カテゴリー「1 お知らせ」の記事

2020年4月18日 (土)

オンライン診療のご案内(改訂)

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、オンライン診療において政府から特例的・時限的な対応ができるようになったため、田井メディカルクリニックにおいて自由診療でのみ対応をしていたオンライン診療を保険診療にまで広げて対応をすることにしました。

特例的な対応のため数々の制限があり、当院でのオンライン診療に関する注意点をここで説明させて頂きます。ご確認ください。

オンライン診療を受ける条件:個人情報管理が重要なため株式会社メドレーのCLINICSシステムを利用しています。そのため、利用条件として、各種のスマートフォンとクレジットカードでの支払いが必要になります(特例は下記)。

田井メディカルクリニック オンライン診療サイト

初診でオンライン診療を希望される人

  1. 田井メディカルクリニックに一度も受診をしたことがない初診の場合:ちょっと熱がある。咳がよくでる、鼻水が出る。でも相談できるかかりつけ医がいない場合、オンライン初診料での対応になります。オンライン診療の場合、システム使用料(通話料)として 300円の費用負担が発生しますので、同意していただければ、田井メディカルクリニックのHPから同意書をダウンロードして、日付とサインをして写真で撮ってCLINICSの書類添付もしくは当院のメール(info@tai-med-clinic.jp)もしくはFax(087-866-3482)に送付する必要があります。また本人確認のため、写真付きの身分証明書と保険証も写真を撮って上記の方法で事前に送る必要があります。追加事項:安定した慢性疾患(高血圧症、脂質代謝異常、糖尿病等)の継続処方を希望される初診の人にも対応しますので、前医の薬剤情報や検査値などの情報を事前に送っていただけると助かります。
  2. 田井メディカルクリニックにへの受診歴はあるが最近受診していない場合:対応は上記と同様になります。

注意:処方日数は7日間になっています。そして、向精神薬(安定剤や眠剤)、麻薬、抗悪性腫瘍剤、免疫疾患抑制薬など特殊な薬剤の処方はできませんのでご了承ください。慢性疾患で状態が落ちついている場合、初診でも処方日数は30日分の処方をします。

既に通院中でオンライン診療を希望されている人特例として、スマートホンのアプリとクレジットカードでの支払い以外、通常の電話でのオンライン診療も受けつけます。しかし、必ず受診前に保険証と写真付きの身分証の写しを事前にメール(info@tai-med-clinic.jp)もしくはFax(087-866-3482)で送ってください。

  1. 当院で管理している特定疾患(高血圧症、脂質代謝異常、糖尿病など)をオンライン診療で継続させる場合、基本的にオンライン診療療養計画書が必要ですが、今回は特例として時間ができたときに計画書を作成することになります。定期の処方は原則1月処方になり自宅への配送もできます。システム利用料として 300円の費用負担は発生します。同意していただければ、同意書に日付とサインが必要になりますので、ご了承ください。
  2. 当院で管理している疾患以外の訴えの場合、例えば風邪をひいたので別途、風邪薬が欲しいような場合もオンラインで対応できますが、同様にシステム利用料の費用負担は発生しますので、同意していただければ、同意書に日付とサインをしていただきます。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

時短診療のお知らせ

香川県でも新型コロナウイルス感染症患者さんの増加を受け、県独自の非常事態宣言が4月13日に発出されました。今までに休校要請に対してスタッフの子ども達をクリニックで受け入れ対応もしていましたが、当院でも自粛・時短診療を決断することにしました。まず水曜日の午後の診療を当面、18時まで(今まで19時)とさせて頂きます。ご利用の患者様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

告知:4/10にオンライン診療実施要項の時限的な緩和通告があり、当院でも来週(4/20)から保険診療でオンライン診療の対応予定です。当院におけるオンライン診療の概要をここで公開しますので今しばらくお待ちください。

田井メディカルクリニック
田井祐爾

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

当院での新型コロナウイルス感染症対策 ver.2

当院でのコロナウイルス対策をお知らせします。当院の感染症対策は、日本環境感染学会が3月10日に公開した「新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(ver2.1)」に可能なかぎり準じ、隔離室を用意(空間分離)して対応することにしています。

まだ香川県に新型コロナウイルス感染症の事例はありませんが、当院では、熱発者(37.5℃以上)に加え、普通感冒患者さんに対しても新型コロナウイルス感染者と想定して対応することにしました。

熱発患者さんは、クリニック入り口の横に設置してあるインターホンを利用してください。職員が即座に隔離室に案内します。しかし、熱発患者さんの受け入れは、1人ずつになるため隔離室に人がいる場合、院外での待機になります。発熱が無くても、感冒症状の場合は、受付で即座に隔離室に案内することになります。隔離室に人がいる場合は、院外への移動をお願いすることになります。隔離室利用患者さんが退室されても10分間は換気時間を設けているため、即座の対応がでできません。体調が悪く受診されたにもかかわらず院外で待機していだくことになりますが、通院患者さんおよび職員への感染予防のためご了承いただきますようお願いいたします。

また今まで早期診断に利用していたインフルエンザ迅速キットを含め、溶連菌、マイコプラズマの迅速キットは、当院で実施しない方針にしました。鼻腔や咽頭ぬぐい液を摂取する検査法はエアロゾルを発生し、院内感染のリスクがあるためです(十分な防護手段を用意することができないからです)。インフルエンザを早期診断して早期治療することを今ままでは勧められていましたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックを契機にその方針が変わったことをご理解ください。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

2019年から2020年の年末年始の予定

2019年から2020年の年末年始の休診のお知らせ

2019年7月より土曜日の診療は香川大学医学部附属病院の外科の先生が代診をしています。

年末年始のクリニックの休みは、2019年12月29日から2020年1月3日までとなっておりますが、院長の診療は12月28日から1月5日までありません。ご了承いただきますようお願いいたします。

田井 祐爾

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

2019年8月(お盆休み)の予定

2019年8月のお盆休みのお知らせです。

8月11日(日)- 15日(木)の5日間は、お盆休みのため休診日となります。

ご不便をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

田井 祐爾

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

2019年6月の予定

2019年6月の休診日のお知らせが遅くないました。

6月14日(金)は、学会出席のためめ休診日となります。6月15日(土)は、香川大学医学部附属病院の代診は予定通りあります。

6月17日(月)の午前診療は都合により休診となります。

ご不便をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

田井 祐爾

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

2019年5月の予定

2019年5月の休診日のお知らせが遅くないました。

5月15日(水)の午前診療は、院長の都合のため開始時間が約1時間遅くなます。ご了承ください。

5月17日(金)は、学会出席のためめ休診日となります。5月18日(土)は、香川大学医学部附属病院の代診は予定通りあります。

ご不便をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

田井 祐爾

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

2019年ゴールデンウィークの予定

当院のゴールデンウィークの休みはカレンダー通りです。ということは、4月27日土曜日は通常通りの午前診療ですが、4月28日(日曜日)から5月6日(月曜日)まで休診になっています。よろしくお願い申し上げます。

通院中の患者様で、急用の場合、留守番電話にメッセージを残してください。その場合、必ず「名前」、連絡先の「電話番号」を、はっきりとした声で残してください。時間がかかるかもしれませんが、こちらからかけ直します。時々、名前だけしか残さない場合があります。その場合は、連絡できないのでご了承ください。

院長 田井 祐爾

|

2019年2月23日 (土)

プライマリ・ケアを語る

ライフログ・オーガナイザー:屋台ブルー

Img_5239_2 自院のホームページに「プライマリ・ケア専門クリニック」と謳っていたら、先日、毎日新聞の記者の目にとまったみたいです。「プリマリ・ケアとは何ぞや?」という質問から取材を受けました。

日本プライマリ・ケア連合学会の単なる認定医にすぎないので、偉そうなことは語れませんが、更新のために5つの概念を復習したところで、それを語れました。

活字にすると崇高に聞こえますが、実際は泥臭い人間関係の中で暮らしている地域住民の生活の中に踏み込んで健康問題に取り組まなければならないため、理想からかけ離れた対応が強いられる事もあります。

病気になり仕事ができず、生活が苦しくなる高齢者が増えている現状を見ればみるほど、健康問題が表に出る前に病気予防に取り組まないと手遅れだと強く思うようになっています。

現政権の「一億総活躍社会」なんてあり得ないような気がします。「介護離職ゼロ」という矛盾したスローガンを掲げていること自体、日本の未来はないように思えます。動けない人が増えることで、介護職の需要を増やし、健康な人を介護に従事させる... これの何処に生産性があるんでしょう。

iPS細胞の臨床応用、免疫療法など高額な治療法も次々に確立され、ますます医療費は高騰している現状、どうしてそれを必要とする病人を増やさない政策を推し進めないのか。

タバコに高額な税金をかける。異性化糖を使った食品に高額な税金をかける。加工食品にも高額な税金をかけ、生鮮食品の業界に優遇処置や減税など、国民を健康にする政策はいくらでもあると思います。

国に守られているタバコ産業、国益に貢献している加工食品や外食産業に規制を入れるという政策がとれない限り日本は、介護の必要な高齢者を加速的に増やしてしまうと思います。

1人でも元気な高齢者でいられるように私はこれからも情報提供をしていきたいと思っています。自分の健康を自分で守ることが日本を守ることだと思ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

2019年1月

みなさん、お久しぶりです。

昨年は私の人生観を変えてしまう出来事もあり色々と考えさせらたので、今年は新たにチャレンジをしていきます。クリニックにも大きな改装を加えています。問題をおこしていたスタッフも昨年末に辞め、私の考えに共鳴してくれるスタッフが今年から加わります。次年度から代診医師も加わり私は遠隔診療への試みもすすめます。 地域医療を中心に更にダイエット指導に力を入れて予防医療を推進していく予定です。

これからもよろしくお願い申し上げます。

田井 祐爾 info@tai-med-clinic.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)