« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その9)

回は「その9」として、禁煙を成功に導く4つのポイントのうち「禁煙を続ける」を見ていきます。始めるよりも続ける方が何百倍も難しいということを毎年経験している人も多いのではないでしょうか。初詣に行って神様に「今年こそは . . . します」などと新年の決意を誓っても、あれよあれよという間にその決意は店ざらし雨ざらしになり、気づいてみるとカビが生えてる、なんてことはよく経験しています。悪癖を習慣にするのはいともたやすいのに、その逆がこれほど難しいのはなぜでしょうね。

ーク・トウェインも言っているように、禁煙は何度でも始められます。でも「禁煙を続ける」こと、これが最後でもっとも大切な、しかももっとも長期間にわたる段階です。禁煙を続けるといっても、すべきことは禁断症状をなんとかしたときと同じです。その間、タバコを吸いたくなることもあるでしょうから、それに備えておくことや、そういった状況にうまく対処する他の方法を考えておくことが大切です。

注意なのは、禁煙後数ヶ月ないし何年か過ぎてから、だしぬけにタバコが吸いたいという痛烈な欲求が湧き上がることです。そのような場合は、

  • 禁煙の理由を見直し、禁煙が健康や経済面、そして家族に与えるメリットをすみずみまで考えてみる
  • この1本だけ、あるいはこの一服だけだから、などと考えても無駄だと自分に言い聞かせる
  • 吸いたい欲求は振り切れる。だからといって1本だけなら大丈夫などと思い違いしない。
  • 酒は飲まない。飲むと成功はおぼつかない
  • 太るのが心配なら、健康的な食事に気を配ったり運動を続ける。
といいでしょう。

「あっ、いけない、ついうっかり吸っちゃった」と「あーあ、やっぱりまた吸っちゃった」はどこが違うでしょう。前者はたんなる一時的な間違いで、すぐ直せます。でも後者は禁煙習慣に戻ることです。一時的な間違いでも、それを喫煙習慣に戻る言い訳にもできるし、それを元に禁煙の決意を新たにすることもできます。

者の場合でもガッカリすることはありません。1回で成功するほうが稀です。重要なのは、禁煙するときに役に立ったことと禁煙の足を引っ張ったことをちゃんと把握しておくことです。そうすれば次回禁煙するときに、それが力強い相棒になってくれます。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年6月24日 (木)

「冬眠式[プラス]ハチミツダイエット」発売

-----2011年1月5日追記-----
昨年の12月16日発売の 雑誌ゆほびか2月号に「ハチミツ冬眠ダイエット」として紹介されています。雑誌に関する話題もライフログでとり挙げているのでご覧ください。
2011年1月4日エントリー:ハチミツ冬眠ダイエット
-----ここまで-----

 皆さん、こんにちは。長らくご無沙汰していました。ここライフログにゲストライターを迎えてから、少し甘えがあったかもしれませんね。最近、私の記事が少ないと、お叱りを受けました。

 実は、色々と水面下で動いていて、今は、「超10」プロジェクトへの関わりが、地元、高松での予防医学推進の主軸になっている。告知も宣伝もしなかったのですが、「超10大学」の講師として、先週末、6月19日(土)に「今日から実践『予防医学のすすめ』」というテーマで話をしてきました。私の話をシリーズ化する話も出ているので、興味のある人は、当ブログおよび「超10」を定期的に覗いてください。

 その前の週末は、国立京都国際会館で開催された第10回日本抗加齢医学会総会に参加してきました。抗加齢医学会の提唱する「アンチエイジング」とは、不自然に加齢を止めるのでは無く、様々な外的因子によってバランスの崩れた老化に調和をもたらし、健康寿命を平均寿命に近づけていくという考え方。あれ、なんか良く理解できないかもね?一般の人は混乱するかも。ということで、私は相変わらず「アンチエイジング」という言葉は誤解しやすいので好きになれません。

 アンチエイジングでも、食生活、運動習慣、そしてメンタル(ストレスマネージメントを含む)が3本柱になっている。これは「健康生活」の三本柱と同じですよ。私の言う「ダイエット・トリニティ」のこと。アンチエイジングは、この上にベースサプリメント、アンチエイジングサプリメントが積み上げられていく。すると、学会の話の中心は、サプリメントや薬剤になってしまうよね。まあ一般に求められているし、研究対象として扱いやすいから仕方ないことかも。

 しかし、私は、あくまでも健康的な生活を送るためにサプリメントはいらないという立場を貫きながら話を展開したい。まあ少しずつ考え方は変わってきてるけど、あまりに幅を利かしているサプリメント信奉に違和感を感じている次第だ。

 ここから今日の話題に入るけど、数年前にゲストライターのfumixieさんと出会った。彼の健康生活への取り組みが私のと一致していたから情報交換をするようになり、その当時、彼が実践していた(今でも彼は続けているけど)The Hibernation Diet(ハイバネーション・ダイエット『冬眠式ダイエット』)を教えてもららい、本を読んだ経緯がある。

 実は、その本、今回、fumixieさんを含めた翻訳グループによって邦訳され、「冬眠式[プラス]ハチミツダイエット」というタイトルでバベルプレスから出版されることになったんだ。実は、私自身も宣伝文を書いていたりする。

 そういう訳で、ライフログでもこの本の特集を組むことにする。

 タイトルを見たら、「リンゴ・ダイエット」や「キャベツ・ダイエット」と何ら変わりのない「ハチミツ・ダイエット」を連想してしまうかもしれないが、このダイエットの本質は別のところにある。

 健康生活の三本柱、食生活、運動習慣、メンタルに含まれていないが、もう一つ考えなければならないファクターがある。「生活習慣」がそれだ。運動習慣は、生活習慣の一部に当たるが、嗜好品(アルコール・喫煙・コーヒー等)も生活習慣と言える。そして、この本がタイトルにしている「ハイバネーション(冬眠)」は生活習慣の要、睡眠に関わってくる。正常な生体リズムを刻むために睡眠は重要になるって事は想像しがたくない。ダイエット法にこの生活習慣の是正を取り入れて論じている点が評価に値する。

 fumixieさんの詳細なレポートを紹介するので読んでいただきたい。また、興味がある人は是非手にとって読んでみてはどうかな。

文:屋台ブルー

続きを読む "「冬眠式[プラス]ハチミツダイエット」発売"

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2010年6月22日 (火)

加齢性黄斑変性とタバコ

齢性黄斑変性というのは、ご承知のとおり、視野の中央付近の視力が失われる怖い病気ですが、"Early Stages Of Age-Related Macular Degeneration Associated With Smoking, Cholesterol Levels" (18 Jun 2010) によると、なんとこの病気の危険因子として喫煙が関係しているそうです。

この記事をざっと要約してみると...

"Archives of Ophthalmology" の7月号によると、初期段階の加齢性黄斑変性 (AMD) には喫煙および善玉コレステロール (HDL) の減少が関係しているらしい。55歳以前でこの症状が現れるのは稀だが、歳を重ねるにしたがってリスクは高まる。しかしこの種の研究でこれまで中心になっていたのは中年以降の成人であり、年齢によって AMD のリスク因子がどう関わっているかを理解し、若年層でこの病気にかかる要因を見極めるうえで重要な、40歳前で AMD がどの程度広まっているかを示す正確な推計値が無い。

ィスコンシン大学の研究者らは21歳から84歳までの被験者2810名について、ドルーゼという眼底に見られる黄白色斑の有無と量を調べた。これは AMD の初期に見られる兆候である。

れによると被験者の3.4パーセントに AMD の初期症状が見られた。ただ割合には幅があり、21歳から34歳にかけては 2.4パーセントだが、65歳以上になると9.8パーセントになる。年齢以外で AMD のリスクを高める要因には、男性であること、長期間にわたって過度に喫煙していること、聴覚障害があることがある。一方善玉コレステロール (HDL) が多いとリスクは低下する。しかし血圧、肥満度指数 (BMI)、運動量、飲酒癖、白血球数、全コレステロール量などは、初期 AMD には無関係だった。黄斑のドルーゼは被験者の63.3パーセントに見られ、年齢が上がるとドルーゼが多く見られた。また年齢を考慮すると、男女でドルーゼが見られる人数はほぼ同数だった。

究で使用したデータから、20代から80代にわたる幅広い年齢層で AMD のさまざまな兆候の広がりが正確に推定できるところから、初期 AMD が中年になって発症する場合があることが実証された。また喫煙や善玉コレステロール量など高齢者の AMD の関係する修正可能因子は、中年の被験者でもやはり初期 AMD に関係していた。

「65歳以上の高齢者に AMD が多く見られることは社会的に重大な健康問題だ。 AMD の予防措置を講じるうえで、AMD とその危険因子の、特に若い年代での自然経過に関してもっと詳しい情報が重要になる」と研究者は語っている。

だそうです。つまり、男性で喫煙者で、善玉コレステロール量が少ないと、中年になると早くも初期段階の AMD を発症する場合があるということですね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年6月19日 (土)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その8)

回は「その8」として、禁煙を成功に導く4つのポイントのうち「禁断症状をなんとかする」を見ていきます。

コチンの禁断症状が及ぼす影響は身体と心の両面にわたります。禁煙するとイライラはするものの命に関わるようなことはありません。身体に現れる症状を和らげる治療法もあります。むしろ問題になるのは禁煙が心に及ぼす影響です。これまでずっとタバコを吸ってきた人にとって、喫煙は生活のほぼすべての場面に付いて回ります。朝目覚めたときも、歩いていても、食事の際も、読書をしていても、テレビを見ていても、タバコはあらゆる場面に登場します。だから、ニコチン置換療法を実践していても痛烈にタバコが吸いたくなるのです。

ういう欲求が湧き上がってきたら、「今、なんとかかんとか理由をつけて自分に嘘をついて、タバコを吸うのを正当化しようとしているのだ」と気づくことです。たとえば、こんなことです。

  • 煮詰まっちゃったから、ちょっと一服
  • 今日は日が悪いから、禁煙は明日からにしよう
  • これが自分の唯一の欠点さ
  • タバコを吸ったからって、それがなんだってんだ? 生涯タバコを手放さなかったけど90年以上も生きた親戚だっているんだぞ
  • 大気汚染だって似たようなもんだろ
  • 理由はどうあれ人は死ぬものさ
  • タバコが無い人生なんて無意味さ

煙後最初の数日を乗り切ったら、言い訳が心に浮かぶたびに書き出しましょう。そしてその言い訳をタバコに引き戻す罠だと考えてください。言い訳は、禁煙しようと頑張っているといつも浮かんでくるものですから注意が必要です。書き出した言い訳は心から手放しましょう。そして気を紛らわせるものを用意しておいてください。コツは、

誘惑には近づかない
タバコが吸いたくなるような人や場所には近づかない。しばらくすれば自信を持ってそういう状況にも対処できるようになります。
習慣を変える
コーヒーや酒の代わりに水やジュースを飲む、いつもと違うコースで通勤する、コーヒーで一服する代わりに早足で歩く
  • 口に入れるのは、シュガーレスガムや飴玉、野菜スティックやひまわりの種などにする
  • 何かでストレス解消する。運動とか、ずっと手を動かしていられる裁縫や木工細工などの趣味、熱めの風呂に入る、運動、読書など
  • タバコを吸っているときは、深く呼吸して煙を肺に入れていたのだから、今度タバコが吸いたくなったら深呼吸して、新鮮な空気が肺一杯に入っていく様子を思い描く。そして禁煙の動機と効能を忘れずにいる
  • タバコに火をつけたくなったら、つけずに10分間待つ。これは、吸いたい欲求を追いやる簡単で効果的なおまじない。
自分を褒める
禁煙は簡単じゃありません。ですから自分を褒める価値は充分あります。吸ったつもりで禁煙貯金して、毎週自分のために何か買うのもいいし、お金をかけずに、公園や図書館に行ったり、大学の公開講座に通うのもいいでしょう。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

白米 対 玄米どちらがよりよい?

年の2月14日。BBC NewsでWhite rice 'raises diabetes risk', say US expertsという記事が上がりました。

この記事を読んだ人は多いように思いますし、検索してみるとちらほらとブログで紹介されているのを見かけていました。先日、ふと他の資料を検索している中でWeb.M.D.にてレビューされていたので、こちらを掲載してみようと思います。

ここでのタイトルはBrown Rice vs. White Rice: Which Is Better?というもの。副題には~白米に代わって玄米を取り入れることで2型糖尿病の危険性を減らす研究の考察~とあります。


う、ずいぶん前からこの手の話はあったような気がしていましたし、別段珍しい話でもないように思いました。けれど、こうやってニュースになっているのは、きちんと研究がなされて、本当に玄米のほうがいいのかという裏付け研究として発表されたものだと思います。対象群も大規模なものですし、こうやって根拠がありますよと発表することで増え続ける糖尿病患者、予備軍に歯止めをかけたいのだと思います。

日本でも糖尿病患者は増え続けていますし、今の子供たちは糖尿病予備軍もたくさんいます。これは、アメリカに限らず、先進国の大きな問題になっている昨今の現状です。

---------------------------------------------------------------------------------

続きを読む "白米 対 玄米どちらがよりよい?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年6月18日 (金)

健康的な食生活はアルツハイマー病にも効きそう

"Healthy Diet Could Slow or Reverse Early Effects of Alzheimer's Disease (June 8, 2010)" より。

テンプル大学のネズミを使った研究によると、初期ないし中期のアルツハイマー病によって認知機能に損傷を受けている場合でも、食事を健康的なものに切り替えると、症状の進行を遅らせることができるし、場合によっては症状を改善することも可能らしいです。この記事で言うところの「健康的かどうか」の基準になるのはメチオニンというアミノ酸です。wikipedia によると、

ヒトの体内で作り出せない必須アミノ酸で、特にホウレンソウ、グリーンピース、ニンニク、ある種のチーズ、トウモロコシ、ピスタチオ、カシューナッツ、インゲンマメ、豆腐、テンペに豊富に見られる。肉類では鶏肉、牛肉、魚肉など大部分のものに含まれる。
そうです。

で、記事によると、

身の肉や魚、豆類、卵、ニンニク、タマネギ、ヨーグルトなどに含まれるメチオニンというアミノ酸がアルツハイマー病のリスクを高める可能性があることはこれまでの研究からわかっていた。問題は、「食生活が誤っている場合、アルツハイマー病の進行を遅らせたり、症状を改善することはできるのだろうか、それとも手遅れでお手上げ状態なのだろうか」ということだ、と研究者は言う。

の研究によれば、ずっとメチオニンが豊富な餌を与えられたネズミと途中から健康的な餌に変わったネズミを比較すると、後者のネズミでは、それまで損傷を受けていた認知機能が改善した。「症状が改善するとともに、アルツハイマー病のもう一つの兆候である脳内のアミロイド斑も減少していた」メチオニンの豊富な餌を3ヶ月与えられたネズミも、そのあと健康的な餌を2ヶ月食べると、損傷した認知機能が改善し、現在では正常に機能している。

究者によると「初期のアルツハイマー病でも、メチオニンの少ない健康的な食事に切り替えれば、記憶能力を改善するうえで有用だ」とのこと。重要なのは、この病気で脳に損傷を受けても、薬剤による治療ではなく、食事など生活スタイルを変えれば治るものもあることがはっきりした点である。「発生してしまった損傷の多くを改善できるほど脳には柔軟性がある。記憶のように明らかに消失した多くのものを取り戻せる能力があるのだ。健康的な食事に切り替える他に、アルツハイマー病患者には頭と身体の運動も必要だ。「この組み合わせでも治ることはないだろうが、進行を遅らせたり、損傷した認知機能を回復することもできそうだ」と研究者は言う。

際どの程度回復するかは別ですが、他の病気でも、薬剤に頼らないナチュラルで安全で安価な治療方法がもっともっと普及してほしいものです。しかしその前に、健全な生活を目指し、それを実践することが先決ですね。"You are what you eat." とはよく言われることですが、私はちょっと変えて、"You are what you think, what you say, what you do and what you eat." としたいですね。

ズミの脳ですら、その底力はものすごいです。しかしその底力が発揮できるのも、愛情込めていたわってあげればこそです。私たち一般人が目指すとすれば、メチオニン云々よりも、やはり大きな意味で食生活を含めて健全な生活を送ることなのでしょう。そこに焦点を当てつづければ、きっと身体も応えてくれるのではないでしょうか。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月13日 (日)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その7)

回は「その7」として、禁煙を成功に導く4つのポイントを要約してみます。

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き)によれば、禁煙のポイントは次の4つになります。

  • やめるぞ、という決意を固める
  • 禁煙日を決め、禁煙プランを立てる
  • 禁断症状をなんとかする
  • 禁煙を続ける

やめるぞ、という決意を固める

囲の人だってあなたに禁煙してもらいたがっているでしょうが、禁煙するぞ、と心底誓えるのはあなただけです。ですから禁煙したいのはなぜか、する必要があるのはなぜか、その理由を考えましょう。

  • タバコが原因で病気にかかるのが心配なのですか?
  • 喫煙よりも禁煙の方がメリットが大きいと心底信じているからですか?
  • 知人にタバコが原因で健康を害した人がいるからですか?
  • 本気で禁煙に取り組む心構えができたからですか?

意を固めたら次のステップに進みましょう。禁煙日を決めて、計画を立てる番です。

禁煙日を決め、禁煙プランを立てる

は禁煙日を決めるのですが、これは大切なステップです。この先ひと月以内でどれか特別な日を禁煙開始日に決めましょう。あまり先にすると、なにかと理由をつけてタバコを吸ったり決心が鈍ります。とはいえ、禁煙の計画を立てる時間的な余裕は必要です。禁煙開始日が決まったら、カレンダーのその日に赤丸をつけて、その日を心に刻み込みましょう。

方薬を使おうと考えている場合は、自分で決めた禁煙開始日までにその薬が手に入るかどうか、医師とよく相談してください。中には禁煙開始日以前に服用しておかないと、禁煙開始日から禁煙しようと思っても、それが難しくなる薬もあります。

煙にあたっては、一度にピタッとやめようとする人もいれば、徐々に本数を減らしていこうとする人もいます。ニコチンの禁断症状を考えれば後者の方がいいかもしれませんが、実際にはそれでも困難な場合があります。禁煙はダイエットと同じで大変です。長い間決心を持ちつづける必要があります。ニコチンの代わりになるものを使っても、それがいちばん効果をあげるのは、禁煙計画の一環として身体的および心理的な側面に対処する場合です。

煙開始日に備えて何をすればいいか、いくつか挙げてみましょう。

  • 禁煙開始日を決めて、カレンダーに書き込む
  • 家族や友人に、「xx月xx日から禁煙するぞ」とふれ回る
  • 家庭や車内、仕事場にあるタバコと灰皿をすべて撤去する
  • タバコの代わりになるものを買いだめしておく。たとえばシュガーレスのガム、ニンジンのスティック、あめ玉、シナモンスティック、つまようじなど
  • 計画を立てる。NRT を使うか、それとも他の薬を使うか。禁煙教室に通うか、それなら今すぐ申し込みたまえ
  • 「いいえ、けっこうです。タバコは吸いませんから」を口癖にする
  • 周囲にも支援してもらう。家族や友人には、自分の近くではタバコを吸わないように頼む。そして自分の目の届くところにはタバコを置かないでもらう
  • 過去の禁煙体験を思い起こし、うまくいったことと失敗したことを探る

煙が成功するかどうかは、計画の立案と決心にかかっています。ラッキーでは成功しません。計画を立てるなら今です。それから計画には、NRT を使うとか禁煙教室に通うなど、最低2種類は手立てを講じておきましょう。

煙開始日当日は、以下のようにするといいでしょう。

  • タバコは一切吸わない。一服でもダメ
  • 散歩でも運動でもなんでもいいから、身体を動かす
  • 水はジュースをたくさん飲む
  • 計画に従って、講じた手立てを実行する (NRT を実践するとか、禁煙教室に通うとか)
  • タバコが吸いたくなる状況は避ける
  • アルコールは減らす、ないしは飲まない
  • いつもと違うことをしてみる。たとえば通勤ルートを変える、コーヒーの代わりにお茶を飲む、食事の内容を変えてみるなど

回は、禁煙を成功に導く4つのポイントのうち、禁断症状をどうするかなどについて見ていこうと思います。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (15) | トラックバック (0)
|

2010年6月 9日 (水)

あなたのお疲れ度は?

BBCのサイトに 睡眠に関する特集ページがあり、その中に "Sheep Dash" というゲームがあります。これは、反応時間からお疲れ度を判定するゲームで、逃げ出そうとする羊が5匹いますから、その羊に鎮静剤入りの矢を打ち込むという設定です。ただし逃げ出そうとする羊がいないときに矢を打つと3秒のペナルティが課せられる、と説明には書かれています。"Go" ボタンを押すと、そのボタンが「矢」のアイコンのボタンに変わります。あとは頑張るだけです:-)

定は5段階で、

  1. Turbo-charged cheetah(ターボチャージャー付きのチーター)
  2. Rocketing rabbit(ロケットダッシュのうさぎ)
  3. Bobbing bobcat(ひょこひょこ動くボブキャット)
  4. Ambling armaillo(のそのそ歩くアルマジロ)
  5. Sluggish snail(ノロノロかたつむり)
となっています。

Sheepdash_score

が今やってみたところ、平均0.289秒で、ボブキャットのレベルでした f(^^) 息抜きにいかがでしょう。お疲れの方はぐっすり寝ましょう!

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

受動喫煙が精神面に与える被害

三者の喫煙がその他の人の肺や心臓などに悪影響をおよぼすことは周知の事実ですが、ロイター発の記事 "Secondhand smoke may harm mental health" (Tue Jun 8, 2010) によると、被害はそれだけには留まりません。心の健康にまで被害を与える可能性があります。非喫煙者よりも喫煙者の方が心理的障害が重いことはわかっていますが、非喫煙者でも、大量に副流煙を吸い込むと喫煙者と同程度の心理的窮迫を被ることが新しい研究で明らかになったそうです。

の記事の元になっているのは、"Archives of General Psychiatry 誌" に掲載された "Objectively Assessed Secondhand Smoke Exposure and Mental Health in Adults" という研究です。

の記事 によると、頻繁に受動喫煙に晒されている非喫煙者が心理的窮迫を被る割合は、そうでない人に比べて50%増加し、その後6年間に神経科・精神科の病院に収容されるリスクは3倍近くに達することが研究でわかりました。

の研究では被験者のうち14.5%が心理的窮迫を受けたと報告しています。また受動喫煙に晒されれば晒されるほど心理的窮迫のリスクが高まります。そしてこのリスクがもっとも高かったのは、喫煙者自身が受動喫煙の被害者だった場合です。つまり、タバコは吸いたいけど受動喫煙には晒されたくない、ということでしょうか。

た非喫煙者で受動喫煙に多く晒されている人が心理的窮迫を被る割合は、そうでない人に比べて62%増えますが、受動喫煙の被害者が喫煙者自身の場合は、心理的窮迫を受けるリスクは2.45倍に急増します。

して研究後平均6年間の追跡調査中に41名が神経科・精神科の病院に収容されました。そのほとんどがうつか薬物乱用が原因でした。神経科・精神科の病院に収容されるリスクは、受動喫煙に晒されない人と比べて、受動喫煙の被害者が非喫煙者の場合は2.8倍、被害者が喫煙者になると3.7倍に上昇しました。

して興味深いのは、受動喫煙の影響を強く受けたのは、禁煙した人ではなく喫煙経験のない人だったという点です。この点について Hamer 博士は、タバコをやめることができたという点から見て、禁煙した人は本質的にニコチンの影響を受けにくいのではないか、と見ています。

究者らによると、因果関係は証明できないものの、社会的地位や飲酒をはじめ、精神衛生と受動喫煙を被る可能性に影響しそうな要因を考慮しても、受動喫煙と心理的窮迫の間に関連があることは変わらない、と言っています。「こういったことを調整しても、やはり非常に確固たる関係があるのだ」と、英ロンドン大学ユニバーシティカレッジの Mark Hamer 博士は言っています。さらにこれまでの動物を使った研究や喫煙と鬱の関係を示唆する研究などを考え合わせると、「このデータと他の新たな証拠は、一致してニコチンに晒されることと精神衛生上の被害に因果関係があることを示唆している」と結んでいます。

の研究で調査対象になったのは平均年齢約49歳の成人非喫煙者5560名(内男性は45.5%)と平均年齢約44歳の成人喫煙者2595名(内男性は50.2%)(いずれも1998年から2003年にかけて広範な健康調査の対称となったスコットランドの住民で、40歳台半ば、精神疾患の病歴なし)。Hamer 博士らは、この被験者について、睡眠障害や一般的な幸福度、鬱や不安の兆候など、心理的窮迫を測定するための調査を行いました。その後6年間にわたって神経科・精神科の病院への収容状況を追跡調査しました。受動喫煙に晒されたかどうかは、唾液中に含まれるコチニンという物質の量で決めたそうです。この物質はニコチンが体内で分解されてできるもので、ニコチンに晒されたかどうかを示すマーカーとして使えるのだそうです。

1998年には、非喫煙者の場合、9%が少量の受動喫煙による心理的窮迫を受けていました。受動喫煙の量がそれよりも増えると心理的窮迫を被る割合は11%に増加し、ひんぱんに受動喫煙に晒されていると、その割合は14%に上昇しました。一方喫煙者の場合は20%が心理的窮迫を被っていました。

の研究結果がそのまま日本国内にも当てはまるとは思いませんが、同様のことが発生している可能性はあるかもしれませんね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 8日 (火)

高齢者はビタミンDがどれだけ必要?

注) ビタミンD:1IU(国際単位)=0.025μg


イスに "International Osteoporosis Foundation (IOF)" という組織があります。この団体は、世界から骨粗しょう症を無くすことを目的として活動する非営利、非政府組織の財団で、ヨルダンのラニア王妃も後援者に名を連ねているようです。この財団から、高齢者向けビタミンD推奨摂取量に関する新しい意見書が5月10日づけでリリースされました。



承知のとおり、ビタミンDは骨や筋肉の維持、成長、機能に重要な役割を果たしています。そのため、骨の強度維持、転倒と骨粗しょう症性骨折の予防に必要欠くべからざるものです。それに最近はどこでもビタミンD不足が叫ばれているようで、至るところでビタミンD不足とさまざまな疾患との関係が取り沙汰されています。この意見書では、


