« 老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「ライ麦パンで便秘解消?!」 »

2010年4月 6日 (火)

日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」

The American Journal of Clinical Nutrition という雑誌があります。これはいわゆる学術的な専門誌なので、われわれのような一般人が目にすることは稀だと思います。このサイトに保存されているアーカイブを覗いてみると、たしかに専門的な、どう発音すればいいのか、あるいは発音可能な地球語なのか、と思われるような専門用語が羅列されている研究もありますが、中には一般人にも比較的身近でわかりやすい研究もあります。たとえばここで取り上げる研究です。

ちなみに研究論文は有料のようなので全体を閲覧するにお金がかかるのですが、全体を要領よくまとめた「抄録」と呼ばれる部分は公開されています。これを読めばその研究の概略が分かります。

れは "Portion size can be used strategically to increase vegetable consumption in adults"(成人の野菜摂取量を増やす戦略には供する量が利用できる)という研究です。これはペンシルバニア州立大学パークキャンパスの栄養科学部というところが行ったようです。こういう内容なら、われわれのような一般人でも、ひょっとしたら日常生活で応用が利くかもしれません。

門用語を使った研究論文なので、読むと「ほー」とか「へー」という言葉が出てきますが、よくよく考えて一般人なりにざっくりまとめてみると、こういう内容なら「うん、そりゃそうだよな」と思えてきます。

あ、それはともかく、体重を落とすのに役立つ24のコツ(1/4)の「もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう」 では「食卓に出す野菜の種類を増やそう」と言ってるし、体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4)の「外食もマイウェイで」 では「メインディッシュをなんとか減らして、代わりにサラダを付けよう」と言っています。こういったこともこの研究と相通じるものがあるように思えますね。

っとまとめるとこういう具合です。

菜に限ったことではありませんが、野菜にも推奨摂取量があります。食事に占める野菜の割合を増やせば、この推奨摂取量が達成しやすくなり、体重も管理しやすくなります。

こでこの研究者らは、食事に出す野菜の量とエネルギー密度を変えると、それが食物とエネルギーの摂取量にどういう影響を与えるか調査しました。野菜は食事に追加するか、他の食物を野菜に取り替えて出しました。

余談ですが、この「エネルギー密度」なる用語は、平たく言えば食材の熱量(カロリー数)のことです。だったらカロリー数って書けばいいじゃないかと思うのですが、そこはそれ、学術書なのでそうはいかないのでしょう。たしかに、内容は1グラムあたりの熱量ですから、いってみれば「密度」なんですね。

事の内容は野菜と穀物および肉。各々の食事で供される野菜は、量は3種類(180g, 270g, 360g)、エネルギー密度は2種類(0.8kcal/g, 0.4kcal/g)。添える油の量と種類を変えて出されました。野菜の出し方は2種類。食事に追加した場合と、他の食物を野菜と取り替える場合です。野菜を追加すれば、穀物と肉の量は変わらず、野菜の量は増えるし、食物を野菜と取り替える場合は、穀物と肉の量は同量減らします。

の結果どうなったかというと、野菜を追加するにしろ、他と取り替えるにしろ、野菜の量が増えると野菜の摂取量も増えたそうです。しかし食事で摂取するエネルギー量はどうかというと、さらに供する野菜を増やしても大して影響しなかったのに対して、穀物と肉を野菜に置き換えると食事で摂取するエネルギー量は減少したそうです。また、野菜のエネルギー密度を減らすと、供する量とは無関係に食事で摂取するエネルギー量は減少したそうです。

のことから研究者らはこう結論づけています。「野菜の絶対量を増やす、あるいは他の食物と取り替えて相対的に量を増やすことは、食事で野菜の摂取量を増やす効果的な対策だが、食事で摂取するエネルギー量を抑える場合は、野菜のエネルギー密度は低くし他方がいい。さらに野菜は単に追加するのではなく、エネルギー密度の高い食物と取り替えるようにした方が効果的だ」

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« 老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「ライ麦パンで便秘解消?!」 »

コメント

なるほど・・・
野菜を追加するか置き換えるかでそんな違いがあるんですね。
確かに、追加するのでは食事の全体量が増えますね。
そう考えるとカロリー摂取を減らすためには『肉を減らして野菜を増やす』ことが必要なんですね。
最近食事が偏ってるので気をつけないといけませんね(汗

投稿: @K | 2010年4月 7日 (水) 08時28分

コメントいただき、ありがとうございます。

食事が偏ると、やはり体は変調をきたしますよね。食卓には さまざまな色 の野菜を揃えるといいそうですよ。こうすると食卓が華やかになるし、食欲がそそられます。

野菜と魚介類中心の食事という意味では、昔ながらの日本食とともに、屋台ブルーさんがお書きになっている 地中海式ダイエット というカテゴリーの記事も大いに参考になると思います。地中海沿岸の人たちは健康で長寿だそうですから、その食事内容はとても参考になるのではないでしょうか。

投稿: fumixie | 2010年4月 7日 (水) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48016699

この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」:

« 老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「ライ麦パンで便秘解消?!」 »