« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

冬、暖かい部屋にばかりいると太りやすくなる?

冬は暖かで居心地のいい部屋ですごしたい。これは誰でも願い、追い求めることですが、これも度を過ぎると身体に悪影響がおよぶらしいです。

Obesity Review誌に発表された研究を伝える "Are Warm Houses Making You Fat? Possibly" (26 Jan 2011) によると、英国ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ (University College of London UCL) の研究者らは「冬の寒さに晒されないことと肥満」に因果関係があるかどうかを調査したそうです。

先進諸国では、過去数十年間で室内は昔よりもずっと暖かくなっています。そして当然のように冬を暖かくすごしているので、冬の寒さに晒される機会がずっと減少しています。この研究者らによると、身体が冬の寒さに晒されないと、体重の面で2つの影響が考えられます。つまり、身体を温めるためエネルギーを燃やす必要性が減ること、そして身体の熱産生能力が低下すること、です。

研究者らは褐色脂肪と熱産生に関するその役割に注目しました。白色脂肪と異なり、褐色脂肪はエネルギーを燃やして熱を生み出すことができます。この褐色脂肪が生成されるのは寒さを経験するからだ、というのが研究者らの考えです。逆に言えば、暖かく居心地のいい環境にいればいるほど、褐色脂肪が減り、最終的にはエネルギーを燃やす能力が失われるというのが、近年の研究から示唆されることだそうです。

論文の主著者 Fiona Johnson博士によると「セントラルヒーティングやエアコンが広く使われるようになり、室内ですごす時間が増えている。それに快適で居心地のいい室温を追い求めてばかりしている。こういったことは、すべて日常生活で経験する温度範囲を狭め、身体を軽度の温度ストレスに晒す時間を減らす要因となる。つまり燃やすエネルギーが減っているのだ。これがエネルギーバランスに影響を与え、究極的には体重、そして肥満に影響する。

肥満を押し進める環境要因の研究は、遺伝的な要因よりも、食事と運動に焦点が当たりがちだ。それらが主要因であることは間違いないが、他の環境要因も考えられる。たとえば、冬季の室温などだ。これも一因なのだ。したがってこの研究によって、肥満の蔓延に対処するための今までにない公衆衛生対策が生まれる可能性が高まる」

暖かで居心地のいい部屋よりは、多少涼しめの方が身体のためには良い、ということなのでしょうか。ある意味、究極の選択のような気もします。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2011年1月26日 (水)

超10!× Life-LOG コラボ企画 - メタボ検診

Metabo

今年は「超10!」とのコラボ企画をより多くの人に知ってもらうため、ライフログでお知らせをしていきます。さてこの企画は、いわゆるメタボ検診ですが、よりきめ細やかな結果説明をする講座(グループ単位)を設けているところが特徴です。今月は1月22日(土曜日)に開催しましたが、随時受付はしているので興味のある方は田井外科もしくはKAGAWA超10推進委員会に連絡をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月25日 (火)

禁煙の努力を台無しにするのは、映画の「あのシーン」!

禁煙が難しいのは、どうもニコチンの中毒性ばかりではないようです。映画などで喫煙シーンが出てくると、それを見ている喫煙者の脳はその気になってしまうのだそうです。

The Journal of Neuroscience 誌に発表された "Spontaneous Action Representation in Smokers when Watching Movie Characters Smoke" という研究の研究者は「禁煙しようと頑張っている人は、他の喫煙者に近づいてはいけないとか、身の回りに喫煙用具を置いてはいけないとよく言われるが、映画の喫煙シーンを見ないようにしようなどとは思いもよらないのではないか」と話しています。

この研究を伝える "Imaging Study Supports Evidence That Nicotine Addiction Is Reinforced By Smoking Cues" (19 Jan 2011) によると、映画の喫煙シーンが目に入ると、それを解釈し手の動きを司る脳の部位が活性化されて、自分でもあたかもタバコに火をつけそうになるのだそうです。

喫煙常習者は日に何十回となく同じ手の動きを繰り返すものですが、他の人が喫煙するのを目にしただけで、その単純な反復動作を制御している脳の部位が活性化されるのかどうかを調べたのがこの研究です。そして、ハリウッド映画のワンシーンであっても、喫煙者に馴染みのこの動作を目にすると、脳は、実際にその動作をしようと思っている場合と同じ反応を起こすことがわかりました。

調査対象の被験者(喫煙者と非喫煙者が各々17名)に "Matchstick Men" という映画の最初の30分を見てもらいながら fMRI 撮影しました。これは2003年のアメリカ映画で、監督はリドリー・スコット、そしてニコラス・ケイジとかサム・ロックウェル、アリソン・ローマンなどが出ているそうです。この映画を選んだ理由について研究者は「飲酒や暴力、性的なシーンが無く、喫煙シーンだけが著しく目立っているからだ」と言っています。

喫煙シーンを見た喫煙者の脳では、動きの認識と協調に関係する部位はいうまでもなく、頭頂葉にある頭頂間溝という領域が著しく活性化していることがわかりました。これはタバコを吸うときの手の使い方に対応していました。

「これまでの研究から、喫煙者は、映画を見終わっても、その映画に喫煙シーンがあると痛烈にタバコを吸いたくなる傾向があることがわかっているが、今回の研究はその裏付けになっている」

意思決定に関する神経科学の専門家、デューク大学(Duke University)の Scott Huettel, PhD は「中毒性が強まるのはなにも薬物そのものせいだけではない。そういう薬物にかかわるさまざまなイメージを受けとることも原因になるのだ。今回の研究でその証拠がさらに増えたね」と語っています。

禁煙しようと頑張っている人には、喫煙シーンがありそうな映画やテレビ番組は見せないという配慮も必要かもしれませんね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年1月24日 (月)

インフルエンザ予防のために有効!?

前回の投稿からずいぶん経ってしまいましたが、なかなか載せるのにいいなぁと思う記事をチョイスしていたらこんなにも時間が経っていました・・・


これではいかんとこれかなと思う記事をピックアップ。
すごく面白い!という話ではないけれど、僕の住んでいる県もインフルエンザの流行地域に入ってしまったので、ホットな話題を選んでみました。

風邪とインフルエンザの予防と題したこの記事を引用。
Nutrition WellnessよりCold and Flu Defense


冒頭の文章はインフルエンザの概要的なものなので割愛。
下記のアドバイスの部分ほど載せます。ビタミンCがCMで流行り始める頃なんだけれど、摂りすぎるのもよくないのは知っていますか?

1日に500mgを目安に、一回で大量に摂りすぎるとかえって体内から失ってしまうのに注意した方がいいでしょう。アドバイスをするときには50mgを数回に分けて摂取するといいよとよく言います。


ドリンクなんかは大量に入り過ぎているので要注意ですね。
では、いってみましょう

続きを読む "インフルエンザ予防のために有効!?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2011年1月20日 (木)

ハチミツとフルクトースは違う・・・という研究

The Journal of Nutrition という雑誌の、やや古いですが2002年11月号に "Substituting Honey for Refined Carbohydrates Protects Rats from Hypertriglyceridemic and Prooxidative Effects of Fructose" という論文が掲載されています。「餌を精製炭水化物からハチミツに置き換えると、ラットは高トリグリセリド血症と酸化促進作用から保護される」ということです。

曰く、

ラットでは、でんぷん質の場合と比べて、餌が多量のフルクトースの場合、酸化促進作用があることが最近の研究結果で示されている。ハチミツにはフルクトースが多量に含まれている。そこでこの研究では、精製炭水化物の代わりにハチミツを使った場合の脂質代謝と酸化ストレスに与える影響を評価することとした。2週間にわたってラットに与えたのは精製された餌で、

  • 炭水化物として小麦のでんぷんを65g/100g含んだもの
  • フルクトースとグルコースの混合物
  • 精製炭水化物の代わりにハチミツを使ったもの
の以上3種類。ハチミツの餌とフルクトースの餌に含まれるフルクトースは同量である。

その結果、

  1. フルクトースをハチミツで与えた場合、フルクトースによる高トリグリセリド血症の影響は見られなかった。
  2. でんぷんを与えたラットと比べて、フルクトースを与えたラットでは血漿中のαトコフェロール量が低下し、亜硝酸塩と硝酸塩 (NOx) の量が増加した。

    (調べたところ、αトコフェロールというのは、強い抗酸化作用を持つ、ビタミンE成分のひとつで、油に溶けやすいという特徴があり、脂溶性の組織の酸化を防ぐそうです。そこで動脈硬化や脳卒中などの予防に役立つとのことです)
    さらに、心臓ホモジネート TBARS 濃度が示すように、脂質の過酸化に対する保護も弱まった。
  3. フルクトースを与えたラットに比べて、ハチミツを与えたラットでは血漿中のαトコフェロール量が増加し、αトコフェロール/トリアシルグリセロールの比率が高まった。そして血漿中の窒素酸化物濃度が低下、脂質の過酸化に対する心臓の易罹患性も低下した。
    (wikipediaによると、「脂質の過酸化というのは、フリーラジカルが細胞膜中の脂質から電子を奪い、結果として細胞に損傷を与える過程のこと」だそうです。調べたところでは、わかりやすく言うと、脂質の過酸化というのは、あたかも天ぷらの油を何度も使って茶色くなるようなものだそうです。この過酸化脂質が溜まりすぎると、細胞膜が破壊されて細胞が死んでしまうのだそうです)

ハチミツの抗酸化作用の基礎となる仕組みの確認にはさらなる研究が必要だが、食事に含まれるフルクトースをハチミツに置き換えれば、栄養学上の効能が得られる可能性があることを、この研究データは示唆している。

難しいことはともかくザックリ言うと、純粋のフルクトースとハチミツを比べた場合、ハチミツの方が

  • ビタミンEの成分(αトコフェロール)が増えた。
  • 心臓が脂質の過酸化に対して強くなった。
ということのようです。ただし、あくまでもこの研究はラットを使ったものです。

しかし、さすがはハチミツ。その実力、侮りがたし、という感じでしょうか。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年1月18日 (火)

喫煙すると30分以内にガン化が始まる

BBCをはじめ、Daily MailBusinessWeekTimes of IndiaFox Newsなど、多数のメディアが取り上げている話題です。BBCではどう伝えているかというと・・・

"Smoking 'causes damage in minutes', US experts claim" (16 January 2011)。つまり「喫煙のダメージは分単位でやってくる」ということ。

アメリカでの研究によると、喫煙によって身体は損傷を受けるが、それは何年かのちなどというものではなく、分単位で受けるということです。心臓病からさまざまなガンにいたるまで、喫煙の長期にわたる悪影響はよく知られていますが、この研究が示唆しているのは、タバコを1本吸ったことにより受けるダメージは、その直後(分単位)から始まるということです。

Chemical Research in Toxicology誌 に発表された "Immediate Consequences of Cigarette Smoking: Rapid Formation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Diol Epoxides" という研究を伝える

BBCのこの記事 によると・・・

喫煙するとすぐにガンの原因となる化学物質が形成される。この研究に関わった研究者らは、タバコを吸おうと考えている人たちには過酷な警告だ、と説明している。反喫煙チャリティAsh (Anti-smoking charity Ash) ではこの結果を「背筋が凍りそうだ」と評しており、今からでもすぐに禁煙すべきだという警告だと語っている。

研究者らが観察したのは、12名の被験者が喫煙後に多環芳香族炭化水素 (PAH) というガンに関与している化学物質の量。被験者のタバコに加えた PAH は体内で変化し、それが DNA に損傷を与える別の化学物質になる。それがガンに関与しているのである。そしてその変化は、わずか15分ないし30分程度で発生することが研究で明らかになった。「これは優れた研究だよ。ヒトの体内におけるPAH、とりわけタバコの煙を吸いこんで吸収されたPAHの代謝を調べた初めての研究だ。おまけに空気汚染や食事といった他の要素が干渉していない。報告されたこの結果は、タバコを吸おうと考えている人たちに対する過酷な警告として扱うべきだろう」と言うのは、米国ミネソタ大学 (University of Minnesota) の Stephen Hecht 教授。

Ash(Action on Smoking and Health) の政策・研究ディレクタ Martin Dockrell氏はこう言う。「喫煙が肺ガンの原因だということを知らない人はほとんどいない。しかしこの研究でゾッとするのは、ガン化の第一段階がきわめて早期に始まることだ。30年なんてものじゃない。調査対象の被験者全員で、タバコを1本吸うと30分以内にガン化の第一段階が始まるのだ。このプロセスはすぐに始まるが、禁煙に遅すぎることはない。早くやめれば、それだけ早く害を減らせるのだ」

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

Third-Hand Smokeに関する記事の索引

"Third -Hand Smoke"に関する記事の索引です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Third-Hand Smokeの新たな危険性

(その他の "Third Hand Smoke"関連記事については、こちらの索引をご覧ください。)

2010年12月8日に ACSの"Environmental Science & Technology"誌 に発表された論文 "Thirdhand Smoke: Heterogeneous Oxidation of Nicotine and Secondary Aerosol Formation in the Indoor Environment" の内容が 'Thirdhand Smoke' May Be Bigger Health Hazard Than Previously Believed (15 Jan 2011)' という記事で伝えられています。

それによると、タバコの煙から生成される見えざる残留物で、カーペットや衣類、家具をはじめとするさまざまな物の表面に積もっていく、いわゆる "Third-Hand Smoke"は、これまで考えられてきたよりもはるかに健康に有害かもしれない、

注。三次喫煙などと呼ばれていますが、"... so-called "thirdhand smoke" - the invisible remains of cigarette smoke that ..."という原文からもわかるように、"Third-Hand Smoke"は喫煙という動作を指しているのではなく、「物質」のことです。ですから「三次喫煙」よりは「・・・物質」という方が原意に近いと思われます。たとえば「残留受動喫煙物質」とか。
つまり喫煙者が吐いた煙や、火が消えずにくすぶっているタバコから立ち上る煙に行きあたった非喫煙者にも健康上の危険がおよぶとのことです。

"Third-Hand Smoke"は、健康に及ぼす危険と室内の空気汚染の要因として最近認識されてきたものですが、この研究によると、"Third-Hand Smoke"に含まれるニコチンは室内の空気に含まれるオゾン、および衣類や家具の表面などと反応して別の汚染物質を作り出すことがわかりました。この汚染物質にさらされるのは、カーペットなどの上でハイハイする赤ちゃん、ソファーで居眠りする人、それに"Third-Hand Smoke"で汚染された食べ物を食べる人です。

室内を模したセルロース(木製家具で使われている)や木綿、紙の上でニコチンと室内の空気の相互作用を研究した結果、ニコチンが室内の空気に含まれるオゾンと反応して、毒性を秘めた汚染物質がそれらの表面に形成されました。論文の "Surface Product Analysis" によると、ミオスミン、コチニン、ニコチンNオキシド、βニコチリンが生成されたとのこと。そして、室内を模したこの実験は実際の室内環境としても十分な妥当性があると結んでいます。つまり実験でこのような結果が出たということは、実際の室内環境でも十分起こり得るということのようです。

この論文では、抄録の最後で「毒性を持つ生成物が識別されたこと、そして微粒子が要因となって健康に悪影響を与える場合があることを考えると、"Third-Hand Smoke"は、健康に対する新たなリスクとなるだろう」と結んでいます。

文: fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年1月16日 (日)

「Third Hand Smoke の危険性について(その3)」に追記しました

Third Hand Smoke の危険性について(その3) に追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月14日 (金)

室内の照明と睡眠の関係

"Room Light Before Bedtime May Impact Sleep Quality, Blood Pressure And Diabetes Risk" (13 Jan 2011) によると、夕暮れから就寝までの間、人工光に当たっているとメラトニンの量が著しく抑制されてしまい、眠気や体温調節、血圧、グルコース恒常性といった、メラトニンによって調整されている生理学的なプロセスが影響を受けるとのこと。

同記事によると、


メラトニンというのは、夜間に脳の松果体から分泌されるホルモンで、睡眠・覚醒のサイクルを調整する他に、血圧と体温を下げる働きがあることがわかっている。そこで不眠症や高血圧、ガンの治療手段としても活用が検討されている。現代社会では、夜間、日常的に人工光を浴びて仕事をしたりレクリエーションや社会活動をしている。この研究は、夜遅くに人工光を浴びるとメラトニンの生成が抑止されるかどうかを理解するのが目的である。

この研究では、18歳から30歳までの健康な被験者116名を対象に、5日間ずっと寝る前の8時間、普通の室内照明か薄暗い照明を浴びてもらった。そして前腕に静脈カテーテルを入れて、30分ないし60分ごとに継続して血漿を採取し、メラトニンを測定した。その結果、就寝前に普通の室内照明を浴びていた方は、薄暗い照明を浴びた方に比べて、メラトニンの持続時間が90分ほど短くなったことがわかった。そのうえ睡眠中室内照明を浴びているとメラトニンが50パーセント以上抑制された。

この論文の主著者 Joshua Gooley 博士によると「就寝前も就寝後も灯りを点けっぱなしにしている人が何百万人もいる。しかし室内の灯りはメラトニンを著しく抑制する影響を及ぼす。そして今度はそれが睡眠の質、および体温、血圧、グルコース量の調整能力に影響を与えることがこの研究で明らかになった」

「これまでメラトニンが光で慢性的に抑制されていると、種類によっては相対的に発症の危険が高まるガンがあるという仮説があったこと、そしてメラトニンレセプター遺伝子が2型糖尿病と関係していることから見て、多年にわたってずっと夜間に室内照明を浴びているシフト勤務の従業員にとって、この研究は健康上重要な関係がある」


だそうです。そして、
Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism (JCEM)に発表されたこの記事の元ネタの研究 "Exposure to Room Light before Bedtime Suppresses Melatonin Onset and Shortens Melatonin Duration in Humans" によると、

調査対象者の99パーセントでメラトニンの効き始めが遅れ、持続時間が90分ほど短くなった。それに就寝中室内照明を浴びていると、ほとんどの試験(85パーセント)でメラトニンが50パーセント以上抑制された。
そして、
夜遅く慢性的に人工光に浴びているとメラトニンによる信号伝達が乱されるため、睡眠、体温調節、血圧、およびグルコース恒常性に影響を与える可能性がある
と結論づけています。

ということは、就寝の何時間か前からは薄明かりとかほの暗い間接照明にしていると睡眠の質が上がるということでしょうか。ほの暗い間接照明では、読書には不向きでしょうから、心の落ち着く静かな音楽でも聴くといいのかもしれませんね。そして睡眠時は照明はすべて消すということになりますね。

でも地震とか災害が発生したとき真っ暗では困るけど、それはまた別問題ですね。

文: fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年1月13日 (木)

就学前の子供の高血圧因子 - 親の喫煙の影響

ブログの大先輩で、お手本にしようとしている内科開業医のお勉強日記で、子供の前でタバコを吸う親のことをアホ呼ばわりしていて嬉しかった(^^;)

ここでとり挙げられている文献、 「Determinants of Blood Pressure in Preschool Children The Role of Parental Smoking(就学前の子供の高血圧因子 - 親の喫煙の影響)」は、ドイツの疫学調査であり、高血圧のリスク因子になりえる、BMI値、成熟度、出生時低体重、両親高血圧などの交絡因子で補正した後でも、親の喫煙は、単独で子供の収縮期血圧を1mmHg上昇させる因子になっているというもの。

平均年齢5.7歳の就学前の子供達4236名を調査していて、彼らの父親の喫煙率は28.5%、母親は20.7%、両親は11.9%だった。

日本の喫煙率はどうなのか、 ウィキペディアで調べてみると、2002年の明治大学国際日本学部が調査した主要先進国の喫煙率が紹介されていた。これを見ると日本の喫煙率は33.1%で、ドイツが35.0%だった。なるほどドイツは日本より喫煙率が高いから問題は深刻なのだろう、と早とちりしてしまいそうですが、このデータは2002年... もうかれこれ10年前のデータになる。状況はガラリと変わっているだろう。

そこで推測してみる。このドイツの報告、今のところサマリーだけしか手に入らないので親の年齢が分からないけど、就学前の子供のいる親だったら30歳代だろうね。

すると、JTの2009年の調査を見れば、30歳代の男性喫煙率は46.9%、女性は16.8%になる。子供の有無による喫煙率の変化が分からないため、ドイツの結果と直接比較できないけど、日本の男性喫煙率の高さが気になってしまう。

さらに驚いてしまったのが、 2007年の日本禁煙学会の報告。男性の都道府県別喫煙率ワースト1位がなんと、香川県... 悲しいね。

禁煙外来をしているので、香川県の男性諸君、禁煙をしましょう...

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年1月 9日 (日)

深い睡眠と成長ホルモン、そして体脂肪

興味深い記事があるのでご紹介します。2008年6月21日付けで Medical News Today に掲載された "Physical Decline Hastened By Too Little Deep Sleep" という記事によると、深い睡眠つまり熟睡している時間が少なすぎると、加齢に伴って体力の衰えが加速することを示唆する初めての証拠をシカゴ大学(University of Chicago)のチームが提示したのだそうです。その論文によると「よく知られていることだが、徐波睡眠の減少と成長ホルモン生成量の低下は、人の一生の中でおおむね同時期に起こる。しかしこの2種類のプロセスを関係づける直接の証拠はまだほとんど無かった」のですが、「徐波睡眠(slow wave sleep)の減少はヒト成長ホルモンの分泌量が減る一因である。そしてこれが、高齢者に見られる筋肉の衰弱と脂肪の増加の要因となっている」とのこと。

研究者らは「睡眠の中でも徐波睡眠を極端に抑えるとどういう影響があるか」を研究しました。被験者は若くて睡眠障害にかかっていない健康な男性9名。

最初に、普通の睡眠を2日間とったあと、24時間にわたって血液サンプルから成長ホルモンの生成量を測定しました。次に3日間にわたって「睡眠中の被験者の脳波を監視した。その間、被験者が深い睡眠つまり徐波睡眠(フェーズ3および4)に入らないよう音を流して刺激しつづけた」のでした。その結果、睡眠時間の合計は変わらないものの、深い睡眠に使われた時間は、平均して一晩あたり90分減少し、24時間のヒト成長ホルモンの平均生成量は、コントロールレベルの 863ng から、徐波睡眠が減少したあとは 668ng に低下したのだそうです。

この研究について、シカゴ大学医学部の Esra Tasali 博士は「これは、徐波睡眠の減少が実際にヒト成長ホルモンの分泌量を低下させる原因になっているという最初の証拠だろうね。それにこのことは、徐波睡眠が減るとヒト成長ホルモンの生成量が減少して、それが体脂肪の増加と除脂肪体重の減少を引き起こすことも示唆している」と語っています。

さらに米国ピッツバーグ大学(University of Pittsburgh)の生物心理学者で睡眠と加齢の専門家 Martica Hall 博士は「規模は小さいが非常にエレガントな研究だよ、これは。おまけに研究したのが、この分野では米国でもトップクラスの研究チームだ。これまで徐波睡眠が減少すると生理学的に影響がおよぶのではないかと考えてきたのだが、それが事実だということがこのデータで実際に明らかになったんだ。いや、もう、実にエキサイティングだよ」とのこと。

睡眠、とりわけ深い睡眠と成長ホルモン、そして体脂肪には関わりがあるということですね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年1月 8日 (土)

緑茶と認知症

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、英国BBC"Newcastle team claims green tea cuts dementia risk" (6 January 2011) という記事によると、英国ニューキャッスル大学の研究者らによると、緑茶を定期的に飲用すると、アルツハイマー病をはじめとする認知症にならないように脳を守ってくれる可能性がある とのことです。曰く、


この研究から、お茶が消化される際に生成される化学物質が、脳細胞の変性を防いでくれることが明らかになった。

さらにこの飲み物がある種のガンも防いでくれることをうかがわせる同様に研究もある。

英国アルツハイマーズ・リサーチ・トラスト(Alzheimer's Research Trust)では、この疾患を発症する危険性を評価する上で重要なのは、食事とライフスタイルだと言う。

この研究は "Phytomedicine 誌"発表 されている。

食事とライフスタイル

「実は、緑茶が消化される際にできる化学物質は、アルツハイマー病発症の要因に対して、消化前のお茶よりも効き目が強いことがわかった」と話すのは、このプロジェクトを率いた同大学農業食料環境開発学部(School of Agriculture, Food and Rural Development)の Ed Okello 博士。

「そのうえ、消化後にできるこの化合物には抗ガン作用もあり、実験で使った腫瘍細胞の成長を大幅に抑えてくれることも判明した」

実験に使用された腫瘍細胞には、さまざまな濃度の多様な毒素とともに、緑茶の消化後にできる化合物を与えた。

同チームによると、緑茶の消化後にできる化学物質はこの細胞を保護し、毒素によって破壊されないよう防いでいた。

Okello 博士はさらにこう言い添えた。「ガンや認知症といった疾患に影響を与える要因はたくさんある。質の良い食事をすることもそうだし、たくさん運動すること、それに健康的な生活を送ることもそうだ」

「だが、毎日緑茶を最低でも1カップ飲むと健康にいいだろうと思う。絶対お勧めだね」(訳注。1カップの量はイギリスでは284ミリリットル、日本では200ミリリットル)

英国アルツハイマーズ・リサーチ・トラスト(Alzheimer's Research Trust) のチーフ・エグゼクティブ Rebecca Wood はこう言う。「この結果はごく初期の段階だ。だから一足飛びに、お茶が認知症を防いでくれると見なすわけにはいかない」

「あらゆる人のアルツハイマー病のリスクに対して、食事とライフスタイルが重要な役割を担っていることはほぼ確実なのだ」


Medical News Today では もう少し詳しい記事 を載せています。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年1月 5日 (水)

ビタミンD不足で子供達は太る

CartmanbeefcakeNewlogo

以前の記事に書いたけど、脂溶性物質に注目してて、最も注目しているのがビタミンDかもしれない。脂溶性物質をリガンドにする核内レセプターが存在するってことは、遺伝子の転写制御をしている事になり、生体内の代謝にかなり影響を与えているだろう。

こういう物質を「ビタミン」の範疇においておくと、単なる補酵素のように考えてしまいがちだけど、実体は、もっと高レベルな働きをしていて、生体においてかなり重要な物質なんじゃないかな。だから、不足にならないために生体は皮膚で合成する能力を持っていると考えてもいいかもしれない。しかし、昨今の紫外線予防の行き過ぎた啓蒙、野外活動性の低下が著しい先進国では、ビタミンD不足に陥っている人が多いという話らしい。

実は、日本におけるビタミンDの疫学調査の報告もされている。記憶に新しいのが、昨年7月に報告された長寿医療研の調査。愛知県内の特養や介護老人保健施設、認知量グループホーム計46施設に入所している寝たきりになっていない女性435人、平均年齢は86歳の被験者の血中ビタミンDレベルが調べられた。ビタミンDが不足とされる20ナノグラム未満だった人が8割近くいたそうだ。自宅で生活する70〜80代女性はもう少し高値ではあるが、自宅生活をしていでも外に出ない人はビタミンD不足が懸念されるって内容でした。

実は多忙な生活を送っている病院勤務の医師もビタミンD不足になっているという報告もある。日に当たる機会が極端に少なければ、年齢に関係無いのがこのビタミンD不足問題だろう。

私のクリニックに通院されている患者さんの中にも当然ビタミンDが不足している人がいる。彼らに対して、日光浴の指導をしますが、積極的にビタミンD製剤を処方してますね。当然、日中クリニックに籠もりっぱなしの私もビタミンD不足の危険性がありますが、野外を走っている御陰かどうかわかりませんが、今のところ不足にはなっていませんでした。

ちょっと注意しておかなければならないのが、ビタミンDの合成は、日光の影響を受けているため、北半球に住んでいる我々は、ビタミンDの「北緯35度線」問題に引っかかってくるんだ。冬場になると合成のための十分な日照時間が得られにくいんだ。ビタミンD不足の確認も冬場にする必要があるでしょう。

さて、今日のDiet Blog(ダイエットブログ)の話題はビタミンDと子供達。この研究も疫学調査なので、ビタミンD不足と肥満に直接関連性があるとは言えない。屋内に籠もる子供の消費カロリーは少ないから肥満傾向になりやすいし、外に出ないとビタミンDのレベルは低いからね、文献を読んでいないので交絡因子をどこまで考えているのか分からないけど、ビタミンDと肥満の関連性はあると思うよ。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "ビタミンD不足で子供達は太る"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年1月 4日 (火)

ハチミツ冬眠ダイエット

ライフログのゲストライターであるfumixieさんの繋がりで「冬眠式ハチミツダイエット」の日本語翻訳本の推薦文を書いた経緯があって、昨年12月に出版された雑誌ゆほびか2月号で、このダイエット法の解説をさせていただいた。我ながら紹介するタイミングが遅くなって申し訳ないが、是非読んでみて下さい。

雑誌を売るために、読者の関心を惹きそうなネーミングをつけたくなるのは分かる。しかし、このダイエット法は「ハチミツダイエット」では無いんですよ。原題「The Hibernation Diet(冬眠式ダイエット)」からも分かるように、質のいい睡眠を取るダイエットで、ハチミツは質のいい睡眠を取るための手段でしかないんですよ。暴飲暴食をして、寝る前にハチミツを摂れば、肥満を増長してしまうだろう。身体にいい食事(基本的に低炭水化物ダイエット)の中でハチミツを摂らなければ意味がないんですよね。

ハチミツは、当然のように果糖とブドウ糖が主成分になっているから、GI値が高めで食後の血糖値を上昇させてしまう。従って夕食時の糖質摂取は少ない必要がある。それでも、2型糖尿病の患者は、正常の人に比べれば、ハチミツによる血糖値の上昇が緩徐だという報告もある。まさにハチミツはメタボな人に最適な甘味料と言えるかもしれないけど、あくまでも量に注意しなければならないだろう。炭水化物が少ない夕食を摂り、睡眠中に糖質不足に陥らない程度のハチミツ摂取となると、量は少なめになるだろう。また、ハチミツの量が適度でも、質のいい睡眠が取れていないと、このダイエットは上手くいかない。

私がこのダイエット法に注目したところは、「ハチミツ」ではなく、あくまでも「睡眠」であり、「睡眠」に注目したダイエット法は今までに無かったんじゃないだろうか。睡眠中は、免疫力の強化、身体の成長や修復など、身体のコンディショニングに関わるホルモンの分泌が亢進する時期であり、この反応を上手く利用して脂肪を燃焼させるというのは本当に理にかなったやり方であろう。既存の健康法に取り入れていくべきだと考えている。

「質のいい睡眠」は、健康状態を高いレベルで維持するために必要不可欠だ。食べるものを考え、エクササイズをして、モチベーションを維持しながら、ぐっすり寝ることができれば、健康的にいられるに違いない。そうでしょう、皆さん。さあ、これからいい睡眠を取りましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年の目標

昨年は何かと不本意な年になってしまったが、自分を戒めるために今年も懲りずに目標を掲げておこう。一年間で達成する目標だけでなく、長期の展望をもって目標をたててみる。

昨年のエントリーで「月ごとに評価」なんて言っていたが、これが全くできていなかった。少なくとも今年は評価実行の繰り返しを組み入れていくべきですよね。

  1. フルマラソンで3時間10分以内:サブ3の達成は絶対してやるぞという気持ちは強い。そのために超さなければならない目標タイムだろう。
  2. ウルトラマラソンで10時間以内:この記録も10月の四万十川ウルトラマラソンで達成する気で頑張るつもりだ。
  3. 年間走行距離4000km以上:これを達成するために月間333km以上を走らなければならない。すると毎日11km以上になる。今の朝だけ通勤じゃ無理だな。少なくとも朝の通勤距離を11kmに伸ばさないと余裕が無くなるね。参加する大会を増やして走行距離を増やすことも考えねばならない。
  4. 超10プロジェクトへの貢献:自分だけでどうにかできないし、具体的な数値目標も持てないだけに、この貢献度をどう評価して実行すべきか悩んでしまう。少なくとも「ライフログ」でイベントの告知や人集めのために動いて行こう。
  5. TOEICスコア900点以上:これはテストを受けない限り、現在の自分の英語力が評価できない。娘や息子に英語を教えていくつもりなのに、間に合わなくなってしまいそうだ。どのタイミングで英語の試験を受けるか考えなければならない。
  6. 日本抗加齢医学会指導士:今年受験資格が取れるため試験を受ける予定。
  7. 本の出版:これも長期展望で捉えた目標であり、昨年は少なからず出版業界の人と知り合いになれたのはちょっとした進歩かもしれない。

こんな風に中学生が目標を立てるように40過ぎのオッサンが、新年の目標を立てて、皆さんに公表するって本当に恥ずかしい事ですよ。でも、私のような凡人は、このくらい自分にプレッシャーをかけないと行動できない質なんです。行動するため、モチベーションを維持するため、ブログで公開するってやり方は、  ライティング・ダイエットの変法だと思ってください。ただ、長期の目標を設定するだけでなく、中期の目標、そして短期の目標を設定するのが重要なんですが、昨年の私は中短期の目標設定をしなかったことが失敗の原因でした。さて、今年はどうなる事やら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

平成23年1月の予定

明けましておめでとうございます。

今年は1月4日(火)から通常通り (診察時間参照の診療をしています。よろしくお願い致します。

今年も引き続き、生活習慣病(ダイエット)に力を入れているので気軽にお問い合わせ下さい。電話やメールで問い合わせも受け付けています。

1) ダイエット指導(健康指導)
診察に含まれていて、基本的に無料で指導しています。そのため、私のフリーな時間帯、昼休み(午後1時から1時間程度)、及び午後診療後(午後6時から1 時間程度:仕事をしている人向け)になっているため、完全予約制で人数制限がありますが、興味のある人はメールや電話でお問い合わせ下さい。以下の機器を使用してサポートしています。
-腹部CTによる内臓脂肪測定
-InBodyを使用して体組成(骨量、部分別筋肉量、脂肪量)計測

現在(平成22年12月)の予約状況も1名だけです。ご要望のある方連絡をいただければ、即座に対応します。

2) 禁煙指導(チャンピックスによる禁煙治療)
私は嫌煙家なんですが、喫煙する人を嫌っている訳じゃありません。喫煙という行為が嫌いなんです。喫煙してても尊敬できる人は大勢いらっしゃいます。た だ、喫煙を正当化して吸い続けている人に哀れみは感じますね。そういう人は早く喫煙の問題に気づいて欲しいと思っています。私の禁煙指導は、辞めたくても 辞められない人に向けられています。ニコチン依存症に陥って、自分で辞める自信の無い人は、医療保険を使った禁煙治療ができますよ。

辞めたいと思ったら合計5回の診察を含む三ヶ月間の禁煙治療をしませんか?

まだ禁煙を考えていない人は、私が集めている喫煙にまつわる健康障害の記事を読んで下さい: ライフログ:タバコに関する話題

平成21年度の当院の成績(平成21年度8月から保険診療を開始して今年の3月まで)は、禁煙指導9名のうち6名成功されています。現在、月に1人から2人の新規導入をしているので興味がある人はお問い合わせ下さい。

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1400円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1200円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1500円(税込)

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬
- プロペシア希望の患者さんが増えています。初回に初診料は頂きますが、最初の3ヶ月間の再診料はかかりません。しかし、3ヶ月目に効果判定および副作用チェックのため再診していただく事になっていますのでご理解下さい。

  • プロペシア錠1mg:28錠7000円(税込)

5) 漢方治療

6) 高圧酸素治療(専門医)
当院では高圧酸素治療によるスポーツ外傷にも対応しています。足首の捻挫、膝の靱帯損傷に対して治療期間の短縮が期待できます。

7) 日本体育協会公認スポーツドクター(2010年10月より)
四国てんとう虫マラソン大会(顧問医):平成22年11月14日に第2回大会は大きな事故も無く無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 1日 (土)

AGA(男性型脱毛症)治療

オフィシャルページに戻る

<平成26年4月1日 改定(消費税8%引き上げのため)>

AGA(男性型脱毛症)に関する取り扱い薬剤

  • プロペシア錠1mg28錠:7200円(税込)
  • プロペシアのジェネリック1mg28錠:5200円(税込)
  • ザガーロ0.5mg30錠:8900円(税込)

プロペシア希望の患者さんが増えているので当院におけるプロペシアの扱いを説明します。原則プロペシアは当院に通院されている患者さんに自由診療枠で販売しているサービスです。プロペシアのみ希望で来院される方は以下の説明を読んでください。

  1. 3ヶ月以内に通院歴のない方は原則初診扱いになります。保険証持参で来院してください。初回は男性型脱毛症かどうか診断のみの保険診療となります。
  2. 原則初診日から3ヶ月以内に来院された場合、自由診療枠で下記の値段でプロペシアを販売します。再診料はかかりません。プロペシアの販売は1箱単位で、1度に購入できる数は3箱です。
  3. プロペシアの個数に限らず、再来院日が初診(再診)日から3ヶ月以内なら、保険診療で再診をしていただくことになり、3ヶ月を過ぎている場合は、初診で再び受診していただくことになります。

今までは保険診療無しのプロペシ販売はお断りしていましたが、完全自由診療枠の販売にも対応することにしました。

  1. 自由診療初診料(自費3000円):販売個数制限は3箱まで
  2. (受診間隔は保険診療と同様で原則3ヶ月です)自由診療再診料(自費2000円):販売個数制限は3箱まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ED治療

オフィシャルページに戻る

<平成26年4月1日 改定(消費税8%引き上げのため)>

ED治療薬は、当院に通院されている患者さんに向けて自由診療枠で販売しています。ED治療薬のみ希望で来院される方は以下の説明を読んでください。

  1. 3ヶ月以内に通院歴のない方は原則初診扱いになります。保険証持参で来院してください。保険診療の初診となります。
  2. 原則初診日から3ヶ月以内に来院された場合、自由診療枠で下記の値段で販売しています。再診料はかかりません。ED治療薬の販売は1錠単位です。
  3. ED治療薬の錠数に限らず、再来院日が初診(再診)日から3ヶ月以内なら、継続してED治療薬の購入はできます。しかし、3ヶ月を過ぎて購入を希望される場合、3ヶ月以内に再診(再診料)をしていただく必要があります。3ヶ月を過ぎていれば、再び初診(初診料)になります。

今までは保険診療無しのED治療薬販売はお断りしていましたが、完全自由診療枠の販売にも対応することにしました。

  1. 自由診療初診料:3000円
  2. (受診間隔は保険診療と同様で原則3ヶ月です)自由診療再診料:2000円

ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可):通院患者さんに限り

初診料0円、再診料0円
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1300円(税込)
  • バイアグラのジェネリック50mg:1錠600円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1400円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1600円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

禁煙外来

オフィシャルページに戻る

禁煙外来(チャンピックスによる禁煙治療)
私は嫌煙家なんですが、喫煙する人を嫌っている訳じゃありません。喫煙という行為が嫌いなんです。喫煙してても尊敬できる人は大勢いらっしゃいます。た だ、喫煙を正当化して吸い続けている人に哀れみは感じますね。そういう人は早く喫煙の問題に気づいて欲しいと思っています。私の禁煙指導は、辞めたくても 辞められない人に向けられています。ニコチン依存症に陥って、自分で辞める自信の無い人は、医療保険を使った禁煙治療ができますよ。

辞めたいと思ったら合計5回の診察を含む三ヶ月間の禁煙治療をしませんか?

まだ禁煙を考えていない人は、私が集めている喫煙にまつわる健康障害の記事を読んで下さい: ライフログ:タバコに関する話題

平成21年度の当院の成績(平成21年度8月から保険診療を開始して今年の3月まで)は、禁煙指導9名のうち6名成功されています。現在、月に1人から2人の新規導入をしているので興味がある人はお問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダイエット外来

2016年5月30日改訂

オフィシャルページに戻る

ダイエット外来(健康指導)
保険診療ですが完全予約制です。初診時に予約はいりませんので診療時間内にお越しください。

実際の指導は2回目以降です。1回1時間弱の時間を必要とするため、院長のフリーな時間帯、昼休み(午後0時から1時間弱)、及び午後診療後(午後6時もしくは7時から:仕事をしている人向け)に設定されているため受診時に予約が必要になります。

基本的に指導回数は10回が最低回数です。私がサービス的にしている指導なので月に1度の指導になっています。実は肥満指導としての頻度が少なく、1,2回だけ受診され後は来なくなるケースも少なからず存在します。指導頻度が少ないとモチベーションを維持することが難しくなりダイエットに失敗する報告もあり問題ということは十分理解しているのですが、私の診療上の都合から集中的な指導ができない状況は続いています。抜本的な改善をしていきたいと考えてはいます。

そこで、ダイエット指導をされている患者様向けにSNSサービスのFacebookで秘密のグループ「TMCダイエットサポート」を2016年3月にオープンしました。SNSサービスを使ったモチベーション維持の試みを開始してみました。受診を考えている方はFacebookへの参加もお勧めです。

ダイエット指導を初めて65名(206年6月まで)の患者さんが指導を受けられています。単回受診者の患者様も含まれていてダイエットが上手くできているとは決して言えません。しかし、私の指導に従いながら定期的に受診されている方は確実に除脂肪ができています(体重減少ではなく除脂肪を目標にしています)。リバウンドを繰り返した向精神薬を服用している患者様も含まれています。体脂肪率が50%を超えている人も何人もいます。何をやってもダイエットができなく一人で悩んでいるなら1度受診してみてください。

-腹部CTによる内臓脂肪測定
-InBodyを使用して体組成(骨量、部分別筋肉量、脂肪量)計測

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »