« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その6) | トップページ | 高齢者はビタミンDがどれだけ必要? »

2010年6月 6日 (日)

自然は心/魂のエネルギー

体を動かすわけでもなく、社会と関わるわけでもなく、ただ自然の中にいる。それで充分元気が出る、という研究 が、2010年6月号の "Journal of Environmental Psychology"誌(「環境心理学」といったところでしょうか)に発表されました。この "Vitalizing effects of being outdoors and in nature" という研究を率いたのは、米ニューヨーク、ロチェスター大学の Richard Ryan という心理学と精神医学の教授です。同教授によれば、

"Nature is fuel for the soul."
「自然は心/魂のエネルギーだよ」
なんともシンプルで、しかも本質をずばり言い当てた言葉です。

Google News によれば、この研究を取り上げている記事は59本。そのうちの1つ 英Telegraph紙"A daily dose of nature significantly boosts feelings of vitality, researchers find"(毎日自然と接すれば活力は飛躍的に向上する)という見出しで、次のように伝えています。

自然の中にいると人は元気になるし、心と身体の健康にとって大切なことだ。運動や社会との関わりから受ける影響よりも、戸外にいる方が生活はより健全になる。
一方 "The Times of India"紙 では "Being close to nature can make you feel alive"(自然と身近に接していれば元気になれる)という見出しで、
身体を動かしたり社会と関わる以上に元気になったとよく感じるのは、自然の中に飛び込んだときだ。
と伝えています。

Ryan 教授は、消耗するとよくコーヒーに手を伸ばすが、元気になるなら、それよりも自然と接する方が良いとして、

研究からわかったことだが、活力感が高まれば、したいことをする元気が湧いてくるだけではなく、病気に対する回復力も高まるのだ。健康に至る道筋はいろいろあるが、自然環境の中で過ごす時間を増やすのはその1つだ。
と言っています。

の研究でわかったいちばん重要なことは、1日20分戸外の自然の中で過ごせば充分活力が高まるということです。Ryan 教授はこう言っています。

人はもともと生き物とつながっているのだ。人が健康で幸せに過ごせるのは自然の中にいるからだ。だから自然をもっと生活に取り込むことが決定的に重要なのだ。生活環境や仕事場が人工的なものに取り囲まれている場合は特にそうだ。
この研究で強調しているのは、公園や自然環境をもっと利用したり、窓や室内に観葉植物を置くなどして、建物の中に自然の要素を取り入れることが大切だという点です。

の研究で Ryan 教授は、500名以上の学生を被験者として、5種類の異なる実験をしました。

  1. 室内の廊下または川沿いの並木を15分歩く
  2. 建造物または風景の写真を見る
  3. 自分がさまざまな状況にいる様子を想像する(身体を動かしているか椅子にすわってジッとしているか、室内か室外か、他人と一緒か一人か)
  4. 日記を使って気分と活力のレベルを終日記録する(4日間または2週間)
その結果、学生が一貫して他よりも活力がみなぎるのを感じたのは自然環境にいるときでした。また自分がそういう状況にいるのを想像しただけでも元気が出るのを感じたそうです。

然の持つ優しさとパワーをうかがわせる研究です。(関連記事は こちら

文:<fumixie@gmail.com>

|
|

« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その6) | トップページ | 高齢者はビタミンDがどれだけ必要? »

コメント

コーヒーで息抜き…とかよく言いますが、

外で日光を浴びたほうが身体的には実は良いかも知れないんですね!

コーヒーで息抜きするときは、テラス付きのカフェにします★

投稿: 55 | 2010年6月 6日 (日) 23時48分

55さん、コメントいただき、ありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。自然の要素は植物、動物、土、空気、日光などなど多種多様ですが、なかでも日光は無料で使い放題の天然資源ですから、利用しない手はないですね。

研究者も言っているように、生活の中に自然の要素を積極的に取り入れることが鍵なのでしょう。

投稿: fumixie | 2010年6月 7日 (月) 09時14分

田舎の祖母の家は山の中です。
お盆やお正月に帰って、縁側でぼーっとしてる時間が大好きです。

人が海を見たり、風に吹かれたり、緑のにおいを吸い込んだりするのが好きなのは、心や魂のエネルギーだからなんですね。

投稿: イロイロパンダ | 2010年6月18日 (金) 10時31分

イロイロパンダさん、コメントいただき、ありがとうございます。

縁側でぼーっとする時間は、まさに至福のひとときですよね。気持ちが落ち着きます。ヒトもやはり自然と深くつながってるんですね

投稿: fumixie | 2010年6月18日 (金) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48558067

この記事へのトラックバック一覧です: 自然は心/魂のエネルギー:

« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その6) | トップページ | 高齢者はビタミンDがどれだけ必要? »