« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

合わせ技だと脅威は倍増!!

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

ういう生活を送っているかがその人の健康に大きく影響することは誰も異論がないと思うのですが、ではどの程度影響するのでしょう。飲酒や喫煙、食事の質、運動不足。これら一つひとつに関しては、「どの程度?」はわかっているのかもしれません。しかしこれらの「合わせ技」はどうでしょう。これらが組み合わさると、こういったことがまったくない人と比べて死亡率はどうなるのでしょう。

かしながら、この結果が出たとしても、「酒はやめられないんだよね」とか「禁煙ってむずかしいじゃないか」などなど、現実問題、生活様式を改善するというのは、人によってはかなりハードルが高い場合もありますが、それはまた別の話ということで...

、今回取り上げるのは、"Archives of Internal Medicine"誌の Vol. 170 No. 8(2010年4月26日)に掲載された "Influence of Individual and Combined Health Behaviors on Total and Cause-Specific Mortality in Men and Women" という研究と、それを元ネタにした "WebMD""What a Bad Lifestyle Does to Your Life Span" という記事。"Smoking, Drinking, Poor Diet, and Lack of Exercise Combined Greatly Increase Risk for Early Death"(喫煙、飲酒、お粗末な食事、運動不足が組み合わされると若死の危険が大幅に増大する)というサブタイトルが付いています。

続きを読む "合わせ技だと脅威は倍増!!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

遺伝子により喫煙行動と肺癌リスクに影響

皆さん、こんんちは。久しぶりの屋台ブルーです。

今月は、診療報酬改定と電子カルテの大幅なバージョンアップが重なり、週末は、講演会やマラソン大会に参加していたので滅茶苦茶忙しかったよ。Twitterもブログも手つかずな状態が続いていました。

やっと月末になり落ち着いてきたのでライフログの更新... おっと、fumixieさんやCtomさんが既に多くの記事をエントリーして下さっているので、ここは安泰ですな(^_^)v

まだ彼らの記事もまともに読めていないので、その話題には触れず、タバコの話をしよう。

今朝、読んだニュースで興味深い記事があった。一般的な病気の発症に遺伝的な素因に加え環境因子が関わってくるってことは何となく分かるよね。

喫煙に遺伝的な体質が関わるって話を知らなかったから紹介しよう。喫煙を始めて止められなくなるとか、本数がだんだん増えてくるのに遺伝的な素因が関わっていたんですね。

遺伝的に止められなくなる人は、特に環境因子を注意しないといけませんよ。親が吸っていると子供の喫煙率が高くなるという報告も有名で、親の影響は無視できない。子供の前でプカプカ、タバコを吹かしている人いるけど、子供の健康障害を引き起こしているよ。

公衆でタバコを吸っている人も格好悪いよね。「私、馬鹿です」って主張しているように感じるのは私だけ?

文:屋台ブルー

続きを読む "遺伝子により喫煙行動と肺癌リスクに影響"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年4月24日 (土)

幸せとワークライフバランス

せは心臓病予防の鍵?!では、「(心臓のためには)より前向きな姿勢で人生/生活に取り組むよう頑張る方がいい」と言っていますし、孤独と血圧の関係では、「50歳以上で孤独だと血圧が上昇する場合がある」として、「友人がたくさんいて社会とのつながりがあっても、その関係に満足できなくなると人は孤独を感じるし、 一人暮らしでも、有意義で実り多い付き合いがわずかでもあれば孤独になることはない。」と言っています。

のように、生活/人生に向き合う姿勢、考え方と長寿や健康は切っても切れない関係にあります。では幸せというものを人はどう考えているでしょう。ということで、今回はちょっと視点を変えてみました。

こに一つの研究とそれを元ネタにした新聞記事があります。

が幸せかは人によって異なるのはもちろんですが、ひょっとすると国によっても考え方が異なるかもしれません。それに海外に住んでみると日本を再発見できるという話をよく耳にします。しかし海外に住まなくても、インターネットで海外の情報を入手して、それを元にあれこれ考えてみるのも、日本を再発見する一つのお手軽な方法かもしれません。ですからこの記事を読んで、「ふーん、あちらではそうなんだ」と感じたら、そこから一歩進んで「じゃあ、私は?」と自分を振り返って考えてみるのも一興かと思います。

こで今回取り上げるのは、英ケンブリッジ大学の News and Events に掲載された Happiness hinges on the lives of others (15 April 2010) という研究に関する記事で、多数のメディアが取り上げています。

oneindia というインドのメディアと 英 The Independent"紙は、この研究を簡潔にまとめています。たとえば "Loved Ones' Welfare Is The Key To Happiness" ( Thursday, April 15, 2010, 16:51 [IST]) というインドのメディアの記事では、

新しい研究によれば、自分たちが幸せで満ち足りているには、近親者が幸せでいることが絶対に欠かせない。自分の「大切な人」が幸せであることが自分の幸せにつながるのだと言う。

幸せに対する考え方について、英ケンブリッジ大学で 10000人以上の人を調査したところ、自分個人の幸せは、家族や愛する人の幸せからきわめて強い影響を受けている、と研究者らは言う。ただ、自分の生活の質に影響を与える要素について被験者に尋ねたところ、返ってきた答えはさまざまだった。

また女性の関心事は健康だが、一方男性は経済面を重視していることもわかった

多くの人は自分個人の幸せを近親者の幸せと結びつけているが、その思いには男女で差がある。男性はもっぱら経済的な安定が健全な生活につながると考えている。それは自分が家族の稼ぎ手だからである。一方女性は自分を、子供や高齢の親をはじめ家族の面倒をみる一番手だと考えているので、健康面への関心が強まったのだ。

「幸せと言う点でこれまでの施策は、一人ひとりの状況を改善することに終始してきた。しかしわれわれの調査によれば、自分以外の人たちの面倒をみる男女双方の働きに対する支援はまだまだ足りない」とこの研究を率いたジャクリーン・スコット教授は言う。

と伝えています。

Happiness hinges on the lives of others (15 April 2010) という研究に関する記事を詳しく伝えているのは 英 The Telegraph 紙の "Workers hours should drop to increase happiness, say researchers" (5:36PM BST 14 Apr 2010)(労働者は労働時間を減らして幸せを増やすべきだ)という記事です。

労働者は労働時間の削減を迫られている。ケンブリッジ大学の研究によると、幸福で健康な人生/生活を送る鍵は、家族と大切な価値ある時間を過ごすことにあるからだ。

英国の成人10000名以上を対象にした5年間の研究から、考え方は異なるものの、男性も女性も自分個人の幸せを身内の幸せと結びつけて考えていることがわかった。

男性は金を稼ぐことによって、女性は幸せな家庭生活を守ることによって幸せになろうとする。しかしこのように異なる答えのその奥にある動機は男女とも変わらず、幸せで落ち着いた家庭生活を送ること。それが幸せの鍵だからだ。

何百万もの英国人家族が水入らずで過ごす大切な価値ある時間が増えるように、次の政府は仕事場に関する規制を新たに設けるべきだ、と研究者らは言う。

「男性も女性も、自分以外の人の人生との関係を抜きにして満足のいく健全な生活など考えられないと思っているようだ。たぶん予想をはるかに越えているよ」と研究者の一人 アンク プラグノル博士は言う。

「これは、男性も女性も家族と充分な時間共に過ごせるしっかりした規定を設けるよう政策決定者が考慮すべきものだ」

次の政府は子供が生まれた父親が取得できる有給育児休暇を増やすべきだ、と研究者らは言う。

そして、仕事を辞めて、祖父母や障害を持つ子供といった大切な家族の介護に専念している人への認識をもっと深めるべきだ、と言い添えた。

さらに、ヨーロッパでも最長の英国の労働時間を減らして、ワーク・ライフ・バランスを改善することも急務だ。

生活の質に影響するのは何かについて、"British Household Panel Survey" の一環として、1997年から2002年にかけて英国の5500世帯10300名以上を調査したところ、個人の生活の質を守るうえでもっとも大切なものは何だと考えるかという問いに、三分の一以上が健康、家族、経済と答えた。

健康が主要因だと答えたのは、男性は50%なのに対し女性は57%。一方経済が主要因だと答えたのは、男性で38%、女性で33%だった。

真っ先に家族が主要因と考えたのは、男性でわずか38%に対して女性は49%だった。しかし経済に関心があるのは、大切な人を養えるだけのしっかりした稼ぎが必要だからと多くが説明している。

「幸せに対する考え方は男女で異なるが、その奥で本質的にどう理解しているかというと、どちらも、他の人が幸せにならないと自分自身が満足のいく健全な生活を送れないと考えているのだ」とこの研究を率いたジャクリーン・スコット教授は言う。

「当たり前だとも言えるが、まったく見過ごされてきたことでもある。幸せと言う点でこれまでの施策は、一人ひとりの状況を改善することに終始してきた」

「自分以外の人たちを大切に世話する男女双方の働きこそがあらゆる人の生活の質を改善するのだ。しかしわれわれの調査によれば、そういう働きに対する支援はまだまだ足りないと言える」

かがだったでしょうか。これらの記事の中心テーマはワークライフバランスを改善すべきだという点にあると思うのですが、個人的には、家族や大切な人が幸せにならないと(または、...を幸せにしないと)自分の幸せは無いと彼らが考えている点が重要だと思うのですが、どうでしょうか。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2010年4月23日 (金)

自然食品による肝臓解毒(肝臓洗浄)

年か前に日本でもプチ断食といた断食療法というものがブームがあったことをこの記事を読んで思い出します。

しかし、いまだにデトックス(Detox)という言葉に様々な希望・想像を膨らませている人たちは多いでしょう。デトックスというのがどういうことなのか、ドクターが記す記事があったので、今回は紹介してみましょう。


トックスという言葉は、色々なシーンで用いられるように思います。また、それぞれに意味も全く異なっているようにも思えます。
あるドクターはデトックスとは肝臓で生成される抗酸化物質を、より効率的に作らせる目的であったり、肝臓自体を活性化させることを示したりします。

また、あるドクターは毒素となるものを摂らないことをデトックスと指したりもします。まだまだ、確立できていない言葉なので、今後ともこれらについては議論が進められる分野でもあると思われます。
また、毒素とは一体何なのか?記事を読む前に、基本的な情報を以下に記述したいと思います。


臓の働きは主に体にとって"毒素"となるものを分解し、排泄する働きを持っています。例えば、アルコールは肝臓の働きによって酢酸、つまりお酢に変換されます。

アルコールのように変換できない物質も体内に害のでないよう処理され、体外へと排泄する働きを持っています。
例えば、野菜に用いられる農薬・殺虫剤などは、希少とはいえど、体内では分解され、体外へ排泄する働きを持っています。

アメリカではオーガニックな野菜の重要が少しずつ高まっています。それには、これまで農薬によってダメージを受けている野菜では栄養的にも、人体的にも影響が大きいと見直されつつあるからです。


肝臓はいつも強烈な働きを持っているわけではありません。ほぼ9割の方で経験があるかと思いますが、アルコールを飲んで酔っ払っても翌日には、分解されて体調が戻っているように感じるでしょう。あるいは、飲み過ぎてしまえば数日かかることがありますが・・・

処理できない量の毒素を摂取すれば、肝臓は常に働き続けている一方で、弱ってしまっていることもしばしば。
毎日のように大量のアルコールを飲む人たちでは、脂肪肝に変化してしまうのは、アルコールの分解ができず、その毒素を脂肪としてため込むように肝臓が働くからです。それはつまり、肝臓の活動限界を超えているということを指示しています(脂肪肝はやがて劇症肝炎や肝硬変へのリスクを高めてしまいます)。


きるだけ毒素の少ない生活をすることは、肝臓にとって、私たちの生活にとってより健康になるためのキーでもあります。

一方で、信憑性の薄い情報も出回ってしまっているのが現実です。
今回の記事は、断食を通して肝臓を解毒することについて論じた記事を紹介します。

尚、この記事の中で紹介されている「デトックスダイエット」とは、断食療法のことを指していることに注意してください。

続きを読む "自然食品による肝臓解毒(肝臓洗浄)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年4月21日 (水)

摂取カロリーと寿命の関係(その2)

厚生労働省の「平成20年簡易生命表」(リンク先はPDFファイルです)によると、日本人の平均寿命は男性が79.29歳 、女性が86.05歳なのだそうです。では健康で自立して生活できるのは何歳くらいまででしょう。この年数を "healthspan" といいます。wiktionary の healthspan をひもとくと、"The period of a person’s life during which they are generally healthy and free from serious or chronic illness."(一生のうちで、全般的に健康で、深刻な疾患にも慢性の疾患にもかかっていない期間)と出ています。日本語では「健康寿命」というそうです。

歳をとってもできる限り充実した人生/生活を送りたいものですが、そのためには、

  • 健康寿命を伸ばして自立した人生/生活を送る
  • 前向きな考え、姿勢で人生/生活を送る
  • 友人を持ち、社会と関わって生きる
この3つがベースになりそうです。

しかし現状はどうかというと、寿命は伸びるものの、健康寿命の方は寿命に追いついていないのではないでしょうか。厚生労働省の統計(リンク先はPDFファイルです)では、平成12年4月末と平成20年4月末を比較すると、要介護の認定者数は右肩上がりで 218万人から 455万人へ 109% の増加です。その内訳を見ると、

  • 要介護2は 394,000人から 806,000人へ 105% 増
  • 要介護3は 317,000人から 711,000人へ 124% 増
  • 要介護4は 339,000人から 579,000人へ 71% 増
  • 要介護5は 290,000人から 500,000人へ 72% 増
と、いずれも増加しています。

このように要介護者が増えたり、福祉施設に入所したくても何年も空きを待つような情況が発生しているのも、健康寿命が伸びていない証拠とは言えないでしょうか。寿命も健康寿命も人によって長短さまざまなのは言うまでもないことですが、傾向としては、60歳をすぎるとそろそろ...という感じなのではないでしょうか。仮にそうだとすると、この20年ないし26年という健康寿命と寿命のギャップは埋まるものでしょうか、埋まるとすればどうやって?

ScienceDaily.com"Calorie Restriction Leads Scientists to Molecular Pathways That Slow Aging, Improve Health (Apr. 15, 2010)" というおもしろい記事が出ていました。

イースト菌からネズミ、人間に至るまで、摂取カロリーを抑えることは、すべての生命体に対して有益である」という、なんとも大上段に振りかぶったような文句で始まるこの記事で言わんとしているのは、食事の摂取カロリーを抑えることは健康を増進することであり、健康増進すれば健康寿命が伸びる。すると必然的に寿命が伸びるということです。肝心なのは、たんに寿命を伸ばすことではなく、健康寿命を伸ばすことです。そうすれば寿命は自動的に伸びるという仕掛けです。

動物実験で、動物の摂取カロリーを10%から50%減らすと実験動物の寿命が著しく伸びたうえに、老化に伴うガンや心臓疾患、認知障害などの疾病はほとんど無かったそうです。摂取カロリーを抑えた動物の30%ほどは寿命が伸びているし、老化に伴って通常見られる疾患がまったくなかったのですが、普通の食事をとった動物では、大半(94%)は、ガンや心臓病といった慢性疾患を一つまたは複数発症して死んでいます。カロリー制限した動物の 30% から 50% は健康寿命が寿命と一致しています。最終的には死ぬのですが病気はしないのだそうです。

すごい結果です。人間で摂取カロリーを抑えた食事をするとどれほど寿命が伸びるかははっきりしないけれども、しっかりと食事制限を実践して健康寿命を伸ばせば、平均寿命を100歳くらいまで伸ばせる可能性もあるそうです。しかし現状はどうかというと、冒頭の結果や肥満の蔓延からもわかるように、健康寿命と寿命のギャップはどんどん拡がる方向に向かっているようです。

これまで栄養学者は、果物と野菜、そして未精白の穀物をたくさん食べて、肉を減らしましょう、と言ってきたのですが、最近は多方面で進んでいる摂取カロリーを抑えるとどうなるかという研究からも、このアドバイスは筋が通っているそうです。しかし、ただ摂取カロリーを抑えればいいというものではなく、肝心なのは栄養豊富な食材を使った健康的な食事をとることです。

でもどうしてそうなるの?という背景については、さまざまな研究があります。 前回の摂取カロリーと寿命の関係 で問題になっていたのはミトコンドリアの機能低下と数の減少でした。

しかし研究者の見方はこれだけではありません。たとえば、ScienceDaily.com"Differences Between People And Animals On Calorie Restriction (Sep. 26, 2008)" によると、米ミズーリ州セントルイス、ワシントン大学医学部の研究者らは、

カロリー制限しても、寿命が伸びた動物では インスリン様成長因子 (IGF-1) が減少するけど人間では減らない。人間でインスリン様成長因子 (IGF-1)を減らすには摂取するタンパク質を減らすことだ
という研究結果から、
仮説なのでさらに研究が必要ではあるが、研究が正しければ、カロリーを制限するよりも、タンパク質の摂取量を一日体重一キログラムあたり0.7グラムから0.8グラムに制限する方が(訳注。長命には)効果的だ。
と考えています。

また、"Looking For The Founatain Of Youth? Cut Your Calories, Research Suggests (July 6, 2008)" では、カロリー制限したネズミ類で老化が遅くなる理由は不明なものの、トリヨードチロニン (T3) という甲状腺ホルモンが減少するため、代謝率が下がり組織の老化が遅くなるからだという仮説が一般的で、Rejuvenation Research" の 2008年版に載った研究によると、一日あたりカロリーを300カロリーから 500カロリー減らすと人間にも同様の生物学的効果が現れて老化が遅くなるのだそうです。そこで米セントルイス大学厚生科学学部(別名:ドイジーカレッジ)の研究者は、カロリー制限によって T3 量は本当に低下するかどうかを実験し、

カロリー制限グループ、運動グループ、対照群を一年間追跡した結果、体脂肪量はカロリー制限グループと運動グループで同じような変化を示したが、甲状腺ホルモン量が低下したのはカロリー制限グループだけだった
という結果を受けて、
長期にわたって調査しないと確定的なことは言えないが、カロリー制限によって甲状腺ホルモン量が低下し、実際に老化が遅れるのであれば、摂取カロリーを控えるのは名案だ
と考えています。

いろいろな説が出ているということは、それだけまだ流動的な要素が多分にあるということでしょう。しかし摂取カロリーを抑えることは健康増進につながるという点では一致しているように思われます。栄養不足にならないよう注意しつつ摂取カロリーを抑えれば健康寿命が伸びる可能性は高まるかもしれません。

ただし要注意なのが拒食症。カロリー制限には拒食症が付きもののようで、カロリー制限があまりに厳格過ぎて多くの栄養素が摂取不足になると、健康増進や老化を遅らせるどころか病気になったり、死に至ることすらあります。大切なのは、栄養を充分に摂取することと摂取カロリーを抑えることは、けっして矛盾しないという点をしっかり踏まえることでしょう。

また、カロリー制限すると代謝率が低下するため、カロリー制限で体重が落ちても、時が経つと体重が増えやすくなる可能性があるそうです。一方運動して体重を落とすと、運動を止めても体重が戻ることは少ないので、健康的な体重を維持するポイントは、毎日同じようなものを食べ、普段から運動することです。

それからカロリー制限するとテストステロン量が低下したり、代謝率が低下し体内中心部分の温度が下がるので体温の調節機能が変化するので、以前よりも冷えやすくなるという副作用もあるそうです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2010年4月19日 (月)

摂取カロリーと寿命の関係

ScienceDaily.com How Eating Less Might Make You Live Longer ScienceDaily (Mar. 6, 2007) "という記事があります。これはカロリーを制限した食事と寿命の関係についての記事です。カロリーと寿命なんて関係ないじゃないかと思っていたのですが、とんでもない、どうやら深い関係がありそうなのです。

もそもカロリーを制限した食事(カロリー制限食)とはなんぞやというと、健康に必要な栄養はすべてもれなく含まれていて、しかも摂取するエネルギー(カロリー)が最小限になっている食事のことです。

験によると、この種の食事をとったマウスは寿命が伸び、ガンや心臓病、卒中といった老化にともなう慢性疾患の発症が遅くなっています。これをヒトにも当てはめてみようじゃないかというわけです。つまり 必要な栄養をきちんとすべて摂取しつつ摂取カロリーを抑える と、病気にもかからず健康で長生きできる?!もしこれが事実なら、一般人としては、過不足無く栄養がとれる食事をどう実現するかが悩みどころですね。しかも摂取カロリーを抑えて...

トの場合でも、マウス同様カロリー制限食の方が過食する人よりも長寿になる場合があり、インスリン感受性の低下(糖尿病の前駆的兆候)をはじめとする老化にともなういくつかのバイオマーカーに良い影響をもたらすのだそうです。それはカロリーを制限することによって、酸化による体内の損傷が減少するからだということです。

もどうして?という疑問は残るわけですが、ここで話の都合上、少々深入りすることになります。

の記事によると ...

化によって身体機能が低下する大きな要因は、体内のタンパク質、脂質、DNA に酸化による損傷が積み重なっていくことにあります。酸化物質、特に「遊離基」と呼ばれる化合物は、食べた物がミトコンドリアという細胞構造によってエネルギーに変換されるときに作られます。ある理論によると、カロリーを制限すると老化が遅くなるのは、効率の良いミトコンドリアが生み出されるようになるため遊離基の生成量が減少するためなのだそうです。

こで 米ペニントン バイオメディカル リサーチ センター のアンソニー シビタリス、 エリック ラブシン などの研究者チームがこんな実験をしました。

肥満とは言えないもののやや体重過多の若者36名を募集し、

  • 必要なエネルギー量をすべて満たした 食事を与えたグループ
  • 摂取カロリーを 25% 減らした カロリー制限グループ (CR)
  • 摂取カロリーを 12.5% 減らし、エネルギー消費量を 12.5% 増やした カロリー制限に運動を加えたグループ (CREX)
の3グループに分けました。こうして半年間実験したところ、CR と CREX のグループでは、24時間あたりの全身エネルギー消費量(つまり全身で燃やされるカロリー量)が減少しました。これはミトコンドリアの機能が向上したということになるそうです。

らに CR グループと CREX グループのいずれでも、筋肉中のミトコンドリアの数が増加したし、いずれのグループでも、被験者の筋肉に存在する DNA の損傷、つまり酸化によるストレスの兆候の量が減少していました。

ういったことから、たとえ短期間でもカロリー制限食にすれば生理学上有益な変化が起こり、それが健康増進につながる ことが考えられるとのことです。

だし記事の最後にこう書かれています。

ヒトの場合、カロリー制限とそれがもたらす健康上の効果が長期にわたって維持できるものかどうかは未解決のままである。

によると、腹八分という言葉はアーユルベーダから来ているらしいですが、なんとミトコンドリアまで登場する科学的根拠に支えられた奥深い言葉だったんですね。恐るべし、腹八分!

to be continued...

4月20日追記

今朝(4月20日)NHK のニュースを見ていたら、 パーキンソン病 仕組みを解明 という話題が出てました。その中で研究者はパーキンソン病の原因について、PINK1 と Parkin という2つの遺伝子に着目し、

このため(正常に活動していないミトコンドリアを見つけて分解している)2つの遺伝子の機能が失われると、正常に活動していない「ミトコンドリア」が増えて細胞活動に必要なエネルギーが減り、脳内の神経細胞が破壊されていく
と語っています。

ミトコンドリアは細胞の中にあるごくごく小さなものですが、ミトコンドリアを大切にいたわることは、人の健康に重要な意味をもっているんですね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年4月15日 (木)

幸せは心臓病予防の鍵?!

BBC News "Happiness wards off heart disease, study suggests" (18 February 2010) (幸せは心臓病を防いでくれる)という記事が載っています。これは短い記事で、表向きは心臓病予防に関する内容ですが、個人的にはそれ以上に示唆に富む内容だと感じました。

の研究は "European Heart Journal" に掲載されたものです。

の研究者らが10年にわたって1700名の健康状態を調査した結果、心臓病のもっとも大きな要因は不安と抑うつだというとを見出しました。幸せなら心臓病にならないとは断言できないものの楽しむ努力はすべきだというのが研究者らの見解です。

だ、人生に対する姿勢は各自の心に沁みこんでいるものだから、この研究の効果は限定的ではないかと言う専門家もいます。人生/生活に対する姿勢、生来の前向きの度合いというものは、そうおいそれと変えることはできないから、この研究結果を実生活に応用するのは難しいのではないかというわけです。

国のある心臓専門医は、「こと心臓病に関して言えば、コレステロールや糖尿病を減らすといったことの方が重要なのだが、心臓病が最大の死亡原因であることは変わらないわけだから、効果がありそうなことは、無視せずになんでもやるといい」と言っています。

調査にあたり、被験者らは自分の感情を「敵意がある」、「不安だ」、「楽しい」、「情熱がある」、「満足している」の5段階で評価しました。そして調査期間の終わりまでに、145名が心臓病を発症しました。しかしこの「幸せ度」が1段階上がるたびに、心臓病の発症率は22%下がりました。

の結果について主任研究員のカリナ・デビッドソン博士は、更なる研究が必要なことは認めつつも、より前向きな姿勢で人生/生活に取り組むよう頑張る方がいいと言っています。年1回の長期休暇やはるか先のイベントを指折り数えて待つより、一日一日を楽しく満足できるようにすごすという姿勢で生活を送る方がいいのです。読書が好きなら、あらかじめ一日のうち15分はそのために割いておく、散歩でもいいし音楽を聞いてもいい。それで気分が良くなるなら、それを生活のサイクルに組み込んでおくことです。毎日数分でもいいから心底リラックスできて楽しめることをすることは、間違いなく心の健康に効果があるし、同時に体も健康になります。

の研究を元ネタにした NaturalNews.com "Happiness prevents heart disease" という記事の最後にこんな言葉が載っています。

"Every person is capable of striving towards thinking more positively. Learning to be conscious of and grateful for life's many blessings is a good place to start. Learning to be content with what you have is another important aspect of happiness."

人は誰でもがんばれば今よりも前向きな考え方ができるものです。手始めに、人生にはたくさんの祝福があることを意識し、それに感謝することを学ぶといいでしょう。足るを知ることは幸せの重要なもう一つの側面なのです。
実に示唆に富む言葉だと思いませんか。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年4月13日 (火)

Third Hand Smoke の危険性について(その3)


2011年1月16日追記

なお、その他の "Third Hand Smoke"関連記事については、こちらの索引をご覧ください。

世界保健機構(WHO)"WHO Report on the Global Tobacco Epidemic, 2009: Implementing smoke-free environments" というページがあります。これは

"The report is the second in a series that tracks the status of the tobacco epidemic and the impact of the interventions that are being implemented to stop it."(タバコの蔓延の現状とそれを阻止するべく実施されている措置の影響を追跡しているシリーズの2回目のレポート)
だそうです。

その中に "Protect people from tobacco smoke" というセクションがあり、その冒頭で "The Third Hand Smoke" について次のように書いています。


Second-hand tobacco smoke can spread from one room to another within a building, even if doors to the smoking area are closed. Toxic chemicals from second hand tobacco smoke contamination persist well beyond the period of active smoking, and then cling to rugs, curtains, clothes, food, furniture and other materials. These toxins can remain in a room weeks and months after someone has smoked there (11, 12), even if windows are opened or fans or air filters are used. Filters can become a source for deposited chemicals that are then recycled back into the air of a room rather than removed. Tobacco toxins that build up over time, coating the surfaces of room elements and materials and smokers’ belongings, are sometimes referred to as “third-hand smoke” (13).

タバコの副流煙は、建物内の部屋から部屋へ拡散する場合がある。たとえ喫煙エリアのドアを閉め切っていてもだ。副流煙による汚染が原因でもたらされる有毒化学物質は喫煙者がタバコを吸い終わってもずっと残留しており、敷物やカーテン、衣服、食物、家具をはじめとするさまざまなものに付着するのだ。この有毒物質は、喫煙者がタバコを吸い終わった後も、その室内に何週間も何ヶ月も残ることがある。(11, 12) たとえ窓を開けたり、換気扇や空気清浄機を使って吸ったとしてもそうなのだ。フィルターには有毒化学物質が堆積しており、それが源となり、有毒物質を除去するどころか、室内の空気に還流してしまう。時間の経過とともに蓄積され、室内にある物や喫煙者の持ち物の表面を覆い隠してしまうこのタバコの有毒物質のことを "third-hand smoke" と呼ぶことがある。(13)


つまり空気清浄機などを使ったとしても、フィルターそのものが汚染源になってしまうから "third-hand smoke" を阻止することはできないということです。

タバコ、とりわけ "third-hand smoke" による環境汚染を 世界保健機構(WHO) も認めたということでしょうね。

以上。





回は2ヶ月前の BusinessWeek誌 に掲載された The Dangers of Third-Hand Smoke" (February 9, 2010) という記事。内容は以前の2本と似ていますが、ライターが変わればわかりやすくなったり理解が深まるかもしれません。関連記事はこちら。


なお今回も、"third hand smoke" には暫定的に「残留受動喫煙物質」という言葉を併記してみました。



般人の目線でこの記事を読んだ場合、重要だと思うのは、



物の表面にニコチンが付着していてもこの程度なら問題なかろう、というのがこれまでの見解だったが、そんなことは言っていられなくなった。


そして


換気扇を回したり窓を開けてこの被害を無くそうと思っても無駄だ。火のついたタバコから生成されるニコチンをはじめとする物質は空気中に存在しているのではなく、物の表面に吸着しているからだ


というカリフォルニア州バークレーにあるローレンス・バークレー国立研究所所属の科学者ララ・グンデルの言葉です。特に注意を要するのは、ニコチンと空気中の亜硝酸が反応して生成される TSNA(タバコ特異的ニトロソアミン)という強力な発ガン物質です。これも空気中に存在するのではなく、タバコの喫煙にともなって物の表面に付着して層をなしていることです。



の TSNA をはじめとするタバコの毒素の 一番の被害者は乳幼児と子どもたち です。



事の全文は以下のとおりです。




third hand smoke(残留受動喫煙物質)は、室内にある空気中の化学物質と反応して、発ガン性の物質を作り出す可能性があることが研究から判明した。



ルームバーグ発。third hand smoke(残留受動喫煙物質)と呼ばれるタバコの煙による汚染は、家具や衣類をはじめとするいろいろな物の表面にいつまでも付着して残り、室内の空気中のある化学物質と反応して、発ガン性の物質を作り出す可能性があることが研究から判明した。



究者が紙切れをタバコの煙に晒したところ、そこにはそれまでには無かった発ガン物質が付着していることがわかった。そしてこの物質は、亜硝酸という家庭用品やタバコの煙から日常的に放出されている化学物質を含む室内の空気中に3時間放置すると濃度が10倍になった。ということは、人は室内にあるタバコの煙によって危険に晒されているということだ。そのようなことは、これまでまったく知られていなかった。そう語るのは研究者の一人ララ・グンデル。



れまでの研究から、タバコから立ち昇る煙に晒された非喫煙者が吸い込む副流煙が、ガンや心臓病の危険性を高めることはわかっていた。third hand smoke(残留受動喫煙物質)がもたらす健康被害の可能性を突き止めるにはさらなる研究が必要だ、とグンデルは言う。本日づけの "Proceedings of the National Academy of Sciences" に発表された研究によると、全体では、ガンによる死亡者全体の20パーセントはタバコが原因だ。



「物の表面にニコチンが付着していてもこの程度なら問題なかろう、というのがこれまでの見解だったが、そんなことは言っていられなくなった」カリフォルニア州バークレーにあるローレンス・バークレー国立研究所所属の科学者グンデルは、2月5日の電話インタビューでこう語った。「誰もがタバコの煙の毒素に晒されているのだ。それも、これまで考えられなかった仕組みでだ。


残留物質の発見



ルトリア・グループの1社米フィリップ・モリスの広報担当は電話インタビューに答えなかった。レイノルズ・アメリカン社とロリラード社も電話インタビューに応じなかった。



の前、2009年1月 "journal Pediatrics"誌に発表された研究では、タバコの煙の残留物質が家具やカーペット、衣類に沈着していることが発見されたことから、"third hand smoke" という言葉が作られた。



回の研究でわかったのは、タバコの煙の残留物質が室内にある物の表面に付着すると、空気中の汚染物質と混ざりあい、TSNA つまりタバコ特異的ニトロソアミンが作られることだ。これは、火をつけてないタバコとタバコの煙に含まれる強い発ガン性を示す物質だ。



究者らは、紙切れをまずタバコの煙に、それから亜硝酸に晒してニトロソアミン量を調べた。亜硝酸は換気が不十分なガスオーブンやバーナー、それに車から排出されている。さらにヘビースモーカーが運転するトラック室内の表面も調べた。



ずれの場合も、third hand smoke(残留受動喫煙物質)に含まれるニコチンと亜硝酸が反応して、よく知られた2種類の強力なニトロソアミンが作られていることがわかった。さらにタバコ特異的ニトロソアミンは、タバコから放出された直後の煙には存在しないことも判明した。


危険に晒される子どもたち



かでも特に乳幼児は、埃を吸い込んだり皮膚に接触して、このような発ガン物質に晒される可能性が高い、と研究者らは言う。換気扇を回したり窓を開けてこの被害を無くそうと思っても無駄だ。火のついたタバコから生成されるニコチンをはじめとする物質は空気中に存在しているのではなく、物の表面に吸着しているからだ、とグンデルは言う。



「建物や部屋、不特定多数が集まる場所は例外なく禁煙にすべきだ」とグンデルは言う。「ニコチンが溜まった家具やカーペット、カーテンは取り替えた方がいい。ニコチンはこういったものに吸収されるのだ。作りつけのものは、いつまでも表面に残っているものだ」



third hand smoke(残留受動喫煙物質)と室内の空気中に存在する汚染物質の亜硝酸が反応してできる、こういったニトロソアミン類はどれくらいの期間残存しているのかを測定しようと研究者らは頑張っている。さらにニトロソアミン類に晒された痕跡をたどる方法も開発しようと研究中である。



「このようなニコチン残留物質の量は、喫煙を繰り返すうちに徐々に積み重なっていくことも、歳を重ねるにつれて、third hand smoke(残留受動喫煙物質)の毒性がしだいに強まることもわかっている」と環境エネルギー・テクノロジー部門室内環境部の化学者で共同研究者のヒューゴ・デステイラスは言う。声明で「われわれが研究で重視しているのは、室内表面における third hand smoke(残留受動喫煙物質)の反応、特に健康被害をもたらす可能性のあるニトロソアミン類生成の重大性だ」と語っている。



の研究は、カリフォルニア大学タバコ関連疾病研究プログラムの支援を受けた。




文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年4月12日 (月)

血糖バランスをとるための最高の朝食

先日、紹介をいただいてから一向に記事が投稿できていませんでしたが、ようやく投稿します。
あまり僕は更新頻度が高くないかと思いますが、気になったものをピックアップして紹介していこうと思います。

                      


代社会の中で朝食を摂っている人たちはどれくらいの割合だろうか?みな朝食を摂ることは健康的だとわかっていながらもライフスタイルや夜更かしなどの影響で摂っていない人は多い。最近では、朝食は必要ないという食事方も出回っていたりして、朝食を摂っていない人たちをプッシュアップするような印象を与えてしまうから始末が悪い。幼稚園の先生は子供たちが朝食を摂っていない現実を悲観しているだろう。大人の都合で朝食をおろそかにしてはいけないということが今回の文章からは一番くみ取ってほしい。

今回は"Dynamic Chiropractic"というサイトから"Super Breakfast for Blood Sugar Balance Feb 26, 2010 Vol.28, Issue 05"から引用しよう。


個人的には、この文章の言っていることはとてもよくわかるし、納得のできる部分が多い。現代食は精製された食品ばかりで、繊維質や栄養素が実際には少ない、とても低品質な食生活を送っている人たちが多い。

けれど、この文章には食物の内容におけるバランスには検討されていない部分がある。私たちの食生活には「食事の種類」「量」「摂取バランス」が必要だと僕は思っている。完全に良いものだとは思わないで、繊維質を多く摂ることはとても重要だし、朝食のバランスを考慮する参考にしながら読んでほしい。

このライフログは様々な情報が提供されていて、情報を紡ぎ合わせてくると、正しい栄養や食事のバランスなどが段々と見えてくると思う。または、根本にある食事方法を後押ししてくれるだろう。

続きを読む "血糖バランスをとるための最高の朝食"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

呑兵衛なのは自分のせい...じゃないかもしれない

ScienceDaily.com"Your Social Network May Affect Your Drinking Habits" (Apr. 9, 2010)(付き合う人によって自分の酒量も変わる)というおもしろい記事が載っていました。

の元ネタが載っていた "Annals of Internal Medicine" という米内科学会の旗艦雑誌に掲載された研究によると、自分の飲酒量を決めるときに重要なキーポイントになっているのは、付き合う相手の飲酒習慣 なのだそうです。まあ、連れの飲み方がどうだろうと、自分は自分、ゴーイング・マイウェイだ!という人は別でしょうが :-) それでも、付き合う相手によっては、2軒3軒のはしご酒は当たり前という状況が生まれることは経験上 (^^;) よくわかります。それが研究でも実証されたということのようです。

の研究者らは、フラミンガム心臓研究という、12000名以上の人を30年にわたって追跡調査した研究データをベースに、人付き合いが広範囲におよぶ場合の飲酒パターンを調査しました。付き合う相手によって自分の飲酒量がどう変化するかを調査対象者に自己申告してもらったそうです。すると、

  • 直接付き合っている人が酒豪なら、50%の確率で調査対象者も酒豪
  • 付き合っている相手の「友人」が酒豪なら、36%の確率で調査対象者も酒豪
となりました。ただし、こういう関係で影響が自分におよぶのは3人まで。つまり直接付き合いのある人の「友人の友人」まではその飲み方が自分に影響するけど、それより縁遠い人の飲み方は関係なくなるらしいです。

の結果について、ハーバード大学医学部教授でこの研究の中心となったニコラス・クリスタキス MD, PhD. は、

友人や付き合いのある人たちが自分の健康に影響を与える可能性があることが分かった。しかもその影響は、家系や遺伝的な背景と同じくらい強いんだ。アルコールを摂取しても、自分の健康状態が良くなるか悪くなるかは付き合う人による。周囲の状況によって決まるんだ
と話しています。

うしてこういうことが「研究」に値するかというと、

飲酒癖は、付き合いがあり行動を共にしている人間の集団を巻き込んだ公衆衛生上および医療上の問題なんだ。病的な飲酒癖のある個人を治療する場合、必要になるのはその患者の社会的な人間関係を調べることだ。そこから禁酒の障害になっているものを見きわめて一掃するのさ。
という認識があるためらしいです。

教訓「飲む相手は厳選すべし...」 f(^^)

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月10日 (土)

ブルーベリーは脳にも効く?!

ルーベリーが目の健康に良いという話はよく耳にします。それに調べたところでは血圧を下げたり酸化ストレスを防いだり、お腹の脂肪まで落としてくれるとかくれないとか...。まさに八面六臂の活躍です。だからというわけでもありませんが、スーパーマーケットや隣町の農協直売所に行ったときはブルーベリーを買うようにしています。乾燥させたドライブルーベリーなんかもあったりして、それだと直径が5ミリメートルほどなので一度にたくさん食べられて便利。

ういうブルーベリーですが、最近新たな効能が発見されたらしいです。それが 脳に効くという話。脳に効くというのは、正確に言えば記憶力と学習能力が向上する ということのようで、その証拠が初めて発見されたのだそうです。

"Journal of Agricultural and Food Chemistry" に載った "Blueberry Supplementation Improves Memory in Older Adults" (2010年1月4日付け) という研究によると、12週間といいますからおおむね2ヶ月ほどでしょうか、その間、記憶力が低下し始めた平均年齢が76歳の被験者数名に毎日市販のブルーベリージュースを一日2カップから2カップ半飲んでもらったところ、その被験者の記憶力と学習能力が著しく向上したという結果が得られました。

ルーベリーには抗酸化作用と抗炎症作用があるポリフェノールが含まれていて、その中でも突出しているのがアントシアニンという物質。先の研究論文の抄録によると、

... アントシアニンは脳中枢のニューロン信号伝達の強化にも関わっており、ブドウ糖処理の改善や神経変性を軽減してくれそうな効果はもとより、記憶機能の仲介役にもなってくれる。... この予備研究の結果から、ブルーベリーの中期的摂取により認知神経科学上の効果が得られることが考えられる。さらに予防措置の可能性とニューロン機構を研究するためのより包括的な臨床試験の基礎も確立した。
と、まあ、かなり有望な結果が得られたようです。どうして 予防措置の可能性 という言葉が出てきているかというと、認知症は重大な社会問題なのですが、認知症に対する効果的な治療法は無いところから、予防措置が大切になるという背景からきていて、ブルーベリーがその予防措置として有望だということです。

む量は毎日2カップから2カップ半といいますが、日本の1カップは200mlなのに対して、アメリカの1カップは240mlだしイギリスになると285mlにもなります。ですからいずれにしても、毎日0.5リットル強は飲んだことになります。値段は当然ピンキリで、ネットで調べた範囲では1リットルあたり1000円から1500円。ということは、実売価格ならもう少し安くなるかも。しかしいずれにしても安い買い物じゃなさそうです。仮に1リットル1000円だとしても、それで2日分しかないから、60日飲むとなると 1000円 x 30 = 30000円。うは!

究論文の抄録では、「...ワイルド・ブルーベリーのジュースを毎日摂取してもらい...」とありますが、このワイルド・ブルーベリーとはなんのことかと思って、英語版 Wikipedia の blueberry の項を調べてみると、

Commercially offered "wild blueberries" are usually from species that naturally occur only in eastern and north-central North America.
と出ています。つまり市販されている「ワイルド・ブルーベリー」というのは、一般に北米でも東部および中北部にだけ育つ天然物を指すようです。

ジェローム・K・ジェローム作「ボートの三人男」という秀逸な英国ユーモア小説の主人公で、膝に水のたまる病気以外の病気はすべて背負い込んでいると思い込んだ「僕」が友人の医者に診てもらったところ、その医者はこのような処方箋を書きました。

  • ビフテキ1ポンド
  • ビール1パイント(6時間ごとに服用)
  • 散歩10マイル(毎朝)
  • 就寝正11時(毎晩)
  • 小難しいことはいっさい頭に詰めこむな
なんとも粋な処方箋ですが、この研究ももっと広く知れわたって認知症の予防に役立つということになれば、
  • ブルーベリージュース200ミリリットル(毎食後に服用)
なんていう処方箋を書いてもらって、それに健康保険が適用されたりして3割負担で買えると嬉しいんだけどなあ。

自然をより深く理解した予防医学 がもっともっと発展普及すればいいのにね。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年4月 8日 (木)

日常生活で応用できそうな研究「ライ麦パンで便秘解消?!」

回は "The Journal of Nutrition" から 便秘解消 の話。ややこしい話は後回しにして、この研究で言いたいのは、軽度の便秘ならライ麦パンを食べると治る ということのようです。下剤なんかより手軽で安心というメリットがあるようです。

れは、 "Constipation Is Relieved More by Rye Bread Than Wheat Bread or Laxatives without Increased Adverse Gastrointestinal Effects" (便秘は小麦の白パンや下剤よりもライ麦パンの方が治りがいいし、消化器系への副作用も増えない)という、フィンランドの研究者らが行った研究。

イ麦100%のパンというのは、コンビニや普通のパン屋ではなかなか見かけないものですが、ある所にはあるし通販でも買えるようです。値段は種類や重さによってピンキリですが、調べた範囲では、100グラムあたりで130円ほどから270円程度までとかなり幅があります。輸入物の「プンパニッケル」とかいうライ麦パンを食べたことがありますが、1枚あたり厚さが数ミリメートルのライ麦パンが1パックで10枚ほど入っていました。手に持つとずっしり重量を感じます。かなり色が濃く、ダークチョコレートに近い色をしています。崩れやすいく多少酸味があったように記憶していますが、できれば常食にしたいパンです。

調べてみると、スーパーマーケットなどで売られている普通の食パンは6枚切りで270円ほど。ということは1枚あたり45円。一方プンパニッケルの方は10枚入りで650円。つまり1枚65円となり、食パンの1.4倍の値段になります。1枚あたりの体積はもちろん食パンの方がはるかに大きいです。しかし食パンは、その構造上 ;-) 中身の大半を空気が占めていますが、プンパニッケルの方はライ麦がぎっしり詰まっています。となるとコストパフォーマンスの点から言えば、1.4倍の価格差も納得できる...かもしれません。

ンパニッケル1枚で足りるか?という話は残りますが f(^^)。

によって、この研究の抄録はこんな具合。

イ麦パンと乳酸菌は腸内環境を変えて便秘を解消する力を秘めており、下剤に代わる安全で手軽な治療薬になる可能性がある。そこで便秘している51名の成人について、ライ麦パン、そしてラクトバチルス・ラムノサス GG (LGG) (訳注。乳酸菌の一種)で発酵させたバターミルクが腸機能と大腸の代謝におよぼす影響を調査し下剤と比較した。

験者には3週間にわたり、全粒紛のライ麦パン(一日あたり最低240グラム)、LGG(一日あたり 2 x 10の10乗 コロニー形成単位)、全粒紛のライ麦パン(一日あたり最低240グラム)と LGG(一日あたり 2 x 10の10乗 コロニー形成単位)の組み合わせ、小麦の白パン(一日あたり最大 192グラム)、下剤(普段被験者が摂取している量)のいずれかを無作為に与えた。

験者は食事パターン、腸機能、消化器系の症状を記録した。そこから便の重量、pH値、SCFA(訳注。短鎖脂肪酸のこと)、細菌酵素活性状況、合計腸通過時間 (TITT)、呼気中水素が測定された。

の結果、小麦で作った白パンと比較すると、ライ麦パンの方が、合計腸通過時間 (TITT) が 23% 短縮し、一週間の排便回数が 1.4 回増加、便が柔らかくなって排便が楽になり、酢酸と酪酸の含有量が各々 24%、63% 増加。便中のβグルクロニダーゼ活性が 23% 減少した。

剤との比較では、ライ麦パンの方が TITT が 41% 減少、便中のβグルクロニダーゼ活性が 38% 減少。さらに便の pH値が 0.31ユニット減少。LGG では便秘は解消せず、大腸の代謝にもさほど影響はなかった。消化器系への有害作用については、被験者間で大差はなかった

上のことから、小麦の白パン、および一般的な下剤と比べて、ライ麦パンは消化器系に対する悪影響がなく、軽度の便秘を解消し、大腸の代謝を改善した という結論に達した。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年4月 6日 (火)

日常生活で応用できそうな研究「野菜をたくさん食べて摂取カロリーを減らすには?」

The American Journal of Clinical Nutrition という雑誌があります。これはいわゆる学術的な専門誌なので、われわれのような一般人が目にすることは稀だと思います。このサイトに保存されているアーカイブを覗いてみると、たしかに専門的な、どう発音すればいいのか、あるいは発音可能な地球語なのか、と思われるような専門用語が羅列されている研究もありますが、中には一般人にも比較的身近でわかりやすい研究もあります。たとえばここで取り上げる研究です。

ちなみに研究論文は有料のようなので全体を閲覧するにお金がかかるのですが、全体を要領よくまとめた「抄録」と呼ばれる部分は公開されています。これを読めばその研究の概略が分かります。

れは "Portion size can be used strategically to increase vegetable consumption in adults"(成人の野菜摂取量を増やす戦略には供する量が利用できる)という研究です。これはペンシルバニア州立大学パークキャンパスの栄養科学部というところが行ったようです。こういう内容なら、われわれのような一般人でも、ひょっとしたら日常生活で応用が利くかもしれません。

門用語を使った研究論文なので、読むと「ほー」とか「へー」という言葉が出てきますが、よくよく考えて一般人なりにざっくりまとめてみると、こういう内容なら「うん、そりゃそうだよな」と思えてきます。

あ、それはともかく、体重を落とすのに役立つ24のコツ(1/4)の「もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう」 では「食卓に出す野菜の種類を増やそう」と言ってるし、体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4)の「外食もマイウェイで」 では「メインディッシュをなんとか減らして、代わりにサラダを付けよう」と言っています。こういったこともこの研究と相通じるものがあるように思えますね。

っとまとめるとこういう具合です。

菜に限ったことではありませんが、野菜にも推奨摂取量があります。食事に占める野菜の割合を増やせば、この推奨摂取量が達成しやすくなり、体重も管理しやすくなります。

こでこの研究者らは、食事に出す野菜の量とエネルギー密度を変えると、それが食物とエネルギーの摂取量にどういう影響を与えるか調査しました。野菜は食事に追加するか、他の食物を野菜に取り替えて出しました。

余談ですが、この「エネルギー密度」なる用語は、平たく言えば食材の熱量(カロリー数)のことです。だったらカロリー数って書けばいいじゃないかと思うのですが、そこはそれ、学術書なのでそうはいかないのでしょう。たしかに、内容は1グラムあたりの熱量ですから、いってみれば「密度」なんですね。

事の内容は野菜と穀物および肉。各々の食事で供される野菜は、量は3種類(180g, 270g, 360g)、エネルギー密度は2種類(0.8kcal/g, 0.4kcal/g)。添える油の量と種類を変えて出されました。野菜の出し方は2種類。食事に追加した場合と、他の食物を野菜と取り替える場合です。野菜を追加すれば、穀物と肉の量は変わらず、野菜の量は増えるし、食物を野菜と取り替える場合は、穀物と肉の量は同量減らします。

の結果どうなったかというと、野菜を追加するにしろ、他と取り替えるにしろ、野菜の量が増えると野菜の摂取量も増えたそうです。しかし食事で摂取するエネルギー量はどうかというと、さらに供する野菜を増やしても大して影響しなかったのに対して、穀物と肉を野菜に置き換えると食事で摂取するエネルギー量は減少したそうです。また、野菜のエネルギー密度を減らすと、供する量とは無関係に食事で摂取するエネルギー量は減少したそうです。

のことから研究者らはこう結論づけています。「野菜の絶対量を増やす、あるいは他の食物と取り替えて相対的に量を増やすことは、食事で野菜の摂取量を増やす効果的な対策だが、食事で摂取するエネルギー量を抑える場合は、野菜のエネルギー密度は低くし他方がいい。さらに野菜は単に追加するのではなく、エネルギー密度の高い食物と取り替えるようにした方が効果的だ」

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする

4月からの診療報酬改定と電子カルテのバージョンアップが重なり、UMML四国大会と四万十川桜マラソンに参加した週末も続き、私はライフログ更新ができませんでした。

かし、ライフログには今や強力なスタッフがいるんですよ。興味深い内容を精力的に紹介してくださるfumixieさんに感謝です<(_ _)>。滞ることなくライフログは更新されています。嬉しいことに、新しいゲストライターも参加してくれそうです。近々ここで紹介していけるでしょう。少しずつライフログ・コミュニティーも大きくなっているんじゃないかな。ライフログの活動に興味がある人は連絡をしてください。

日はランニングの報告をしようと思っていたけど、新しいニュースが気になったのでそちらを先に紹介する。

イフログの熱心な読者なら、私が「アンチ・エイジング」という言葉に違和感を持っていることを知っているだろう。実は、アンドルー・ワイル先生の「ヘルシー・エイジング」という言葉を好んで使っている。人は歳を取り、それを止められない。老化は受け入れ、最後まで自立して充実した生活を送るために、必要なのは、ヘルシー・エイジングだと考えている。正常な老化を理解しないで抗加齢を謳うのはナンセンスだと思うよ。

からこそ、今日のロイターの記事は興味深かった。ヘルシー・エイジングのメカニズムを解明していくかわきりになりそうだ。じっくり文献を読んでみよう。

続きを読む "老化遺伝子と免疫の関連性を明らかにする"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2010年4月 3日 (土)

体重を落とすのに役立つ24のコツ (4/4)

目次
1/4 食事の時間を計る、睡眠時間を増やして体重を減らそう、もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう、テーブルにスープが乗れば体重は落ちる、全粒紛で行こう、スリムな服を見つめよう
2/4 ベーコンはパス、ピザのトッピングはよく考えよう、賢い飲み方。糖分を減らそう、賢い飲み方。背の高い細身のグラスにしよう、賢い飲み方。アルコールは抑えよう、賢い飲み方。緑茶にしよう
3/4 ヨガで心を落ち着けよう、食事は自宅で、食事の「間」を逃すな、ストロング・ミントのガムを噛もう、お皿は小さく、自分に合った一人前の量
4/4 80-20 ルールを取り入れてみよう、外食もマイウェイで、選ぶなら赤いソース、肉を使わない食事を増やそう、あと100カロリーよけいに燃やそう、褒めよう

 

80-20 ルールを取り入れてみよう

メリカ人は習慣から満腹になるまで食事を止めないが、日本の沖縄の住民は八割がた満腹になれば食事を止める。この自然の痩身習慣にはちゃんと「腹八分」という名前まで付いている。研究者のブライアン・ワンシンク博士によれば、体にいいこの習慣を採用すれば、盛る量が2割ほど減らせる。それでもほとんどの人はそれでいいと思っていることが、同博士の研究で明らかになっている。

外食もマイウェイで

ストランの料理は太ることで悪名を馳せている。そこで一人前の量を守るうえから、次のようなスペシャルオーダーはどうだろう。

  • メインディッシュは連れと分け合う
  • メインディッシュのつもりで前菜を注文する
  • お子様用の皿を使ってもらう
  • 料理はテーブルに並べる前に、半分を持ち帰り用に取り分けておいてもらう

メインディッシュを減らしたら、バランスを保つ意味からその分サラダを付けよう。皿の半分は野菜で埋めよう。

選ぶなら赤いソース

スタにはアルフレッドソースよりマリナラソースを選ぼう。トマトベースのソースは、クリームベースのソースよりも往々にしてカロリーも脂肪も少ないものだ。しかし忘れちゃいけない。一人前の量はやはり無視できない。パスタ一人前は1カップ(訳注。240ml)、つまりざっくりテニスボール大だ。

肉を使わない食事を増やそう

WebMD のレシピ担当医 エレイン・マギー MPH, RD. によると、ベジタリアンの食事をもっと増やすことは体重を落とすための習慣になる。ベジタリアンは肉食の人よりも最大20%体重が軽い。これにはいくつか理由があるが、中でも豆類の果たす役割が大きい。豆ハンバーガーやレンズ豆スープをはじめ、マメを使った美味しい食べ物には食物繊維が実にたっぷり詰まっている。ほとんどのアメリカ人が摂取するこの大切な栄養素の量は半分しかない。少ないカロリーでお腹が満たされるのにね。

あと100カロリーよけいに燃やそう

事療法以外で一年に10ポンド(約4.5kg)落とそうと思ったら、毎日あと100カロリー燃やすことだ。次のようなことで体を動かすといい。

  • 20分ほどで1マイル(約1.6km)歩く
  • 草むしりや草花の植え付けを20分ほど行う
  • 20分ほど芝刈りをする
  • 30分ほど家を掃除する
  • 10分ほどジョギングする

褒めよう

慣にしている炭酸飲料もそっちのけ、食べ過ぎもせず立派に一日過ごせたら自分を褒めてあげよう。とんでもない、込み入ったダイエットプランなど無くても体重が落とせるスリムなライフスタイルに近づいたのだ。友だちに電話するのもよし、ペディキュアするのもよし、服を新調してもいい。たまにはチーズケーキをちょっぴり食べるのもアリだ。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

体重を落とすのに役立つ24のコツ (3/4)

目次
1/4 食事の時間を計る、睡眠時間を増やして体重を減らそう、もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう、テーブルにスープが乗れば体重は落ちる、全粒紛で行こう、スリムな服を見つめよう
2/4 ベーコンはパス、ピザのトッピングはよく考えよう、賢い飲み方。糖分を減らそう、賢い飲み方。背の高い細身のグラスにしよう、賢い飲み方。アルコールは抑えよう、賢い飲み方。緑茶にしよう
3/4 ヨガで心を落ち着けよう、食事は自宅で、食事の「間」を逃すな、ストロング・ミントのガムを噛もう、お皿は小さく、自分に合った一人前の量
4/4 80-20 ルールを取り入れてみよう、外食もマイウェイで、選ぶなら赤いソース、肉を使わない食事を増やそう、あと100カロリーよけいに燃やそう、褒めよう

 

ヨガで心を落ち着けよう

"Journal of the American Dietetic Association"誌に載った研究によると、ヨガを実践している女性は他よりも体重が軽い傾向がある。どういう関係があるかというと、ヨガの実践者が言うには、食べ方に気を配るようになる。たとえばレストランで出された料理の量が多くても、食べるのはなんとか満腹感が得られる程度だ。こういう人たちは、ヨガを通して自分の内面を冷静に見つめたおかげで、過食に抗することができるのではないかと研究者らは考えている。

食事は自宅で

リムな人がやっているように、週に5日は家で料理を作って食べよう。"Consumer Reports"誌が調べたところ、減量に成功した人たちの習慣で一番だったのがこれだった。敷居が高そう?でも案ずるより産むが易しってこともある。半調理済みの食材なら食事の容易も簡単だ。たとえばファヒータ用にカット済みの赤身の牛肉や洗ってあるレタス、刻んである野菜、缶詰の豆類、調理済みのチキンフィンガー、グリルした惣菜のサーモンなどだ。

食事の「間」を逃すな

にはたいてい、少しの間フォークから手を離して(訳注。日本なら箸を置いて)自然に食事が途切れる「間」というものがある。この時を逃さずに、そこで食事を終わろう。皿を片づけて、会話を楽しみたまえ。この「間」は満腹ではないが満足したという無言のシグナルだ。しかしほとんどの人はこれを見逃している。

ストロング・ミントのガムを噛もう

うしても間食したくなりそうな時は、香りの強いシュガーレスのガムを噛むといい。仕事の後で夕食を作るとき、パーティーの席上、テレビを見ているとき、ネットサーフィンしているときなど、こういう状況は無意識に間食してしまう危険なシナリオだ。そういう場合、ガムの強い風味のパンチが他の食べ物を圧倒するので美味しくなくなるのだ。

お皿は小さく

12インチのディナー皿ではなく、10インチのランチ皿を使えば自然、食べる量が減る。料理を供する皿が大きく量も多いほどたくさん食べることが、コーネル大学のブライアン・ワンシンク博士が行った度重なる試験からわかった。皿やボールを小さくすれば、一日100カロリーから200カロリー減らせる。一年で10ポンドから20ポンド(約4.5kgから9.1kg)ほどになる。ワンシンクの試験では誰も空腹を感じなかったし、見た目でわからないように日々の摂取カロリーを200カロリー減らしいていたことに気づいた人すらいなかった。

自分に合った一人前の量

リムな人の習慣で一番のこだわりは、毎食の一人前をほどほどの量にすること。それも週5日以上続けることだ。"Consumer Reports"誌の調査では、「いつもスリム」な人も、ダイエットに成功した人もそうしている。一人前の量を何度か調整すれば、あとは自然にその量になる。少量ずつ分けて保存しておけばもっと手軽になるし、食事中は容器をテーブルから片付けておくといい。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体重を落とすのに役立つ24のコツ (2/4)

目次
1/4 食事の時間を計る、睡眠時間を増やして体重を減らそう、もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう、テーブルにスープが乗れば体重は落ちる、全粒紛で行こう、スリムな服を見つめよう
2/4 ベーコンはパス、ピザのトッピングはよく考えよう、賢い飲み方。糖分を減らそう、賢い飲み方。背の高い細身のグラスにしよう、賢い飲み方。アルコールは抑えよう、賢い飲み方。緑茶にしよう
3/4 ヨガで心を落ち着けよう、食事は自宅で、食事の「間」を逃すな、ストロング・ミントのガムを噛もう、お皿は小さく、自分に合った一人前の量
4/4 80-20 ルールを取り入れてみよう、外食もマイウェイで、選ぶなら赤いソース、肉を使わない食事を増やそう、あと100カロリーよけいに燃やそう、褒めよう

 

ベーコンはパス

肪のストライプが2本入ったベーコンは、朝食でも昼食のサンドイッチの具材でもパスしよう。この簡単な方法で100カロリーほど減らせる。100カロリーといえば一年で最高10ポンド(約4.5kg)の体重減になる。風味も他の材料に代えれば数カロリー分になる。スライスしたトマトとかバナナ・ペッパー、粒マスタード、薄く塗ったハーブ入りゴートチーズ(訳注。ヤギの乳のチーズ)などがいいだろう。

ピザのトッピングはよく考えよう

ザのトッピングは肉よりも野菜にしよう。そうすれば食事から100カロリー減らせる。ピザをすっきりさせる手は他にもある。チーズは少なめか、低脂肪チーズにしよう。それからピザ生地は、ごく少量のオリーブオイルで作ったトーストみたいな薄い方にしよう。

賢い飲み方。糖分を減らそう

通の炭酸飲料のような砂糖が入った飲み物を水かノンカロリーの炭酸水に代えれば、小さじ10杯分の砂糖が減らせる。レモンやミント、イチゴのシャーベットで風味を付ければ、また格別だ。

酸飲料に入っている液状の砂糖では、普通なら体内で発生する満腹の合図が出ない。ジェリービーンズのキャンディと炭酸飲料で一日あたり450カロリー余分に摂取する比較をした研究がある。キャンディを食べた方は、知らないうちに摂取したカロリーは概してほとんどなかった。しかし炭酸飲料を飲んだ方では違った。こちらは体重が4週間で2.5ポンド(約1.1kg)増えてしまった。

賢い飲み方。背の高い細身のグラスにしよう

み物のカロリーと体重を減らす、それも食事療法せずに減らすには、ずん胴タンブラーではなく、背の高い細身のグラスを使おう。こうすれば、ジュースや炭酸飲料、ワインなど、飲み物なら何でも飲む量を25%から30%減らせる。

うしてそうなるかというと、ブライアン・ワンシンク博士の話では、摂取量が見た目でごまかされるらしい。同博士がコーネル大学で行った試験で分かったことだが、どの職業の人でも、注いだ量が多かったのはずん胴のグラスの方だった。ベテランバーテンダーでさえそうだったのだ。

賢い飲み方。アルコールは抑えよう

酒を飲む時は、最初の1杯の後は、すぐそのままカクテルやビール、グラスワインに行かず、ソーダ水のようなノンアルコールで低カロリーの飲み物にすること。アルコール (7カロリー) は、1グラムあたりのカロリーが炭水化物 (4カロリー) やたんぱく質 (4カロリー) より多い。それにお酒を飲むと決心が鈍るから、知らないうちにポテトチップスやナッツをはじめ、普段は食べないようにしている食べ物に手を出すようになる。

賢い飲み方。緑茶にしよう

茶も減量対策にうってつけ。緑茶を飲めば、そこに含まれているカテキンという植物化学物質の作用と思われるが、体内でカロリーを燃やすエンジンの回転数を上げることができることを示唆する研究もある。何はなくともこれはサッパリしてるし、カロリーてんこ盛りってわけでもない。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体重を落とすのに役立つ24のコツ (1/4)

WebMD に載っている WebMD "Slimming Slideshow: 24 Ways to Lose Weight Without Dieting" という、体重を落とすうえで役立つ 24 種類のコツを紹介します。他の記事とカブる内容もありますがご勘弁ください。

これは少々長いので四分割します。

 

目次
1/4 食事の時間を計る、睡眠時間を増やして体重を減らそう、もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう、テーブルにスープが乗れば体重は落ちる、全粒紛で行こう、スリムな服を見つめよう
2/4 ベーコンはパス、ピザのトッピングはよく考えよう、賢い飲み方。糖分を減らそう、賢い飲み方。背の高い細身のグラスにしよう、賢い飲み方。アルコールは抑えよう、賢い飲み方。緑茶にしよう
3/4 ヨガで心を落ち着けよう、食事は自宅で、食事の「間」を逃すな、ストロング・ミントのガムを噛もう、お皿は小さく、自分に合った一人前の量
4/4 80-20 ルールを取り入れてみよう、外食もマイウェイで、選ぶなら赤いソース、肉を使わない食事を増やそう、あと100カロリーよけいに燃やそう、褒めよう

 

食事の時間を計る

イマーを20分にセットして、ゆっくり食べるように自分を変えよう。これは、込み入ったダイエットプランなど作らなくても体重を落とせる最上級の習慣だ。タイマーのベルが鳴るまで、一口ひとくちを充分に味わっていこう。ペースを守って食事をすれば、少量でも充分満足できるし、満腹ホルモン(訳注。おそらくレプチンのこと)が分泌されるきっかけにもなる。慌しく食事を貪ると、満腹ホルモンを出す信号が出なくなり、食べ過ぎの原因になる。

睡眠時間を増やして体重を減らそう

もう一時間余分に寝ると、体重を一年で14ポンド(約6.4kg)落とせる。これは、米ミシガン大学の研究者が行った、一日あたり2500カロリー摂取した場合の試算だ。無駄な時間や普段無意識に行っている間食の時間を睡眠に充てれば、楽勝でカロリーを6%減らせることが、このシナリオから明らかになっている。結果は人によって違うだろうが、睡眠が役立つ場面がもう一つある。睡眠時間が少なすぎると食欲が増し、その結果ひどく空腹になるという証拠があるのだ。

もっと食卓に出そう、そしてもっと野菜を食べよう

日の夕食には野菜を1つだけじゃなく3種類出そう。そうすれば楽に野菜をもっと食べられる。バラエティを豊富にすれば、その気になってたくさん食べるものだし、果物や野菜をたくさん食べることは、体重を落とすうえで申し分ない方法だ。食物繊維や水分の含有量が多ければ、少ないカロリーで満腹になる。調理の際は油を足さないようにしよう。それからせっかくの旨味を脂肪たっぷりのソースやドレッシング漬けにしたりせず、レモン果汁やハーブで風味を加えよう。

テーブルにスープが乗れば体重は落ちる

々の食事にブロスベースのスープを加えれば少ないカロリーで満腹になる。ミネストローネやトルティーヤ、ワンタンスープはどうだろう。スープを出せば食事がゆっくりになるし食欲を抑えてくれるので、食事の始めにはとりわけもってこいだ。初めは塩分控えめのブロスか缶入りスープにしよう。そこに生か冷凍物の野菜を加えて煮るといい。ただしクリーミースープは高脂肪高カロリーなので要注意。

全粒紛で行こう

米や大麦、オーツ麦、蕎麦、全粒紛小麦といった未精白の穀物も密かな減量対策にもってこいだ。少ないカロリーで満腹になるし、コレステロールの状況も改善してくれる全粒紛の穀物は、今ではワッフルやピザ生地、イングリッシュマフィン、パスタ、全粒小麦粉の白パンをはじめ多くの食品に入っている。

スリムな服を見つめよう

着ていたお気に入りのドレスやスカート、普段はいていたジーンズを毎日目のつくところに掛けておこう。そうすれば気がそがれない。掛けておくのはきつめの服だが、それも若干だ。そうすれば比較的短期間でそのご褒美に手が届く。その次は去年のカクテルドレスを引っ張り出そう。それが次の目標だ。小さい目標だが達成できる。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年4月 1日 (木)

テトリスは心の絆創膏?

トリスは、今の今までずっと "made in Japan" だと思っていたのだが、例によって wikipedia によると、旧ソ連の、それも科学者が開発したものらしい。その昔、黎明期のパソコンにインストールして、嬉々として遊んでいたことを思い出す。テトリスには2Dテトリス(2次元版)と3Dテトリス(立体版)があり、後者の方が難しかったが面白くもあった。テトリスはそういう身近な存在だっただけに、それがこのような用途に活用できるというのは、まさに「へぇー」という感じである。まさかテトリスとトラウマの治療が関係しているなど誰も気づかないし、そもそも誰もその二つを関連付けようとはしてこなかっただろう。まさしく「瓢箪から駒」である。

国はかの有名な University of Oxford のサイトに、 News releases for journalists というページがある。ここに "‘Tetris’ may help reduce flashbacks to traumatic events (6 January 2009)" という記事が載っていた。つまり テトリスは心に傷を負わせた出来事のフラッシュバックを減らしてくれるというのである。

とすれば、たとえなにか衝撃的な出来事に遭遇して心に傷を負った場合でも、テトリスが動くパソコンがあれば、家庭で心の傷を多少なりとも癒せることになる。薬師丸ひろ子の「すこしだけやさしく」という歌に「...もしも心に怪我をしたなら、淋しさって包帯で縛ってあげる」という歌詞があるが、今どきは「...テトリスって絆創膏で治してあげる」となるようだ。(テトリス自体が、今となってはいささか古めかしくはあるのだが...)

だし研究者の一人は、これは予備的な研究だから実際の治療に応用するのはまだ先だし、パソコンゲームをすることとその影響に関するもっと一般的な結論など何も引き出せない と念を押している。

このレポートをざっと要約してみると

にか衝撃的な出来事に遭遇して心に傷を負い、心的外傷後ストレス障害 (PTSD) になると、その出来事の光景や音があとで脳裏に何度も、しかも無意識に蘇ってくる。これをフラッシュバックというらしい。これはかなり辛い経験らしい。しかしそのような出来事に遭遇した直後にテトリスで遊ぶと、そのようなフラッシュバックの回数が減るらしいのだ。

の研究が素晴らしいのは、今までの治療方法が PTSD になってからしか効かないのに対して、テトリスを使う方法が心に傷を負った直後から活用できる点だ。

究者によると、ある出来事を経験してから最長で6時間は、人間の心にしまい込まれるある種の記憶に影響を与えることができるらしい。だから「健康な被験者では、この時間枠の中でテトリスを行えば、出来事を理解する能力は損なわずに、フラッシュバックする記憶を減らせることが明らかになった」のだそうだ。つまり心に衝撃を受けてから6時間以内にテトリスで遊べば、そのあと辛い記憶が蘇る回数が減るというわけである。

うしてテトリスにそういう効果があるのかについては、いろいろな心理学的背景を踏まえたうえで、「衝撃的な出来事を目撃した直後にテトリスを行い、さまざまな色のブロックの形状を認識したり動かすと、脳の感覚部分に保持される衝撃の光景とそれが競合するのだ。」つまるところ、「テトリスは、感覚情報を扱う脳の資源を獲得するように作用するのかもしれない。心に衝撃を受けてから一定期間内に感覚を通して入ってきた記憶がしまい込まれるプロセスにテトリスが介入するから、そのあとで経験するフラッシュバックの回数が減るのだと考えられる。」

どういう実験をしたか

ックスフォードのチームは健康な被験者40名に映画を見せた。それは飲酒運転の危険性を際立たせる広報をはじめ、さまざまな映画から切り出した悲惨な怪我の映像だった。これは、研究室でトラウマの影響を研究する方法として広く認められている。その後待つこと30分。被験者のうち20名は10分間テトリスで遊んだ。もう半数の被験者は何もしなかった。翌週一週間、このパソコンゲームを経験した被験者には、この映画がフラッシュバックで蘇る回数が大幅に少なくなった。

"エクサゲームで高齢者のうつ病改善?という記事" で中心的役割を果たしたのは Wii のテレビゲームだし、今回はテトリスという懐かしのパソコンゲームだ。こうなると、たかがゲームと侮って入られない。それに、仕事をサボってゲームをしているところを現行犯で目撃されても、「トラウマの治療中だ!」と開き直れる可能性も出てきた...かな?

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成22年4月の予定

平成22年4月の診療時間のお知らせです。

今月はカレンダー通りです(診察時間参照)。

生活習慣病に対する指導に力を入れているので気軽にお問い合わせ下さい。電話やメールで問い合わせも受け付けています。

1) ダイエット指導(健康指導)
診察に含まれていて、基本的に無料で指導しています。そのため、私のフリーな時間帯、昼休み(午後1時から1時間程度)、及び午後診療後(午後6時から1 時間程度:仕事をしている人向け)になっているため、完全予約制で人数制限があります。興味のある人はメールや電話でお問い合わせ下さい。

現在(平成22年4月)の予約状況は1名です、希望者が増えた場合、お待ちいただく必要があります。ご了承下さい。

2) 禁煙指導(チャンピックスによる禁煙治療)
私は嫌煙家なんですが、喫煙する人を嫌っている訳じゃありません。喫煙という行為が嫌いなんです。喫煙してても尊敬できる人は大勢いらっしゃいます。ただ、喫煙を正当化して吸い続けている人に哀れみは感じますね。そういう人は早く喫煙の問題に気づいて欲しいと思っています。私の禁煙指導は、辞めたくても辞められない人に向けられています。ニコチン依存症に陥って、自分で辞める自信の無い人は、医療保険を使った禁煙治療ができますよ。

辞めたいと思ったら合計5回の診察を含む三ヶ月間の禁煙治療をしませんか?

まだ禁煙を考えていない人は、私が集めている喫煙にまつわる健康障害の記事を読んで下さい: ライフログ:タバコに関する話題

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1400円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1200円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1500円(税込)

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬(診察室での手渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • プロペシア錠1mg:28錠7000円(税込)

5) 漢方治療

6) 高圧酸素治療(専門医)
当院では高圧酸素治療によるスポーツ外傷にも対応しています。足首の捻挫、膝の靱帯損傷に対して治療期間の短縮が期待できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »