« 摂取カロリーと寿命の関係 | トップページ | 自然食品による肝臓解毒(肝臓洗浄) »

2010年4月21日 (水)

摂取カロリーと寿命の関係(その2)

厚生労働省の「平成20年簡易生命表」(リンク先はPDFファイルです)によると、日本人の平均寿命は男性が79.29歳 、女性が86.05歳なのだそうです。では健康で自立して生活できるのは何歳くらいまででしょう。この年数を "healthspan" といいます。wiktionary の healthspan をひもとくと、"The period of a person’s life during which they are generally healthy and free from serious or chronic illness."(一生のうちで、全般的に健康で、深刻な疾患にも慢性の疾患にもかかっていない期間)と出ています。日本語では「健康寿命」というそうです。

歳をとってもできる限り充実した人生/生活を送りたいものですが、そのためには、

  • 健康寿命を伸ばして自立した人生/生活を送る
  • 前向きな考え、姿勢で人生/生活を送る
  • 友人を持ち、社会と関わって生きる
この3つがベースになりそうです。

しかし現状はどうかというと、寿命は伸びるものの、健康寿命の方は寿命に追いついていないのではないでしょうか。厚生労働省の統計(リンク先はPDFファイルです)では、平成12年4月末と平成20年4月末を比較すると、要介護の認定者数は右肩上がりで 218万人から 455万人へ 109% の増加です。その内訳を見ると、

  • 要介護2は 394,000人から 806,000人へ 105% 増
  • 要介護3は 317,000人から 711,000人へ 124% 増
  • 要介護4は 339,000人から 579,000人へ 71% 増
  • 要介護5は 290,000人から 500,000人へ 72% 増
と、いずれも増加しています。

このように要介護者が増えたり、福祉施設に入所したくても何年も空きを待つような情況が発生しているのも、健康寿命が伸びていない証拠とは言えないでしょうか。寿命も健康寿命も人によって長短さまざまなのは言うまでもないことですが、傾向としては、60歳をすぎるとそろそろ...という感じなのではないでしょうか。仮にそうだとすると、この20年ないし26年という健康寿命と寿命のギャップは埋まるものでしょうか、埋まるとすればどうやって?

ScienceDaily.com"Calorie Restriction Leads Scientists to Molecular Pathways That Slow Aging, Improve Health (Apr. 15, 2010)" というおもしろい記事が出ていました。

イースト菌からネズミ、人間に至るまで、摂取カロリーを抑えることは、すべての生命体に対して有益である」という、なんとも大上段に振りかぶったような文句で始まるこの記事で言わんとしているのは、食事の摂取カロリーを抑えることは健康を増進することであり、健康増進すれば健康寿命が伸びる。すると必然的に寿命が伸びるということです。肝心なのは、たんに寿命を伸ばすことではなく、健康寿命を伸ばすことです。そうすれば寿命は自動的に伸びるという仕掛けです。

動物実験で、動物の摂取カロリーを10%から50%減らすと実験動物の寿命が著しく伸びたうえに、老化に伴うガンや心臓疾患、認知障害などの疾病はほとんど無かったそうです。摂取カロリーを抑えた動物の30%ほどは寿命が伸びているし、老化に伴って通常見られる疾患がまったくなかったのですが、普通の食事をとった動物では、大半(94%)は、ガンや心臓病といった慢性疾患を一つまたは複数発症して死んでいます。カロリー制限した動物の 30% から 50% は健康寿命が寿命と一致しています。最終的には死ぬのですが病気はしないのだそうです。

すごい結果です。人間で摂取カロリーを抑えた食事をするとどれほど寿命が伸びるかははっきりしないけれども、しっかりと食事制限を実践して健康寿命を伸ばせば、平均寿命を100歳くらいまで伸ばせる可能性もあるそうです。しかし現状はどうかというと、冒頭の結果や肥満の蔓延からもわかるように、健康寿命と寿命のギャップはどんどん拡がる方向に向かっているようです。

これまで栄養学者は、果物と野菜、そして未精白の穀物をたくさん食べて、肉を減らしましょう、と言ってきたのですが、最近は多方面で進んでいる摂取カロリーを抑えるとどうなるかという研究からも、このアドバイスは筋が通っているそうです。しかし、ただ摂取カロリーを抑えればいいというものではなく、肝心なのは栄養豊富な食材を使った健康的な食事をとることです。

でもどうしてそうなるの?という背景については、さまざまな研究があります。 前回の摂取カロリーと寿命の関係 で問題になっていたのはミトコンドリアの機能低下と数の減少でした。

しかし研究者の見方はこれだけではありません。たとえば、ScienceDaily.com"Differences Between People And Animals On Calorie Restriction (Sep. 26, 2008)" によると、米ミズーリ州セントルイス、ワシントン大学医学部の研究者らは、

カロリー制限しても、寿命が伸びた動物では インスリン様成長因子 (IGF-1) が減少するけど人間では減らない。人間でインスリン様成長因子 (IGF-1)を減らすには摂取するタンパク質を減らすことだ
という研究結果から、
仮説なのでさらに研究が必要ではあるが、研究が正しければ、カロリーを制限するよりも、タンパク質の摂取量を一日体重一キログラムあたり0.7グラムから0.8グラムに制限する方が(訳注。長命には)効果的だ。
と考えています。

また、"Looking For The Founatain Of Youth? Cut Your Calories, Research Suggests (July 6, 2008)" では、カロリー制限したネズミ類で老化が遅くなる理由は不明なものの、トリヨードチロニン (T3) という甲状腺ホルモンが減少するため、代謝率が下がり組織の老化が遅くなるからだという仮説が一般的で、Rejuvenation Research" の 2008年版に載った研究によると、一日あたりカロリーを300カロリーから 500カロリー減らすと人間にも同様の生物学的効果が現れて老化が遅くなるのだそうです。そこで米セントルイス大学厚生科学学部(別名:ドイジーカレッジ)の研究者は、カロリー制限によって T3 量は本当に低下するかどうかを実験し、

カロリー制限グループ、運動グループ、対照群を一年間追跡した結果、体脂肪量はカロリー制限グループと運動グループで同じような変化を示したが、甲状腺ホルモン量が低下したのはカロリー制限グループだけだった
という結果を受けて、
長期にわたって調査しないと確定的なことは言えないが、カロリー制限によって甲状腺ホルモン量が低下し、実際に老化が遅れるのであれば、摂取カロリーを控えるのは名案だ
と考えています。

いろいろな説が出ているということは、それだけまだ流動的な要素が多分にあるということでしょう。しかし摂取カロリーを抑えることは健康増進につながるという点では一致しているように思われます。栄養不足にならないよう注意しつつ摂取カロリーを抑えれば健康寿命が伸びる可能性は高まるかもしれません。

ただし要注意なのが拒食症。カロリー制限には拒食症が付きもののようで、カロリー制限があまりに厳格過ぎて多くの栄養素が摂取不足になると、健康増進や老化を遅らせるどころか病気になったり、死に至ることすらあります。大切なのは、栄養を充分に摂取することと摂取カロリーを抑えることは、けっして矛盾しないという点をしっかり踏まえることでしょう。

また、カロリー制限すると代謝率が低下するため、カロリー制限で体重が落ちても、時が経つと体重が増えやすくなる可能性があるそうです。一方運動して体重を落とすと、運動を止めても体重が戻ることは少ないので、健康的な体重を維持するポイントは、毎日同じようなものを食べ、普段から運動することです。

それからカロリー制限するとテストステロン量が低下したり、代謝率が低下し体内中心部分の温度が下がるので体温の調節機能が変化するので、以前よりも冷えやすくなるという副作用もあるそうです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

|
|

« 摂取カロリーと寿命の関係 | トップページ | 自然食品による肝臓解毒(肝臓洗浄) »

コメント

ここ最近お腹の下の方が膨らんできたような気がします。
院長先生の変身談には、まさに目からうろこが・・です。

投稿: A.yokota | 2010年4月22日 (木) 10時24分

コメントいただき、ありがとうございます。

ひんぱんに走り込んでいる屋台ブルーさんの心肺能力はたぶんとっても高いんだろうなあと、ただただ敬服するのみです。私の方は、もっぱら食生活の改善です f(^^)

投稿: fumixie | 2010年4月22日 (木) 12時41分

食事と運動、若い内からきをつけていきたいと、感じました。飲み会の席などでしている夜の暴飲暴食は寿命を縮めかねないですね。。十分注意します。

投稿: SWAN | 2010年4月22日 (木) 13時32分

コメントいただき、ありがとうございます。

夜の暴飲暴食は私も家の内外でたっぷり経験してるので、よくわかります。味は濃いし塩っぱいし脂は多いし、そういうものを食べるから酒量もうなぎ上りだし。若いうちは無理も利きますが、それが後年たたったりしますから、気をつけるに越したことはないですよね。

投稿: fumixie | 2010年4月22日 (木) 13時49分

平均寿命が長くなったとしても、必ずしも健康寿命とはリンクしないというのは医学の進歩とも関係があるんでしょうね。毎日の食生活にも気をつけねばですね・・・。私も今年で38歳ですが、そろそろお腹まわりが気になり始めました。最近、食生活ではまっていることは、寝不足解消のためせいぜいハーブティーを飲むようになった位でしょうか。ビタミン不足は補えたとしても、バランスよい食事にはかないませんよね。妻にももう少しバライティーに富んだ食事を作ってもらうようお願いするしかないですね(笑)。

投稿: yasupon | 2010年4月22日 (木) 14時40分

コメントいただき、ありがとうございます。

周囲のサポートがあれば健康の維持増進はもっと楽になりますね。屋台ブルーさんもおっしゃっていますが、サプリメントの錠剤ではなく、普段の食べ物で栄養が充分摂取できるようになるのが理想であり目標ですね。でも、この寒さ、野菜の値段はとんでもないことになってます。こういうこともありますから、食べ物だけにこだわらず、青汁とかクロレラなんかも併用するといいのかもしれません。私が飲んでいる青汁には、パッケージの表記によると50種類以上の栄養が入っていることになっています。でも、これだけ入っていてもビタミンDは無いんですよね。日光浴せねば!! f(^^)

ハーブティは私も、

ネトル + マリーゴールド + ローズヒップ + エルダーフラワー
の組み合わせでちょくちょく飲んでます。

投稿: fumixie | 2010年4月22日 (木) 15時46分

この記事を読ませて頂いて61歳になる母が浮かびました。常日頃、母は「この歳になったらどれだけ健康に楽しく友達とお話したり、散歩したり、おいしい物を食べたりして過ごせるかが生き甲斐やわ。この先長生きしても寝たきりになったら生きてる心地がしないわ。」って言ってます。ただ・・・摂取カロリーを抑える≠おいしい物を食べる が気になりますが、日頃から摂取カロリーを抑えているのでたまにの贅沢な食事(摂取カロリー中~大)は目をつぶってあげていますが、これでいいんでしょうかね?

投稿: メリーさん | 2010年4月22日 (木) 17時34分

コメントいただき、ありがとうございます。

すばらしいお母様でいらっしゃいます。お母様のおっしゃることは真理を突いていると感じます。

料理に関しては私は門外漢なので、必ず「美味しいもの = 高カロリー」ということになるのかどうかわかりませんが、ひょっとしたら考える余地があるのかもしれません。

あくまで個人的な意見です。「たまにだから、かまわない」とは断言できませんが、お母様の満足や生きがい、家族団欒を考えたときに、一緒に美味しいもの(多少カロリーが高いもの)を食べることが役立つのであれば、「摂取カロリーが云々、寿命が云々」などと持ち出すよりは、多少カロリーが高くても、美味しく楽しく食事をして、家族団欒を充分に満喫する方が意味があると思います。実は私も、今日は今年79歳になる母とイタリアンレストランに行って、マルガリータとかいうピザを食べちゃいました。(何ヶ月ぶり、へたすると1年ぶりくらいかなあ、母も私もピザを食べたのは)「まあ、たまにはいいかあ」と自分を納得させています。母も久しぶりにピザを食べて満足げでした。

投稿: fumixie | 2010年4月22日 (木) 19時10分

うちの両親も最近は健康寿命を意識しているそうで、父は徒歩での通勤(脳梗塞の前兆に早く気付くために、駐車してある車のナンバー4ケタの足算付き)、母はNHKの朝の体操をしています。体操はとても効果が出たそうです。

私も、最近ようやく余裕が出てきたので朝起きた時と、寝る前にヨガを始めました。
ただ、摂取カロリーはかなり高めだと思います。
1人暮らしだと、ついつい適当な食事になってしまいます。

もう少し余裕が出てきたら、野菜メインのお料理を覚えようかな・・

投稿: イロイロパンダ | 2010年4月23日 (金) 09時21分

コメントいただき、ありがとうございます。

すばらしいご両親でいらっしゃいます。まずは「意識する」ことが健康の維持増進に向けた大きな一歩となりますが、ご自分でお考えになり、しかも実践なさっているのであれば、効果が出ないはずがありません。やらされているのではなくて、自分で効果があると考え、信じて、すすんで実践することがキーポイントなのでしょう。前向きな生き方のお手本ですね。

私も寝る前に、3分間ですがちょっとした運動をしています。効果があると信じて続けているのですが、さてどうなることやら。寝る前に運動なんて、どうなの?という疑問も少なからずありますが f(^^)。

投稿: fumixie | 2010年4月23日 (金) 15時09分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ダイエットカロリー | 2011年10月25日 (火) 00時47分

ダイエットカロリーさん、コメントありがとうございます。
よろしくお願いします。

投稿: fumixie | 2011年10月25日 (火) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48143138

この記事へのトラックバック一覧です: 摂取カロリーと寿命の関係(その2):

« 摂取カロリーと寿命の関係 | トップページ | 自然食品による肝臓解毒(肝臓洗浄) »