« オリーブオイルは卒中を防いでくれるそうな | トップページ | エナジードリンクで不整脈や血圧上昇? »

2013年3月25日 (月)

「地域も学校」のいま

文:人見訓嘉 <info@coneri.co.jp>

久しぶりの寄稿です。香川県の健康運動「めざせ、超10!」を主宰している人見訓嘉です。わたしたちは、高齢者の生きがいを軸に、健康で長生きできる社会をめざそうとしています。その一つの取り組みが「地域も学校」です。カンタンに言うと、子どもが地域のお年寄りと学習することを通して、地域における自分の生き方を考える取り組みです。子どもには、地域(の人)に育まれたという意識が定着することで地域づくりの核が形成される。お年寄りは、子どもの成長にかかわることを生きがいとして継続的な取り組みができる。双方にこういう良さがありますが、問題は、この取り組みに参加したいというお年寄りが集まらないことです。現在、香川県高松市の太田南地区と太田地区で開催していますが、いずれもかかわっていただいている高齢者は10人程度です。

このプログラムを監修いただいている前田寛文さん(高松市教育会常任理事)は、こう示唆されました。「考えてみてください。高齢者の興味のあることって何だと思いますか」。そうです! おそらくこのコラムをお読みいただいているあなたも同じだと思います。それはまず、自分のこと。それから子どものこと。孫のこと。自分のことには、旅行も趣味も、健康も食も含まれます。「それが、『地域の子ども』だという答は、おそらく最後なんです」。それを聞いて、実はわたしもハッとしました。確かに、地域の子どもを気遣うというのは、自分や肉親の後にくるものです。

だからこそ、いまかかわってくださっている高齢者の方は、非常に奇特であり、有り難い。しかし、それが奇特であれば、地域は存立の危機です。「地域も学校」はそこに警笛を鳴らす役割でもあります。隣近所ならいざしらず、学校区単位で地域をとらえた時、地域の子どもを気にかけることが、果たして自分にできるだろうか、と思いました。しかし、「地域も学校」に来ている子どもたちは、できるのではないか、と考えました。少なからず地域の人に育くまれたという意識の芽生えが、それを可能にするのだと思うからです。息の長い取り組みです。ろうそくの灯火が消えないように、大切に大切に続けていきたいと思います。

|
|

« オリーブオイルは卒中を防いでくれるそうな | トップページ | エナジードリンクで不整脈や血圧上昇? »

コメント

大人になるほど忙しくて、自分のことでいっぱいになっているなか、人を、しかも直接関係あるわけではない地域の子供に関わってくれるお年寄りの方々は本当に大切な存在ですね。
もし自分に子供が出来たら、やいのやいの言ってくださるお年寄りの方がたくさんいるところで育てたいとしみじみ思います。

投稿: ねこ | 2013年3月25日 (月) 17時37分

コメント、ありがとうございます。「地域も学校」は、そうやって地域のあたたかさのような存在になりたいなあ・・・と思います。マズローの欲求は5段階まではよく知られていますが、第6の欲求は、コミュニティ発展欲求、大きく言えば、良質なコミュニティに属したい欲求だそうです。気付いた者が、できる範囲で、できることをやっていくことが必要なんだろうと思っています。

投稿: 人見 | 2013年3月26日 (火) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/57029722

この記事へのトラックバック一覧です: 「地域も学校」のいま:

« オリーブオイルは卒中を防いでくれるそうな | トップページ | エナジードリンクで不整脈や血圧上昇? »