« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月20日 (土)

クランベリーの臨床的価値

文:Ctom


女性に多い疾患の中に尿管感染症(Urinary Tract Infections)があります。
細菌が尿道から侵入し感染性疾患を引き起こしてしまう病態です(ざっくりとした説明ですが)。

この手の疾患と似たものにはカンジダ症もありますよね。公衆浴場で感染することがあるこの疾患です。
どうしても女性は尿道や性器が男性と比較して長さが短く細菌も“比較的“容易に侵入し、増殖することが可能なことから、尿管感染症というものが存在しています。


さて、軽度であれ、この病態を改善・予防させるためによく指導されることがあります。それは、“レモン”と“クランベリー”です。

レモンに含まれるサポニンという成分が改善・予防のために重宝され、この疾患に対して指導されることがあります。一方、クランベリーでは、それに含まれるプロアンチオシアニジンという成分が同様に効果を示すとされています。


今回の記事はこのクランベリーの臨床的効果を検証した論文がありましたので、紹介したいと思います。
あまり、一般的に面白い内容ではないかもしれませんが、個人的に興味があったものですから、とりあげました。


では、いってみましょう☆


続きを読む "クランベリーの臨床的価値"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年8月14日 (日)

夜更かしと遅い食事と体重

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

私もダイエット前は、家人が寝静まった真夜中に冷蔵庫の扉を開けて、夕食で残った鶏の唐揚げなどを貪り食べていたものですが、National Sleep Foundation に掲載された People Who Eat and Sleep Late May Gain Weight (June 1, 2011)という記事を読んで納得してしまいました。

続きを読む "夜更かしと遅い食事と体重"

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

2011年8月 8日 (月)

噛む回数と摂取カロリーの関係

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

この記事を読んで以来、食事の度に実践しようとしているのですが、かなり意識して食卓に臨まないと、「あっ、いけない、つい、うっかり・・・」ということがしばしばです。

でも、うまくいったときは、「うん、なんとなく、そんな気がするよなあ・・・」と感じることもあります。

何のことかというと・・・

続きを読む "噛む回数と摂取カロリーの関係"

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »