« 座っている時間と慢性疾患の関係 | トップページ | 「地域も学校」のいま »

2013年3月 5日 (火)

オリーブオイルは卒中を防いでくれるそうな

文:fumixie

THE WALL STREET JOURNAL (ASIA EDITION) に、2月26日付けで、"Olive Oil Diet Curbs Strokes"(オリーブオイルは卒中を防ぐ)という記事が載っています。

同記事によると・・・

果物や野菜、魚、豆類をたくさん使っている地中海式の食事と心臓の健康には関係があり、そのことを示している研究も山ほどあるそうですが、これまでは、食事と命を脅かす疾患(たとえば卒中など)の発症には直接関係があるということは証明できていなかったらしいです。

しかしこのほど、スペインで 5 年間にわたり7447名を追跡調査したその規模と科学的厳密さの両面で群を抜いている研究が、New England Journal of Medicine に発表 されました。

それによると、南ヨーロッパ、地中海沿岸で一般的な、オリーブオイルとナッツが豊富な食事は、卒中をはじめとする重大な循環器系疾患にかかる危険が高い人のリスクを30パーセント減らしてくれるとのこと。

この研究に関わってはいませんが、クリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)、department of cardiovascular medicine の chairman、スティーブン・ニッセン博士(Steven Nissen)は、この研究を「きわめて重要だ」として、地中海式の食事が有する予防効果は、スタチンを服用して得られる効果と同程度だ、と指摘し、こう言っています。

「患者の皆さんに、こう申し上げたい。地中海式の食事は実に美味しいものだが、健康面でも最高なようだ、とね。私も自分の食事を変えようと思う。オリーブオイルと、そしてナッツ類をもっと摂ることにするよ」

研究の対象となった被験者は、男性が55歳から80歳、女性が60歳から80歳で、研究開始時点で循環器系の疾患はなかったものの、発症する危険は高かったそうです。なぜなら、

  • 2型糖尿病を抱えている
  • 喫煙している
  • 高血圧である
  • コレステロール値が異常である(LDLコレステロールが多い/HDLコレステロールが少ない)
  • 心疾患を患う家族が多い
  • 過体重または肥満である
といった要因があったからだそうです。

記事によると、研究では、被験者を3つにグループ分けし、各々に次の指示を与えました。

グループその1
  • 地中海式の食事を摂る
  • 食事と一緒にワインを飲む
  • 赤身肉とソフトドリンクと焼き菓子類を減らす
  • 1日あたりオリーブオイル(エキストラ・バージン・オリーブオイル)を少なくとも大さじ4杯摂取する
グループその2
  • 地中海式の食事を摂る
  • 食事と一緒にワインを飲む
  • 赤身肉とソフトドリンクと焼き菓子類を減らす
  • 1日あたりナッツ類(クルミ15グラム、アーモンド7.5グラム、ヘーゼルナッツ7.5グラム)を30グラム食べる
コントロールグループ
果物、野菜、低脂肪乳製品、パン、パスタ、魚などからなる低脂肪食を摂る

ちなみに「赤身肉(red meats)については、論文Supplementary Appendix にも説明はありませんでしたので、手元の辞書で調べたところ、

  • ジーニアス大英和辞典:赤肉<牛肉・羊肉など>
  • ランダムハウス英和大辞典:赤肉:牛肉、小羊の肉、シカ肉、羊肉など
となっていました。

どのグループも、食事の量は個人の判断、つまり好きなだけ食べられたそうです。運動に関する指示はありませんでした。

地中海式の食事を摂る2つのグループには、

  • 年4回、栄養士による講習会
  • 指示に従った食事をしているかどうかが調査
  • 毎年採血と検尿して、オリーブオイルとナッツが摂取されていることが確認できるバイオマーカーを測定

といったことが行われました。

この研究の終わりには、心臓麻痺や卒中を発症した人、あるいは循環器系疾患で亡くなられた人は、

  • 地中海式の食事+オリーブオイルのグループでは3.8パーセント
  • 地中海式の食事+ナッツのグループでは3.4パーセント
  • コントロールグループでは4.4パーセント
だったそうです。

研究者らの話によると、卒中のリスクにおける差は統計的に有意だが、心臓麻痺のリスクにおける差は有意とは言えない、それはこの研究の被験者では心臓麻痺の発生頻度が低かったからだろう、とのこと。

論文 の抄録によると、多変量補正された危険率は、

地中海式の食事+オリーブオイルのグループ
0.70 (95% confidence interval [CI], 0.54 to 0.92)
地中海式の食事+ナッツのグループ
0.72 (95% CI, 0.54 to 0.96)
となっていますから、どちらも、おおむね30パーセントほど危険が低下しているということになるのでしょう。

この研究論文の主執筆者で バルセロナ大学 教授 Ramon Estruch はこう言っています。

「スペインでは、地中海式の食事は失われつつある。だが、家庭で祖父母から教わったことを忘れないでほしい。とても体に良いのだから」

では、具体的に「地中海式の食事」とはどういう料理のことを指すのかについては、どなたか、料理に詳しい方のフォローを待ちたいなあ・・・と思ったりしています (^^;)

前述の Supplementary Appendix には、この研究で栄養士から提示された一般的なガイドラインが載っていますが、なんだか量が半端じゃないなぁ・・・という感じがします。ですが、

  • 調理とドレッシングには、オリーブオイルをたっぷり使う
  • 赤身肉・加工肉ではなく、白身肉(皮なし鳥肉かウサギ)にする
  • 必ずトマト、ニンニク、タマネギ、その他料理用ハーブを使って調理する
などという、割とお手軽なアドバイスも載っています。

|
|

« 座っている時間と慢性疾患の関係 | トップページ | 「地域も学校」のいま »

コメント

某料理番組でオリーブオイルをたくさん使われるタレントさんを思い出しました。卒中予防に良いのなら、そのタレントさんは大きな社会貢献をしてるってことかもしれないですね。

投稿: ねこ | 2013年3月 6日 (水) 17時51分

ねこさん、コメントありがとうございます。

そうかもしれませんね。

スーパーマーケットなどに行けば、さまざまなブランドのオリーブオイルが手に入りますから、お手軽ですよね。

投稿: fumixie | 2013年3月 7日 (木) 00時19分

地中海料理ですか。
海鮮料理のイメージがありましたが、
野菜とナッツとオリーブがキーワードなんですね。
すべておいしいものですので、意識してみます。

投稿: kubinaga | 2013年3月 8日 (金) 09時44分

kubinagaさん、コメントありがとうございます。

わたしも、地中海式料理といえば「魚介類とオリーブオイル」というイメージです。オリーブオイルを別にすれば、和食の食材と相通じるものがあるようにも感じます。

投稿: fumixie | 2013年3月 8日 (金) 23時58分

オリーブオイルは良いとは聞きますが、まさかここまでとは。。。
サラダ、パンその他少し意識してみます!

投稿: @K | 2013年3月11日 (月) 17時43分

@Kさん、コメントありがとうございます。

オリーブオイルならお手軽ですから、取り入れやすいかもしれませんね。

投稿: fumixie | 2013年3月11日 (月) 23時06分

小豆島はオリーブの産地!小豆島民の卒中リスクが少なければ面白いですよね。あ…、小豆島民がオリーブを沢山食べてるという前提が必要ですが…(^^;;

投稿: kirichan | 2013年3月15日 (金) 16時33分

kirichanさん、コメントありがとうございます。

たしかに。

「地中海沿岸の人たち」よりも、日本国内でそういう事例があれば、もっと身近ですから、モチベーションも上がるかもしれませんよね。

投稿: fumixie | 2013年3月16日 (土) 00時43分

食用油はオリーブオイルを使うようにしています。ヨーロッパ諸国では卒中などが多いと思っていましたが、オリーブオイルとナッツでそんなにも効果があるのですね。オリーブオイルは美味しいですし意識して取り入れたいと思います。

投稿: anmitsu | 2013年3月18日 (月) 17時47分

anmitsuさん、コメントありがとうございます。

自分なりに取り組みやすいところから、とりあえず始めてみるのが良いかもしれませんね。私の場合、「リンゴ」は続いてます。

投稿: fumixie | 2013年3月19日 (火) 01時03分

地中海料理、あまり縁がないような…
我が家の食卓に並ぶ料理にオリーブオイルを使用しているのかは不明なので、妻に確認してみます。
ビールのおつまみにはナッツですね!

投稿: sakichan | 2013年3月19日 (火) 14時38分

sakichanさん、コメントありがとうございます。

ビールとナッツ・・・合いますよね。

季節柄、これからはますます美味しくなりますね。

投稿: fumixie | 2013年3月20日 (水) 00時22分

香川県、地中海気候…小学生の頃 社会で習いました。私も住む様になって気候もですが、オリーブやオリーブオイル、魚介類などなど、かなりお洒落で美味しいものが沢山あります。うどん…だけでなく、これら他にはない特徴をもっと活かせれば、香川県の活性化と県民の健康に寄与できるのにな~と思います。

投稿: mills | 2013年3月22日 (金) 11時22分

millsさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりですね。個人レベルでも、手近なところから、とりあえずやってみる、ライフスタイルを今より健康的な方向へ、ほんの少しシフトしてみると、長い目で見ると違ってくるかもしれませんね。

投稿: fumixie | 2013年3月23日 (土) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/56893287

この記事へのトラックバック一覧です: オリーブオイルは卒中を防いでくれるそうな:

« 座っている時間と慢性疾患の関係 | トップページ | 「地域も学校」のいま »