« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

喫煙と認知症の関係

10月25日、ビジネスウィーク誌に掲載された "Heavy Smoking Linked to Alzheimer's in Study" という記事によると、1日あたり2箱以上喫煙する人は認知症の危険が高まるのだそうです。

曰く、


新たな大規模調査によると、中年期にヘビースモーカーだとアルツハイマー病など認知症を発症するリスクがたかまるらしい。

「今回わかったのは、中年期はヘビースモーカーだと申告した人は、アルツハイマー病と血管性認知症のリスクが100%以上高まるということだ」と言うのは、米国カリフォルニア州オークランドにある Kaiser Permanente の Division of Research にいる研究者 Rachel A. Whitmer。

「喫煙がガンや卒中、循環器系疾患のリスク因子だということはわかっていた。今回の発見で、心臓に良くないものは脳にも良くないという証拠が増えた」

この報告は "Archives of Internal Medicine の10月25日づけオンライン版" に発表されている。

この研究に際して、Whitmer のチームが集めたデータは、1978年から1985年に Kaiser Permanente のヘルスケアシステムで調査対象になった、当時50歳から60歳の21123名にのぼるさまざまな人種の人たちに関するものである。

平均して23年におよぶ追跡期間の間、25.4パーセントが認知症と診断されたことがわかった。そのうちアルツハイマー病が1136名、血管性認知症が416名だった。ちなみに血管性認知症はアルツハイマー病についで2番目に多い認知症で、脳内の動脈の損傷が原因である。

非喫煙者と比較すると、中年期に1日あたり2箱以上タバコを吸う人は、認知症の発症率が「劇的に増加」した。アルツハイマー病の発症リスクは157パーセント以上高まったし、血管性認知症のリスクは172パーセント増加した。

禁煙した人と1日あたりの喫煙量が半箱未満の人には、アルツハイマー病と血管性認知症のリスク増加は現れなかった。

喫煙と認知症の関係は、人種や性別、高血圧、高コレステロール、心臓麻痺、卒中、体重などの要因を調整しても変わらなかった。

アルツハイマー病と喫煙が関係していることは以前からわかっていたが、今回の新しい研究では、中年期に喫煙しているとアルツハイマー病と血管性認知症を発症するというリスクが具体的に特定された。

喫煙が卒中のリスク因子になることは動かないが、それが一因となって血管性認知症を発症する可能性がある。原因は脳内にできる小さな血栓である。さらに喫煙が一因となって酸化ストレスと炎症が起きる。これはアルツハイマー病の発症リスクにつながりかねない。

「脳は喫煙による長期のダメージには免疫がないのだ」と Whitmer は言う。

白人が被験者の大部分を占める2種類の小規模な研究でも、中年期に喫煙していると、アルツハイマー病を発症するリスクが高まることが示唆されている。

「これによって、最近の発見が充分に確認された」(William Thies。アルツハイマー病協会の chief medical and scientific officer)

「この発見は将来有望だね」(Dr. Samuel E. Gandy。ニューヨーク市 Mount Sinai School of Medicine、Alzheimer's Disease Research の教授)

同教授の話によると、「長いこと、アルツハイマー病に内在する環境因子を探し求めてきたが、今までに明らかになったのは頭部外傷だけだった。頭部外傷と違い、タバコの喫煙が関係しているというのはとりわけ重要だよ。だって、このリスクは修正できるんだから」


タバコの価格も上がったことですし、認知症を避ける意味でも禁煙する価値は充分あるのではないでしょうか。
文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年10月15日 (金)

血中コレステロールを調整しているもう一つの仕組み

"Cholesterol levels controlled by the brain, not merely by diet, researchers discover" (Thursday, October 14, 2010)という記事によると、血中のコレステロールが増減するのは、食べた物、肝臓での合成と分泌の他に、もう一つ原因があるそうです。食べた物でコレステロールが増減するのは素人でもわかりますし、肝臓云々も、うん、まあそうなんだろうなあ、と思いますが、この記事で言っているもう一つの原因については、さて、どう対応すればいいんでしょう?

で、その記事の内容はというと、


米シンシナティ大学の研究者らが行い、Nature Neruoscience誌に発表された研究によると、コレステロールの量は食べた物だけではなく、脳から放出される空腹調整ホルモンにも影響される。

「これまでずっと、コレステロールは、食物の吸収を調整するか、肝臓による合成・分泌を調整する以外ありえないと思っていたが、今回の研究で、コレステロールは、もう一つ、中枢神経系に存在する特定の神経回路によって直接「遠隔制御」されていることが初めて明らかになった」と語るのは主任研究者の Matthias Tschoep。

グレリンというホルモンは摂食調整とエネルギー消費について重要な働きをしていることが分かっているが、さらにこのホルモンによって、実験用マウスの血中コレステロール量が増加することがわかった。血中のコレステロール量が増加するのは、物質の貯蔵を抑えるようグレリンが肝臓に信号を出す必然的な結果だった。

血中コレステロール量が高まると、それに付随してアテローム性動脈硬化のリスクが高まる。この疾患にかかると動脈内にプラークが溜まり、心臓発作や卒中のリスクが高まる。

グレリンは、ある程度脳内のあるレセプタをブロックすることによって作用することがわかっている。このレセプタを他の方法でブロックしたところ、血中コレステロール量が再度上昇することがわかった。

「薬理学的、遺伝子的、あるいは内分泌機構によって脳のメラノコルチン系を抑制すると、血中の HDL コレステロールが増加した。これは食物摂取とも体重とも無関係で、肝臓の吸収量が減少するからだ」

この発見が健康にどう関係するかはまだ不明である。それは HDL コレステロール(善玉コレステロール)が実際に健康に役立つと考えられているからでもある。対照的に LDL コレステロール(悪玉コレステロール)は心臓疾患のリスクを高めると考えられている。

コレステロールは、体内の各種ビタミン、ホルモン、胃酸のきわめて重要な前駆体である。

「これによって、コレステロール量を調整する新しい形態の治療方法が開発される可能性がでてきた。心臓や循環器系の疾患を抱える人たちには、またとないニュースだろう。しかし他方、食事の飽和脂肪量を減らし、定期的に身体を動かすべきだ」とイギリス心臓病支援基金 Fotini Rozakeas は言う。

情報元は、


文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年10月 7日 (木)

騒音と心臓病

ビジネスウィーク誌の "Workplace Noise Tied to Heart Disease Risk (TUESDAY, Oct. 5)" によると、カナダの研究者曰く、職場で大きな騒音にしつこく晒されていると心臓病のリスクが倍加するそうな。なかでも影響が大きいのが喫煙する若者。それでなくても喫煙は心臓病の危険因子だというのに、という話。


「これは重大な仕事上の健康被害だ。特に若手ほど影響がある」というのは、カナダ、バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学 School of Environmental Health の Wen Qi Gan 博士。この研究は10月6日付けの Occupational and Environmental Medicine に発表されている。なお、この研究で扱った心臓疾患の根拠は、被験者が医師の診断を自己申告した内容だという点で限界がある。それに循環器系の疾患に関わる他の職業因子、たとえばシフト勤務や空気汚染なども考慮されていない。

しつこい大きい騒音というのは、音楽を大音量で聴いたり大声で話すことではなく、お呼びでない音の類を聞かされることである。この研究では、たとえば鉱山の採掘や木材の伐採、製材などで発生する騒音を産業騒音と定義した。

「騒音に起因する疾患の予防には騒音抑制がきわめて重要になる。今からでも、過大な騒音に晒されないよう、自分を守ってほしい」と同博士は勧告している。

この研究では、1999年から2004年にかけて、U.S. National Health and Nutrition Examination Survey に参加した20歳以上の被験者6307名からデータを収集した。被験者から、ライフスタイルと職業衛生をふくめた健康に関わる事柄を聞き取り、健康診断と血液検査を行った。そして被験者を、しつこい大きな騒音(普通の声で会話できないくらい)を3ヶ月以上我慢している人と比較的静かな職場にいる人に分けた。

その結果、被験者の21パーセントは、自分の職場が9ヶ月以上朝から晩まで騒音でうるさい職場だと言っている。その大半は平均年齢が40歳の男性だった。また静かな職場で働いている被験者と比べると、この被験者らは肥満気味で喫煙している場合が多い。

そして喫煙をはじめとするいろいろな危険因子を考慮しても、騒音でうるさい環境で働いている人は、静かな環境で働いている人に比べて、2倍から3倍重篤な心疾患にかかりやすいことがわかった。

騒音でうるさい職場と心臓病の関係は、年齢が50歳以下になるとより顕著で、3倍から4倍も狭心症や冠動脈疾患になりやすかったし、心臓麻痺を経験していた。血液検査では、このような危険の高い人たちに、心臓病に関係しているコレステロールや炎症性のタンパク質が特に大量にあるという結果は出なかった。しかし最低血圧は通常よりも高かった。これは重い心臓疾患に関係している兆候である。

大きな騒音によるストレスは、急激な強い感情によるストレスと似ており、徐々にそれが原因で化学伝達物質が冠動脈を通る血流を押さえつけるようになる、と研究者らは見ている。

疫学調査では、因果関係、この場合で言えば騒音でうるさい職場と心臓疾患の関係ははっきりしない、という研究者もいる。しかしその研究者にしても「直感的には納得できる。ストレスが循環器系の健康に悪いという見方と符合している」と言っている。「本当に不快な職場環境は、長い目で見て、循環器系にとても悪いのだ」


人工物などまったく無く、耳に入るのは小鳥のさえずりと清涼な小川のせせらぎの音だけ。そして爽やかなそよ風がたまに江戸風鈴を鳴らす、とかいう環境で、腰を据えてじっくり仕事に取り組めたら、さぞかし健康にいいでしょうね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年10月 2日 (土)

難聴と葉酸の関係

歳をとると次第に耳が遠くなる、というのは周囲でもよく見られますが、本当の原因は何か、というのがこの記事 "Age related hearing loss halted with folate nutrient September 30, 2010" の内容です。で、この記事によると、どうもビタミンB群、とりわけ葉酸が欠乏するためじゃないか?ということのようです。


葉酸については、Life-LOG でもこれまでに屋台ブルーさんが 「葉酸摂取は大腸ポリープの再発予防にならない」「葉酸サプリメントは発癌リスクを上げる:研究報告」 などで取り上げていらっしゃいますので、併せてご覧ください。

たとえば、

  • オランダ、Wageningen 大学の研究者らが、2007年に50歳から70歳までの男女728名を対象に行った研究によると、葉酸のサプリメントを摂取することによって、低周波領域の加齢性難聴の発症がかなり遅れました。

  • 先年米国サンディエゴで開かれた American Academy of Otolaryngology - Head and Neck Surgery Foundation (AAO-HNSF) の年次総会の席上、60歳以上の男性が食物やサプリメントで葉酸をたくさん摂取すると、難聴にかかるリスクが20パーセント低下する証拠をボストンの研究チームが論じています。


オーストラリア、シドニー大学の研究者らが行った "Blue Mountains Hearing Study" と呼ばれた新しい研究でも葉酸と聴力の関係が明らかになっています。曰く、

血中のビタミンB量が少ないと、難聴にかかるリスクが著しく増加します。この研究は、最近 "Journal of Nutrition" に発表されました。50歳以上の被験者2956名を対象に、血中のビタミンB12、葉酸、ホモシステインの量を測定し、その結果と難聴の関係を調査したところ、葉酸が少ない人(血液1リットルあたり11ナノモル未満)は難聴のリスクが34パーセント高まりました。さらに、アミノ酸ホモシステイン量が増加する(血液1リットルあたり20マイクロモル以上)と、難聴のリスクは64パーセント増加しました。

これまでも、ホモシステイン量が過剰になると、それにともなって心臓病や記憶障害のリスクが高まることはわかっていました。それに内耳への正常な血流が妨げられるとも考えられています。ホモシステインと難聴の関係は、これで説明できるかもしれません。さらに「血中のホモシステイン量を正常に保つには、そのための充分なビタミンBが必要だ」というのが、これまでに行われたたくさんの研究から得られる結論です。


で、現実の生活で知りたいのは、葉酸はどういう食材に含まれているかですが、 このサイト によると、レバー、とりわけ鶏のレバーが断トツですね。レバ刺しなんかもってこいかもしれません。葉酸は熱に弱いそうですから、焼き鳥のレバーは、この点では NG かもしれませんね。あとは、うに、枝豆、モロヘイヤ、パセリ、ホウレンソウ、菜の花、春菊、卵、納豆、ブロッコリーといったところでしょうか。意外にも煎茶の茶葉にもかなり含まれているようです。熱に弱いということは、葉物野菜のおひたしも NG なんだろうか?

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »