« ランニングの記録7 - サブテン | トップページ | 目的意識と長生き »

2014年2月 2日 (日)

気持ちを分かち合ってストレスを減らす

文: fumixie

このところ、Medical News Today には、"What are the health benefits of ・・・" (・・・は健康面でどういう効能があるの?) というタイトルで、セロリアスパラガスホウレンソウいちごオーツバナナなどを取り上げたり、サードハンドスモークは肝臓や肺、皮膚の疾患と関係しているという記事が載ったりしています。

ですが今回は・・・

そういったこととはまったく関係のない、ストレスを減らすにはどうすればいいか、という記事を取り上げます。

米国の南カリフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネス (University of Southern California Marshall School of Business) で management and organization のアシスタント・プロフェッサーをしているサラ・タウンゼンド (Sarah S. M. Townsend) が、Social Psychological and Personality Science 誌に "Are You Feeling What I'm Feeling? Emotional Similarity Buffers Stress" というタイトルで発表した研究が、同校の News Room に載っています。この研究は Medical News Today でも取り上げています

ストレスは、職場をはじめ、いろいろな状況でのしかかってくるものですが、そのストレスを減らすには、こういう方法もあるよ、というのがこの研究だと思いました。

それはどういう方法かというと、早い話が「同じ経験をしている人と話をする」ということのようです。

つまり、自分がストレスを感じているその同じ環境にいて、やはり自分と同じ感情的な反応をしている人と、自分が感じていることを共有し合うと、ストレスが減ってくれるのだそうです。

同様のストレスを感じる同じ環境で同じ時間を過ごした相手と会話をすることには、ストレスを減らす効果がある、というのがこの研究の主な発見だとこの研究者は言っています。

この研究では、被験者として参加した52 人の女子学生を 2 人ひと組にして、人前で話をするよう指示をしました。それをビデオに記録するというおまけ付きです。被験者をストレスがかかる状況に置いたわけです。

そして、これが肝のようですが、ペアになったそれぞれの被験者は、実際に人前で話をする前に、「人前で話をする」ということをどのように感じているのかを互いに話し合いました。

さらに、スピーチ前、スピーチ中、そしてスピーチ後のコルチゾル (ストレスホルモンの一種だそうです) の量を被験者ごとに測定しました。

その結果、怖い状況にいる者同士がその状況を「分かち合う」ことによって、恐怖を伴うことの多いストレスのレベルが抑えられることがわかりました。

言い換えれば、恐ろしい状況が目の前に迫ってきたら、同じように感じている人と交流を図ることが、ストレスを減らすことにつながるのだそうです。

同じ気持ちを分かち合うことは、大切であるばかりではなく、有用なんですね。

|
|

« ランニングの記録7 - サブテン | トップページ | 目的意識と長生き »

コメント

ストレス・・・。永遠の課題ですね・・。仕事、プライベートとストレスを感じる場面は毎日ありますね。
確かに、家族・同僚など、同じ場面を共有する人と話をするだけで、何をするよりもストレス発散になっている気がします。気持ちを分かち合うという言葉、いい言葉ですよね!

投稿: きのこ | 2014年2月 5日 (水) 17時36分

きのこさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、心に染み入る言葉です。

ただ、私個人としては「言うや易く行うは難し」のような気もしています。どちらか一方向だけなら、とは思うのですが、両方向となると・・・

投稿: fumixie | 2014年2月 5日 (水) 18時09分

大学の同級生と仕事の話でさわいで愚痴言って…とてもスッキリしてこれからがんばってみよう!と思えたのは分かち合いの効果かもしれません!なるほど…

投稿: ねこ | 2014年2月 5日 (水) 18時10分

ねこさん、コメントありがとうございます。

思い出しました。そういえば、その状況、実感としてよくわかります f(^^)

投稿: fumixie | 2014年2月 5日 (水) 18時24分

考えてみたら、プライベートや仕事でストレスを感じているのに、その家族や同僚と話す事でストレスを減らしているんですね。
やはり「共感」できることが大事ですね。

投稿: sakichan | 2014年2月12日 (水) 15時10分

sakichan さん、コメントありがとうございます。

「共感」できれば、つまり「互いに相手のことをわかりあえる」ことができれば、相手が喜べばきっと自分も嬉しくなるでしょう。おっしゃるように、とても大切だと思います。

投稿: fumixie | 2014年2月12日 (水) 16時05分

分かち合うことでストレスを減らす。。。。とってもよくわかります。
友達と同じ話題で愚痴を言うだけでスッキリしますもんね。
やはりたまにのガス抜きは必要なんですかね。

投稿: @K | 2014年2月13日 (木) 12時06分

@K さん、コメントありがとうございます。

ストレスがかかりっぱなしでは、身も心も持ちませんよね。然るべきタイミングでガス抜きすることは、おっしゃるように必要なんですね。

てことは、仕事が終わったら仲間と連れだって居酒屋へ行く根拠が「より明確になった」ということでしょうか f(^^)

「なにも、居酒屋でなくてもいいじゃない」というツッコミはあるかもしれませんが・・・

投稿: fumixie | 2014年2月13日 (木) 23時23分

「同じ気持ちを分かち合える。」
本当に素敵なことですね。ただストレスが溜まりすぎるとこの'共有すること,さえ億劫になりがちだなぁと思いました。
このブログの内容を心にとめて、周りの大切な人たちと、同じ気持ちを分かり合う空気を作っていきたいなと思います。

投稿: まりおん | 2014年2月19日 (水) 16時23分

まりおんさん、コメントありがとうございます。

ストレスを減らしたいときに、ストレスを減らせる方法を実行するのが億劫になる・・・それは辛い状況でもあるし、ある意味、皮肉な状況でもありますね。溜まる前に、こまめに発散するのがいいのでしょうかね。

投稿: fumixie | 2014年2月20日 (木) 01時31分

同じ状況の人と話し合うと確かに気持ちが晴れますね。今度意識的にやってみます。

投稿: ラッシャー | 2014年2月21日 (金) 17時48分

ラッシャーさん、コメントありがとうございます。

「いつの間にか気づかないうちに」よりは、おっしゃるとおり、意識して実行した方が、より分かりあえるかもしれませんね。

投稿: fumixie | 2014年2月21日 (金) 20時29分

確かに不安な状況で共感できる人がいるというのは大きいことだと思います。私も辛い時、ストレスが多い時それをわかってくれる人に話をしているように思います。ただ聞いてくれる、共感してくれるだけでストレス発散になりますね。

投稿: anmitsu | 2014年2月24日 (月) 12時30分

anmitsu さん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。

もう一つ、相手のことをわかることができた自分に気づいたら、そういう自分を褒めてあげるのも、いいことかもしれません。

投稿: fumixie | 2014年2月24日 (月) 16時01分

私も結構緊張しやすいほうだと思います。確かに緊張している時に周りの人と話をするとなんとなく落ち着くという経験をしました。言われてみるとなるほど、と思いました。

投稿: ドキンちゃん | 2014年2月26日 (水) 10時59分

Hello Web Admin, I noticed that your On-Page SEO is is missing a few factors, for one you do not use all three H tags in your post, also I notice that you are not using bold or italics properly in your SEO optimization. On-Page SEO means more now than ever since the new Google update: Panda. No longer are backlinks and simply pinging or sending out a RSS feed the key to getting Google PageRank or Alexa Rankings, You now NEED On-Page SEO. So what is good On-Page SEO?First your keyword must appear in the title.Then it must appear in the URL.You have to optimize your keyword and make sure that it has a nice keyword density of 3-5% in your article with relevant LSI (Latent Semantic Indexing). Then you should spread all H1,H2,H3 tags in your article.Your Keyword should appear in your first paragraph and in the last sentence of the page. You should have relevant usage of Bold and italics of your keyword.There should be one internal link to a page on your blog and you should have one image with an alt tag that has your keyword....wait there's even more Now what if i told you there was a simple Wordpress plugin that does all the On-Page SEO, and automatically for you? That's right AUTOMATICALLY, just watch this 4minute video for more information at. Seo Plugin

投稿: seo | 2014年2月27日 (木) 00時59分

「ドキンちゃん」さん、コメントありがとうございます。

相手と気持ちが通じ合うだけで、嬉しくなりますよね。とても貴重な体験だと思います。

投稿: fumixie | 2014年2月27日 (木) 01時52分

ストレスを感じてひとりで引きこもるよりも、誰かと話すことが大切なんですね。
それを共感し合える仲間は貴重な存在ですね。

投稿: anak | 2014年3月10日 (月) 16時05分

anakさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり「共感し合える」、つまりわかってもらえる相手がいて、わかってあげられる自分もいる、そういう間柄がとても大切なのでしょうね。

投稿: fumixie | 2014年3月11日 (火) 01時29分

3月、季節の変わり目は更にストレスを感じる機会が多いですね…。花粉症もひどいですし…。今月は特に分かち合うことが必要になりそうですが、頑張ります!

投稿: きのこ | 2014年3月19日 (水) 16時59分

きのこさん、コメントありがとうございます。

互いにわかり合える関係は、それだけで大切な宝物ですね。

花粉症・・・お大事に。

投稿: fumixie | 2014年3月19日 (水) 21時08分

実際に体験してることが、こうやってファクトベースで出ているのをみるとすごく納得&共感してしまいます!あ、少しストレスが減ってきたかも…

投稿: ねこ | 2014年4月 2日 (水) 16時56分

ねこさん、コメントありがとうございます。

たしかに、そうですよね。それに裏付けがあると思うと、安心できます。

投稿: fumixie | 2014年4月 2日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/59057482

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちを分かち合ってストレスを減らす:

« ランニングの記録7 - サブテン | トップページ | 目的意識と長生き »