« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

介護施設入所者のビタミンDが下がると死亡率は上がる

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

皆さん、更新が遅くなって申し訳ありませんでした。忙しい時期でも定期的に記事を書いていく習慣を身につけないといけませんね。健康生活も同じようなもの、毎日のちょっとした積み重ねが重要なのは分かっているんですけどね。

実は先日、一般向けにビタミンDの講演をしてきました。そこで今回はビタミンDの話題をとり挙げましょう。

ビタミンDの健康に対する考え方はここ5年で様変わりしている。 くる病の治療薬から始まり、身体のミネラルバランスや骨の代謝に関わることから、骨粗鬆症のような骨の代謝疾患の予防効果が注目されていた。しかしながら、最近は骨以外の作用に関心が向いている。

一般的な癌、高血圧症、心血管疾患の発症、脳神経の成長などに関わるという報告から始まり、骨以外のビタミンDの作用が今まさにホットな話題で、日増しにその重要性が注目されている。さらに、欧米ではビタミンDの不足状態もまん延していることが明らかになり、米国では昨年、2011年にビタミンD欠乏の治療ガイドラインが改訂されました。詳しい内容は次のエントリーを見て下さい。

ビタミンD欠乏症に関する治療ガイドライン

概略を書けば、乳幼児から高齢者までのビタミンDの推奨摂取量が15μg、上限量は8歳以上で100μgになっている。日本ではどうでしょう。厚生労働省から「日本人の食事摂取基準(2010年阪)が出ています。この基準は2009年(平成21年)に、次の5年間の使用目的のために公表されたもので平成26年、この先2年間我々が基準にしていく値です。詳しい内容は厚生労働省のホームページに掲載されているのでみてください。

厚生労働省 > 日本人の食事摂取基準(2010年版) > ビタミン(表)

この中のビタミンDの摂取基準をみると、ビタミンDの摂取目安量は5μgで上限量は50μgである。これは単純にみても推奨量で3倍の開きがある。

欧米でまん延しているビタミンD欠乏のまん延が日本で見られないからでしょうか?

日本でも小規模ながらビタミンDレベルの調査がされた。2010年の7月に長寿医療研の報告をみると、愛知県内の介護施設に入所している寝たきりになっていない女性435名を対象にビタミンDレベルを調べたところ、8割がビタミンD不足という結果だった。これは欧米の結果と変わらない。実は日本でもビタミンD不足は問題になっていることがわかった。

最近、初めてビタミンDと死亡率の関連性が報告されたので紹介しよう。

続きを読む "介護施設入所者のビタミンDが下がると死亡率は上がる"

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年3月27日 (火)

ハンガリーのポテチ税

文:人見訓嘉 <info@coneri.co.jp>

私のような医学的専門知識を持たないものが健康を論じるとき、医学的裏付けの必要な話よりも、社会的、経済的な話に注目してしまう傾向があります。昨年9月からずっときになっていた、ハンガリーで、塩分や糖分の高い食品に課税する、通称「ポテトチップス税」が施行されたニュースはその一つです。

以下AFP BBニュースより引用しつつ。

「新税導入を推進した議員はAFPの取材に対し、『不健康で高価な食品は食べないように、という消費者に向けたメッセージであると同時に、メーカーに食塩・砂糖の使用量を削減するよう促す意図もある』と説明した」そうです。

これはまあ、健康の話。こうやって健康を気づかうと、結果、行政が負担する医療費が下がっていくのだろうと思います。それは、税を負担する現役世代ウエルカムです。

ニュースは、続きます。

「課税対象は袋入りスナック菓子、クッキー、炭酸飲料、栄養ドリンクなどで、国内メーカーと輸入業者が納税義務を負う。国民の食習慣の改善と肥満対策が目的だが、厳しい経済情勢の中で歳出削減に取り組む同国政府としては、年7400万ユーロ(約81億2300万円)相当の税収アップへの期待も伺える。」

課税をして、歳入増にもつながる、と。

そして、今度は食品業界からの視点です。

「ハンガリー食品生産者協会は、『業界への相談もなく早急に導入された法律で、中小生産者を苦しめるだけだ。外国企業を撤退に追い込み、闇市場をはびこらせることになる』と憤りを見せている。地元紙によると既に、ポップコーン工場の建設を計画していた独メーカーが「ポテトチップス税」の導入を受けてハンガリー進出を断念している。」

以上を総括すると、健康を気づかう国の規制・課税は、歳入増と健康関連の歳出の抑制につながるものの、食品会社の操業を圧迫すると、今度は法人税などが落ち込んでしまいます。そこに雇用されている人たちからの税金も見込めなくなるかもしれません。

健康にいい施策を国が実施するということは、生活者からすると歓迎ですが、短期的な利害と長期的な利害が錯綜し、それはなかなか難しい問題です。消費者の購買意識から食品業界を変えていくというのが、もっとも自然なのかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

血圧は両腕で測った方がいい??

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

2012年3月21日付けで 英国BBC に載った "Arm blood pressure differences 'predict death risk'" という記事 によると、左右それぞれの腕で測った血圧の差が大きいことは、早死にするリスクが高まることを示唆しているそうです。

続きを読む "血圧は両腕で測った方がいい??"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

健康的な生活は遺伝子よりも強い

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

ScienceDaily.com に 2012年3月2日付けで

Lifestyle Choices Made in Your 20s Can Impact Your Heart Health in Your 40s (20代で選択した生活スタイルは、40代の心臓の健康に影響を与える場合がある)という記事が載っていました。

元ネタは、ノースウェスタン大学( Northwestern University)ファインバーグ医学部( Feinberg School of Medicine)の予防医学部門( department of preventive medicine)による研究で、同サイトの News Center に Heart Healthy Choices Early on Pay Off Later として載っている研究です。

この部門の教授で副議長を務める Kiang Liu によると、

「問題は、歳をとっても、理想的な循環器系の健康要素を維持している大人が少ないことだ。多くは食事が不健康になり、体重が増加し、体を動かさなくなる。そういう生活スタイルは、当然ながら、血圧が高まり、コレステロールが増加し、糖尿病になり、循環器系疾患のリスクが高まる。だが若いうちに健康的な生活習慣を身につければ、40代になって循環器系疾患にかかるリスクが低くなる。生活習慣は遺伝子よりも顕著な役割を果たす場合がある」
とのこと。

続きを読む "健康的な生活は遺伝子よりも強い"

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »