« ポリフェノールを含むスーパーフルーツとその潜在効果とは | トップページ | 長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも »

2010年9月 8日 (水)

ブルーベリーと肥満

The Journal of Nutrition "Blueberries Decrease Cardiovascular Risk Factors in Obese Men and Women with Metabolic Syndrome" より。

たもやブルーベリーの話題です。

しぶりに "Journal of Nutrition" の直近号を覗いてみたところ、「メタボな人にはブルーベリーだね」(言い過ぎかな?)という記事が載っていました。例によって、抄録しか読めませんが、ざっと読み下して見るとこんな具合です。

果物の中でもベリー類はポリフェノールの含有量が多いことから、循環器系を強力に保護する作用があることがわかっている。しかし肥満時のメタボリック・シンドロームの兆候と関連する循環器系のリスク因子を改善するうえでベリー類にどれほどの効果があるかについては、限られた研究しかなかった。

そこで肥満している男女に対してブルーベリーを補充して、メタボリック・シンドロームの兆候と脂質の過酸化反応、および炎症にどのような効果があるか調査した。

メタボリック・シンドロームの状態にある男女48名(男性4名、女性44名。BMI は37.8前後。年齢は50歳前後)が、フリーズドライのブルーベリー飲料(訳注。どういうものか、はっきりしません)(50gのフリーズドライのブルーベリー。生のブルーベリー350gに相当)、または比較対象のための飲み物(960mlの水)を8週間にわたって毎日摂取した。そしてスクリーニング時と4周目、および8週目に身体測定、血圧測定、食事の調査、および空腹時の採血が行われた。

その結果ブルーベリーを補充したグループの方は、最高血圧と最低血圧が各々6%および4%減少した。それに対して対照群の減少幅はそれぞれ1.5%および1.2%だった。一方血中グルコース濃度と脂質の状態には影響がなかった。

さらに血漿酸化LDL、およびマロンジアルデヒドとヒドロキシノネナールの血中濃度の減少幅は、対照群の各々9%および9%に対して、ブルーベリーのグループでは各々28%および17%と大きくなった。

この研究から、食事で摂取可能な量のブルーベリーによって、メタボリック・シンドロームの一部の兆候と関連する循環器系のリスク因子が改善することが明らかになった。

まり、肥満の人がブルーベリーを食べると血圧が下がり、体内の酸化作用も減ったよ、ということなんですね。ブルーベリーは脳にも効く(これとかこれ)うえに肥満にも効果があるとなると、なんともはや「ブルーベリー様様」という感じです。

ルーベリーはスーパーなどでも安価で手に入りますし、場合によってはドライフルーツタイプの乾燥したものもあります。後者の方が食べやすいかもしれませんね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« ポリフェノールを含むスーパーフルーツとその潜在効果とは | トップページ | 長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも »

コメント

生のブルーベリー350gは食べれなくても、フリーズドライならいけそうですね。
それよりもフリーズドライのブルーベリー飲料っていうのが
どんなものか気になります。
海外製品扱っているお店にいけばあるのかなー?

投稿: MK | 2010年9月10日 (金) 10時52分

気になって検索したら出てきました。
牛乳やヨーグルトと混ぜて食べるみたいですね
結構安くて、おいしそうでした

投稿: MK | 2010年9月10日 (金) 10時57分

MKさん、コメントいただき、ありがとうございます。

フリーズドライのブルーベリーって、どういうところで売ってるんでしょう?値段はどの程度でしょう?牛乳などと混ぜるところは、朝食のシリアルっぽい感じもしますね。たしかに美味しそう!

投稿: fumixie | 2010年9月10日 (金) 11時05分

ブルーベリーのわか○生活が食いついてきそうな内容ですね(笑)
メタボ対策としてシリアルや牛乳と一緒に朝ごはんに時間もかからないので、良いかもしれませんね。
イオン内の輸入ショップに売ってないかなぁ?

投稿: まるぴょん | 2010年9月10日 (金) 15時50分

まるぴょんさん、コメントいただき、ありがとうございます。

栄養のバランスに気をつけさえすれば、おっしゃるとおり、簡単で朝食に向いているかもしれませんね。

そうか、輸入ショップか。そういえば、近くにもあるなあ。探してみよ!

投稿: fumixie | 2010年9月10日 (金) 16時26分

LDLを下げてくれるとは朗報です。最近は目も悪くなって来たので、アントシアニンの効果にも期待して朝食に取り入れてみたいと思います。

投稿: ojalman | 2010年9月12日 (日) 11時43分

ojalmanさん、コメントいただきありがとうございます。

今さらですが、ブルーベリーってすごいんですよね。きっと他にもすごい食材があるんでしょうね。きっとそれに目を向ければいいだけなんですね。

投稿: fumixie | 2010年9月12日 (日) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/49389202

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーベリーと肥満:

« ポリフェノールを含むスーパーフルーツとその潜在効果とは | トップページ | 長期にわたる減量は健康障害を引き起こすかも »