« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月22日 (土)

ビールで筋肉老化防止?

文;屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

フラボノイド、馴染みのある栄養素で身体に良さそうですよね。

しかし、フラボノイドって何ですか?と訊ねてみても的確な答えは返ってこないことが多い。医療の専門家でもフラボノイドを正確に説明できる人は少ないのかも。

じゃあフラボノイドって何なんでしょう。9月20日の日本経済新聞「ビールが筋肉老化抑制 毎日83リットル飲めば」と9月21日の朝日新聞「ビール、筋肉の老化防止」で紹介されたニュースが少し話題になっているんで、オリジナル文献の記載を使ってフラボノイドの説明をしていこう。

エクササイズ・ピル」の記事を書いた頃に読んだ文献の抄読会風とはいかなけいど、イントロダクションを中心に話をする。イントロダクションに最近の話題が書かれているからね。

続きを読む "ビールで筋肉老化防止?"

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2012年9月18日 (火)

痛み止めの服用が女性の難聴と関係あり!?

<文:Ctom>


長らく間が空いてしまいました。
今年は全然書いていない感じがしているのですが、なんだかすごく忙しい状況です。もっとアップしたいのですが、年内頑張っていきたいです。


さて、今日は先日Medical News Todayで興味のある記事が出ていましたので紹介します。
Pain Drugs Can Cause Hearing Loss in Women 13 SEP 2012 です。

タイトルの通り、鎮痛剤が女性において難聴の原因になりうる。というものですが、鎮痛剤の服用は以前にもまして増加傾向にあるのは周知の事実でしょう。特に、月経前症候群や月経痛がひどい子供たちも増加しており、鎮痛剤の服用は普通なことだと感じている人も少なくはないでしょう。


そんな方々にとって、今回の記事は少しショッキングな内容ですね。
あるいは、ひどい痛みに悩まされ、鎮痛剤頼りになっている状態であるならば、その痛みを解決するために何か他の対策も必要かもしれません。


実際、僕のオフィスに訪れる方々も多く鎮痛剤を服用しています。服用していないと耐えられないというのが理由ですが、改善した後にも「痛みの予防のために服用する」というのは実際にはナンセンスなことかもしれません。


では、そんなに長い記事ではないので、さっくりと見ていきましょう。

続きを読む "痛み止めの服用が女性の難聴と関係あり!?"

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2012年9月12日 (水)

酒量と脳出血の関係(中庸は徳)

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

「慢性的に大量のアルコールを摂取していると、かなり若いうちに脳出血を起こすリスクが高まる」
Charlotte Cordonnier
(University of Lille Nord de Franceの上級研究者)

「このリスクに影響を与えそうなことは他にもあるのではないか」
Larry Goldstein
(米国ノースカロライナ州ダラムのDuke Stroke Center所長で神経学者)

続きを読む "酒量と脳出血の関係(中庸は徳)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年9月11日 (火)

減量しなくてもエクササイズで睡眠時無呼吸の重症度改善

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

古い記事にコメントがいまだに続いていて内容のアップデイトをしなきゃと思いながら随分時間が経ってしまった。エクササイズが本当に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の重症度改善に繋がるのか、2009年5月の自分の記事以降に新しい知見があったのかどうか今回見ていくことにしよう。

SASの症状改善のエクササイズをみると。全身運動のエクササイズと上気道の筋肉を鍛える部分的エクササイズがあることに気がつくだろう。今日紹介する報告は全身運動のエクササイズがSASの症状改善に効果があるかどうか調べた報告で、今年5月の雑誌The American Journal of Medicineに掲載されていた。

この報告を読むと、私が先に紹介した2009年の報告に関する解説もあったんで文献のディスカッションを中心に説明してみよう。

しかし、私は説明が下手なんでダラダラ説明になっている。詳細を知りたい人だけ読んでください。

簡単に結論だけ知りたい人に最初に説明しておこう。全身運動のエクササイズは体重が変わらなくても独立してSASの重症度改善因子となっている。

初めは理由として上気道の筋力改善が示唆され、上気道を部分的に鍛えるエクササイズ介入試験をしてみたが結果は一致しなかった。そこで、咽頭喉頭周囲の脂肪分布が変化することで上気道の拡張能が改善したからだと理由付けている。また、エクササイズを止めると重症度は悪化する。すると、2009年の報告で示された上気道の筋力トレーニングをして短期的に重症度を改善させ、全身運動のエクササイズも加えることで症状悪化予防になるかもしれないという話だ。

では、詳細に興味がある人は続きをどうぞ。

続きを読む "減量しなくてもエクササイズで睡眠時無呼吸の重症度改善"

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

2012年9月 6日 (木)

健康的な生活習慣を送れば高齢者でも寿命が延びる

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

健康的な生活をすれば長生きできるって誰もが当然と思っているだろう。しかし、エビデンス(証拠)の話になると当たり前の事でも証明されていないことが多く、高齢者でどうなのか分かっていなかったようだ。

喫煙をしている高齢者に禁煙を勧めても、「老い先短いから今さら辞める気はないね」と聞く耳をもってくれないし、超高齢者で症状の訴えが無い人に禁煙を勧めにくい。受動喫煙の弊害を諭すぐらいしか無かった。いつ辞めても禁煙の効果があるなら説得の手段にもなるだろう。

今日紹介している報告をみると、健康的なライフスタイル、定期的な余暇活動、仲間との付き合いがあれば長生きできるという結果だったので、仲間と一緒にランニングをしている低リスク・プロファイルな私は長生きできるんでしょう。

では。

続きを読む "健康的な生活習慣を送れば高齢者でも寿命が延びる"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年9月 4日 (火)

水泳は高齢者の血圧を下げる

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

全国のLife-LOGファンの皆さん、お久しぶりです。管理者の屋台ブルーです。

いつから記事をアップしなくなったか...

ゲストライターのfumixieさんCtomさんにまかっせきりで、コメントの対応も全くしていませんでした。

皆さん、すみませんm(_ _)m 自分の健康活動ばかりいそしんでいました。ブログ活動の目的が薄れていました。お金のかからない健康生活を啓蒙して医療費削減を目指す活動の一環としてこのブログはあったのです。

無駄なサプリメントを服用しない!外食や加工食品を有り難がらない!しっかり運動する!愚痴を言わない!新しい事始める!仲間や家族と人生を楽しむ!なんて活動を医療面からサポートしてました。

さて、久しぶりの私の記事はエクササイズに関して。私はランニング中毒のランナーなのでランニングに関するエビデンスに目が無いけど、その他のエクササイズに関する報告は知らなかった。

「水泳って高齢者にどうなのよ?」という質問を先日頂いたので、ちょっと調べました。

今日はその報告です。では。

続きを読む "水泳は高齢者の血圧を下げる"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年9月 3日 (月)

食事環境と摂取量

文:fumixie <fumixie@gmail.com>
同じ元ネタの記事が、2012年8月31日付けで Medical News Today とロイターに載っていました。前者は Restaurant Food Consumption And Satisfaction Affected By Lighting And Music In Surprising Ways" 、そして後者は レストランの照明と音楽、摂取カロリーにも影響=米調査 という記事です。

続きを読む "食事環境と摂取量"

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2012年9月 2日 (日)

タバコの煙と子どものインフルエンザ(米国での調査)

「... 言うまでもないことだが、タバコを吸わず、子どもをタバコの煙から保護しても、子どもがインフルエンザにかからないとは言えない。しかしそうしたことは、重症化や合併症の併発を防止する一助になるのではないか」
― カレン・ウィルソン博士(Dr. Karen Wilson)―
(チルドレンズ・ホスピタル・コロラド(Children's Hospital Colorado

続きを読む "タバコの煙と子どものインフルエンザ(米国での調査)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »