« さすがブロッコリー | トップページ | 喫煙者に朗報...かな? »

2010年8月31日 (火)

ベリー類で脳を元気に!

NaturalNews.com の "Compounds in berries improve brain function, reverse aging" (Saturday, August 28, 2010) という記事によると、ブルーベリーやイチゴなどのベリー類に含まれるポリフェノールは脳を元気にしてくれる、ということがわかったそうです。

曰く、


老化にともない、酸化ストレスや炎症に対する脳の自己防衛能力も着実に低下する。しかし新しい研究によると、ブルーベリーやイチゴ、アサイベリーといった果物に含まれるある種の化合物は脳を最高の状態に保つのみならず、実は加齢にともなう損傷の影響を解消してくれることがわかった。

脳は、きちんと機能していれば、時とともに脳内に溜まった有害な各種タンパク質をきれいにして「再利用する」ように働いているものである。このようなタンパク質は、とりわけ加齢が進むと認知機能障害や記憶全般の消失の一因となるため、定期的に除去しなければならない。このタンパク質を脳がきれいにして神経機能全般を改善する際、ベリー類に含まれる強力な抗酸化物質がその働きを支援する効果があること明白になった。

「果物や野菜、ナッツ類に見られるポリフェノールという天然の化合物には抗酸化作用と抗炎症作用があり、それが加齢にともなう機能低下から守ってくれることがわかった。ありがたいことだよ」と説明するのは、この論文を書いた Shibu Poulose 博士。

同博士によると、これは脳機能の維持改善を図るうえでベリー類が持つ強力な効果を初めて確認した画期的な研究である。

「加齢にともない、ミクログリア(脳機能の維持を司る細胞)の働きが悪くなり、残骸が溜まっていく。さらにミクログリアは過活動状態になり、実は脳内の健康な細胞に損傷を与え始めるのだ。我々の研究からは、ベリー類に含まれるポリフェノールには救済効果があると思われる。これが維持管理機能を正常に戻してくれるようだ」と、博士は報告で述べている。

研究によると、抗酸化物質がたっぷり入った果物や野菜はほとんどが、赤やオレンジ、青といった濃く鮮やかな色をしている。多くの専門家は、多種多様な色の野菜や果物を食べて、そのようなものすべてに含まれる特有のさまざまなアントシアニンを摂取するよう勧めている。


自然はちゃんと用意してくれているんですね。ありがたいことです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« さすがブロッコリー | トップページ | 喫煙者に朗報...かな? »

コメント

私は 野菜は食べるように努めていますが どうしても摂取量が足りてイルとは思えないので 野菜ジュースを飲んでいます 野菜ジュースで摂取することについて
どう思われますか?

投稿: エコピーマン | 2010年8月31日 (火) 20時10分

エコピーマンさん、コメントいただき、ありがとうございます。

私も以前野菜不足に危機感を抱いたので、そのときはやはり野菜ジュースを飲んでいました。

そして、その野菜ジュースにはまったく何も問題なかったし、それはそれで良かったのですが、まったく別件の事情から、大麦若葉の粉末(いわゆる青汁)に切り替えて現在に至っています。

野菜ジュースで栄養がまんべんなく補えているのであれば、何も問題は無いのではないかと思います。(まんべんなく補えているかどうか、どうやって確認するか?という問題はあるかもしれませんが f(^^) )

なお、野菜ジュースと大麦若葉粉末の栄養成分を比べると、おそらく大麦若葉の方が多いのではないかと思います。私が使っている大麦若葉では、パッケージの表示によれば、50種類以上の栄養が含まれていることになっています。

しかし値段とか好みとかの問題もあるでしょうから、どちらがいい、とは一概には決められませんね。でも他方も試す価値はあるとは思います。

識者の方々、いかがでしょうか?

投稿: fumixie | 2010年8月31日 (火) 21時18分

こんにちはです。
私は、気軽に買える野菜ジュース派です。
最近は、コンビニで本当に沢山の種類がありますね。
私が好きなのは、紫色の野菜ジュース

大葉系の栄養ドリンク?は、味が気になっててを出せていません。
 よければおいしい飲み方や、銘柄なんか教えていただければ幸いです。

投稿: Maさん | 2010年9月 1日 (水) 17時49分

「Maさん」さん、コメントいただき、ありがとうございます。

「紫色の野菜ジュース」は、私も好きです。

私が愛用している大麦若葉は粉になったもので、水にとかして飲みます。味はありません。しいて言えば抹茶の味が少しするかもしれませんね。ドラッグストアなどでよく見かけるもので、100%大麦若葉だけです。他のものは入っていません。

投稿: fumixie | 2010年9月 1日 (水) 19時06分

認知症の予防については色々な研究結果が出されていますが、ベリー類が脳機能の維持改善を図るというのはとてもすごい発見ですね。
これなら普通に生活している中でも行える予防法の一つになると思います。

投稿: E.F野 | 2010年9月 2日 (木) 16時16分

E.F野さん、コメントいただき、ありがとうございます。

そうなんですよ。ベリー類って、すごいんですよね。ですから、買い物に行ってブルーベリーがあると必ず買ってしまいます。

難しい専門的なことはともかく、一般人レベルでは日常生活、特に食生活、運動などで健康が維持できればとてもありがたいです。

投稿: fumixie | 2010年9月 2日 (木) 19時00分

先日から、僕もポリフェノールについて記事を読んでいました。その中で紹介されているものにパウダー状のベリー類、パウダー状の野菜のサプリメントが紹介されています。

市販されている野菜ジュース(濃縮還元と書いてあるものでは100%)のほとんどが一度野菜や果物をパウダー状にしてから"水"を添加して野菜ジュースとして販売されています。

濃縮還元の方法では、野菜や果物に含まれる本来の果汁の成分のほとんどが廃棄されてしまっていることから栄養価は捨てられていると栄養士の教授は言っています(水が一体どんなものかもわかりませんしね)。

某企業で働く友人は野菜ジュースの製造過程を見ていると、絶対に飲みたくない、飲ませたくないものだと言っています。


しかしながら、今回の資料で紹介されているパウダー状にされた野菜や果物にもポリフェノールは含まれているということはわかるかと思いました。

天然の状態での摂取が一番なんでしょうね

投稿: Ctom | 2010年9月 4日 (土) 18時48分

Ctomさん、コメントいただき、ありがとうございます。

ということは「濃縮還元」の製品で、仮に栄養が含まれているものがあるとすれば、それはあとから添加したものということなのでしょうか。「濃縮還元」という表示だけでさえ、なんだか怪しげなのに、そうなると絶対手が出なくなりますね。

おっしゃるとおり、一番いいのは天然のものをそのまま摂取することですね。

投稿: fumixie | 2010年9月 4日 (土) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/49303621

この記事へのトラックバック一覧です: ベリー類で脳を元気に!:

« さすがブロッコリー | トップページ | 喫煙者に朗報...かな? »