« ブロッコリーの抗ガン作用を強化するアレ! | トップページ | 喫煙と筋萎縮性側索硬化症の関係 »

2011年2月 4日 (金)

肥満男が減量手術の適応になるために太る

Weight_loss_surgeryNewlogo

医療システムの歪みをとり挙げた記事が本家Diet Blog(ダイエットブログ)に載っていたから紹介しよう。これとよく似た状況に立たされた事あるかな?この記事にMcCloud氏の担当医のコメントが載っているけど、この文章だけでは、彼の本意が分かりかねる。しかし、McCoud氏の未来は本当に胃バイパス術にかかっているのだろうか?やれることは全てやったと言っているけど何をしたんでしょうね...

肥満男が減量手術の適応になるために太る
Obese Man Gains Weight to Qualify For Surgery

アニメの「シンプソンズ」ファンなら、およそ1990年代中頃に放送されたエピソード、ホーマーが身体障害者になるために体重を増やそうとした話を思い出すかもしれない。

いやあ、この英国の男も、減量手術の適応になるために同様の試みをしている。

Darin McCloud氏は、体重が127kgあるけど、近くの医療機関では、体重が133kg以上でBMI値が45を越さなければ、胃バイパス手術の適応にならないという。

McCould氏は、毎日3/4斤のパン、フライドポテトを4パック、ベーコンを一塊食べて、手術の受けられる体重に増やそうとしている。

170cmの男は、今のところ体重を6.8kg増やし、BMI値を43.5にしている。

手術をすれば高インシュリン状態から抜け出せるし、他の問題からも救われるだろう... 私は人生で最高の15年間を糖尿病で費やされている、将来も家族の負担になってしまわないか不安に駆られている - それでも、食べるし、自分じゃどうしようもないんだ。

正直、彼がやっている事は理解しがたい。批判する立場じゃないけど、たった1つの選択枝しかないと彼が考えていることに失望してしまう。賢明な方法じゃなく簡単な方法を追い求める - 我々の社会の縮図に、この状況が当てはまるのであれば、更に悲しいことだ。

面白いことに、McCloud氏の担当医は彼の計画に言及していて、こんなことを言っている、

Darinは、できる事をすべてしている。直ぐに手術を受けられないと、職を失うし、将来的に糖尿病の合併に苦しむことになるだろう。

どう思いますか?

私が同じようなジレンマに陥ったら、36キロ以上減量するのなら、6キロ体重を増やすことを選ぶ誘惑に駆られると正直思うだろう。以前にも仄めかした事はあるあけど、我々は、愚かな選択をしても、現代の医療なら、その間違いから救い出してくれると考えてしまうから不幸なのだろう。

システムが歪んでいるという議論をしても、結局のところ、この問題は大きな社会問題を指摘したことになる。

Image Credit: Gastric Weight Loss Surgery

文:屋台ブルー

|
|

« ブロッコリーの抗ガン作用を強化するアレ! | トップページ | 喫煙と筋萎縮性側索硬化症の関係 »

コメント

肥満の苦しみを考えさせられる記事ですね・・・。
僕もおそらく減量の苦しみを考えたら、手術の選択肢が頭をよぎるだろうと思います。

投稿: yasupon | 2011年2月 7日 (月) 15時09分

矛盾した話しかも知れませんが私も以前126kgまで肥ったことがありますが【今は92kg】その時は食欲を抑えきれなくてどうしようもない状態でした。たしかに40kgちかく痩せるのと6kg肥るのを考えれば後者を選ぶのは私だけでしょうか?しかし悲しい話ですよね。

投稿: メタボマン | 2011年2月 8日 (火) 08時58分

減量手術を受けるよりも食事、運動でやせるほうがリスクも少なく安全だと思うのですが。そうじゃない人もいるんでね。

投稿: まっしー  | 2011年2月 8日 (火) 10時56分

体格の良い人は、痩せることの難しさとすぐ太ってしまうと事実を知っているからでしょうか…
しかし、そういった方法で痩せると、痩せた後の気持ちにも違いが出そうな気がしますね。楽して痩せれるという考えを持ってしまいそうだなと思うのは私だけでしょうか。

投稿: @K | 2011年2月 8日 (火) 11時34分

食欲を抑えきれない事が『疾患』と言えるなら、この方の選択肢は間違いではないと思います。
しかし、『疾患』ではないなら利己的な選択になってしまう・・・ジレンマな状態ですね。

食欲はある程度の閾値まで達した場合、コントロールが破たんしてしまうのでしょうか。
さもないと、必要以上のカロリーを取り続けることはあり得ないと思います。野生の動物に『肥満』がないのに、文明的な生活をしているヒトやそのペットにのみ発現している・・・。
周辺環境にストレスが無くなると、食欲も破たんしやすいのかも知れませんね。

食欲と現代社会の環境を関連付けた研究があれば、より深い理解ができるのではないでしょうか。

投稿: NV-CVM | 2011年2月 9日 (水) 17時39分

難しい問題だと思います。
NV CVMさんもおっしゃられているように
食欲をおさえられないことが病気であるならば
これも一つの選択であると思います。

基本的には食生活の見直し、運動療法ですね。

投稿: E.F野 | 2011年2月10日 (木) 13時24分

ここ半年で4キロ太ってしまいました。私もそろそろ本格的にダイエットをしなければと思っていますが、仕事で食事をしなければならないこともありますし、遅い時間に帰るとなかなか思うようにできません。ダイエットの難しさを思いしらされておりますが、やはりもう少し努力をすることはできると思うので頑張りたいと思います。この方の手術をそれでもしたいという気持ちは正直わからないでもないです。。。

投稿: はるうらら | 2011年2月16日 (水) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/50765975

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満男が減量手術の適応になるために太る:

« ブロッコリーの抗ガン作用を強化するアレ! | トップページ | 喫煙と筋萎縮性側索硬化症の関係 »