« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

ビタミン・ミネラル不足の兆候を知るアンケート Part2

文:Ctom


先日の記事に加えて、本文にも掲載されているもう一つの質問表も載せようと思います。
今回は薬剤を使用し続けることで不足しやすい栄養素を知るための目安を載せておきます。

記事の引用は前回と同様Clinical Signs and Other Indications of Vitamin/Mineral Deficiencies November 8, 2006, Vol. 24, Issue 23です。後半の質問表を載せてみます。


もし、この記事の読者の方々が質問表に該当する薬剤を通常使用している場合には、不足しやすい栄養素があることも留意しておくことで、不定愁訴や生活習慣病など本来の症状以外の疾患に関連する問題を予防することが可能です。しかしながら、薬剤を生涯飲み続けなくてはいけない状態であるならば、食事の管理、ライフスタイルなど多くの面で変更が必要でしょう。


僕は薬剤に頼りきるのではなくて、自分自身で改善させるために努力することも強くお奨めします。
タバコやお酒のみならず、睡眠の習慣や食事の内容までいろいろと健康を害する要素が多くありますので、多方面で自分自身の健康を守るために努力してほしいです。


では、さっそくいってみましょう!

続きを読む "ビタミン・ミネラル不足の兆候を知るアンケート Part2"

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2011年9月25日 (日)

魚と卒中

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

ライフログで取りあげたオメガ3系脂肪酸に関する話題
Flaxseed vs Fish: 植物性オメガ3か魚類オメガ3(2012/07/24)
魚と卒中(12/09/25)
オメガ3系で歯肉疾患の予防(10/12/30)
子供の脳の発達にかかわる必須脂肪酸 - オメガ3(10/11/13)
魚油は10代少年のうつ病を緩和させるかも - オメガ3(10/08/18)
食事の変化で高齢者のコレステロール値改善 - オメガ3(10/02/22)
魚油は統合失調症の予防になるか? - オメガ3(10/02/03)
魚油は細胞の老化を防ぐ - オメガ3(10/01/23)
オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも(09/12/28)
食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3(09/12/04)
魚を食べても心不全の予防にならないかも - オメガ3(09/10/17)
オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし(09/07/14)
オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)
不飽和脂肪酸、アラキドン酸で精神疾患の予防効果?(09/04/15)
オメガ3系脂肪酸に関する私見(08/11/18)
女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系(08/06/30)
オメガ3系:いかに騙されているか(08/06/20)

2011年9月23日付けでロイターに載った "Food for thought: can fish lower your stroke risk?"(魚は卒中のリスクを下げるか?)という記事によると、毎週何回か魚を食べている人は、ほとんど、ないしはまったく食べない人よりも卒中のリスクが下がるのだそうです。

続きを読む "魚と卒中"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

減量維持の鍵はタンパク質

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

香川を元気にするクリエイター集団で構成される超10プロジェクトに参加してはや2年、今月から月一で記事を投稿することになった。基本的にライフログとかぶるトピックを扱うので、同じ記事をここでとり挙げるよ。

最初の記事は、ダイエットを維持させるためのポイント。減量をするために炭水化物をコントロールすると効果的ではあるが、減量した体重を維持、リバウンドさせないために鍵になるのがタンパク質だ。この考えをサポートする報告があったので紹介しよう。

続きを読む "減量維持の鍵はタンパク質"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月22日 (木)

ビタミン・ミネラル不足の兆候を知るアンケート

文:Ctom


ここのところ、随分忙しくてなかなか投稿できなかったのですが、ようやく今月も記事を投稿します。
前回が8月20日なので、随分遅くなってしまいました ^^;


毎日、いろいろな人たちを見ていると、ビタミンやミネラルのアンバランスによる問題では?と思うことがしばしばあります。ですが、その問題を問診だけで特定することは至極困難なことで、特にミネラルアンバランスの分析は難しいなと思うばかりです。おおよそ、ミネラルの問題?かと思うシーンはあっても、適切な食品やサプリメントの指標とまでいこうと思えば特別な検査が必要であることを感じています。


今回の記事は誰でもできるビタミン・ミネラル欠乏のサインを知る質問表を載せてみます。
ちょっとざっくりとした答えだなと思う部分もありますが、多少の参考になるのではないでしょうか。

僕も、ある人がミネラルバランスの異常があって、食事を変更してきたら随分と爪がボロボロだったりガタガタしていた部分が改善され、皮膚がボロボロとしていた部分も改善傾向になった方がいます。


こればっかりは、自分自身でコントロールしていかないといけない部分でもあるので、今回の質問表を参考にしてみてもらえればいいかなと思います。


今回の記事はDynamic ChiropracticよりClinical Signs and Other Indications of Vitamin/Mineral Deficiencies November 8, 2006, Vol. 24, Issue 23の記事から抜粋してあります。


では、いってみましょう!

続きを読む "ビタミン・ミネラル不足の兆候を知るアンケート"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月21日 (水)

COPDの生涯リスクは4人に1人

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

COPDと言われても「なんやねん?」と思われた人は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)総合情報サイトを見てください。和田アキ子さんがテレビで宣伝しているから見かけたことあるんじゃない?

前回のエントリーで養老先生と日本禁煙学会のやり取りを紹介したら、愛煙家と嫌煙家の意見は交わらないという意見をコメントで頂いたけど致し方ないでしょうね。しかし、禁煙活動を「おせっかい」レベルに思われると残念なことだと思う。

分煙化がすすんでいるから「喫煙」は個人の嗜好で他人にとやかく言われる筋合いはない!と仰るなら、大麻(戦前は自由だったらしい)、覚醒剤、麻薬など他人に直接影響を与えない薬物はどうして規制されているのでしょう?これを合法にすると、社会・経済的に国にダメージを与えるという表向き(?)の理由を大半の人は支持しているからじゃないかな。アルコールはどうですか?アルコールは社会に受け入れられて多くの人が嗜好品とし飲まれているよね。でも、米国では社会悪として禁酒法(宗教的な意味合いもあったけど)が施行されていた歴史もありました。

多くの研究データの蓄積によって社会通念は変化している。これまでは、タバコの問題もアルコールと同じと捉える人も多かったのでしょう。しかし、蓄積されていくエビデンスを見れば、タバコは公衆衛生上大きな問題を抱えていることが明らかになってきている。今日紹介する雑誌The Lancetに掲載された報告(カナダの報告なんで直接日本人に当てはまらないから注意)をみても分かるだろう。喫煙とCOPDの関連性は否定しがたいもので、日本でもCOPDの治療にかかる医療費はこれから莫大なものになっていくって想像できる。非喫煙者が喫煙者のCOPD治療のために税金を払わなければならないんですよ。

医療費を減らすことが国の義務なら、なぜ国はもっと積極的に禁煙活動に力を入れないのでしょうか?「タバコ1箱1000円」のどこが悪いのでしょうか?1000円にすると喫煙者は激減するけど、タバコ1箱当たりの税金は増え、タバコで得られる税収は変わらないという試算があるから国は困りません。厚生労働省の小宮山大臣の発言が不適切とは思えねいけどね。タバコ1箱を1000円にして困るのは誰?売り上げが減るJTですよ。JTは巨大企業で財務省に太いパイプがあるって話。タバコ税問題は、政治的問題として話し合われているって馬鹿な私でも想像できるよ。国民の健康を考えれば小宮山大臣に頑張ってもらいたいけどどうなることでしょう。

じゃあ今日のニュースを紹介しよう。

続きを読む "COPDの生涯リスクは4人に1人"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年9月15日 (木)

タバコ:日本禁煙学会、養老孟司氏に反論

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

久しぶりにタバコの話をしよう。ここの読者なら私が嫌煙家って知っているよね。今年から日本禁煙学会に入会して禁煙外来にも力を入れている。

隣の人が食生活の乱れから肥満やメタボになっても直接影響はないけど、タバコは副流煙という問題をはらんでおり、隣で吸われるだけで健康障害を引き起こす可能性があるという理由から、私は嫌煙家になっているけど、声高に主張できない大人の事情もある。

野田首相も吸われているって話で、あの東京大学名誉教授の養老孟司先生も愛煙家ですよね。こういう方々が、例えば隣でタバコを吸われ「すまないね」と仰ると「いえいえ、かまいませんよ」と答えてしまうだろう。ここまでお偉方でなくても、自分の上司や目上の人が吸われていても黙認してしまう。

したがって、私の嫌煙家ってのもこのブログに限られた情けない話ではある(^_^;) さて、今日の話題は、先ほど話題に挙げた養老孟司先生のニュースですが、もう既に知っている人もいるかな?私は日本禁煙学会のメールで知ったけど、養老先生がここまで過激な愛煙家だと思わなかった。少し感情的に反論をしてしまう日本禁煙学会の姿勢も納得ですね。次のニュースを読んでみて皆さんはどう思われますか?

続きを読む "タバコ:日本禁煙学会、養老孟司氏に反論"

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2011年9月 8日 (木)

笑う門には福来る

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

笑う門には福来るに、「(笑いと微笑みのパワー)その3」を追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »