« 体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4) | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」 »

2010年4月 6日 (火)

老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする

4月からの診療報酬改定と電子カルテのバージョンアップが重なり、UMML四国大会と四万十川桜マラソンに参加した週末も続き、私はライフログ更新ができませんでした。

かし、ライフログには今や強力なスタッフがいるんですよ。興味深い内容を精力的に紹介してくださるfumixieさんに感謝です<(_ _)>。滞ることなくライフログは更新されています。嬉しいことに、新しいゲストライターも参加してくれそうです。近々ここで紹介していけるでしょう。少しずつライフログ・コミュニティーも大きくなっているんじゃないかな。ライフログの活動に興味がある人は連絡をしてください。

日はランニングの報告をしようと思っていたけど、新しいニュースが気になったのでそちらを先に紹介する。

イフログの熱心な読者なら、私が「アンチ・エイジング」という言葉に違和感を持っていることを知っているだろう。実は、アンドルー・ワイル先生の「ヘルシー・エイジング」という言葉を好んで使っている。人は歳を取り、それを止められない。老化は受け入れ、最後まで自立して充実した生活を送るために、必要なのは、ヘルシー・エイジングだと考えている。正常な老化を理解しないで抗加齢を謳うのはナンセンスだと思うよ。

からこそ、今日のロイターの記事は興味深かった。ヘルシー・エイジングのメカニズムを解明していくかわきりになりそうだ。じっくり文献を読んでみよう。

老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする
Scientists find agin gene is linked to immunity

(ロイター) - 特定の遺伝子が寿命、免疫、そして病気への抵抗性に深く関わっていることを、実験動物の線虫を使って示されたと、加齢遺伝学の研究をしている英国の研究者が木曜日に発表した。

線虫のDAF-16と呼ばれる遺伝子は、ヒトを含め、多くの種に存在していることが分かってから、この知見が、加齢、免疫、そして抵抗性に関わる分野において、新しい門扉を開けることになったと彼らは話した。

「正常な老化が遺伝子によってどのように調節されているのか、さらに、この遺伝子が、免疫のような体質にどんな影響を与えているのか、我々は以前から知りたいと思っていた」とこの研究を主導した、バーミンガム大学のRobin May氏は述べた。

世界中の人々が驚くほど早いペースで歳をとっていて、健康や社会福祉システムにかなり大きな課題をもたらす可能性がある。昨年、オランダの研究者が示した研究から、現在の富裕国に生まれる半分の赤ちゃんは、100歳のお祝いをするまで生きることが分かった。

寿命が延びても健康でいるための薬剤を開発するために、どのように歳をとっていくのか研究者は知りたいと考えている。

「我々の見つけたことは、抵抗性と老化がお互い密接に関わりあっているってことだ」とMay氏はインタビューで答えてくれた。

May氏のグループは、近縁関係の4種類の線虫において、寿命、ストレス抵抗性、そして免疫能を比較した。さらに、この4種類の線虫が持っているDAF-16遺伝子の活動性を比較すると、その活動性はかなり異なっていた。

重要なのは、DAF-16遺伝子の相違点に一致して、寿命の長さ、ストレス抵抗性、そして免疫能に変化があったということだ。DAF-16遺伝子の活動性が高ければ、長寿になり抵抗性も高く、感染に対する免疫能も優れていた。

May氏の説明によれば、DAF-16遺伝子は体内のほとんどの細胞で活性があり、ヒトで類似しているのは、FOXO遺伝子群であり、これは老化プロセスで重要な役割を担っていると考えられている。

「種間に存在するDAF-16遺伝子の僅かな相違で、老化や健康状態に大きなインパクトを与えているという事実は、かなり興味深いし、進化の過程で形成された寿命の長さや体質が、いかに異なってきているか説明できるかもしれない」とMay氏は述べた。

この研究は、PLoS One雑誌に掲載された。

バイオテクノロジー・バイオロジカルサイエンス研究員会(BBSRC)のDouglas Kell教授は資金を提供していて、彼はコメントで、この知見が、ヒトがどのようにして歳をとるか決めていくメカニズムを理解する助けになるだろうと話した。

「我々が歳をとって、毎日の行動、例えば、思い出したり歩き回ったりすることに困難さを感じたり気分が優れなくなる老人の生理状態に引き起こされてる事を正当に考えたいなら、ヘルシー・エイジングを正しく理解していくってのは本当に重要だよ」と彼はコメントしていた。

|
|

« 体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4) | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」 »

コメント

私も同意見です。アンチエイジングという言葉からは 無駄な努力、中が虚ろになった倒壊寸前の老木、崩壊直前の銀河帝国 :-) という印象を強く受けます。

この記事でも触れていますが、健康を保ちつつ歳を重ねるのが理想であり目標ですよね。、この3つを各々健康に保ちながら、しかも そのトリニティを維持する のがベストだと感じます。

投稿: fumixie | 2010年4月 7日 (水) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/48005915

この記事へのトラックバック一覧です: 老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする:

« 体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4) | トップページ | 日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」 »