« 運動の「タイミング」と睡眠の質の関係 | トップページ | 睡眠を取り巻く現状と「じゃあ、どうすれば?」(その1) »

2011年7月14日 (木)

ホットティとコーヒーでMRSA予防効果?

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

ライフログの読者なら私がコーヒー中毒になっていること知っているよね(^_^;)

コーヒーの話題があると、ついつい紹介したくなるんで、飲まない人も聞いてください。Medscapeに「Hot Tea and Coffee May Lower MRSA Risk/ホットティとコーヒーはMRSAのリスクを低下させるかもしれない」というニュースが流れた。

雑誌Annals of Family Medicineの7月/8月号に掲載された「Tea and Coffee Consumption and MRSA Nasal Carriage/お茶とコーヒー摂取とMRSAの鼻腔保菌の関係」という研究報告に関する内容だ。

米国チャールストン、南カロライナ大学医学部、家庭医学のEric M. Matheson医師は、一般的な米国民の集団において、お茶とコーヒーを飲むこととMRSAの鼻腔保菌の関連性を調べるため、2003年から2004年の米国国民健康栄養調査から、どこの医療機関にも属さない米国民5555名のデータ解析した。

すべての被験者の鼻腔からサンプルを採取して培養検査をすることで、2歳以上の被験者のMRSA解析をしてお茶やコーヒーの摂取量との関連性を報告しているんだけど、この報告に対してコメントを求められたニューヨーク州、セント・ジョセフ病院の院長、Aaron E. Glatt先生もツッコミを入れているように摂取量の区分が妙なんですよね。

飲み物のカテゴリーは全部で4つに分けています。1)ホットティ、2)アイスティ、3)コーヒー(ホットでしょう)、4)ソフトドリンク(清涼飲料水)に分けられている。

国民性の違いでしょうか、日本でよく飲まれるアイスコーヒーは評価されていません。米国人はあまりアイスコーヒーを飲まないんでしょう。まあ、この種類の区分はいいとして、摂取量の区分が奇妙なんですよ。

全く飲まないか、月に1杯以下もしくはそれ以上... これって、コーヒーを月に一度だけ一口すすった人と毎日10杯以上飲んでいる人と同じ区分になっちゃうんですよ。どうして階層区分にしなかったんでしょう。エレガントじゃないね、って皮肉られています。何かしら意図がありそうですね。

ソフトドリンクは月に2、3回までと週に1回から6回以上にしているけど。米国は基本的にソフトドリンク大量消費国なんで、お茶やコーヒーと同じ区分にはできなかったんでしょう。

可能性のある交絡因子は補正されています。齢、人種、性別、貧困度、健康状態、最近の病院滞在、抗生物質の使用など、でも、交絡因子はいくらでもあるからね。

サンプル全体の1.4%にMRSAが認められ、ホットティを飲んでいた人は、飲まない人に比べて、保菌率は半分だったという(オッズ比, 047; 95% CI 0.31-0.70)で、コーヒーも同様のリスク低下(オッズ比, 0.47; 95% CI 0.24-0.93)でコーヒーとホットティのコンビネーションでも同様だったという。

しかし、アイスティやソフトドリンクでリスク低下見られなかったという。ソフトドリンクにはカフェインが含まれているからカフェインの影響を考えてソフトドリンクを評価したようだが関係無いらしい。でもこれだけでカフェインを理由にできないけどね。アイスティでリスク低下が見られなかった理由として、ボリューム当たりのポリフェノール類の含有量が少なくなったからって説明している。高温でないとこういう化学物質は溶解しにくいというのも説得力の欠ける説明だ。でも、こいいう理由ならアイスコーヒーでも効果は低いかもしれませんね。

どうしてホットティやコーヒーに抗菌作用があるんだろう。コーヒーには、トリゴネリン(Trigonelline)、グリオキサール(Glyoxal)、メチルグリオキサール(Methylglyoxal)やダイアセチール(Diacetyl)など抗菌効果のある化学物質が含まれていて、お茶のタンニン酸やカテキンの影響だろうという説明。さらに著者の考えは飛躍して、お茶やコーヒーには鉄イオンの吸収を阻害するため、MRSAの成長に不可欠な鉄イオンが関わっているなんて言っている(^_^;)

まあどちらにしてもツッコミ所が多い研究報告になっている。結果を左右する交絡因子で補正をしていると言っているけど、影響を与える因子を考えればいくらでも思い浮かぶ。先ほどツッコミを入れていたGlatt先生も疑問を呈している。コーヒーを煎れるためにしばしば手洗いをしている可能性があり、そういう清潔な人はMRSAの保菌率が少ないのかもしれないだろうって... 言い出したら切りが無い。

こういう研究報告は本当によく考えないといけない。この報告だけでホットティやコーヒーを勧めるのは早計だ。でも、既にホットティやコーヒーを飲む習慣があり、夏場にアイスしか飲んでいないのなら、たまに、この研究から言えば、月に一度だけホットでお茶やコーヒーを飲むのもいいかもれないね。私も今日は1杯だけホットコーヒーを飲みました。

|
|

« 運動の「タイミング」と睡眠の質の関係 | トップページ | 睡眠を取り巻く現状と「じゃあ、どうすれば?」(その1) »

コメント

コーヒー情報ですが!ごん存知かも知れませんね・・・
http://theoatmeal.com/comics/coffee

投稿: 情報や本舗 | 2011年8月23日 (火) 22時18分

私はたまにアイスコーヒーを飲むくらいです。
ホットコーヒーにかえてみようと思いました。

投稿: マリオン | 2013年6月10日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/52205936

この記事へのトラックバック一覧です: ホットティとコーヒーでMRSA予防効果?:

« 運動の「タイミング」と睡眠の質の関係 | トップページ | 睡眠を取り巻く現状と「じゃあ、どうすれば?」(その1) »