« 楽観主義は免疫を活性化するかも | トップページ | 「最後の晩餐」も過食ぎみ »

2010年3月28日 (日)

ニュートリゲノミクス = パーソナル・ヘルスケア

へぇー、こういう潮流もあるんだぁ、という小ネタを一つ。

ンザス州立大学 CURRENT NEWS に載った "K-STATE RESEARCHERS SAY NUTRIGENOMICS LIKELY TO CHANGE THE FUTURE OF PUBLIC HEALTH; STUDIES ON NUTRIENTS AND GENE EXPRESSION COULD LEAD TO TAILORED DIETS FOR BETTER DISEASE PREVENTION" (Friday, March 5, 2010) というニュートリゲノミクスのレポートはとても興味深い。

のニュートリゲノミクスという分野は、一人ひとりの健康を増進し健全な生活の一翼を担うという意味では、本来あるべき姿にきわめて近いのではないかという気がする。少なくとも遺伝子をカット&ペーストしてでっち上げた遺伝子組み換え食品などよりは、はるかにまともな取り組みのように思える。

のカンザス州立大学のレポートをざっと要約してみると次のようになる。

ンザス州立大学の研究者らが最近学術誌に発表した論文で取り上げているニュートリゲノミクスは、一般大衆の健康と食品産業の未来を根底から変革する可能性がある。なぜかというと、食べ物を使って一人ひとりの遺伝子が疾病を発現しないようにする可能性について論じているからである。逆に言えば、一人ひとりの遺伝子構成に応じて食事を調整することがニュートリゲノミクスの関心だとも言える。

ュートリゲノミクスは分子生物学と遺伝学、および栄養学がコラボしており、特定の栄養素を用いて遺伝子の発現を制御するのが目的である。栄養素は転写因子(有機物の一種で、DNA と結合して、遺伝子の転写を促進もしくは阻害する)を通じて遺伝子の発現に影響を及ぼすことが分かっている。したがって個々の栄養素の役割と疾病を発現する仕組みがわかれば、一人ひとりの遺伝子に基づいて特定の食べ物が勧告できる。

費者は、科学者らが DNA を切り貼りしてでっち上げた遺伝子組み換え食品に神経をとがらせている。しかしこれはニュートリゲノミクスとはまったく別物である。ニュートリゲノミクスが注目しているのは、食材本来の栄養を活用して健康を増進することである。

康に関する現在の勧告は国民全体に対する一般論だが、ニュートリゲノミクスなら一人ひとりにもっと即した内容が勧告できる。これがニュートリゲノミクスの中心テーマである。ニュートリゲノミクスによって慢性疾患になりやすいかどうかがわかるので、それに応じて食事が調整できるようになる。栄養が遺伝子発現を変える仕組みがもっとよくわかれば、高コレステロールなどの疾患が投薬治療ではなく食べ物を使って治せる可能性がある。

5年から10年後には、まず遺伝子カウンセラーや医師に自分の遺伝子構成を診てもらい、その結果に応じて、栄養学の専門家に食事を調整してもらうことになろう。

今後の成り行きがとっても楽しみ!

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

屋台ブルーによる追記:2010年3月29日

「ニュートリゲノミックス」という新しいフィールドですね。確かに興味深い内容ですよ。これを読んで、今月初め、雑誌Natureに掲載された微生物の遺伝子カタログ作成の記事、「A human gut microbial gene catalogue established by metagenomic sequencing(ゲノミクス: メタゲノム配列決定で作製したヒト腸内微生物遺伝子カタログ)」を思い出しました。

彼らは、ヒトの腸内に生息する微生物330万個の遺伝子解析をすることで、1000種類以上の異なる腸内細菌の遺伝子カタログを作成したんです。その中に、クローン病など炎症性腸疾患、肥満、もしくは発癌にかかわる細菌も含まれていたので、腸内細菌と病気の関連性を調べていこうとしています。

将来的に、便を調べて個人の腸内細菌のプロファイルを見れば、病気に関連する腸内細菌の有無が分かるとなれば、発病予防や治療の効果判定にも繋がってくるだろうね。

食事の種類によって腸内細菌の分布も変わるから、病気予防になっていくと思うよ。

報告の中で、肥満で糖尿病患者、肥満の正常者、痩せた糖尿病患者、そして痩せた正常者を比べて、糖尿病に関連する特異的な細菌も見つけている。

まさに画期的な報告だろう。近々これに関連した発表が出てくるでしょうね。

|
|

« 楽観主義は免疫を活性化するかも | トップページ | 「最後の晩餐」も過食ぎみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/47932059

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートリゲノミクス = パーソナル・ヘルスケア:

« 楽観主義は免疫を活性化するかも | トップページ | 「最後の晩餐」も過食ぎみ »