« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年の目標をふり返る

さあ、昨年と同様で今年の目標をふり返らなきゃいけない時期になった。どうしてもこれだけは無視しちゃいけないだろう。今年も全く目標をクリアできていないから無かった事にしたかったけどブログって怖い(^_^;) はっきり言おう私は本当に意思の弱い人間なんです。ブログで目標を提示しても達成できないんですよ。反省をしながら来年の目標にしていく。いくつになっても頑張るつもりです。今年で45歳になるオッサンですが、来年の目標を立てて努力していくしだいです。馬鹿は馬鹿なりに努力しないと何も得られないと思ってます。

  1. フルマラソンで3時間10分以内:(×) 6月に骨折をしたという言い訳をしておこう。今やほど遠い目標になってしまった。「40歳からのアスリート」というテーマからほど遠い身体になっているけど、来年は振り出しに戻って頑張るつもりだ。
  2. ウルトラマラソンで10時間以内:(×) もう触れないで欲しいけど、当然のようにウルトラも1月の宮古島しか参加していない。長い距離を走るのは好きでも、全く走れていない状況だ(^_^;)
  3. 年間走行距離4000km以上:(×) もう何も言うことはない。今年の走りは人に自慢できるものじゃない。
  4. 超10プロジェクトへの貢献:(○×) ある程度の貢献はできているけど、納得の言える状況じゃないだろう。来年は私が引っ張るつもりで関わっていきたいよ。
  5. TOEICスコア900点以上:(×) ごめんなさい。学生の頃に830点という点数をもらってから試験を受けたことがない。今年受けるつもりはあったけどめんどくさくなって受けなかったです。巷にいる英語かぶれの馬鹿者に一言言いたかったけど、一言言われる立場になってしまった(^_^;)
  6. スポーツドクターの資格:(○) まあ、これだけは取れますね。ちゃんと講習会に参加しましたから。10月から体育協会公認スポーツドクターになりましたよ。専門はランニングとスポーツ栄養学で来年以降の活動に繋げていきますよ。
  7. 日本抗加齢医学会指導士:(×) まだ受験資格のポイントが足りません。今年受験資格が取れると思うので受験予定。「抗加齢医学」という考え方は大嫌いですが、無視をする訳にはいかないので、勉強中ですよ。

今年を一年ふり返ると全く何もできていない。こんな調子じゃ今の普通の状態から脱却できないだろう。人を引っ張っていくためにもっと努力が必要でしょうね。さあ来年はできる人間になるために頑張っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鶴尾中学での食育授業

前回のエントリーで今年最後なんて書きましたが、やっぱり年末年始で休みなんで不定期更新になっている。どうしても今年中に報告しておかなければならない話題があったんですよ。実は、あまり知られていないけど私は地元中学の校医をしているんです。こういうところで公にすると問題になるかもしれませんが(問題があるようなら直ちに訂正するので、お叱りのメールお願いします)、学校が荒れていて、前校医も学生と問題を起こしたようなもあり辞めてしまって、なり手がいなかったので頼まれて学校になった経緯がありました。それでも熱意のある先生方はいるもので、保健の先生に頼まれて、2007年の夏休みに課外講習をした経緯もあり、今年も12月21日に久しぶりに学校の食育授業をしました。

地域医療の一環、私のいる鶴尾地区の健康レベル向上のため、若い中学生に健康的に生きるための術を教える事は私に課せられた使命だと思ってもいる。開業医として、地域医療に身をおいている立場として、使命感はあるんです。鶴尾中学に行って私の授業を受けられて良かったと思われたいし、更に、私の話を聞けるのは鶴尾中学だけと思われたい。他の中学生が知らない知識を与えこれからの生活に生かして欲しいと思っている。今は不定期に教えているけど、定期的にしていきたいと思っているから、来年は校長先生に掛け合っていこう。

大学生、看護学校の学生や市民講座の高齢者に話をする機会は結構あったけど、中学生に話をする機会は全然無かったから、どう話をしたら理解してくれるのか分からないんですよね。自分に合わせて話をすれば理解できるかなと考えながら、次のようなアンケートに答えてもらいました。

アンケート(12月21日)
該当する番号に○をつけてください。

A)今日の話が理解できましたか?
1.何を言っているのか分からなかった。
2.なんとなく分かったけど半分ぐらい理解できなかった。
3.だいたい理解できた。
4.ほとんど理解できた。
5.知っている事ばかりだった。
6.上記と違う意見(                 )

B)どのくらい興味深かったですか?
1.まったく興味のない話だった。
2.ちょっと気になる程度
3.考えてみようと思う。
4.自分でも調べてみようと思えるぐらい興味が持てた。
5.実践したくなった。両親にも知ってもらいたいと思った。
6.上記と違う意見(                 )

C)今回に限らずまた話を聞いてみたくなりましたか?
1.もう二度とゴメンだ。
2.強制なら仕方なく話は聞きます。
3.このような機会があれば参加します。
4.是非他の話も聞いてみたいです。
5.両親にも聞いてもらいたいぐらい別の話を聞きたいです。
6.上記と違う意見(                 )

さあ、これで彼らはどのくらい理解してくれたかな...

続きを読む "鶴尾中学での食育授業"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年12月30日 (木)

オメガ3系で歯肉疾患の予防

ライフログで取りあげたオメガ3系脂肪酸に関する話題
Flaxseed vs Fish: 植物性オメガ3か魚類オメガ3(2012/07/24)
魚と卒中(12/09/25)
オメガ3系で歯肉疾患の予防(10/12/30)
子供の脳の発達にかかわる必須脂肪酸 - オメガ3(10/11/13)
魚油は10代少年のうつ病を緩和させるかも - オメガ3(10/08/18)
食事の変化で高齢者のコレステロール値改善 - オメガ3(10/02/22)
魚油は統合失調症の予防になるか? - オメガ3(10/02/03)
魚油は細胞の老化を防ぐ - オメガ3(10/01/23)
オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも(09/12/28)
食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3(09/12/04)
魚を食べても心不全の予防にならないかも - オメガ3(09/10/17)
オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし(09/07/14)
オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)
不飽和脂肪酸、アラキドン酸で精神疾患の予防効果?(09/04/15)
オメガ3系脂肪酸に関する私見(08/11/18)
女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系(08/06/30)
オメガ3系:いかに騙されているか(08/06/20)

GarypuppetNewlogo

今年最後の締めくくりになる話題は、久しぶりにオメガ3系脂肪酸だ。Ctomさんも11月の末にDHAの話題を取りあげているけど、Life-LOG(ライフログ)には、「オメガ3」をキーワードにして来て下さる訪問者が多いからちょうどいいだろう。

しかし、オメガ3系の話題といっても、インパクトのある内容じゃない。観察研究なので、オメガ3系脂肪酸の摂取によって予防効果が示されたのではなく、歯周病の発症が少なかった人は、オメガ3系脂肪酸の摂取が多かったという内容だ。本当に予防効果があるがどうか知るために、先ほど説明したように、オメガ3系脂肪酸を摂取させて予防できるかどうか確かめなければならないだろう。まだまだ中途半端な研究報告だよね。

それでも、オメガ3系脂肪酸の新たな可能性を示した報告の1つにはなる。今までオメガ3系脂肪酸の多彩な働きに触れてきたけど、このオメガ3系脂肪酸の多彩な報告をみていると、近年のビタミンD への関心の高まりと重なって見える、そうそう、ビタミンDも脂溶性ビタミンの1つで、脂溶性物質の特性の1つ、細胞膜への親和性の高さは、細胞内、閣内レセプターへの働きが示唆されるわけで、こういう脂溶性物質には、まだ未知の制御機構が存在するんだろう。

私はまだまだ勉強不足なので、これからも脂溶性物質を注目していこう。

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "オメガ3系で歯肉疾患の予防"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月25日 (土)

アルツハイマー病の早期検知

アルツハイマー病を発病するかどうかが、その症状が現れる何年も前に検査でわかるようになるかもしれないそうです。

英国BBC に掲載された "Test for early Alzheimer's 'seems possible' (22 December 2010)" という記事によると、腰椎穿刺(LP)テストと脳のスキャンを組み合わせると、認知症の証拠となる初期の兆候がわかるそうです。この方法を使えば、将来的には患者によっては認知症の進行を遅らせたり止めることができそうだとのこと。


要約するとこのような具合です。


認知症だと診断されるのは症状がかなり進んでからのことなので、出番を待っている薬やワクチンは多いものの、その効き目を医師がテストするのは難しい。

英国ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ神経学研究所 (Institute of Neurology, University College of London) のJonathan Schott博士らは、認知症のもっとも一般的な形態のアルツハイマー病は、症状が現れる何年も前にそのもっとも初期の段階が検知できると考えている。何を調べるかというと、脳の収縮と脳脊髄液(CSF)中のアミロイドと呼ばれるタンパク質量の減少である。

アルツハイマー病になると脳の体積が減少するとともに、脳内にアミロイドが異常蓄積されることがわかっている。これはCSF中のアミロイドが減少することを意味している。これらの変化を調べることが、今よりもずっと早期に症状を検知する方法になるかもしれない、と同博士らは考えた。そこで105名の健康なボランティアに対して一連の検査を実施した。

ボランティアは腰椎穿刺(LP)テストを受けて、アミロイド量を調べるためCSFを検査し、MRIで脳をスキャンして脳の収縮量を算出した。Annals of Neurology誌に発表されたその結果によると、CSFのアミロイド量が少ない被験者(同グループの38%)の脳は、他のグループよりも2倍も急速に収縮していた。またAPOE4という危険遺伝子を持っている確率が5倍高くなっていたし、アルツハイマー病を引き起こすもう一つの容疑者タウタンパク質の量も多かった。

この被験者の中に将来アルツハイマー病を発症する者がいるかどうかは、時機尚早で判定できないが、これらが原因だとする容疑はいずれ固まるだろうと研究者らはみている。重要なのは、認知症を抑えたり予防するうえでどの薬が有効を医者がテストできるようになるということだ。

「認知症の早期検知は実に大切なことだ。新しい治療目標への道が開ける。それに早期検知と科学者が徐々に近づきつつあるアルツハイマー病ワクチンがいつの日か車の両輪になる可能性もある」とはアルツハイマー病協会のAnne Corbett博士の話。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年12月21日 (火)

イマジネーション・ダイエット:こんなので上手くいく

1005mmsNewlogo

今日のダイエットブログの内容は、個人的に興味があるところ。

こういうメンタルなサイドから食欲をコントロールする手法は知っていて損はしない。誰にでも効果がある方法だと思わないけど、利用できるかもしれない。

私がダイエットを指導する時、のっけから「そんなの無理だ」と思う人と「やれるかも」と思う人で達成率はかなり異なる。というか、無理だと考えた人は誰も成功していない。だって、既に気持ちの中で、できないという選択をしているからね。どうして、何も始まっていない時に「できない」と決めつけるのでしょう。

全ての成功の始まりは「行動」だろう。「行動」を起こさないと何も進まない。あれ?宝くじで大たたりのイメージを持っていても、宝くじを買っていないとね(^_^;)

さあイマジネーションなんて誰にでもできる行動だよ。食べる前にその食事を食べる想像をしてから食べてみてください。んー、こんなので効果あるのかな...否定的な私(>_<)

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "イマジネーション・ダイエット:こんなので上手くいく"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年12月15日 (水)

ダイエット停滞期を打ち破る5つの方法

LowcarbvslowfatNewlogo

皆さん、何かと忙しくなる年末ですが、健康な生活を維持できていますか?

忙しくバタバタしていると生活は乱れちゃうよ。実は私も乱れてました。忙しいっていうより、今年の6月に左足の中足骨骨折(下駄骨折)以来、なんとなくモチベーションが下がって走る距離がかなり短くなってました。

気がつけば12月だ。実は11月の末に小豆島で開催された第31回瀬戸内海タートル・フルマラソンに参加して、久しぶりにフルマラソンを走っていた...

ブログに何もコメントしなかったのは、余りにも成績が悪かったから。「40歳からのアスリート」というテーマを掲げているのに全く行動が伴っていないから恥ずかしかったんですよね。マイペースで練習はしていたつもりだったけど、月100kmぐらいじゃ記録は落ちるばかり...

あわよくばサブ4という甘い考えでスタートを飛び出したけど、折り返し1時間49分で足は止まった。身体は正直ですね。走った距離は裏切らないのも本当です。復路の上り坂は全て歩いて、最後の2kmの平坦な道だけ、キロ5分で走れました。タイムは4時間9分。最後に20人ぐらいごぼう抜きしたけど、4時間ぐらいで走っている人のペースはキロ6分なんで当然と言えば当然...

正直、この結果に落胆しました。運動という魔法は続けていないと効果は続きません。昨年フルマラソンを3時間17分で走れた身体は既にどこにもありません。

更に追い打ちをかけられたのは、今年導入した体組成計InBody720で解析した結果だ。私の身体は、今や只のおじさんレベルになっていたんで愕然としてしまいました(^_^;)

いたたまれない気持ちになり、再び走り出したところ。走り出すと気持ちいいんですよね。どうして今まで走ろうとしなかったのか不思議に思える。一週間走り続けて再び魔法の効果が現れてきているようだ。

さて、今日の話題は、Diet Blog(ダイエットブログ)の人気記事の紹介。その中で、Ben Franklinの言葉が引用されているけど、来年、同じ過ちを繰り返さない工夫をして、もう一度自己記録に挑戦してみよう。

では、ダイエット停滞期を打ち破る5つの方法を読んで、自分が陥っている停滞期を打破してください。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "ダイエット停滞期を打ち破る5つの方法"

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年12月12日 (日)

全粒(未精白)穀物と血圧

BBCでは "Whole grain foods reduce blood pressure, scientists say (10 December 2010)" 、アラブ首長国連邦版 TopNews では "Heart health gets benefited by porridge (12/11/2010)" 、アメリカ版 TopNews では "Heart health perks up with Porridge (12/11/2010)" などと報じています。そして英国 Telegraph紙では "Wholegrains reduce stroke by as much as drugs: research (10 Dec 2010)" という記事を載せています。

どういう内容かというと、


英国アバディーン大学の研究者らの研究から、全粒(つまり未精白の)穀物を食べると、卒中のリスク低減に対して薬を使った場合と変わらない効果が得られることがわかった。被験者200名に対して全粒の穀物を1日3人前食べてもらったところ血圧が下がった。この研究を率いた Frank Thies博士によると「全粒穀物を食べた被験者では最高血圧の低下が見られた。この効果は血圧降下剤を服用した場合と遜色ない。最高血圧が下がったということは、心臓発作と卒中の発生率が少なくとも各々15%と25%下がる可能性を秘めている」とのこと。

全粒穀物1人前はおおよそ13グラムから16グラム。オーツや玄米半カップ、あるいは全粒紛のパン1切れに相当する。(注。日本の1カップは200ml、英国では1カップは285ml、ちなみに米国では240ml)

この研究は "American Journal of Clinical Nutrition"誌 に発表された

同誌に掲載された記事の抄録によると「研究の目的は、毎日3人前の全粒食物を食べた場合の循環器系疾患のリスクを表すマーカーに及ぼす影響を評価すること。ただし食べるのは小麦、あるいは小麦とオーツの混合。約200名の被験者に対して、4週間精白食物を与えてから、3グループにわけて、それぞれ精白食物(コントロールグループ)、全粒小麦、全粒の小麦とオーツを12週間食べてもらった。その結果、コントロールグループと比較して、全粒穀物を食べた方は最高血圧と脈圧が各々6mmHgと3mmHg低下した。このことから、全粒穀物を毎日3人前摂取すると、中年期の循環器系疾患リスクが大幅に低下する。最高血圧が低下することから、冠動脈疾患と卒中の発生率が各々15%と25%下がる可能性がある」ということのようです。


銀シャリよりは玄米ということでしょうか。うちの炊飯器も玄米が炊けるのですが使ったことがありません。なんだかもったいない気がしています。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年12月 3日 (金)

減量成功に導く7つの驚くべき秘密

BreakfastNewlogo

皆さん、久しぶりにポストをしている屋台ブルーです。しばらく間が空くと、どんな話題から入るべきか悩みますね。実は、今までに下書きを数本書いたけど、なんとなく公開しそこねている。一度更新パターンが崩れてしまうと、なかなか元に戻らない。これは健康的な習慣にも当てはまることかな、肝に銘じなきゃ。

では、さらりと軽い話題から再開しよう。

久しぶりにDiet Blog(ダイエットブログ)からダイエットに関する話題をとり挙げよう。実は、私も知らなかったんですが、SparkPeopleというダイエットサイト、バツグンの人気があるみたいで、改訂版が出た新しい本によると、毎月175,000人の新しいメンバーが加わっている、これは、毎日6,000人、毎分4人が参加しているというふれ込みだ。

実は、この新しい本を買って読んでいるところ。どうもポジティブシンキングを共有するコミュニティー作りが要のようだ。メンバーがお互い切磋琢磨してダイエットを続け、成功経験を共有することでコミュニティーを大きくしている。なる程、ダイエット、いや健康指向の意識改革をサイト運営者が導くのではなく、コミュニティーに依存しているところが、今時のネット社会に相応しいやり方なんだろう。

ここのメンバーに対してアンケート調査をしている。アンケートからダイエット成功者の秘密を明らかにしていて、そのエッセンスが今日の話題になる。

SparkPeopleに参加しているメンバーの90%は、自分がダイエット(減量)をしていると思わず、健康的なライフスタイルを送っていると答えている。さらに、ダイエットをしていると答えた人は、健康的な生活を送ろうとしている人に比べて、理想とする減量ゴールに到達できていない。単に「ダイエット」をしようとする人は、減量が上手く行かないというのが結論なんですよ。

ここのブログでも常々話してきている事と同じだ。ゴールセッティング、モチベーションの維持、そして、健康的なライフスタイルを送らなければ、健康的に減量はできないよね。

「ちょっとダイエットを始めよう」という考えから早く脱却してください。皆さん。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "減量成功に導く7つの驚くべき秘密"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年12月 1日 (水)

平成22年12月の予定

今年も残すところ一月だけです。体調万全で乗り切りましょう。

年末年始の休診のお知らせです。

12月30日まで通常通り (診察時間参照)で、年末年始のお休みは、31日(金曜日)終日、1月1日(土曜日)終日、2日(日曜日)終日、3日(月曜日)終日です。ご迷惑をおかけしますが、お間違いのないようにお願いします。

生活習慣病に対する指導に力を入れているので気軽にお問い合わせ下さい。電話やメールで問い合わせも受け付けています。

1) ダイエット指導(健康指導)
診察に含まれていて、基本的に無料で指導しています。そのため、私のフリーな時間帯、昼休み(午後1時から1時間程度)、及び午後診療後(午後6時から1 時間程度:仕事をしている人向け)になっているため、完全予約制で人数制限がありますが、興味のある人はメールや電話でお問い合わせ下さい。以下の機器を使用してサポートしています。
-腹部CTによる内臓脂肪測定
-InBodyを使用して体組成(骨量、部分別筋肉量、脂肪量)計測

現在(平成22年12月)の予約状況も1名だけです。ご要望のある方連絡をいただければ、即座に対応します。

2) 禁煙指導(チャンピックスによる禁煙治療)
私は嫌煙家なんですが、喫煙する人を嫌っている訳じゃありません。喫煙という行為が嫌いなんです。喫煙してても尊敬できる人は大勢いらっしゃいます。た だ、喫煙を正当化して吸い続けている人に哀れみは感じますね。そういう人は早く喫煙の問題に気づいて欲しいと思っています。私の禁煙指導は、辞めたくても 辞められない人に向けられています。ニコチン依存症に陥って、自分で辞める自信の無い人は、医療保険を使った禁煙治療ができますよ。

辞めたいと思ったら合計5回の診察を含む三ヶ月間の禁煙治療をしませんか?

まだ禁煙を考えていない人は、私が集めている喫煙にまつわる健康障害の記事を読んで下さい: ライフログ:タバコに関する話題

平成21年度の当院の成績(平成21年度8月から保険診療を開始して今年の3月まで)は、禁煙指導9名のうち6名成功されています。現在、月に1人から2人の新規導入をしているので興味がある人はお問い合わせ下さい。
注意:現在禁煙希望者が増えているため新規導入のスターターキットが足りない状態が続いています。今月の中旬もしくは来年から新規導入患者を受け入れる予定なのでご了承下さい。

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1400円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1200円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1500円(税込)

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬(診察室での手渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。
- プロペシア希望の患者さんが増えています。初回に初診料は頂きますが、最初の3ヶ月間の再診料はかかりません。しかし、3ヶ月目に効果判定と副作用チェックのために再診していただく事になっていますのでご理解下さい。

  • プロペシア錠1mg:28錠7000円(税込)

5) 漢方治療

6) 高圧酸素治療(専門医)
当院では高圧酸素治療によるスポーツ外傷にも対応しています。足首の捻挫、膝の靱帯損傷に対して治療期間の短縮が期待できます。

7) 日本体育協会公認スポーツドクター(2010年10月より)
四国てんとう虫マラソン大会(顧問医):平成22年11月14日に第2回大会は大きな事故も無く無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »