« 摂取カロリーとMCIの関係 | トップページ | 血圧は両腕で測った方がいい?? »

2012年3月 5日 (月)

健康的な生活は遺伝子よりも強い

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

ScienceDaily.com に 2012年3月2日付けで

Lifestyle Choices Made in Your 20s Can Impact Your Heart Health in Your 40s (20代で選択した生活スタイルは、40代の心臓の健康に影響を与える場合がある)という記事が載っていました。

元ネタは、ノースウェスタン大学( Northwestern University)ファインバーグ医学部( Feinberg School of Medicine)の予防医学部門( department of preventive medicine)による研究で、同サイトの News Center に Heart Healthy Choices Early on Pay Off Later として載っている研究です。

この部門の教授で副議長を務める Kiang Liu によると、

「問題は、歳をとっても、理想的な循環器系の健康要素を維持している大人が少ないことだ。多くは食事が不健康になり、体重が増加し、体を動かさなくなる。そういう生活スタイルは、当然ながら、血圧が高まり、コレステロールが増加し、糖尿病になり、循環器系疾患のリスクが高まる。だが若いうちに健康的な生活習慣を身につければ、40代になって循環器系疾患にかかるリスクが低くなる。生活習慣は遺伝子よりも顕著な役割を果たす場合がある」
とのこと。

この研究によると、心臓疾患の病歴がある家系でも、若いうちから健康的な生活習慣を始めれば、循環器系疾患のリスクを下げることができるそうです。

2月28日の Circulation誌 に発表された この研究 で初めて、若いうちから健康的な生活習慣を維持することと中年になってからの循環器系疾患リスクの低下の関係が明らかにされました。

この記事 によると、
この研究で使われたデータは、 Coronary Artery Risk Development in (Young) Adults (CARDIA) で20年間にわたって集められたもので、18歳から30歳の被験者数千人を対象に1985年と1986年に始まり、以後同じ被験者を追跡調査したものだそうです。

このデータから、3000人以上のCARDIAの被験者の血圧、コレステロール、血糖値、BMI、アルコール摂取状況、喫煙状況、食事、運動を分析し、循環器系疾患の低リスクと健康的な生活習慣要素を定義しました。

この研究によると、5種類の健康的な生活習慣要素を若いうちから維持している人は大部分は、中年になってもリスクは依然として低いままでした。

ちなみに、 この研究 の抄録によれば、5種類の健康的な生活スタイルとは、

  • 平均の体格指数(BMI)が25未満
  • 飲酒は中程度以下
  • かなり健康的な食事
  • かなり体を動かす
  • 喫煙はまったくしない
です。

この5種類の健康的な生活を守った人のうち60パーセントは中年になっても循環器系疾患のリスクは低いまま。対してこの生活習慣をいずれも守らなかった人でリスクが低かったのは5パーセントでした。

この研究 の抄録によると、年齢、性別、人種を調整後、20年めで循環器系疾患のリスクが低かったのは、守った健康的な生活習慣が5種類のうち、

  • 1つ以下:3.0%
  • 2つ:14.6%
  • 3つ:29.5%
  • 4つ:39.2%
  • 5つ:60.7%
となっています。

研究者は、次世代の若者が健康的な生活習慣を身につけ、それを維持すれば、得るものは心臓の健康に留まらないとして、

「多くの研究が示唆していることだが、中年になっても循環器系疾患のリスクが低い人は生活の質が高く、高齢になっても医療費が少なく済む。リスクが低い状態を維持すれば得るものは多いのだ」
と言っています。

|
|

« 摂取カロリーとMCIの関係 | トップページ | 血圧は両腕で測った方がいい?? »

コメント

かなり健康的な食事とかなり体を動かすのかなりとはどれぐらいなのでしょうか。。。
自分自身というより、自分の子供のために注目したいデータですね。
親の遺伝のせいで生活習慣病になってしまうというのもかわいそうですし。

投稿: @K | 2012年3月 6日 (火) 12時49分

@Kさん、コメントありがとうございます。

「かなり健康的な食事とかなり体を動かす」とした部分ですが、論文の抄録では
  "higher healthy diet score, higher physical activity score"
と書かれているだけなので、実際どういうものかは、これだけではなんとも言えません。専門家の方なら、これだけでもわかるのか、それとも論文の本文にはちゃんと書かれているのかもしれません。

投稿: fumixie | 2012年3月 6日 (火) 13時18分

やっぱり運動と身体に良い食事は継続しないといけませんね!最近ジムでの運動を習慣づけようとチャレンジしているので、このデータは運動を続ける励みになります!

投稿: タケノコ | 2012年3月 8日 (木) 13時08分

タケノコさん、コメントありがとうござます。

素晴らしいライフスタイルになりそうですね。そのジムの運動がぜひ習慣になるよう、祈っております。

投稿: fumixie | 2012年3月 8日 (木) 22時02分

BMIと禁煙と飲酒中程度の3つは当てはまる26歳なので、29.5%ですね!
特にBMIは日本人になると、いくつ位下になるんでしょうか??

投稿: まるぴょん | 2012年3月14日 (水) 00時16分

まるぴょんさん、コメントありがとうございます。

リスク約3割減はすばらしいですね。さらに上を目指す「動機」としても十分ですよね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Body_mass_index によると、BMI=25というのは「過体重」の下限値のようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ボディマス指数 によると、BMI=25というのは「太り気味」の下限値のようです。

そして25未満はいずれの場合も「正常範囲」の上限値となっていますね。

ということからすると、われわれの場合も25が基準になりそうな気がしますが、どうでしょうか。

投稿: fumixie | 2012年3月14日 (水) 16時27分

中程度とかかなりといった表現は少し漠然としていますが、励みになるデータだと思います。ここまでして6割とは少し低い様にも思えますが、欧米人と東洋人との基本となる生活習慣の違いもあるので、日本人ではもっとリスクは低くなるのではないでしょうか?体の大きさもありますが、欧米人の一人前は日本人の二人前位にはなると思います。

投稿: ojalman | 2012年3月16日 (金) 12時23分

ojalmanさん、コメントありがとうございます。

たしかに、体格と食事の量を考慮して日本人向けに調整したら、結果は大きく変わるでしょうね。っていうか、変わってほしいです。

いずれにしても、生活習慣を改善すると、その効果は大きいということですね。

投稿: fumixie | 2012年3月17日 (土) 00時25分

この「かなり体を動かす」というのも気になりますね。運動しすぎは心臓に悪影響を及ぼしますし・・。この線引きが難しいんでしょうね。ゴール前に全てを出し切る川内選手に憧れる1ランナーの疑問でした。

投稿: kirichan | 2012年3月22日 (木) 15時49分

kirichanさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。論文の抄録を見ただけでは、この部分は何とも言えないんですよね。

投稿: fumixie | 2012年3月22日 (木) 20時31分

今思い出すと20代。やんちゃしてました。暴飲暴食。今でさえ、ジム通いをしてますが・・・。
子供に伝えたいですね。

投稿: tommy | 2012年3月23日 (金) 12時04分

BMIと喫煙無しの2つで14.6%減。
とはいえ既に降圧剤、高脂血症治療剤、はたまた高尿酸血症治療剤を服用している我が身にとっては、時既に遅し、か。
生活習慣病になってからでは遅いので、子供にはしっかり伝えようと思います。
貴重な情報をありがとうございます。

投稿: ZEN | 2012年3月23日 (金) 14時26分

tommyさん、コメントありがとうございます。

私も20代、30代はかなりの頻度で飲みに行ってたし、一日最低60本はタバコを吸ってました。今はまったくと言っていいほど飲まないし、タバコは数年前に完全に止めました。

投稿: fumixie | 2012年3月23日 (金) 21時43分

ZENさん、コメントありがとうございます。

生活習慣、特に運動と食事の改善は、いつ始めても遅くはないし、取り組む努力に見合う価値は十分あると私は思います。

投稿: fumixie | 2012年3月23日 (金) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/54148850

この記事へのトラックバック一覧です: 健康的な生活は遺伝子よりも強い:

« 摂取カロリーとMCIの関係 | トップページ | 血圧は両腕で測った方がいい?? »