二頭筋

ラットプルダウン/ナロウ(50kg)10回: 広背筋、上腕二頭筋

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