« ブルーベリーと肥満 | トップページ | 糖尿病が10年早く分かる血液検査 »

2010年9月14日 (火)

長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも

モノの見方は色々あるね。私は今日のニュースのような視点を持っていなかったから、ハッとさせられたよ。脂溶性の物質は脂肪組織に蓄積されやすいから痩せると血液中に放出されてしまうってのも納得できる。しかし、血中に放出されるのなら、いわゆるデトックス効果があり体外へ排泄される可能性も高くなるんじゃないかな。今回の報告は、痩せた人の血中レベルが高かったということだけで、これが健康障害と関連があったという報告ではない。血中レベルで高値だったということは、排泄も増えている可能性が高い。血中レベルだけでなく尿中のレベルはどうだったのだろう?やっぱり文献を読まないと分からないかな。

アブストラクトを読めば解析された7種類の汚染物質、Persistent organic pollutants(POPs)はわかるから、ちょっと紹介しておこう。

参照ページは、東京都健康安全研究センターの「内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)

1) trans-nonachlor(trans-ノナクロル)
2) p,p'-dichlorodiphenyldichloroethylene(p,p'-DDE)
3) β-hexachlorocyclohexane(ヘキサクロロシクロヘキサンHCH)
4) PCB169(ポリ塩化ビフェニール類)
5) PCB180(ポリ塩化ビフェニール類)
6) 1,2,3, 4,6,7,8-heptachlorodibenzo-p-dioxin(七塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン:ダイオキシン関連)
7) 1,2,3,4,6,7,8-heptachloro- dibenzofuran(ジベンゾフラン関連)


長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも
Long-Term Weight Loss May Be Harmful to Health

香港(ロイター)9月8日 - 長期にわたって減量すると、糖尿病、高血圧症、そして関節リウマチなどの疾患と関連性が示されている産業性汚染物質が血流に放出されてしまうかもしれないと、7日の火曜日に研究者から発表があった。

この物質は、普通なら脂肪組織に蓄えられているけど、減量によって脂肪組織が代謝されることで、血中に流れ出てしまう、と韓国大邱市Kyungpook大学のDuk-Hee Lee医師は述べた。

「減量は良いけど体重増加は身体に良くないいう固定概念に囚われて生きている... しかし、減量による(血中の)(汚染物質の)増加は、様々な方面から健康に影響を与える可能性がある」、とロイターに宛てた電子メールにコメントしている。

米国で、1,099名の対象において、Lee医師は7つの物質を解析した。この報告は雑誌Obesityの9月7日号に掲載されている。

「血流にいったん放出されてしまうと、これらの物質は生命に重要な器官に達してしまう」、と研究者は述べている。

「10年間を通して減量が大きかった人は、体重が増えた人や変わらなかった人に比べて、これらの物質、残留性有機汚染物質(POPs)の濃度は最も高かった。

「POPsが安全じゃないという証拠は積み上げられている。POPsは、2型糖尿病、高血圧症、冠動脈疾患、関節リウマチ、歯周病に関連性がある、とLee医師は話している。

これら汚染物質の濃度の違いを説明するために、年齢、性別、人種に分けて調査をしたが、体重の変化に統計的な有意差が残っていた。

この悪影響が、減量で得られる利点を凌駕してしまうかどうか確認するため更に研究が必要だ、とLee医師は述べた。

文:屋台ブルー

|
|

« ブルーベリーと肥満 | トップページ | 糖尿病が10年早く分かる血液検査 »

コメント

とても興味深い文献ですね。
最も長寿な方の体型は「やや小太りの方」というのを聞いたことがあります。
痩せ型も骨粗鬆症やガンなどリスクが高まりますし。。。

投稿: E.F野 | 2010年9月15日 (水) 09時37分

いつも楽しく拝見させて頂いており
お礼申し上げます。


今回のテーマについてですが、必須ミネラルやビタミン、アミノ酸は有害物質に対して、デトックスやキレート形成により体外に排泄する効果が期待できるのですね。

ミネラルではとくにセレニウムや亜鉛は、水銀やヒ素に対して有効であるようで、この成分を多く含む食べ物やサプリメントを摂取することが有効だと考えました。

ただ、環境ホルモンは金属類ではなく高分子体なので、酵素による分解でないと無効化できないのではと考えました。

調べてみると

米国環境保護局のリストには約70種類の物質が環境ホルモンとしてリストアップされており、そのうちの幾つかについては分解菌が見つかっています。例えば下水から見つけたノニルフェノール分解菌は環境ホルモン・ノニルフェノールを栄養として分解し、無害なアルコールに変えてしまいます。

また、13年に見つかったエストロゲン分解菌はエストラジオール、エストロン、エストリオールを炭酸ガスあるいは有機酸のレベルにまで粉々に分解・無害化します。

他にも、ダイオキシン分解菌、PCB分解菌、ビスフェノール分解菌、フタル酸エステル分解菌、有機スズ分解菌等の“変わり者”が世界中の研究者によって発見されており、今後も様々な環境ホルモン分解菌が見つかっていくと期待されている。

という内容でした。

これらの分解菌を体内においたり、透析のように体液を一旦体外に出して濾過分解できれば理想的な対策が打てるのかもと、ない知識で考えを巡らせてしまいました。

投稿: NV-CVM | 2010年9月15日 (水) 20時47分

E.F野さん、私が書いた昔の記事を読んでください。

成人後5キロ以上やせると死亡率1・4倍」2009年4月25日

中年太りした人だったら痩せた方が長生きすると私は思ってますよ。

PS.「やせると危険!?」というカテゴリーを作りました。本当に痩せた方が危険なのかどうか考えさせられる記事を集めていきます。

投稿: 屋台ブルー | 2010年9月17日 (金) 10時51分

MC-CVMさん、コメントありがとうございます。

色々と調べていただきありがとうございました。私自身、環境ホルモンの知識が浅いので勉強中なんです。過去にビスフェノールA(BPA)に関するニュースをここでとり挙げていたんですけど、最近触れてませんね(^^;)→「ビスフェノールA:ベビー・ボトルで訴訟を起こす家族

健康的な食材を選び野菜や果物をしっかり食べていても、汚染物質を完全に避けることはできませんよね。そうなるとデトックス(解毒)という考え方は重要になると思いますよ。

セレニウムも注目されているようですが、サプリメントで摂りすぎて問題にもなっているので注意してください→「セレニウム中毒

投稿: 屋台ブルー | 2010年9月17日 (金) 12時00分

『痩せている人は太っている人より健康である』と私も思ってましたが、そうでもないんですね。かといって太り気味はやはり健康には見えませんよね…。適度な体型が一番良いんでしょうね!

投稿: タケノコ | 2010年9月17日 (金) 16時23分

いやいや、タケノコさん、私が書いた昔の記事を読んでください。

成人後5キロ以上やせると死亡率1・4倍」2009年4月25日

中年太りした人だったら痩せた方が長生きすると私は思ってますよ。

投稿: 屋台ブルー | 2010年9月18日 (土) 10時49分

長期にわたる減量が健康障害を・・と言われても1kgでも減量できたら嬉しいです。
女性はずっとダイエットをしている人も多いと思うのですが、どうなのでしょうか。

最近、代謝を良くするために朝の運動を始めました。
屋台ブルーさんがおっしゃるように減量で排出がうまくいくことを心から願っています。

投稿: パン子 | 2010年9月28日 (火) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/49445222

この記事へのトラックバック一覧です: 長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも:

« ブルーベリーと肥満 | トップページ | 糖尿病が10年早く分かる血液検査 »