« 肉食と体重(BBCの記事より) | トップページ | ビール:最新で全くあり得ない健康食品 »

2010年8月 5日 (木)

「ビフォア・アフター」の写真に隠れた真実

Tape_measureNewlogo

今日は久しぶりにDiet Blogの話題に目が留まったので紹介しよう。

ハッキリ言って、広告業界がここまであくどいやり方をしていると思っていなかった。騙されている人も多いんじゃないかな。写真の加工なんて誰にでも簡単にできるからね。

私の写真は加工されていないけど、疑いの目を持たれても不思議じゃないぐらいだ、巷じゃ、加工された写真がわんさと宣伝に使われているんでしょうね。もし、こういう仕事をしている人がいらっしゃれば、コメントを下さい。

「ビフォア・アフター」の写真に隠れた真実
The Truth About "Before" and "After" Shots

「百聞は一見しかず」とは言うものの... そうですね、減量に関して言えば、数枚の「ビフォア・アフター」の写真以上に印象に残る物はないだろう。

減量薬や減量のためのエクササイズ・マシーンを勧めている業者にとって、彼らの商品を売るためのベストの方法になる。

それほど深刻じゃないことなら、面白いことで済ませられるだろう。しかし、現実と写真のトリックを分ける境界線は、本当に細くて分かりにくいから、何が起きているのか人々は知る必要がある。

ここに、ドキュメンタリー映画「Bigger, Stronger, Faster」から、ちょっとしたYoutubeのビデオクリップを紹介する。もし、観たことがないのなら、一見の価値ありだ。


訳注:私の英語力じゃ完全に単語を聞き取ることができないけど、時系列に会話を抜き取って和訳をつけたよ...
インタビュー:...air brushes, guys a lot put them in the magazine? - ...エアブラシ、結構、雑誌に使ってるの?
写真家1:Definitely, there are all kinds of techniques and tools you can use to completely manipulate the body. - 当然じゃないか、どんなテクニックや道具を使って、身体のイメージを完全に変えているよ。
インタビュー:Really? - 本当に?
写真家1:In fact, it means someone's Before and After pictures. - 実際、誰かのビフォア・アフターの写真をみればわかるよ。
インタビュー:Aha, - なるほど、
写真家1:They could be done the same day. - 同じ日にどちらも撮れるんだよ。
インタビュー:You haven't shot them the same day though, have you? - あなたは同じ日に撮ったことなんてないでしょ?
i写真家1:I have, actually. - いやいや、あるよ。
インタビュー:Oh, you have. - へえ、あるんだ。
写真家1:Yea, - そらりゃね。
インタビュー:What, What are they doing? - どんな風に?
写真家1:is this self-editing, a part.. keep a mouth shut... - そりゃ自分で編集して... おっと黙ってないとね...

----- 場面が変わって、撮影スタジオに移る -----

写真家2:I can take anybody, it takes a picture of them, make a look them the worst. think horrible thoughts, depression... and then, through all kinds of ways to make them the best. - 誰だって撮れるし、最低な見栄えにできる。おそろしく酷く考えたりおちこんだりしてね... それから、ありとあらゆる方法を使って最高に仕上げるんだよ。

----- 撮影シーン -----

写真家2:You can take the step further if you want. In the before and the after, basically you can take somebody, and make them a little fatter and shorter. People fall for this. They fall for all the time, It's... beyond what I can understand, because it looks so silly to me, but off course, I'm someboady, who has sort of inside the Backstage Pass=>聞き取れない(T_T)... - もし望むなら更にできることはある。ビフォアの写真でも、アフターの写真でも、基本的に写真を撮ってしまえば、ちょっと太らせたり、小さくしたりできるんだ。それで人々は騙されちゃんだよ。いつも騙されているね、私の考える以上にだよ。だって、私には馬鹿げているようにみえるのにね。でもね、もちろん、私は、Backstage Pass(雑誌)の関係者なんで...(よく分からない)。
訳注:「HFCS(ブドウ糖果糖液糖)の真実」ここで私のリスニング能力の低さを既に露呈しているので、リスニングに強い読者さん、お願い。私の聞き取りを訂正してください。前回のコメントに訂正文を載せてくださった「a reader」さん、よろしく。

「ビフォア・アフター」の写真は、ある程度してから撮られていたと今までは考えていたけど、同じ日に撮られていたなんて思ってもいなかったよ --- 間違ったことだろう!

今日の話は、古い話題かもしれないけど、多くの人が、こういう現実があるってことを疑ったこともないだろう。だから、話すべき価値はある。

私に関して言えば、高級雑誌やサプリメントの広告を信じないもう一つの理由になっている。

過去にこういう宣伝を見て商品を購入したことありませんか?もし写真家の人がいらっしゃれば、こういう仕事をするってどう思われます?こうしてもかまわないんでしょうか?

Photo source: Pink Sherbet Photography

文:屋台ブルー

|
|

« 肉食と体重(BBCの記事より) | トップページ | ビール:最新で全くあり得ない健康食品 »

コメント

はじめまして、今日初めてブログを読ませて頂きました。
 私もダイエットをしたいと思っているのですがなかなかうまくいかないものですね・・。
 そんな時に、ついつい見てしまうのが、痩せる薬やエクササイズマシンですね。
 しかし、言われるとおり、こんなカラクリがあるのなら運動か食事制限に力を入れたいと思います。
 なにかいいアドバイスがございましたらお願いします。
 また、読ませていただきます。

投稿: Maさん | 2010年8月 6日 (金) 19時19分

ハリウッド映画なんか デジタル処理バンバンしてるみたいですよ 二の腕や弛んだお腹を修正したり 顔の細部をしゅうせいしたり 自由自在みたいですよ
私は before afterは 全然信じていません
これで信じる人は ある意味しあわせな人なんだろうと思います 

投稿: エコピーマン | 2010年8月 7日 (土) 17時53分

私もテレビでダイエット番組を見て以前から【全然痩せてないやん】【グラデーションつけてるだけじゃん】と思ってました。それよりご質問させていただきたいのですが、ダイエットを繰り返すとやせずらくなるって本当ですか?実は私この10年で15kgぐらいの体重変化が2〜3回あります。最近皮膚のたりみやお腹がでて手足が細くなりもうおっさん体型です。あ!もう45歳ですからおっさんすが。また面白い情報がありますたら教えてください。

投稿: js君 | 2010年8月 9日 (月) 08時54分

TVでのダイエット食品・用品に関する宣伝等で見る度に本当かな~?とは思ってはいるものの、悲しいながらbeforeとafterの視覚的イメージって影響大きいですよね~。痩せたいという目的を持っている方からすれば、理想像が目の前にあるとグラッときちゃうんでしょうね~。うちのおかんみたいにね(笑)

投稿: メリーさん | 2010年8月10日 (火) 11時11分

皆さん、コメントありがとうございます。

エコピーマンさん、メリーさん、
消費者心理を読むプロが広告を作っているわけで、
無防備な消費者は彼らの思惑に簡単に乗せられるんでしょうね。
少なくとも、知識をつけて防御してください。

Maさん、
ダイエットの秘訣は、身体のメカニズムを知る事です。
知識さえあれば痩せるのは簡単。問題は維持させること。
私の患者さんもほとんど痩せることができています。
でも、維持させるのが難しいですね。

jsさん、
一般論でしか話はできませんが、
食事療法だけで痩せると、
脂肪も減ると思いますが、筋肉も減ります。
リバウンドして太る時は、反動で食べ過ぎているから、
脂肪ばかり増えます。
したがって、リバウンドをして元の体重に戻ってしまったら
体脂肪率は悪化しているというのが一般的な話ですよ。

運動なし痩せられると謳っているダイエット関連会社は
金儲けのためだけの悪徳業者だと思っている屋台ブルーでした。

投稿: 屋台ブルー | 2010年8月11日 (水) 16時37分

その日の撮影とは、想像もしませんでした‼
見る写真にもしかして…と思うようになりました。

やっぱり食事と運動ですね。

最近は登山が流行りみたいなので、いい有酸素運動になりそうですね。

投稿: まるぴょん | 2010年8月12日 (木) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/49067607

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビフォア・アフター」の写真に隠れた真実:

« 肉食と体重(BBCの記事より) | トップページ | ビール:最新で全くあり得ない健康食品 »