« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その2) | トップページ | シエスタで物覚えが良くなる?! »

2010年5月15日 (土)

ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その3)

回は「その3」として、「Help is available(救いの手はある)」からの3項目を見ようと思います。これは精神面での支援と身体面での支援、そしてニコチン置換療法の概要になります。

救いの手はある

日ではカウンセリングから自力本願の禁煙教材、薬物療法に至まで多種多様なツールが揃っているので、これまでに比べたらタバコをやめやすい環境になっています。

だし忘れてならないのは、タバコの中毒の影響は、身体と精神の両面に及ぶという点です。ですから一番いいのは、薬物治療と個人の習慣を変える方法、および心理面に対する支援を組み合わせることです。

中毒の心理面に対する救いの手

くに喫煙者にとっては、ニコチンの禁断症状と戦いながら、しかも同時に社会面および心理面での喫煙との結びつきを打ち破るのは、なかなかもってキツいことです。

電話ベースの支援

省略

家族や親友などからの支援

煙に成功した人たちによれば、禁煙中は家族や友人たちのサポートネットワークがとても重要になります。他にも職場の同僚やかかりつけの医師も支援してくれるし勇気づけてくれるでしょう。一緒に過ごすのは、できるだけタバコを吸わない人や禁煙に成功した人にしましょう。そして禁煙している努力を支えてもらいましょう。

禁煙プログラムの注目点

煙プログラムの目的は、禁煙中に直面する問題を認識し、それとうまく付き合っていけるようにすること、そして禁煙が長続きするよう支援することです。それには1対1、あるいはグループでのカウンセリングが組み込まれているプログラムが一番いいことが研究からわかっています。カウンセリングの回数と内容の濃さは禁煙の成功に大きく関わっているのです。中身の濃いプログラムほど禁煙の成功率は高まります。

1回のセッション時間もセッションの実施期間も中身の濃さを決める要素です。具体的には以下の点に注目するといいでしょう。

  • 1回のセッションは15分ないし30分以上
  • プログラム全体では4セッション以上
  • プログラムは2週間以上。長いほど良い
もちろんセッションのリーダーは禁煙の訓練を受けていること。

中毒の身体面に対する救いの手(ニコチン置換療法などの治療法)

ここにはいくつかの医学的な治療方法が載っていますが、専門的な内容なので、要約すると誤った情報になる可能性もあります。そこでこの部分は全文翻訳することとし、識者の方々のツッコミ、補足を期待することとします f(^^)

ニコチン置換療法

に述べたように、タバコに含まれるニコチンは、実際に身体面で依存性を引き起こします。このため禁煙しようとすると不快な症状が現れます。ニコチン置換療法 (Nicotine Replacement Therapy: NRT) では、タバコに存在する他の有害な化合物を除いて、ニコチンだけが、ガムやパッチ、スプレー、吸入器、キャンディの形で患者に与えられます。これによって禁断症状がある程度軽くなるので、患者は禁煙の心理的な面に集中できるようになります。

ニコチン置換療法の作用

からタバコがやめられないんだ、と喫煙者の70パーセントから90パーセントが口を揃えて言うきつい禁断症状とニコチンへの激しい欲求にも、ニコチン置換療法 (NRT) は対処できます。NRT を使えば喫煙者の禁断症状が和らぐのです。

NRT を使わずに禁煙できる喫煙者も多数いますが、その人たちとて、一度で禁煙に成功したわけではありません。それどころか、何度も、人によっては8回から10回もチャレンジしないとタバコをきっぱりやめることはできません。

断症状が始まると、おうおうにして失敗するものです。そして禁煙して3ヶ月もしないうちに、またぞろ吸い出すのです。ですから、またタバコを吸いだしてもガッカリしてはいけません。とにかくもう一度吸うのをやめましょう。そして禁煙が成功するように、禁煙の助けになるような別の方法やテクニックを取り入れましょう。NRT を使えば禁断症状が和らぐし、補助テクニックを使えば禁断症状の影響も減らせます。そうすれば長続きする禁煙が達成できる可能性が高まります。

ニコチン置換を利用し尽す

コチン置換療法 (NRT) は身体面の中毒性を扱うだけで、禁煙を支援する唯一の方法ということではありません。感情面および行動面を含む喫煙の心理的な部分を支援する、たとえば禁煙プログラムのような他の禁煙手法を組み合わせるべきです。NRT に行動が変わるよう支援するプログラムを組み合わせれば、長続きする禁煙が達成できる可能性は倍になります。

国医療研究・品質調査機構 (AHRQ) の 2000年版 "Clinical Practice Guideline on Smoking Cessation"(標準治療法ガイドライン)では、NRT が適用できる成人喫煙者から妊娠中の女性および心臓疾患または循環器系疾患を抱える人が除外されていました。しかし最近のデータによると、医師の慎重な監視のもとなら、心疾患または血管疾患(心血管疾患)を患っている人でも NRT、特にニコチンパッチは安全に使えると考えられます。このような研究から、循環器系疾患を抱える人には、NRT を適用した際のリスクを上回る禁煙上のメリットがあることがわかりました。こういった状況を踏まえると、一人ひとりに NRT を適用した結果生まれる禁煙のメリットは、NRT による潜在的な健康リスクを上回るはずです。しかし 2009年半ば時点では、妊娠中の女性に対する NRT が安全かどうかの判断材料は不充分です。2009年に米国で行われたある研究によると、妊娠中に NRT を適用すると低出生体重児や早産の要因になることが判明しました。これが妊娠中の女性の喫煙によって赤ちゃんに及ぶ危険の一端であることは言うまでもありません。妊娠前に禁煙するのが最善なことははっきりしていますが、妊娠の初期段階でも禁煙すれば赤ちゃんに及ぼす影響は大幅に減らせます。タバコを吸う女性で妊娠している人は、医師とよく相談し助けてもらいながら、最善の禁煙方法を決めてください。

めて禁煙するときが NRT を始める絶好のタイミングです。まだ吸っている最中なのに NRT プログラムを始めても大丈夫なのか、と多くに喫煙者から訊かれます。今のところ、NRT 製品のメーカーは、まだ喫煙中なら NRT 製品は使うべきではないと言っています。喫煙中に NRT を適用している喫煙者を対象とした研究が進行中ですが、それが健康上危険かどうかを判断するのは時期尚早です。もっとも大切なのは、ニコチンの過剰摂取はけっしてしないことです。ニコチンの過剰摂取は、心臓と循環器系に悪影響を及ぼします。徐々にタバコの本数を減らしつつ、喫煙と NRT を同時に実行したい場合は、医師によく診ていてもらうのが一番安全です。

の他の喫煙者は、まずは自力で禁煙してみてみましょう。1日またはそれ以上かけて NRT を使って禁煙するのはその後にしましょう。このやり方は禁煙が成功する可能性が一番高いわけではありませんが、やる気がそがれることもありません。長続きする禁煙を達成する方法は、まだ他にもたくさんあります。

だし喫煙本数が1日10本未満の人にも NRT が効くかどうかはまだ証明されていません。1日の喫煙本数は半箱いかないけれどもニコチン置換しなきゃダメだと思っている人は、NRT を少なめにしてもらえるかどうか医師に相談した方がいいでしょう。

ニコチン置換療法を始めるタイミング

NRT は、最後のタバコを吸い終わったらすぐ始めてかまいません。パッチやガム、キャンディ、ニコチンスプレー、吸入器を使うのに間を置く必要はありません。これは、自分が選んだニコチン置換方法に関する説明書ともう一度照らし合わせてください。しかし一般に、NRT はすぐ使い始めてかまいません。

自分はヘビースモーカーか、そこそこか、たしなみ程度か

NRT 製品のなかには、喫煙の程度にもとづいて利用の可否を決めているものがあります。しかし公式の分類としてヘビー、平均的、たしなみ程度という喫煙の程度を決めている教科書もグループも一切ありません。一般的に言えば、たしなみ程度というのは1日あたり10本未満を指します。1日に一箱以上吸う場合はヘビースモーカーです。その中間なら平均的です。

師は、「パック年」という言葉を使って喫煙の長さと量を表すことがあります。「パック年」というのは、一人の人が日々吸ったタバコの箱の数と吸いつづけた年数の積で定義されます。タバコは1箱20本入りですから、1日に20本のタバコを1年間吸いつづけたら、1パック年となりあす。1日に30本(1箱半)のタバコを3年間吸いつづけたら、1.5 x 3 で 4.5パック年となります。これは、喫煙者がタバコ関連の疾患を発症する危険がどれほど高いかを見極めるもう一つの方法です。

まり私の場合なら、吸い初めのころはさすがに3箱ではないものの、20年以上にわたって平均2箱は吸っていたことになりそうですから、2 x 20 = 40パック年となるのでしょう。

--- 続く ---

次回はニコチン置換療法の種類です。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その2) | トップページ | シエスタで物覚えが良くなる?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48365668

この記事へのトラックバック一覧です: ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その3):

« ACS "Guide to Quitting Smoking"(禁煙の手引き) より(その2) | トップページ | シエスタで物覚えが良くなる?! »