« 平成22年3月の予定 | トップページ | Diet Blog facebook »

2010年3月 1日 (月)

「お腹の贅肉に救われた」撃たれた被害者は語る

SvNewlogo

ちょっと馬鹿馬鹿しいニュースをお伝えしよう。太った女性が銃で撃たれたけど、お腹周りの脂肪のおかげで致命傷に至らなかったっていう話なんだけど、これを理由に彼女は減量をする気がなくなったようで、「My love handles(*) saved my life」ってフレーズがプリントされたTシャツを着て堂々とするらしい。

どうでもいい話だけど、悲しい。

(*)Love Handlesってのは脇腹についている脂肪の事だ。恋人が腰に手を回した時に握りやすい場所にある余分な脂肪という意味のスラング。

こういうニュースを見ると、アメリカって肥満先進国だと思うよ。笑って彼女の人生を称えてあげましょう、なんて思っていたら、自分のアクセス解析に「ポテトホルダー」というキーワードを使って来ている人がいた。

2008年5月のエントリーに「フライドポテトホルダー」を取りあげていて、その当時、こんな商品が売れるアメリカに呆れていたけど...

国内でもオートバックスセブンが2009円9月にフライドポテト専用ホルダーを発売していたよ(^_^;)

明らかに国内でも需要があるんだ。そうなんだ、欲しがっている人がいるんだ。どんな人が買うんでしょうね。これを使っている人がいたら笑ってしまいそうだ。当然、気にしていない振りして後で笑うんだけどね。

日本も遅れないようにアメリカを追いかけているね。頑張れ日本!アメリカに追いつけ追い越せ!(かなり自虐的)

ふぅー、悲しい。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

「お腹の贅肉に救われた」撃たれた被害者は語る
"My Love Handles Saved My Life" Says Shooting Victim

スーパーマンは強靱な胸で弾丸を止める。マグニートーは空中で銃弾を止めてはね返す。しかし、この女性に必要なのは腹の肉だってさ。

(フロリダ在住の)Samantha Lynn Frazierさんは、ニュージャージーのアトランティックシティーで休暇を過ごしていた。土曜日の午前1時30分にバーの外で撃たれた時、彼女の間違いが始まった。

本当に、フロリダの住人ってのはどうやって生き抜いているのだろう?軍用レベルの防弾皮膚合金の「お腹の贅肉」を使っているの、それとも、お腹の脂肪は市民に与えられているもの?

Frazierさんのコメントでは:

減量したいってどれ程思い続けていたか... もう減量なんかしたくないわ。弾丸を止められるならこの大きさのままでいたいわね。

撃たれた時、Frazierさんは気を失ったけど、病院で意識が戻った時、余分に付いていたお腹の贅肉に命が救われたと医者が話した。

それでもって、彼女は、Tシャツにプリントされることになる言葉を話してくれた - 「ベイビー・ドール」や「プリンセス」なんてプリントされるフレーズのように - そこに、「My love handles saved my life <私のお腹の贅肉が命を救った>」と書かれている。

何と言うことだ、こんなエントリーを書いてしまう生意気さがあるかもしれない!そんなつもりじゃない。しかし、Frazieさんが太っているいい理由にはならないと思う。

犯罪に立ち向かうために警察官がドーナツショップで膨れあがっていく現実をみることになるのか - うーん、ならないよね、だよね?

|
|

« 平成22年3月の予定 | トップページ | Diet Blog facebook »

コメント

アメリカに住んでいると日本人とは次元が違う肥満の人を沢山見ます。こんなことで痩せるモチベーションがなくなるのは悲しいですね。

投稿: ミネソタの住人 | 2010年3月 2日 (火) 05時47分

ミネソタの住人さん、コメントありがとうございます。
もう4。5年前になるけど、私もフロリダに滞在していたとき
肥満者の多かったことが印象的でした。
住んでいた事のあるカナダの比じゃないって感じました。

投稿: 屋台ブルー | 2010年3月 2日 (火) 10時40分

アメリカに旅行に行った時、肥満の次元の違いに驚かされました。特に老夫婦が、コーラのペットボトル(大)を平気で歩きながら飲んでいたのを見て日本では考えられないなと思いました。
ところで、今回のニュースは本当に悲しいですね。今後の彼女の人生が見ものですね。

投稿: REDMEN | 2010年3月 5日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/47695852

この記事へのトラックバック一覧です: 「お腹の贅肉に救われた」撃たれた被害者は語る:

« 平成22年3月の予定 | トップページ | Diet Blog facebook »