« タバコの煙と子どものインフルエンザ(米国での調査) | トップページ | 水泳は高齢者の血圧を下げる »

2012年9月 3日 (月)

食事環境と摂取量

文:fumixie <fumixie@gmail.com>
同じ元ネタの記事が、2012年8月31日付けで Medical News Today とロイターに載っていました。前者は Restaurant Food Consumption And Satisfaction Affected By Lighting And Music In Surprising Ways" 、そして後者は レストランの照明と音楽、摂取カロリーにも影響=米調査 という記事です。

元ネタは Psychological Reports誌に掲載された "FAST FOOD RESTAURANT LIGHTING AND MUSIC CAN REDUCE CALORIE INTAKE AND INCREASE SATISFACTION" という研究です。

Medical News Today の記事 では、「レストランに食事を急かす雰囲気があると、それが過食の原因になる場合がある。一方食事に時間をかけさせる雰囲気だと、客はデザートを追加注文するようになる場合がある。...中略...よく肥満の一因と思われているファーストフード店は、そもそもリラックスできるようにはなっていない。照明は眩しいし、周囲の音は大音量だ。それに色遣いが黄色と赤なので、慌ただしい雰囲気となり、そのために慌てて食事をする羽目になっている場合がある」と言っています。

では「ファーストフード店をすてきなダイニングレストランのように模様替えしたらどうなるだろう」というのが この研究 だそうです。

どのように調査したかというと、あるファーストフード店をすてきなダイニングレストランに模様替えしました。照明をソフトにして、落ち着いたジャズバラードのインストルメンタルが流れる、すてきなダイニングレストラン環境を設けたのだそうです。そして従来の場所で食べる被験者と新たに設けたダイニングレストランの場所で食べる被験者を無作為に割り当てました。研究者らは、被験者の食事の時間と食事の量を目立たないように記録しました。そして被験者には、席を立つ前に食事の質をランク付けしてもらいました。

研究者らは当初、

「ダイニングレストラン環境はリラックスできる雰囲気なので、ファーストフード店の環境よりも食事に時間をかけ、注文する食事の量も増えるのではないか」
と予想していました。

しかし面白いことに、ダイニングレストラン環境で食事をした被験者は、ファーストフード店環境よりも食事の時間は長いが、実際に食べた量は少ないという結果になりました。それに食べ物を追加注文することもありませんでした。さらに、ダイニングレストラン環境で食事をした被験者は、食事量こそ少なかったが、ファーストフード店環境よりも楽しめる食事だとランク付けしました。

このことから Medical News Today の記事 では、次のように結んでいます。

「したがって、客にもっと食事を楽しんでもらいたければ、照明と音楽を落ちついたものに変え、もっとリラックスできる雰囲気を作ることだ。食事の量を落としたければゆっくり食べるといい。そうすればいつ満腹になったかわかるし、過食することもない。周囲の環境に惑わされず、もっと食事に集中すれば、むやみやたらに食べることは少なくなる。だからゆっくり食べよう。そして食事の際は、静かで落ち着いたジャズを流そう」

こういったことなら、家庭でもすぐに実行できそうです。

こうしてみると、テーブルコーディネートを含めた食事環境は無視できませんね。

ジャズかあ ・・・ MJQとか良さげな気がするけど ・・・ どうなんだろ

ロイターの記事では、キャンドルも併用したとあるけど、それもいいなあ。和食なら和ろうそくかな

|
|

« タバコの煙と子どものインフルエンザ(米国での調査) | トップページ | 水泳は高齢者の血圧を下げる »

コメント

勉強になりました。食事する環境がこんなに影響するとは驚きです。ゆっくり楽しみながら食事することに心がけようと思います。

投稿: LC | 2012年9月 6日 (木) 10時15分

LCさん、コメントありがとうございます。

私もこの記事・研究には驚きました。

ゆっくり楽しむための方法は人それぞれでしょうが、

テレビを消して、代わりに音楽を流すというものいいかもしれませんね。

あるいは、虫かごに鈴虫など飼って、その鳴き声を聞きながらとか...「アリ」かなあ???

投稿: fumixie | 2012年9月 6日 (木) 23時42分

fumixieさん、興味深い記事ですね。
もう少し詳しい内容が知りたいので文献を手配してみます。

投稿: 屋台ブルー | 2012年9月 8日 (土) 07時09分

面白い研究ですね。
家庭でも取り上げたいところですが、ちっちゃい子供がいると環境作りはできないので、心の中でジャズを奏でて、落ち着いて食事をしてみる機会を設けたいと思います。

投稿: tommy | 2012年9月10日 (月) 12時31分

tommyさん、なかなか難しい試みをしようと思ってますね。(笑)

投稿: 屋台ブルー | 2012年9月10日 (月) 16時40分

tommyさん、コメントありがとうございます。

そうですよね、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、「落ち着ける時間」を確保するのはひと苦労なのかもしれませんね。

でも、落ち着く、というのは心の状態のことですから、おっしゃるとおり、心の中でジャズを奏でるというのは、案外グッド・アイデアなのかもしれません。

投稿: fumixie | 2012年9月10日 (月) 22時20分

屋台ブルーさん、文献読んだら、概要(サマリー)など、教えていただけるとありがたいで~す (^^)/

投稿: fumixie | 2012年9月10日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/55574490

この記事へのトラックバック一覧です: 食事環境と摂取量:

« タバコの煙と子どものインフルエンザ(米国での調査) | トップページ | 水泳は高齢者の血圧を下げる »