« 便秘対策いろいろ | トップページ | 1日2回の歯磨きで心臓を守ろう »

2010年5月28日 (金)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その5)

回は「その5」として、ニコチン置換療法のうち「ニコチンガム」を見ていきます。ここも要約せず全文翻訳してみます。

wikipedia の記述 によると、そもそもニコチンガムというのは、スウェーデン海軍潜水艦乗組員の航海中の禁断症状に対処するために作られたもののようです。柔らかくなるまで噛んだら、頬と歯茎の間に挟んで、粘膜経由でニコチンを摂取するようになっています。

コチンガムもドラッグストアなどで売られているようですが、調べた範囲ではガム1個あたり80円から96円ほどします。けっこうな値段です。

ニコチン・ガム(ニコチン受容体刺激薬)

コチン・ガムは口腔内粘膜からニコチンを吸収するタイプで即効性があります。これは医師の処方が無くても薬屋で購入できます。強さには 2mg のものとと 4mg のものがあります。

ツは添付の説明書の指示に従うことです。ガムをゆっくり噛み、舌にピリッとくるようになったら頬の内側に置いておきます。20分から30分くらいかけて、繰り返しガムを噛んでは頬の内側に置きましょう。ニコチンがどの程度吸収されるかは、食べ物や飲み物によって左右されます。ガムを噛む15分前から噛んでいる間は、酸性の食べ物や飲み物は避けましょう。たとえばコーヒーやジュース、ソフトドリンクなどです。

に一箱以上吸う人や目覚めて30分以内は一服する人、あるいは禁煙エリアでタバコを吸わずにいるのが辛い場合は、4mg の強い方を使わないとダメかもしれません。使うのは一日20個までにしておいてください。ニコチンガムは通常ひと月ないし3ヶ月でやめるのがいいでしょう。せいぜい半年です。噛むガムの量を徐々に減らしていけばタバコをやめられます。

感肌ならパッチよりはガムの方がお勧めです。

コチン・ガムには、ニコチンの量を加減できるというもう一つの利点もあります。噛みたいときに噛むこともできるし、時間を決めて噛むこともできます。最新の研究によれば、時間を決めておくほうがうまくいきます。1時間に1個か2個くらいが普通です。一方、気分次第のスケジュールなら、いちばん必要なとき、つまり吸いたくてたまらなくなったときに使ってください。

コチン・ガムには副作用があります。

  • 味覚音痴
  • 喉の炎症
  • 口腔内の痛み
  • しゃっくり
  • 吐き気
  • 顎の不快感
  • 動悸
コチン・ガムは義歯、歯科治療に悪影響を与える場合もあります。

コチンを飲み込んだり噛むのが早すぎるなどガムの使い方を誤ると、それが原因になってよく胃や顎にかかわる症状が出てきます。

コチン・ガムの欠点で一つ考えられるのは長期にわたる依存性です。実際、ガムを使って禁煙できる人でもそのうち15%から20% は、1年以上ガムを使いつづけることが研究でわかっています。ガムを利用するのは長くても半年でやめるよう勧告されてはいても、また吸い出すよりはその先もガムを使っている方がたぶん身体にいいでしょう。しかしニコチン・ガムの長期使用が健康に与える影響に関しては研究がほとんどなされていないので、ほとんどの医療機関では、依然として使用期間を半年までにするよう勧告しています。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« 便秘対策いろいろ | トップページ | 1日2回の歯磨きで心臓を守ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48480829

この記事へのトラックバック一覧です: ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その5):

« 便秘対策いろいろ | トップページ | 1日2回の歯磨きで心臓を守ろう »