« 慢性ストレスがホルモンに与える影響と回復補助 | トップページ | 減量じゃない、体力をつければ死亡率は下がる »

2011年12月 8日 (木)

果物+野菜+穀物と女性と卒中

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

2011年12月5日付けで Medical News Today に載った "High Fruit And Veggie Diet In Females Reduces Stroke Risk" という記事によると、果物、野菜、穀物をたくさん食べる女性は、そうではない女性に比べて、循環器系の病歴があっても卒中のリスクが下がるのだそうです。

これはスウェーデン Karolinska Institute の研究で、Stroke誌 に報告されています。

研究者Susanne Rautiainenによると

「抗酸化物質が豊富な食物を食べると、卒中のリスクが低下する場合がある。それは酸化ストレスと炎症が抑えられるからだ。ということは、果物や野菜など、総合的な抗酸化能力を高めてくれる食物を食べた方がいい」
のだそうです。

研究者らは、Swedish Mammography Cohort からデータを集め、循環器系疾患にかかっていな女性31035人と、循環器系に病歴がある5680人の女性(年齢は49歳から83歳)を被験者として、食物の摂取頻度調査から、女性の食習慣に関するデータを収集、女性の総抗酸化能 (TAC) を調べました。

記事によると、TACとは、食事中の全抗酸化物質が持つ遊離基削減能力を示すもので、物質が互いに及ぼす相乗効果も考慮しているとのこと。

研究では、女性はTACレベルに応じて9グループに分けられ、そのうち5グループには循環器系疾患の病歴は無く、残りのグループにはその病歴がありました。

結果として、果物と野菜は、上位五分の一の女性に対するTACの約半分に影響を与えているそうです。他の重要な食物としては、全粒穀物が18%、お茶が16%、チョコレートが5%とのことです。

上位五分の一に入る人たちの食事が持つTACは、下位五分の一の人たちに比べて、卒中の発症リスクが17%下がっていて、研究者らはこれを「統計的にみて有意な差」と述べているそうです。

これについては、論文の Results を見ると "The multivariable hazard ratio of total stroke comparing the highest with the lowest quintile of dietary TAC was 0.83 (95% CI, 0.70–0.99; P for trend=0.04) in CVD-free women."とありますから、きっとこのことですね。1.0 - 0.83 = 0.17 ということで 17% 減なのでしょう。ただし "in CVD-free women" とありますから、「循環器系疾患 (CVD) の病歴がない女性」について、ということですね。

では病歴がある女性はどうかというと、同じく Results を見ると " the hazard ratios for the highest versus lowest quartile of TAC were 0.90 (95% CI, 0.75–1.07; P for trend=0.30) for total stroke and 0.55 (95% CI, 0.32–0.95; P for trend=0.03) for hemorrhagic stroke" とあります。てことは、上位四分の一と下位四分の一の比較では、卒中全般で見ると1割減 (1.0 - 0.90)、出血性卒中では 45パーセント減 (1.0 - 0.55) だということなのでしょう。

なお記事では、出血性卒中のリスクは、上位三分の一の女性の食事が持つTACを下位三分の一の女性のものと比較すると、46%から57%低下していたと報じています。

研究者は

「抗酸化物質を多く摂取する女性は健康に対する意識が高く、健康を保つ活動をしている。それがわれわれの研究結果に影響を与えたかもしれない。しかし食事のTACと卒中の間には逆の関係がある。この関係は、喫煙や身体活動、教育など健康関連活動に関わる潜在的な交絡因子を調整しても維持されている」
と述べています。

論文の Conclusions では、「食事の TAC と、卒中全般(循環器系疾患の病歴がない女性)、および出血性卒中(病歴のある女性)は逆の相関がある」と書かれています。

野菜と果物と全粒穀物は、ホント、健康のためには欠かせませんね。(きっと男性にも...そう願ってます)

|
|

« 慢性ストレスがホルモンに与える影響と回復補助 | トップページ | 減量じゃない、体力をつければ死亡率は下がる »

コメント

果物、野菜、穀物ですか・・・・
特に果物、野菜は一人暮らしの私にとってはなかなか縁遠いですね(汗
外食でも内容を考えましょうっていうことですね。

投稿: @K | 2011年12月 9日 (金) 16時14分

@Kさん、コメントありがとうございます。

たしかに、「一人暮らしでは...」というのは、実感としてよくわかります。

私も大昔、一人暮らしをしていたころは肉ばかり食べていました。そのせいかどうかわかりませんが、歩いていると、突然鼻血が出てきて、びっくりしたことがありました。「ひょっとして壊血病?」と思い、慌てて八百屋に行ってレタスを買ってきて、貪り食べました。レモンじゃないところが知識の無さでしょうか。

投稿: fumixie | 2011年12月 9日 (金) 23時30分

@Kさんのコメントにすごく共感出来ます。
果物、野菜、穀物など健康の為には食べた方が良さそうだという風に考えていても、一人暮らしだとなかなか食する機会が少なくなってしまいます。
たまには、御菓子ではなく果物食べて、肉だけではなくサラダとかも食べるようにしなければいけないですね。

投稿: Y.S@ | 2011年12月13日 (火) 17時22分

Y.S@さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、一人暮らしの食生活は、私も実感としてわかります。青汁などは、野菜不足の埋め合わせとして、完璧ではないかもしれませんが、お手軽かもしれませんね。

投稿: fumixie | 2011年12月13日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/53437524

この記事へのトラックバック一覧です: 果物+野菜+穀物と女性と卒中:

« 慢性ストレスがホルモンに与える影響と回復補助 | トップページ | 減量じゃない、体力をつければ死亡率は下がる »