« ビタミンD欠乏症に関する治療ガイドライン | トップページ | 超10!× Life-LOG »

2011年6月22日 (水)

昼寝は、頭を冷やしながら揺れるハンモックで

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

"Rocking Hammocks Beat Stationary Beds For A Soothing Sleep" (21 Jun 2011) によると、「ロッキング・ハンモックの「揺れ」は、脳の自然な睡眠リズムを強化する。固定されたベッドでは、そうはいかない」とのこと。スイスの研究者らは、「揺れ」が眠りを誘うという昔ながらの信仰に潜む科学理論を見つけた、と考えているそうです。

曰く、

今週の Current Biology に発表されたこの研究によると、脳の紡錘波活性 (spindle activity) を強化すれば、記憶の固定および障害を受けた脳の修復に役立つと示唆している。

赤ちゃんを寝かしつけるときは、赤ちゃんを優しく揺するし、静かに揺れるハンモックで横になっていると、どうしてもウトウトしてしまう。これは文化も世代も越えた真理だ。しかし「揺れと睡眠の関係に潜む本質は、ほとんどわかっていなかった」。そう言うのは、

スイス、ジュネーブ大学 (University of Geneva) 神経科学部 (Department of Neuroscience) のソフィー・シュワルツ (Sophie Schwartz)。「揺れ」が睡眠の生理学的パラメータに影響を与えることを示そうとしている。この研究の目標には2つの側面がある。つまり「揺れが実際に眠りを誘うのかどうか調べること、そして脳のレベルで、揺れがどう作用しているか理解することだ」。

このため、優しく揺れるように設計した特製ベッドを使った「実験用ハンモック」で昼寝中の成人12名の脳波を研究した。被験者は45分間の昼寝を2回行った。1回は優しく揺れるようにして、もう1回は揺れを止めた。研究者は、その間、睡眠ポリグラフと脳波図 (EEG) を使って、脳の活動状況を分析した。その結果、優しく揺れるようにして昼寝をする方が早く眠れることがわかった。おまけに驚いたことに、揺れの動きが眠りの質を変えた。眠りの質がどんどん深まったのだ。被験者は全員健全な睡眠をとっており、日中過度に眠くなることはないし、普段から昼寝をしているわけでもなかった。

研究者の話によると、ハンモックのように揺れていると、被験者はより速やかに眠りに入った。揺れると眠りやすくなるということが直感的にはわかっているが、その考えがいっそう確固たるものになった。それに、睡眠に関係するある種の脳波振動が劇的に強まることも観察された」

詳しく言うと、揺れが0.25Hzの場合に覚醒から睡眠へ移行しやすくなり、N2睡眠(ノンREM睡眠の一種)の持続時間が増加した。また、被験者の脳活動には、スローオシレーションの増加が見られた。さらに、「睡眠紡錘」と呼ばれるバーストが増えた。この2つは、より深く、回復力のある睡眠と同期していることを示している。

研究者らは、「この研究は、揺れが眠りを誘うという従来の信仰に科学的支持を与えるものだ」と結論づけている。今後は、長時間の睡眠に与える揺れの効果を調査し、不眠症など睡眠障害の治療に使えるかどうか研究したいとのこと。

また "Brain Cooling During Sleep May Be A Natural And Effective Treatment For Insomnia"(頭を冷やして寝るのは、不眠症に対する自然で効果的な治療法)という記事では、その冒頭で "People with primary insomnia may be able to find relief by wearing a cap that cools the brain during sleep"(原発性不眠症を患っている人は、睡眠中、頭を冷やす帽子をかぶると症状が緩和する場合がある)と言っています。

頭を冷やす帽子などと言われても困るし、冷やす部位にもよるのでしょうが、少なくとも頭を冷やすと寝やすくなるのは日常生活でもよく経験します。これについても科学的な支持が得られたようです。

寝苦しいときは、頭を適度に冷やしながら、揺れるハンモックで寝ると安眠できるのかもしれません。ただし、どうやって 0.25Hz(4秒間に1回) でハンモックを揺らしつづけるか、という技術的問題は残りますが...。

個人的には、両方とも、夜の睡眠にも効きそうな気がしますが、いかがでしょうか。

なお、「ロッキング・ハンモック」については、Google の画像検索を、"rocking hammock" というキーワードで検索すると出てきます。なるほどね〜、と思わず納得。

|
|

« ビタミンD欠乏症に関する治療ガイドライン | トップページ | 超10!× Life-LOG »

コメント

睡眠と揺れに関係があるのは興味深い話ですが、それに科学的根拠があるというのは驚きです。「眠れない時には頭を冷やす」は日常で活用できそうですね。夏の寝苦しい時にやってみようと思います。

投稿: タケノコ | 2011年6月22日 (水) 22時15分

タケノコさん、コメントいただき、ありがとうございます。

頭を冷やすのは、熱帯夜などのとき、私もときどきしています。氷枕を下にして、額には貼り付けるタイプの冷却材を使って、頭をサンドイッチして寝ることもあります。

暑い夜も、なんとかして睡眠の質を上げたいものですね。

投稿: fumixie | 2011年6月22日 (水) 23時01分

確かに乗り物に乗っていると気持ちよく眠れますね。
眠らないでおこうと思っても、眠気に勝てません。。
暑い夏の日に木陰のハンモックで昼寝してみたいですね!

投稿: あんみつ | 2011年6月23日 (木) 22時35分

あんみつさん、コメントいただき、ありがとうございます。

「木陰のハンモック」いいですね。涼しいそよ風なんかが吹いてきて、軽くハンモックを揺らしてくれれば、もう最高ですね。私はハンモックというと、どうしても これを思い出してしまいます。

この記事によると、睡眠時間が6時間ないし9時間の場合は、それ以上およびそれ以下の場合よりも、QOL(生活の質)が向上して、「うつ」などの程度が下がるそうですから、睡眠の質と長さは大切なようです。

投稿: fumixie | 2011年6月23日 (木) 23時44分

ハンモックいいですね。
いつかはハンモックで寝てみたいです。

少し揺れてた方が寝やすいというのは分かります。
普段は自分で運転してるのでそこまでですが、助手席や後部座席になるとすぐに寝てしまいます。

頭を冷やすのとは結びつかないかもしれませんが、揺れは「お母さんのお腹の中」にいるような雰囲気になるんですかね。

投稿: パン子 | 2011年6月29日 (水) 10時23分

パン子さん、コメントいただき、ありがとうございます。

考えてみたら、子供の頃、うちにハンモックがありました。柱の間に吊るしていました。しかし子供にとっては、けっして寝心地のいいものではなかったように記憶しています。でも、今なら違うんでしょうね。

揺れとお母さんのお腹の中というのは、ひょっとしたら、相通じるものがあるのかもしれませんね。

投稿: fumixie | 2011年6月29日 (水) 19時58分

去年のG.Wに沖縄の宿で、ハンモッグがありました。
アパート暮らしの今は無理ですが、
一軒家を買ったらぜひとも自分の家にほしいと思いましたヽ(´▽`)/。
寝苦しい夜が続きますが、体調管理には気をつけないといけないですね…。

投稿: ぴぴん | 2011年6月30日 (木) 19時54分

ぴぴんさん、コメントいただき、ありがとうございます。

ハンモックが使える家、ぜひ頑張ってください。

私は最近、敷布団に敷けるジェルマットを入手しました。パッケージから出して、そのまますぐに敷布団の上に敷いて、その上に寝たのですが、なかなか優れものかもしれません。

投稿: fumixie | 2011年6月30日 (木) 20時42分

乗り物に乗って揺られていると自然に眠ってしまうのはこのためなのですね。納得しました。

以前、硬いベッドで寝ると姿勢がよくなると聞いたことがありますが、ハンモックは背中にはどうなのでしょうか?

投稿: さくらもち | 2011年7月 8日 (金) 13時56分

さくらもちさん、コメントいただき、ありがとうございます。

背中への影響は、無論確定的なことは言えませんが、ハンモックの形状や材質、両端の距離と張りの強さなどなどで変わってくるのでしょうね、きっと。昔、うちにあったハンモックは「網」状になっていて、しかも部屋の中に張ったので、たるんでしまうし、網が背中に食い込むし、お世辞にも寝心地がいいとはいえませんでした。こういう形状と張りのハンモックなら、さぞ寝心地がいいことでしょう :-)

投稿: fumixie | 2011年7月 8日 (金) 16時59分

これは、タイムリーな話題でGood Choiceですね!僕自身も大いに参考になりました。ありがとうございました。

投稿: Ctom | 2011年7月 9日 (土) 09時56分

Ctomさん、コメントありがとうございます。

時節柄、涼しく安眠したいのはどなたも一緒でしょうし、それでなくても、睡眠と健康は不可分ですから。でも、ハンモックというのは、なかなか...ですね。

投稿: fumixie | 2011年7月 9日 (土) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/52014172

この記事へのトラックバック一覧です: 昼寝は、頭を冷やしながら揺れるハンモックで:

« ビタミンD欠乏症に関する治療ガイドライン | トップページ | 超10!× Life-LOG »