« グルテン過敏症になっていない? | トップページ | ホットティとコーヒーでMRSA予防効果? »

2011年7月10日 (日)

運動の「タイミング」と睡眠の質の関係

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

2011年6月4日、"American College of Sports Medicine"のニュースリリースに、

FOR BEST SLEEP, WORK UP A SWEAT IN THE MORNING
Study shows morning workouts to improve sleep quality

最高の眠りが欲しければ、朝、汗をかけ
朝の運動が睡眠の質を改善することが研究で明らかに
という書き出しの記事が載りました。

この記事の最後には、

The conclusions outlined in this news release are those of the researchers only and should not be construed as an official statement of the American College of Sports Medicine. Research highlighted in this news release has been presented at a professional meeting but has not been peer-reviewed.

このニュースリリースで概説されている結論は研究者の結論にすぎず、American College of Sports Medicineの公式発表と解釈してはならない。このニュースリリースで強調されている研究は専門的な会議で発表されたものではあるが、ピアレビューはまだ受けていない。

という但し書きがあるものの、ただでさえ熱帯夜で寝苦しくなるうえに、節電まで迫られている昨今、日常生活に応用できそうな内容かもしれません。

American College of Sports Medicine"の第58回年次総会とExercise is Medicineの第2回世界会議で発表された、身体活動と睡眠の仕組みに関する新しい研究によると、最高の睡眠が欲しければ、朝、運動すると効果的なのだそうです。

「睡眠不足は、糖尿病や心臓疾患、肥満など慢性疾患の一因となるため、わが国の保健衛生に対する脅威だ。運動が睡眠の質を改善することは証明済みなのだが、われわれが知りたかったのは、この効果を最大にする運動のタイミングがあるかどうかだ」と語る、この研究の主著者スコット・コリア博士(Scott Collier, Ph.D., FACSM)(ちなみにFACSMは"Fellow of the American College of Sports Medicine"の頭文字だそうです)は、アパラチアン州立大学と合同で、男性6人、女性3人の被験者を対象に、睡眠パターンに及ぼす運動のタイミングの効果を研究したのだそうです。

各被験者は3回、各々あらかじめ決められた時刻、すなわち午前7時、午後1時、午後7時に、研究所で30分間トレッドミル(いわゆるウォーキングマシンですね)で運動しました。夜には、被験者に睡眠状態をモニターするヘッドバンドを装着して、睡眠の段階と質を測定しました。

その結果、有酸素運動を午前7時に行うと、午後1時と午後7時に運動した場合と比べて、睡眠の質がかなり大幅に改善されたのだそうです。朝運動した被験者では、浅い眠りの時間が85パーセント、および深い眠りの時間が75パーセント、各々増加しました。午後7時に運動しても、睡眠サイクルの周期が20パーセント増加しました。

この結果についてコリア博士は、「タイミングを計って運動すれば、睡眠の質をより一層上げることができる。この研究の結果が一般にも当てはまるとすれば、運動する人が身体活動から得られるメリットはもっと大きくなる」と言っています。

朝30分の運動といっても、ウォーキングマシンがある家庭は少ないでしょう。でも朝、洗濯物が詰まった洗濯かごを2階のベランダに持っていくとか、多少気合を入れて家中を掃除するとかで、ある程度代用できないのかなあ、などとあれこれ思っています。(朝の電車通勤1時間半というのはどうなんだろ?)

いずれにしても、朝、軽く運動して多少汗をかいておけば、夜ぐっすり眠れるということのようです。

|
|

« グルテン過敏症になっていない? | トップページ | ホットティとコーヒーでMRSA予防効果? »

コメント

運動はなるべく夜よりも朝したほうが日中、脂肪が燃焼しやすいと教えていただいたことがあります。

この時期、気温が上がるまでは朝はとても気持いいのでやるなら今という感じがします。

早起きできたらですが・・

投稿: パン子 | 2011年7月13日 (水) 10時43分

日中仕事をしている人にとっては朝に運動の時間を捻出するのは至難の技ですね。
私も運動は出来てもどうしても夜の寝る直前になってしまいます。
そういう日はいつも体が興奮して寝つきが悪く、次の日がつらいです、、、。。

投稿: ジョン | 2011年7月13日 (水) 14時38分

パン子さん、コメントいただき、ありがとうございます。

なるほど、「運動はなるべく夜よりも朝したほうが日中、脂肪が燃焼しやすい」ですか。教えていただき、ありがとうございます。

早起きして軽くジョギング...観念的には「いいなあ」と思えるのですが、いざとなると、なかなか...ですよね。

投稿: fumixie | 2011年7月13日 (水) 16時13分

ジョンさん、コメントいただき、ありがとうございます。

「朝に運動の時間を捻出するのは至難の技」というのは、実感として、とてもよくわかります。やはり仕事をしていると、翌朝起きるのは辛いですよね。月80時間も100時間も残業していると早起きはまず無理です。そのうえ帰りに飲んでしまうとなおさらです。運動といっても、駅で階段とエスカレーターがあったらエスカレーターを使ったりしますから、なかなかですね。

投稿: fumixie | 2011年7月13日 (水) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/52169306

この記事へのトラックバック一覧です: 運動の「タイミング」と睡眠の質の関係:

« グルテン過敏症になっていない? | トップページ | ホットティとコーヒーでMRSA予防効果? »