ビタミンD不足を防ぐことは転倒と骨粗しょう症性骨折に大きく影響する。ビタミンDの不足にともない高齢者は筋肉が弱まるが、補えば手足の力の衰えは改善されるし、転倒の危険も下がる。ビタミンDは骨代謝と転倒の危険にも効果があることから骨折する危険に対しても影響を及ぼす。

と書かれています。



のような中、 "Osteoporosis International"誌"IOF position statement: vitamin D recommendations for older adults" というタイトルで IOF の新しい意見書が発表されました。それによると、


体内でビタミンD がどういう状況にあるかを映し出す最適なものは血中の 25-ヒドロキシビタミンD の量で、この量の主な決め手になるのがビタミンD の摂取量と日光をどれだけ浴びているかだ。加齢にともない血中 25-ヒドロキシビタミンD 量は減少するが、ビタミンD3に対する反応は、加齢によっても食事でカルシウムを摂取しても影響は受けない。

そうです。



してどれだけ摂取すればいいかというと、


  • ビタミンDの推定平均必要量は、高齢者の場合、一日あたり20μg ないし 25μg、つまり800 ないし 1000IU。

  • 肥満の人、骨粗しょう症にかかっている人、日光をなかなか浴びられない人、吸収不良の人については、一日あたり50μg、つまり 2000IU 必要。

  • 危険度の高い人は血中 25-ヒドロキシビタミンD の量を測定し、不足していたら治療する方がいい


とのことです。



際に不足しているかどうかは検査しないとわかりませんが、実生活でいざ対応しようと思うと、どうしても食事から摂取することになります。しかしビタミンDはどういう食材に含まれているのでしょう。そしてどれだけの量を食べればいいのでしょう。



のサイトの情報によると、日常目にする食品でビタミンDが含まれているものはほとんどなく、わずかに魚と卵くらいなものです。このサイトに掲載されているビタミンDの含有量は食品100gあたりですが、もっとも大量に含まれているのは「あんこうの肝 110μg」。しかしあんこうの肝を日常食べるかというと、たぶんそんなことはないでしょう。



を見ると、半乾燥のしらす干し(61μg)、これなど値段的には手頃です。それから 丸干しいわし(50μg)身欠きにしん(50μg)紅鮭(33μg)しろ鮭(32μg)スモークサーモン(28μg)塩鮭(23μg)にしん(22μg) もスーパーマーケットの鮮魚コーナーでよく見かけます。鶏卵の卵黄にも6μg含まれているようです。ただ 100g あたりの量であることを考えると、毎日しらす干しや卵を 100g 食べるのはかなりきついです。魚の切り身 100g くらいならなんとかなる量でしょうが、毎日となると、ちょっと考えてしまいます。



いうことは、食品から摂取するのに加えて、30分かそこら自然を散策しながら日光浴して、体内で自動的に生成するという合わせ技にする方が現実的かもしれません。それでなくても 自然を散策するのは心身の健康を保つうえで有効 ですから、そのうえビタミンDも作れれば鬼に金棒かも!



文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年6月 6日 (日)

自然は心/魂のエネルギー

体を動かすわけでもなく、社会と関わるわけでもなく、ただ自然の中にいる。それで充分元気が出る、という研究 が、2010年6月号の "Journal of Environmental Psychology"誌(「環境心理学」といったところでしょうか)に発表されました。この "Vitalizing effects of being outdoors and in nature" という研究を率いたのは、米ニューヨーク、ロチェスター大学の Richard Ryan という心理学と精神医学の教授です。同教授によれば、

"Nature is fuel for the soul."
「自然は心/魂のエネルギーだよ」
なんともシンプルで、しかも本質をずばり言い当てた言葉です。

Google News によれば、この研究を取り上げている記事は59本。そのうちの1つ 英Telegraph紙"A daily dose of nature significantly boosts feelings of vitality, researchers find"(毎日自然と接すれば活力は飛躍的に向上する)という見出しで、次のように伝えています。

自然の中にいると人は元気になるし、心と身体の健康にとって大切なことだ。運動や社会との関わりから受ける影響よりも、戸外にいる方が生活はより健全になる。
一方 "The Times of India"紙 では "Being close to nature can make you feel alive"(自然と身近に接していれば元気になれる)という見出しで、
身体を動かしたり社会と関わる以上に元気になったとよく感じるのは、自然の中に飛び込んだときだ。
と伝えています。

Ryan 教授は、消耗するとよくコーヒーに手を伸ばすが、元気になるなら、それよりも自然と接する方が良いとして、

研究からわかったことだが、活力感が高まれば、したいことをする元気が湧いてくるだけではなく、病気に対する回復力も高まるのだ。健康に至る道筋はいろいろあるが、自然環境の中で過ごす時間を増やすのはその1つだ。
と言っています。

の研究でわかったいちばん重要なことは、1日20分戸外の自然の中で過ごせば充分活力が高まるということです。Ryan 教授はこう言っています。

人はもともと生き物とつながっているのだ。人が健康で幸せに過ごせるのは自然の中にいるからだ。だから自然をもっと生活に取り込むことが決定的に重要なのだ。生活環境や仕事場が人工的なものに取り囲まれている場合は特にそうだ。
この研究で強調しているのは、公園や自然環境をもっと利用したり、窓や室内に観葉植物を置くなどして、建物の中に自然の要素を取り入れることが大切だという点です。

の研究で Ryan 教授は、500名以上の学生を被験者として、5種類の異なる実験をしました。

  1. 室内の廊下または川沿いの並木を15分歩く
  2. 建造物または風景の写真を見る
  3. 自分がさまざまな状況にいる様子を想像する(身体を動かしているか椅子にすわってジッとしているか、室内か室外か、他人と一緒か一人か)
  4. 日記を使って気分と活力のレベルを終日記録する(4日間または2週間)
その結果、学生が一貫して他よりも活力がみなぎるのを感じたのは自然環境にいるときでした。また自分がそういう状況にいるのを想像しただけでも元気が出るのを感じたそうです。

然の持つ優しさとパワーをうかがわせる研究です。(関連記事は こちら

文:<fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年6月 5日 (土)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その6)

回は「その6」として、ニコチン置換療法の選び方や複数の方法の併用、やめる際の注意点などを要約してみます。

おニコチン置換療法には、これまでの他にも「ニコチン鼻腔用スプレー」や「ニコチン吸入器」、「ニコチンキャンディ」などがあるようですが、国内で承認されていないもののあるようですから、ここでは省略します。

ニコチン置換療法を選ぶ際のポイント

あるニコチン置換療法 (NRT) の間に優劣が存在するという証拠はありません。選ぶ際の基準になるのは自分の生活様式と喫煙パターンです。たとえば口や手が寂しいのが嫌なのか、それとも一日1回で済ませたいのか、といったことが基準になります。

た個々の NRT にもそれぞれ次のような特徴があります。

ニコチンガム、ニコチンキャンディ、ニコチン吸入器
タバコの代わりに口にするものです。量が自分で調節できるのでタバコを吸いたいという欲求をコントロールできます。
ニコチンガム、ニコチンキャンディ
糖分は入っていないのが普通ですが、それが疑わしい場合や糖尿病を患っているときはメーカーに問い合わせましょう。
ニコチンスプレー
即効性があります。
ニコチン吸入器
実際のタバコのように持って吹かせるので、タバコを吸った気になれます。
ニコチンパッチ
手軽だし一日1回貼れば済みます。
なお、中には医師の処方が必要なものもあるし、アレルギーなどの症状が出る人には向かない方法もあります。

の方法を使うにせよ、大切なのは用量と期間を守ることです。切り上げ時が早すぎると効き目が現れないことも考えられます。ヘビースモーカーだったり、ごく少量たしなむ程度であれば、医師と相談のうえ、用量を自分に合うように変更した方がいいでしょう。

ニコチンパッチとその他の併用について

コチンパッチとその他、たとえばニコチンガムやキャンディ、鼻腔用スプレー、吸入器などの併用も考えられます。目的は、パッチで一定量のニコチンを確保し、効き目の短いもので強い欲求に対処することです。

記のような考え方で併用した方が効きがいいことを示す研究もないわけではありませんが、それを証明し安全で効果的な用量を見出すにはさらに研究が必要です。それに併用が公的機関で承認されていない場合もあるので、併用を考えている場合は、事前に医師と充分相談してください。

ニコチン置換療法をやめる場合

とんどの NRT 製品には使用期間があります。NRT をやめるときは、使用量を徐々に減らしていくようにしてください。ただ、通常3ヶ月ないし5ヶ月使用することになっているパッチでも、8週間弱で同じ効き目があることが示唆される研究もあれば、ちゃんと5ヶ月使っていても、NRT をやめるとぶり返しが強まる危険があるという研究者もいます。いずれにしても、決められた使用期間を変更する場合は、医師と充分に相談してください。

回からは、禁煙を成功に導く4つのポイントについて見ていこうと思います。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 4日 (金)

コーヒーは気つけにならない?!

Google News の health 欄を 見ていたら、現在197本のニュース記事になっているテーマを見つけました。見出しをいくつか見ただけでも、

Feeling wired? Don't blame the coffee, says Bristol University study
Times Online
興奮してる? そりゃコーヒーのせいじゃない、英ブリストル大学の研究より
英タイムズ紙

Coffee 'does not make the brain more alert'
Telegraph.co.uk
コーヒーで脳が冴えわたるなんてことはない
英テレグラフ紙

Drinking coffee doesn't make you more alert, caffeine study reveals
The Guardian
コーヒーを飲んでもすっきりシャンとするなんてことはない。カフェインの研究より
英ガーディアン紙

Caffeine Doesn't Make You More Alert
Medical News Today
カフェインで気分がシャンとすることはない
Medical News Today

Coffee's Jolt Just an Illusion?
BusinessWeek
気つけのコーヒーは単なる幻想
BusinessWeek

という具合。つまり「コーヒーにはカフェインが入っているから、飲めばカフェインの興奮作用で気分がシャンとする」とよく耳にしますが、「それ、ほんと? 実は違うんじゃないの?!」ということのようです。

れについて、Medical News Today の記事 を要約してみるとこうなります。

6月2日に Neuropsychopharmacology 誌 の先行オンライン版に発表された英 Bristol University の研究によると、カフェインで気分がすっきりシャンとすると考えられているが、それはそういうイメージがあるだけで現実ではないし、コーヒー愛飲者は、コーヒーの刺激と緊張を生み出す作用の両面に耐性ができる。たしかにコーヒーを飲めば気分がシャンとするような気になるが、それはカフェイン切れの結果起きる疲労の裏返しにすぎず、カフェインが緊張と血圧も高めることを考えれば、正味のメリットは一切無い。

とバッサリ。

の研究を率いた英 Bristol University、Department of Experimental Psychology の Peter Rogers 博士によれば、

カフェインを摂取してもメリットがないことがこの研究で明らかになった。カフェインで気分はシャンとするが、それはカフェインのせいで通常の状態に戻っただけだ。それにカフェインのせいで緊張は強まるし、耐性ができるということは、カフェイン愛好家にとってカフェインの効果がごくわずかになるということだ。

ういう実験をしたかというと、ほとんど、あるいはまったくコーヒーを飲まない人と、よく飲む人(フィルターで入れたコーヒーを日に数杯大きめのカップで飲む人)をほぼ半数ずつ、計379名の被験者に 16時間コーヒーを飲まずにいてから、カフェイン、またはプラセボ(偽薬)を摂取してもらいました。そしてカフェインやプラセボを摂取する前後で緊張や覚醒の程度、頭痛の程度を測定しました。さらに摂取後にコンピュータを使った作業を行い、記憶力、注意力、覚醒の程度をテストしました。

験の結果、よくコーヒーを飲むグループは、プラセボを与えられると覚醒の度合いが低下し頭痛がひどくなったと報告しています。同じグループでもカフェインを与えられると、こういった症状はいずれも起きませんでしたが、カフェイン摂取後の覚醒レベルは、コーヒーを飲まないグループがプラセボを与えられた場合と大差ありませんでした。

フェインは、コーヒーをよく飲むグループを正常な状態に戻しただけだ、と研究者らは言っています。

た、遺伝的に緊張しやすくてもコーヒーはやめないどころか、そういう体質の方が摂取量が若干多くなる傾向があることもわかりました。

のようなことから研究者らは、

コーヒーをひんぱんに摂取すると、カフェインの不安惹起作用に対して、遺伝的に影響を受けやすい人でも耐性がかなり強まる。しかし覚醒に対する正味のメリットはなにもない。それはカフェインを摂取しなければ覚醒の度合いが下がり、摂取すれば通常の状態に戻るだけだからだ。

と結論づけています。

「朝はニコチンとカフェインを体に入れないと仕事にならん」という友人がいますが、コーヒーを飲もうが飲むまいが覚醒の程度に大差は無いとなると、目覚めのコーヒーは考えちゃいますね。挽きたてのコーヒー豆の香りは最高なんだけどなあ。

文:<fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 1日 (火)

糖質入り飲料水を減らせば血圧は下がるかも:研究報告

新しいオモチャを手に入れて、私的ブログ(OtherSide)ではしゃいでいるけど、あちらでしばらくオタクな内容が続くよ。最近発売されたiPadに興味がある人は覗いてください。

京都大学のオープンコースの資料を見ていると、ありゃりゃ、私がやっている事が学問的に確立されているんですね。

健康情報学(Health Informatics)って、ちゃんと学問として存在するんだ。健康情報学のオープンコースで一般公開されている資料を見ていると、私がいつも考えていることが書かれている。こういう方法論を系統的に教えてもらえる学生は羨ましいね。私も健康情報リテラシーを更に高め、リテレートな人間にならなければね。

さあ、今日のニュースは、清涼飲料水の量を減らすと血圧は下がるって話だ。因果関係は?交絡因子は?記事の中で、減量を除外して有意差が残っているって言ってるけど、他の因子の絡みはどうなんだろうね。

文:屋台ブルー

続きを読む "糖質入り飲料水を減らせば血圧は下がるかも:研究報告"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

6秒に一人...

Medical News Today"Tobacco Kills One Person Every Six Seconds, Says World Health Organization" という記事が載っています。訳せば「タバコが原因で死亡する人は6秒に一人だ、と世界保健機関は語る」というところでしょうか。

の記事の注目点はいくつかありますが、まず一つ目はそのショッキングな死亡者数。喫煙は世界が取り組むべき最大級の健康被害であり、タバコによって死亡するのは毎年500万人。平均すると6秒に一人の割合です。成人が10人死亡したら、そのうち一人はタバコが原因です。WHOの伝えるところによれば、今タバコ製品を使っている人の最大で半数は、先々タバコに起因する疾患で死亡することになります。

つ目は社会的影響。習慣的に喫煙している人の8割以上(訳注。原文は "More than four-firths of ..." となっています。この "firths" は "fifths" の誤植と判断しました)は低中所得国の住民で、タバコに起因する疾病と死の負担がもっとも重くのしかかっています。WHO によれば、タバコを常用している人が早死にすることによって、

  • その家族は収入が断たれる
  • 医療費が増加する
  • 経済成長が阻害される
という影響が出てきます。

つ目は、そのような地域の子供たちです。この記事によると、低所得層の子供たちは家計を支えるためにタバコ農園に雇われているのが一般的です。そこで登場するのが "Green Tabacco Sickness" という病気です。この記事を読んで初めて知りましたが、これは、

濡れたタバコの葉を触ると、溶け出したニコチンが皮膚から吸収されます。その経皮吸収されたニコチンよって起こる病気
だそうです。つまりこのような子供たちは家計を支えるためにタバコ農園で働き、その結果 "Green Tabacco Sickness" にかかってしまうのです。で、タバコ農園が成り立つのはタバコの需要があるから、という関係ですね。

つ目はタバコに起因する疾病。ガンや心臓疾患、受動喫煙が子供たちにおよぼす影響は言うまでもありませんが、他にも、

  • 女性の喫煙は不妊のリスクを高める
  • 喫煙は歯周病、白内障、骨がもろくなる、股関節骨折、消化性潰瘍と深く関係している
ということがあるそうです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »