« BMI と WHR はどちらがいい? | トップページ | 健康的なチョコレート »

2010年7月 7日 (水)

血圧は低ければそれでいいの?

圧は低ければそれでいいのかというと、少なくとも2型糖尿病と心臓病を併発している人にとっては、どうもそうではないらしいです。

"Tight Blood Pressure Control Doesn't Help All Diabetics: Study" (July 06, 2010) (ビジネスウィーク誌) によると、糖尿病と冠動脈疾患を併発している患者の最高血圧を130mmHg以下に抑えても、130から140mmHgの範囲にある患者と比較して心臓発作や卒中で亡くなる人は減らず、むしろ増えたそうです。

の点について、この研究を行ったフロリダ大学の研究者は「必死になって血圧を下げても、普通のやり方で血圧を下げる以上の効果は何もない。そんなことに血道をあげるより、自分で何とかできる他の心臓病のリスク要因に集中する方がいい。コレステロールを下げるとかね」とバッサリ。

国糖尿病協会をはじめとするさまざまな団体は、今のところ糖尿病患者は血圧を 130/80 mmHg 以下に抑えるよう勧告していますが、じゃあ冠動脈疾患も併発している患者にはどうなのかというと、これまではどうもハッキリしていませんでした。そこで今回の研究となったようです。記事によれば、

対象となったのは両方を併発している50歳以上の患者6400名。被験者には、まずカルシウム拮抗薬またはベータブロッカーを与え、それから ACE 阻害薬と利尿薬のいずれか一方または両方を与えて、血圧を130/85に保つようにしました。

の結果、血圧が130mmHgから140mmHgの範囲にある患者と130mmHg以下になるよう厳密に調整した患者では、心疾患発症率はざっくり同じだったそうです。さらにこの研究から、最高血圧が120に満たない患者は、血圧がそれ以上の患者よりも死亡率が15パーセント高まることが初めて明らかになりました。

の研究者は「血圧を130以下に抑える必要はない。そうすれば血圧を下げる治療がいらなくなるかもしれないし、余計な治療で副作用を与えることもなくなるのではないか。糖尿病患者には他にもやるべき大切なことがある。そちらに集中すべきだ」と語っています。

ずれにしても、食生活を含めた普段の生活習慣を見直すきっかけにしたいものです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« BMI と WHR はどちらがいい? | トップページ | 健康的なチョコレート »

コメント

日本でも糖尿病や合併症のある患者はとにかく下げようという流れがありますが・・・・
それも再検討する必要がありそうですね(汗
何事もとことんより適度がいいのかもしれないですね^^

投稿: @K | 2010年7月 7日 (水) 17時03分

@Kさん、コメントいただき、ありがとうございます。

なるほど、日本の現場でもそうですか。病気の組み合わせによって、治りやすい血圧範囲っていうのがあるのでしょうか。

ミュンヒハウゼン男爵の家来になった韋駄天男の師匠がよく言ってたそうです。「中庸は徳」:-)

投稿: fumixie | 2010年7月 7日 (水) 19時06分

糖尿病患者に於いては、130mmHg以下に下げるようになっていますね。下げ方も重要なのかも知れませんね。血圧を何で下げるかが重要ですね。そういう意味から“生活習慣の見直し”これが一番重要ですね。

投稿: REDMEN | 2010年7月 8日 (木) 11時39分

REDMENさん、コメントいただき、ありがとうございます。

なるほど、「どういう方法で」下げるかですか。できれば、普段の生活から注意しておきたいものですよね。おっしゃるように、なるべく自然な状態、つまり本来あるべき状態に近づくような生活が送れるように、食生活を含めて日常生活で注意していれば、あとが楽ですよね。それに日常生活の注意点といっても、たぶん「ほんの些細な事」が多いのでしょう。それゆえに見逃しやすいのかもしれませんが。

投稿: fumixie | 2010年7月 8日 (木) 12時09分

血圧をさげる事と同時に生活習慣の改善や、脂質の管理など複合的に管理しないといけないという事を改めて感じました。

投稿: SWAN | 2010年7月 8日 (木) 17時34分

SWANさん、コメントいただき、ありがとうございます。

日常生活で気をつける一つひとつのことは、たぶんごく当たり前のちょっとしたこと、簡単な事だと思います。肝心なのは、それらを「続けること」なのでしょうね。

投稿: fumixie | 2010年7月 8日 (木) 18時39分

フロリダ大学の研究者のコメントで『自分で何とかできる他の心臓病のリスク要因に集中する方がいい。コレステロールを下げるとかね』とありますが、ようやく最近になってTVCMなどで認知されてきたとはいえ、欧米に比べて日本では心臓病の要因として血圧・血糖と比較してコレステロールへの意識が低いようですね。実際に私の親戚数人は糖尿病と高コレステロール血症を合併していますが、糖尿病の薬を飲む意識は高いのですが、高コレステロールの薬は「まあ大丈夫やろ~」という様子です。どうすれば意識を変えれるものなのか。心臓発作が起こった時には時すでに遅しというのもあるので、身内としてはこの意識の低さには困っております。。。

投稿: メリーさん | 2010年7月 9日 (金) 09時37分

「メリーさん」さん、コメントいただき、ありがとうございます。

「現場の問題の解決策は現場にある」とはよく言われることですが、重きの置きどころに片寄りができてしまうというこのお言葉は重要ですね。医師や専門家の診療、アドバイスの効果が下がってしまいかねないということですよね。

たしかに人それぞれ自分なりの考えがあるものですが、それをいったん棚上げして専門家の言うことを丸ごと受け入れたらどうなるだろう、という心境になるといいですね。

投稿: fumixie | 2010年7月 9日 (金) 11時00分

"Tight Blood Pressure Control Doesn't Help All Diabetics: Study" (July 06, 2010) (ビジネスウィーク誌)の報告で、130から140mmHgの範囲にある患者と比較して心臓発作や卒中で亡くなる人は減らず、むしろ増えた。
「むしろ増えた」というのは色々と考えさせられる報告です。
@Kさんのコメントにもありますように「何事もとことんより適度」というのが大切かもしれませんね。

投稿: E.F野 | 2010年7月 9日 (金) 11時08分

"Tight Blood Pressure Control Doesn't Help All Diabetics: Study" (July 06, 2010) (ビジネスウィーク誌) の報告にある「最高血圧を130mmHg以下に抑えても、130から140mmHgの範囲にある患者と比較して心臓発作や卒中で亡くなる人は減らず、むしろ増えたそうです。」
「むしろ増えた」というのは色々と考えさせられます。

@Kさんのコメントにもありますように「何事もとことんより適度」が大切かもしれませんね。

投稿: E.F野 | 2010年7月 9日 (金) 11時11分

E.F野さん、コメントいただき、ありがとうございます。

おっしゃるとおり、ほどほどがいいのでしょう。「やりすぎると逆効果」というのは、探せば他にもいろいろあるのかもしれませんね。

投稿: fumixie | 2010年7月 9日 (金) 14時25分

私は歳とともに血圧が下がってきます
86/58 なんてこともあります 通常100ちょい/70弱です歳とともに血圧が下がるのは何か問題でもあるのでしょうか? 

投稿: エコピーマン | 2010年8月 3日 (火) 11時18分

エコピーマンさん、コメントいただき、ありがとうございます。

この種の疑問を、しかも私などが答えるのは分を超えていますので、yataiblueさんやCtomさんをはじめとする識者の方々にお任せしたいと思います。

ただ、個人的なことを言えば、私も血圧は、上が85 - 95 くらいです。以前は 100 - 115 くらいでした。でも体調はいいです。

投稿: fumixie | 2010年8月 3日 (火) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48818491

この記事へのトラックバック一覧です: 血圧は低ければそれでいいの?:

« BMI と WHR はどちらがいい? | トップページ | 健康的なチョコレート »