« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 | トップページ

2021年10月13日 (水)

インフルエンザワクチン受付

ブログをないがしろにしている訳ではないが、全く記事をアップしていない日々が続いていた。

事情は色々あるけど、仕事に追われる生活からブログを書き続けるモチベーションはダダ下がり。文章を書き連ねるのが億劫になるスランプ状態にはまり込み抜け出せない。それでも、興味あることは増えているのでインプットは続けている。COVID19パンデミックから巣篭もり生活をしていると、興味のある偏った分野にだけ見続ける生活が1年以上続き、社会の中で自分の立ち位置が分からなくなった。もう少し世界に目を向けたいと思うようになり今年の8月から雑誌Natureの購読している。雑誌も楽しみだが、毎日送られてくるNature Briefingが面白い。Medicalだけに囚われず、あらゆる科学分野に渡り、お勧めの本の紹介やSFショートストーリーまで読める。今どきの科学者のライフスタイルに触れる話題もあり朝から読むのを楽しみになっている...

おっと、少し実用的な話をしておこう。タイトルの通り、今年のインフルエンザワクチンに関しての話題だけど、Nature Briefingの内容をまとめて紹介しておく。翻訳をしているのではなく、内容の紹介なんで、ちゃんと原文を読みたければリンク先を参照してくれ。

そして、当院でも当然のように今シーズンのインフルエンザワクチンを受けつけている。昨年より供給量が少ないので、早めに動いてください。

Why easing COVID restrictions could prompt a fierce flu rebound

今年のインフルエンザに関して

1. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた呼吸器系感染症

新型コロナウイルス感染症の大流行により、従来認められていた呼吸器感染症の発生に大きな影響が出ています。その原因には多くの要因が絡み合っているため、今後の発生流行の予測を専門家でもすることはできません。それでも、これから日本は冬の風邪シーズンが到来するため、できるかぎりの備えをすべきと考えています。世界中の多くの専門家は、インフルエンザの大流行が生じるのではないかと心配しています。
その理由は、新型コロナウイルス感染症対策としてとられていた移動制限や、マスク着用やソーシャルディスタンシングが世界的で解除されつつあるからで、インフルエンザの大流行が生じる可能性が高いとみられています。
日本における季節性インフルエンザの死亡率は年間で1000人前後(新型コロナウイルス感染症死亡者:15000人2021年)ですが、昨シーズン(2020-2021)は、ほとんど死亡例が認められませんでした。

2. インフルエンザの大流行の予感

ソーシャルディスタンシングやマスク着用などの予防措置が廃止されていますが、世界的にみても、インフルエンザの流行は、2021年に入っても抑えられています。これは、国際間を移動する海外旅行がオープンになっていないからだと考えられています。それでもインフルエンザの小さな流行は世界中で起こっているため、国際間の移動がオープンになった時に大流行が始まる可能性があります。
他のウイルス性呼吸器疾患の原因、風邪ウイルスの代表であるライノウイルス(軽い風邪症状)感染症は、新型コロナウイルス感染症の流行の中(昨シーズン)、日本の子ども達の中で感染数が増えました。他の風邪ウイルスが、手洗いや消毒で影響を受けるのに比べてライノウイルスは影響が少なく、他のウイルスも減り競合相手がいなくなって増えたと考えられています。ライノウイルス感染により日本の子ども達の免疫が賦活化され、新型コロナウイルス感染症の発生が少なかったのではないかと言われています。
米国では、冬に流行する一般的な風邪ウイルス(従来型のコロナウイルスやパラインフルエンザウイルス)が、シーズン外の今年の春から増え始めて、新型コロナウイルス感染症流行前のレベル(冬場)と同等になっています。
中等症以上の風邪症状を呈するRSVウイルス感染症(5歳以下の小児の死亡の5%を占める)は、昨年一年間はかなり抑えられていました。しかし、米国では、今年の4月から急に増え始めて夏場を過ぎても増えています。この理由として、学校が再開さたためと考えられています。
このRSV感染症のシーズン外の流行は、世界中の至る所で発生しています。南アフリカ、日本、オーストラリア、オランダなどがあり、オーストラリアでは、通常の冬場の流行時よりも2.5倍も増えている状況です。
この急激な発生数の増加は、オーストラリア全体の艦船数を示している訳ではなく、オーストラリア東部では、全く増えていない所もあります。発生場所は集中しており数が多くなるため、その地域での医療ソースにストレスをかけてしまう状況になっています。
季節型インフルエンザに対して免疫のない集団が増えていることから、かなり強いリバウンドが生じるのではないかと懸念されています。世界中で小規模なインフルエンザウイルス(A型H3N2,A型H1N1 そしてB型 の小規模な流行を認めています。
何をすべきか?インフルエンザワクチンを打つことが最も重要なんです。i

|

« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 | トップページ