« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

活性酸素とオレンジジュース

ーパーマーケットでよく見かける食材で健康が保てるとすれば、手軽で財布にもやさしく、一般庶民とすれば願ったり叶ったりである。今回の記事もそういう内容である。

ューヨーク州立大学バッファロー校 の NewsCenter に "Flavonoids in Orange Juice Suppress Oxidative Stress from High-Fat, High-Carb Meal" (March 30, 2010) という記事 が載った。つまりオレンジジュースに含まれるフラボノイドが、高脂肪、高炭水化物の食事が原因の酸化ストレスを抑えるというのである。

の研究は 米国立衛生研究所、米国糖尿病協会に加えて 米フロリダ州政府柑橘局 からも助成金を受けているという点が気になるといえば気になるが、それはともかく...、この記事をざっと要約してみるとこうなる。

肪や炭水化物食が多い食事をとると体内で酸化や炎症が起きるが、併せてフラボノイドを含む食べ物をとると、酸化や炎症のストレスが中和されて、血管の損傷を防いでくれることが、ニューヨーク州立大学バッファロー校の内分泌学者らの研究で明らかになった。

回初めて分かったことだが、研究データによれば、高脂肪、高炭水化物食と一緒にオレンジジュースを飲むと、活性酸素種をはじめとする炎症性物質の著しい増加が抑えられた。しかし水や砂糖を入れた飲み物を飲んだ場合にはこの現象は発生しなかった。なお、この研究で使われたオレンジジュースは濃縮還元タイプではなく、ストレートジュースだった。

性酸素は血管の内壁に炎症を引き起こし、心臓発作や脳卒中の要因になることはよく知られたことだが、オレンジジュースのこの強力な予防作用は、おそらく大量に含まれるフラボノイド、ナリンゲニンとヘスペリジンという重要な抗酸化物質と関連がある。

の研究データで重要なのは、高脂肪、高炭水化物の食事は、あっという間に、しかも手酷く炎症を誘発すること、そしてこのプロセスは細胞レベル、分子レベルで起きていることである。そして炎症は肥満やインスリン耐性をはじめとするいろいろな疾患につながる場合がある。

から食後に炎症が繰り返し延々と積み重なっていかないように、炎症を起こさない安全な食物を選ぶことが大切になる。

どういう研究をしたのか

加したのは20歳から40歳までの健康で普通の体重の男女10名ずつの3グループ。一晩食事を抜いた後、参加者は900カロリーの朝食(エッグマフィンサンドイッチ、ソーセージマフィンサンドイッチ、ハッシュポテト)をとった。この食事には炭水化物が81グラム、脂肪が51グラム、たんぱく質が32グラム含まれている。

食と一緒に一つのグループには300カロリーの濃縮還元していないストレートのオレンジジュース、2番めのグループには300カロリーのブドウ糖ジュース、残りのグループには同量の水を飲んでもらった。参加者に与えられた食事の時間は15分。そして食事前と食事の1時間後、3時間後、および5時間後に採血した。炎症のメディエータは、いずれのグループも食事前には顕著な差異はなかった。

事後の血液サンプルを分析した結果、活性酸素の増加率は水を飲んだグループで62%、ブドウ糖ジュースを飲んだグループで63%、オレンジジュースを飲んだグループで47%だった。さらに Toll様受容体という血液成分も増加していた。

つまり、

とブドウ糖のジュース、オレンジジュースのうち、食事後の活性酸素の増加をいちばん抑えてくれるのがオレンジジュースだったというわけである。研究のスポンサーに名を連ねているのが米フロリダ州政府柑橘局だけにオレンジジュースを使ったのだろうが、ひょっとしたらオレンジジュース以外にも食事による活性酸素の増加を抑えてくれる食べ物はあるかもしれない。日本食の食材などは大いに可能性がありそうな気がする。

いうわけで Google をあたってみたが、なにせ Google なものだから玉石混交で、しかも大量にヒットしてしまい、その中から選び出すのはちょっと苦労するので、この件はペンディング f(^^) 。それでも一般庶民にはありがたい研究である。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月30日 (火)

ジャンクフード中毒は肥満の手がかりになるか:研究報告

今日の私の話題は、ジャンクフードの依存性についてだ。ジャンクフードってのは食品メーカーが売るために作っている商品だよね。商品てことは、リピーターを持ちたいと会社は思っているだろう。昔、コカコーラにコカインの原料、コカの葉の成分が含まれたいたっていうのは有名な話。依存性のある成分が加わると、リピーターなんて簡単に持てるよね。そうすりゃ、会社も安泰だ。

強弱は様々だけど依存性のある化学物質は色々ある。当然だけど、加工食品に使用するなら、添加物として表示しなければならない。しかし、含有量が基準値より少なければ表示しなくていいという緩いルールも存在する。基準値ってのも根拠がない場合があって、少量摂取で問題ないと思われても、長期間摂取し続けるとどうなるか分かっていない場合が多い。蓄積性に依存が生まれるかもしれないよね。

こういう話は憶測の域から出ていなかったけど、今日のニュースを読めば、噂だけでは無さそうだと思える。やっぱりそうだったか、と私は正直感じましたよ。

皆さんは、どう思います?

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "ジャンクフード中毒は肥満の手がかりになるか:研究報告"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010年3月29日 (月)

「最後の晩餐」も過食ぎみ

「最後の晩餐」といえば、イタリアはミラノ、サンタ・マリア・デレ・グラツィエ教会にある、かのレオナルド・ダ・ビンチが描いたものがもっとも有名だが、「最後の晩餐」を描いた画家は、なにもレオナルド・ダ・ビンチ一人ではないそうだ。たしかに「最後の晩餐」というのは新約聖書(マタイ 26章20節、マルコ 14章15節、ルカ 22章12節)に記されている話なので、多くの画家が題材にしたことだろう。

事には当然食べ物が付き物で、「最後の晩餐」にももちろん料理が描き込まれている。実は絵が描かれた年代を下るにつれて、そこに描かれている料理の一人前の分量が増えているのだそうだ。

"The New York Times" 紙の Week in Review に掲載されている Prime Number (March 26, 2010) という小さな記事によると、過去千年間に52人が描いた「最後の晩餐」について、そのメインディッシュ、皿、パン一塊りの大きさを調べた人がいる。それはブライアンとクレイグのワンシンク兄弟(前者はコーネル大学、後者はバージニア・ウェスリアン・カレッジ)。その結果によると、一人前のメインディッシュはこれまでに 69.2% 増えたし、皿は 66%、パン一塊りは 23% それぞれ大きくなったのだそうだ。

事に供される食べ物の量とそれを乗せる皿が増大しているこの現象は人々を過食に追い込むものだが、これは、過去千年の間に食物が豊富に出回り簡単に手に入るようになるにつれて徐々に現れてきたものだということがこの結果から言えるだろう、とブライアン・ワンシンクは語る。

しかに、屋台ブルーさんのお書きになった 食事量をコントロールするシンプルな3つの方法 という記事の中にも、

1.お皿の大きさを小さくする
お皿、ボウル、カップのサイズも時代と共に大きくなっていった。食事を載せる食器類が大きくなると食べる量に影響があるってのもよく知られていることだ。
という記述があるが、これまでに食料が増産され、多くの人が食料を容易に、そして豊富に入手できるようになってきたという過去千年間の歴史的経緯から見ても :-) 現在ダイエットを心がけている人にとっても、これからダイエットに取り組もうという人にとっても充分納得できるアドバイスだろう。

どうやって調べたか

"International Journal of Obesity" に掲載された "The largest Last Supper: depictions of food portions and plate size increased over the millennium" (23 March 2010) というの論文の抄録でワンシンク兄弟は、「芸術が人生/生活を写し取り、食事の量が時とともにおしなべて増加してきたものなら、その傾向は食べ物を描いた絵画に反映していそうなものだ」と語っている。そして彼らは、代表的な「最後の晩餐」52点について、"Last Supper" (Phaidon Press 刊)という本に描かれている絵を基準に置き、CAD-CAM の手法を使って料理と頭の大きさの相対比率を計算した。その結果、メインディッシュは69.2%、パンは23.1%、皿は65.6% それぞれ大きくなっていた。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月28日 (日)

ニュートリゲノミクス = パーソナル・ヘルスケア

へぇー、こういう潮流もあるんだぁ、という小ネタを一つ。

ンザス州立大学 CURRENT NEWS に載った "K-STATE RESEARCHERS SAY NUTRIGENOMICS LIKELY TO CHANGE THE FUTURE OF PUBLIC HEALTH; STUDIES ON NUTRIENTS AND GENE EXPRESSION COULD LEAD TO TAILORED DIETS FOR BETTER DISEASE PREVENTION" (Friday, March 5, 2010) というニュートリゲノミクスのレポートはとても興味深い。

のニュートリゲノミクスという分野は、一人ひとりの健康を増進し健全な生活の一翼を担うという意味では、本来あるべき姿にきわめて近いのではないかという気がする。少なくとも遺伝子をカット&ペーストしてでっち上げた遺伝子組み換え食品などよりは、はるかにまともな取り組みのように思える。

のカンザス州立大学のレポートをざっと要約してみると次のようになる。

ンザス州立大学の研究者らが最近学術誌に発表した論文で取り上げているニュートリゲノミクスは、一般大衆の健康と食品産業の未来を根底から変革する可能性がある。なぜかというと、食べ物を使って一人ひとりの遺伝子が疾病を発現しないようにする可能性について論じているからである。逆に言えば、一人ひとりの遺伝子構成に応じて食事を調整することがニュートリゲノミクスの関心だとも言える。

ュートリゲノミクスは分子生物学と遺伝学、および栄養学がコラボしており、特定の栄養素を用いて遺伝子の発現を制御するのが目的である。栄養素は転写因子(有機物の一種で、DNA と結合して、遺伝子の転写を促進もしくは阻害する)を通じて遺伝子の発現に影響を及ぼすことが分かっている。したがって個々の栄養素の役割と疾病を発現する仕組みがわかれば、一人ひとりの遺伝子に基づいて特定の食べ物が勧告できる。

費者は、科学者らが DNA を切り貼りしてでっち上げた遺伝子組み換え食品に神経をとがらせている。しかしこれはニュートリゲノミクスとはまったく別物である。ニュートリゲノミクスが注目しているのは、食材本来の栄養を活用して健康を増進することである。

康に関する現在の勧告は国民全体に対する一般論だが、ニュートリゲノミクスなら一人ひとりにもっと即した内容が勧告できる。これがニュートリゲノミクスの中心テーマである。ニュートリゲノミクスによって慢性疾患になりやすいかどうかがわかるので、それに応じて食事が調整できるようになる。栄養が遺伝子発現を変える仕組みがもっとよくわかれば、高コレステロールなどの疾患が投薬治療ではなく食べ物を使って治せる可能性がある。

5年から10年後には、まず遺伝子カウンセラーや医師に自分の遺伝子構成を診てもらい、その結果に応じて、栄養学の専門家に食事を調整してもらうことになろう。

今後の成り行きがとっても楽しみ!

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

屋台ブルーによる追記:2010年3月29日

「ニュートリゲノミックス」という新しいフィールドですね。確かに興味深い内容ですよ。これを読んで、今月初め、雑誌Natureに掲載された微生物の遺伝子カタログ作成の記事、「A human gut microbial gene catalogue established by metagenomic sequencing(ゲノミクス: メタゲノム配列決定で作製したヒト腸内微生物遺伝子カタログ)」を思い出しました。

彼らは、ヒトの腸内に生息する微生物330万個の遺伝子解析をすることで、1000種類以上の異なる腸内細菌の遺伝子カタログを作成したんです。その中に、クローン病など炎症性腸疾患、肥満、もしくは発癌にかかわる細菌も含まれていたので、腸内細菌と病気の関連性を調べていこうとしています。

将来的に、便を調べて個人の腸内細菌のプロファイルを見れば、病気に関連する腸内細菌の有無が分かるとなれば、発病予防や治療の効果判定にも繋がってくるだろうね。

食事の種類によって腸内細菌の分布も変わるから、病気予防になっていくと思うよ。

報告の中で、肥満で糖尿病患者、肥満の正常者、痩せた糖尿病患者、そして痩せた正常者を比べて、糖尿病に関連する特異的な細菌も見つけている。

まさに画期的な報告だろう。近々これに関連した発表が出てくるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

楽観主義は免疫を活性化するかも

ダイエットに限らず、健康的に生きるために重要なのは、食生活と運動習慣、それにメンタル面での取り組みが必要となる。そんな訳で、私は、この3つを統合的に考える「ダイエット・トリニティー」という造語を作ったけど知っているかな?

メンタル面の重要性は、誰もが経験的に知っているけど、エビデンスとなると極端に少ない。今日のニュースは、そんなメンタルな側面に目を向けた研究報告の1つになるから重要だよ。

ライフログでも以前に「楽観主義」に関する記事を紹介していて、昨年(2009年)の9月29日のエントリーに「楽観主義って減量に悪い?」ってのがある。タイトルから「楽観主義」はダイエットによくないと短絡的に考えてしまうかもしれない。非現実的な考えを持った楽観主義は確かに、ダイエットへの取り組みに失敗してしまうかもしれない。しかし、現実的なゴールをセットしていれば、楽観的な取り組みでいいかもしれない。ネガティブな気持ちが生まれてもポジティブな行動に変えられる人間こそ健康的な生活を送れるのだろう。

今日のヘルスデイのニュースは、当に私がいつも患者さんに話している内容の裏付けとなるエビデンスだろう。こういう報告は本当に重要だね。

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "楽観主義は免疫を活性化するかも"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月27日 (土)

異性化糖 "High Fructose Corn Syrup" はメタボのもと?

でパッケージに入った食品を買ったら裏の成分表示を確認するのが習慣になっているが、そこでいつも気になっていたのはブドウ糖果糖液糖いう表示。ほとんどありとあらゆる食品に入り込んでいるこの怪しげな代物はいったい何だろう、と常々思っていたところに、今回おもしろい記事を見つけた。米プリンストン大学3月26日付け News at Princeton に載っていた A sweet problem: Princeton researchers find that high-fructose corn syrup prompts considerably more weight gain (March 22, 2010; 10:00 a.m.) という記事である。

ブドウ糖果糖液糖って何?

ころでこのブドウ糖果糖液糖なるものだが、wikipedia によると、どうやら異性化糖という糖の一種類らしい。では異性化糖はというと、「ブドウ糖と果糖を主成分とする液状糖で、原料はトウモロコシやジャガイモ、あるいはサツマイモなどのデンプン」とある。そして成分の含有率によって以下のように分類されているようである。

ブドウ糖果糖液糖: 果糖が50%未満
果糖ブドウ糖液糖: 果糖が50%以上90%未満
高果糖液糖: 果糖が90%以上
砂糖混合異性化糖: 上記の各々に10%以上の砂糖を加えたもの

は "high fructose corn syrup" の方はどうかというと、これまた wikipedia によると、果糖とブドウ糖の混合比率によって "HFCS 55"(果糖55%、ブドウ糖45%)や "HFCS 90"(果糖90%、ブドウ糖10%)など、いくつか種類があるようである。

ちなみに、引用元の記事で使われている "high fructose corn syrup" がどれに当たるかわからないと、日本でいう前述のどれに相当するか決められない。しかしあいにく、引用元の記事では単に "high fructose corn syrup" と称しているだけである。そこで、どう転んでもいいように、この記事では異性化糖という用語を使うことにする。

性化糖(ブドウ糖果糖液糖)については、屋台ブルーさんがHFCS(ブドウ糖果糖液糖)の真実という記事を書いておられるので、そちらもぜひ参照していただきたい。

異性化糖をとりすぎるとどうなるか?

用元の記事が言わんとしているのは、手短かにまとめれば、異性化糖を過剰に摂取すると、人間で言えばメタボリック症候群に相当する症状が実験動物に現れたということである。

の研究を行ったのは米国プリンストン大学の研究チーム。その研究から、「全体の摂取カロリーを同じにしても、グラニュー糖を摂取したネズミよりも異性化糖を摂取したネズミの方が著しい体重増加を示した」ことが明らかになった。研究者らによれば、異性化糖は実験動物の著しい体重増加の原因になるうえに、長期間摂取すると、とりわけ腹部の体脂肪の異常な増加につながり、中性脂肪という体内を循環している血中脂肪の上昇を招く。食欲と体重、糖分依存に関する神経科学の専門家バート・ホーベル心理学教授によれば、

異性化糖だって他の甘味料だって、体重増加や肥満についてはなんら変わらないと言い張る人もいるが、少なくとも我々の試験環境下ではまったく違う。それはこの実験結果からはっきりしている。ネズミが摂取する異性化糖が炭酸飲料に含まれている量よりはるかに少ない場合でもそのネズミは肥満になる。それも一匹残らずだ。例外はない。高脂肪の餌を与えたネズミだってこうはならない。体重が増えないネズミだっているんだよ。

究チームは2種類の実験を行った。まず一つは、2つに分けた実験用のネズミの一方には標準的な餌とグラニュー糖で甘くした水を与え、もう一方には同じ餌と異性化糖で甘くした水を与えた。糖分の濃度はグラニュー糖の方は市販のソフトドリンクの糖分濃度と同じ。そして異性化糖の方は一般の炭酸飲料の糖分濃度の半分にした。その結果、異性化糖で甘くした水を与えたネズミの方が著しく体重が増加した。

2つ目は半年間という長期間の実験。この時は一方のネズミにはネズミ用の餌だけを与え、もう一方には異性化糖をたっぷり与えた。そして「6ヶ月にわたり異性化糖を与えたネズミの体重増加、および体脂肪と中性脂肪の量が観察された。ネズミ用の餌だけを与えられた方と比較すると、異性化糖が豊富な食事を与えられたネズミは、体重や血中の中性脂肪の増加、沈着する脂肪、特に腹部回りの内臓脂肪の増加など、人間のメタボリック・シンドロームにあたる危険な症状に特徴的な兆候が現れた。とりわけオスのネズミの太り方は激しく、異性化糖を与えられた方は、普通の餌を食べた方よりも体重が48%も重かった。」研究者の一人はこう指摘する。

このネズミたちはただ太っているだけじゃない。腹部脂肪や血中中性脂肪の相当量の増加など肥満の特徴がある。人間でこれと同じ所見があれば、高血圧や冠動脈疾患、ガン、糖尿病などの危険因子になるところだ。

ただ、異性化糖を与えると中性脂肪や体脂肪が増加し、結果として肥満になった理由についてはまだ不明らしい。それでも引用元の記事によれば、次のような説明がある。

異性化糖もショ糖も、いずれも果糖とブドウ糖という単糖類を含んだ化合物だが、両者は少なくとも2つの点で異なっている。まずショ糖を構成するこの2種類の単糖類は量が同じである。果糖が50%、ブドウ糖が50%である。しかしこの研究で使われた一般的な異性化糖には、ややバランスが崩れているという特徴がある。果糖が55%、ブドウ糖が42%である。残りの3%は高分子サッカライドといって、糖分の分子がもっと大きい。第2に、異性化糖は、製造工程を経た結果そこに含まれる果糖分子が遊離し非結合性を帯びるため、すぐに吸収、活用される。それに対して、サトウキビ糖やテンサイ糖から得られるショ糖は、そこに含まれる果糖分子が1つずつ対になるブドウ糖分子と結合しているため、余分な代謝プロセスを経ないと利用できない。

こうなると非常におもしろい謎が生じる。プリンストンの研究に使われたネズミが肥満したのは異性化糖を飲んだからで、ショ糖を飲んだわけではないからだ。食欲や代謝、遺伝子発現のどういう違いが決め手になってこの現象が起きているかはまだ判明していないが、過剰な果糖は代謝されて脂肪になり、ブドウ糖は大部分が代謝後エネルギーになるかグリコーゲンという炭水化物として肝臓と筋肉に貯蔵されるという事実が関係しているかもしれない。

こうなるとパッケージに入っている食品には手を出しにくい。そうなると自然、選択肢は生野菜と鮮魚ということになるが、まさか養殖魚に HFCS なんか与えてないだろうなあ。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

屋台ブルーによる追記:2010年3月29日

今回、fumixieさんに「ブドウ糖果糖液糖」と「HFCS」の相違点を詳しく解説してもらいました。感謝です。私の表記では問題になりそうなところがあるので、過去の記事も訂正していく。

HFCSは、「High Fructose Corn Syrup(高果糖コーンシロップ)」からわかるように「果糖」がフューチャーされている名称である。日本の場合、ブドウ糖の含有量が多い「ブドウ糖果糖液糖」がよく使われているという理由で、「HFCS」の訳語に当てていたけど、果糖の含有量が多い、「果糖ブドウ糖液糖」も、実際、多くの食材で使われている。したがって、「果糖ブドウ糖液糖」と訳した方が望ましいだろう。

実は、もう1つ理由がある。最近、「果糖」に問題があるという説があり、HFCSの問題を果糖の問題と同義にしている場合が多い。そんな理由から果糖の含有量の多い、果糖ブドウ糖液糖という表記の方が望ましいでしょう。

ライフログで紹介していない3月19日のヘルスデイ・ニュースを紹介しておく。

果糖ブドウ糖液糖と肝線維化の関連性
High Fructose Corn Syrup Linked to Liver Scarring

この記事の後半に、「人では果糖によるNAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)の発症は証明されていないし、NAFLDの患者は、既に多大な健康障害を持っているから、果糖摂取となんら関係ない。」という記載がある。HFCSと聞けば、果糖の問題として考えているようだ。

この報告で言えることは、相関があるかもしれないだけで、因果関係を議論するレベルには達していない。さらに研究を進め、実際にフルクトースで肝障害が引き起こすかどうか調べなきゃならんでしょうね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2010年3月24日 (水)

肥満との戦いに最新兵器登場?

の手の話はよくあることで「またか」とアクビが出そうな気がしないでもないが、日本人にとってはまことに好都合な記事ではある。この記事のキーワードはアルギン酸。これを摂取することによって、体内で脂肪が吸収されにくくなることを英国ニューカッスル大学の研究チームが発見したとのこと。この発見について研究者は、「アルギン酸は肥満との戦いのきわめて現実的な解決策になるのではないかと思う」と自信を覗かせている。

ルギン酸とは、wikipedia によると「褐藻などに含まれる多糖類で、食物繊維の一種である」とある。褐藻はというと、おなじく wikipedia によると「褐藻類は、海産の多細胞藻類を中心とする生物群である。褐色をしていることからその名がある(ワカメは湯通しするまでは褐色)。... 日常生活に最も近い褐藻は、コンブやワカメなどの食用の海藻である」とある。つまりアルギン酸とは、コンブやワカメに含まれる食物繊維ということになる。

の記事では「海草をパンに加えている」。想像するに、ワカメやコンブをそのまま食べる習慣の無い欧米人が編み出した苦肉の策なのではあるまいか。だから味覚テストなどということも行ったのだろう。「効果があるのはいいけど、コンブなんかそのまま食べたことないし、かと言って、パンに練り込んだところで、ほんとに美味しいのかなあ?」といったところではないだろうか。まさかパンに練り込まないと効果が無いなど、ちょっと考えにくい。だとすれば、そのまま食べる習慣のある日本人にはまことに好都合でありがたい記事である。

ーパーマーケットなどの鮮魚コーナーに行けば、千切りにしたパック詰めのコンブが売られている。私がよく買うものは、サラダにすれば2食分はありそうな量で99円と、まことにリーズナブルな価格である。ポン酢で食べれば美味このうえなし。

念ながらこの記事には定量的な記述が無いので、どれだけアルギン酸ないしは海草を摂取すれば、どれだけの脂肪を吸収せずに済むかは分からない。しかしワカメにしろコンブにしろ値の張るものではないので、せっせと食べることにしよう。

国Telegraph紙の記事 Seaweed bread could help fight obesity crisis: scientists(2010年3月22日) ではこんな具合。

英国の科学者らによると、深刻さを増しつつある英国の肥満危機に立ち向かう最新兵器になるのは海草パンかもしれない。

パンやビスケット、ヨーグルトに海草を加えると、体に吸収される脂肪の量が最大75%減らせることをニューカッスル大学のチームが発見した。

秘密はアルギン酸という天然の食物繊維。コンブに含まれており、少量ならすでに増粘剤として食べ物に使われている。手始めの味覚テストからは、量をもっと増やしても問題ないことがうかがわれる。

この発見は米サンフランシスコで行われる American Chemical Society の会議で発表されることになっている。

「普段毎日食べているパンやビスケット、ヨーグルトといった食べ物に天然の食物繊維を加えれば、その食事に含まれる脂肪の最大で四分の三は体を素通りさせることができると思う」とレイン・ブラウンリー博士は言う。

「すでにアルギン酸を加えたパンで最初の味覚テストを行ったが、結果はきわめて有望だった。次は、普通の食事の一環として食べたときにどの程度効果があるかを臨床試験で見極める段階に入る」

海草は、現在店で売られている減量薬よりも効果的かもしれないと博士は言う。

そしてこう言い添えた。「奇跡のごとく体重が落ちるといううたい文句は枚挙に暇が無いが、その根拠となるしっかりした科学的な証拠があるのはごくわずかだ」

「アルギン酸は体重管理の大きな可能性を秘めているうえに、食べ物に加えれば、食物繊維の含有量を引き上げるという利点も出てくる」

「この最初の発見からみて、アルギン酸は肥満との戦いのきわめて現実的な解決策になるのではないかと思う」

らに、Telegraph紙の記事の元ネタと思われる当のニューカッスル大学プレスリリース "Seaweed to tackle rising tide of obesity"(2010年3月22日)はこんな具合。

海草によって脂肪の摂取量が75%以上減ることが分かったところから、海草が肥満の取り組みの鍵を握っている可能性があることが、新しい研究で明らかになった。

現在ニューカッスル大学のチームは海草の食物繊維をパンに加えて、食べれば体重が落ちてくれるような食べ物が開発できるかどうか調べているところである。

レイン・ブラウンリー博士とジェフ・ピアソン教授率いる科学者チームは、商用利用では世界のトップクラスの海草に含まれる食物繊維によって、体に吸収される脂肪量が75%程度減らせることを見出した。

体が脂肪を吸収するのを抑えるには、アルギン酸というコンブに含まれている天然の食物繊維の方が、薬屋で手に入るほとんどの抗肥満薬よりもはるかに優れていることをこの研究チームが発見した。

人工の腸を使い、60種類を越える天然の食物繊維を一つひとつ脂肪に加えてその脂肪が消化吸収される量を測定した。こうしてその食物繊維の効果を調べていった。

次は、ボランティアを募って、研究室のモデルで得られた効果が本物の人で再現できるかどうか、そしてそのような食べ物が普段の食事で本当に受け入れられるかどうかを研究する段階になる、とブラウンリー博士は、この発見を発表したサンフランシスコの American Chemical Society 春季会議の席で語った。

「この研究は、こうして作られたものの真価を問うのが目標だ。そしてまず分かったのは、アルギン酸が脂肪の消化を大幅に減らすということだ」とブラウンリー博士は説明した。

「普段毎日食べているパンやビスケット、ヨーグルトといった食べ物に天然の食物繊維を加えれば、その食事に含まれる脂肪の最大で四分の三は体を素通りさせることができると思う」

「すでにアルギン酸を加えたパンで最初の味覚テストを行ったが、結果はきわめて有望だった。次は、普通の食事の一環として食べたときにどの程度効果があるかを臨床試験で見極める段階に入る」

この研究は、Biotechnology and Biological Sciences Research Council の資金援助を受けている3年間のプロジェクトの一環である。このプロジェクトでは、食べ物のラベルに謳っている健康上の効能については、科学的な証拠にもとづいて立証しなければならないという、European Food Safety Authority が定めた新しい規則に取り組んでいる。

「奇跡のごとく体重が落ちるといううたい文句は枚挙に暇が無いが、その根拠となるしっかりした科学的な証拠があるのはごくわずかだ」とブラウンリー博士は説明する。

アルギン酸は、ごく微量なら増粘剤や安定剤としてすでに多くの食品で普通に使われているし、味覚のブラインド・テストの一環としてパンに混ぜているところだ。ブラウンリー博士によれば、実は普通の白パンよりアルギン酸食パンの方が食感がよくなりコクも増した。

「肥満の問題は悪化の一途で、体重を減らそうとして食事と運動のプランを立てるけど、続けるのは難しいと皆分かっている」と博士は言う。

「アルギン酸は体重管理の大きな可能性を秘めているばかりか、食べ物に加えれば、食物繊維の含有量を引き上げるという利点も出てくる」

繊維とはなにか?

食物繊維は、科学的には、ヒトの腸では消化されない植物由来の炭水化物グループに分類されていることがよくある。

ブラウンリー博士によれば、「実を言えば、繊維については依然かなり混乱している。繊維と言えば、たいていの人は食物繊維を考えるだろうね。便通が規則正しくなり、腸を健康に保つのに欠かせない食物の一部だ。」

「この2点はたしかにその通りだ。だが繊維がどれも同じで、体の中を何の影響も与えずに通り抜けるだけという考えは誤りだ」

繊維は多糖というきわめて多様な分子でできていて、ヒトの腸では消化されないが、数多くの体内作用に直接間接に影響を与えている。

そして博士はこう言い添えた。「この最初の発見からみて、アルギン酸は肥満との戦いのきわめて現実的な解決策になるのではないかと思う」

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

少量の飲酒は心臓にいい

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

たまたアルコールの話題をする。でも、最初に断っておくけど、私はアルコールが身体にいいと思っていないからね。特に若い世代の飲酒は少量でも良くないだろう。

イフログでアルコールが身体にいいというニュースを紹介しているのは、アルコールが好きな自分を正当化する愚かな行為ではあるが、私は既に40歳を越えた中年男で、将来を有望されている若者じゃないってことを強調しておこう。これから勉強や仕事で成功したいと考えている若者ならアルコールを控えるべきだろう。

ルコールを飲めば脳の容量は小さくなるし、この関連性は少量飲酒でも存在する。脳容量減少と知能の相関性はまだ示されていないけど、調べられていないだけで、萎縮する脳を使ってクリエイティブな仕事を維持できるかな?
アルコール、飲むほどに脳が縮小

っとやっかいなのは発癌性だ。男だろうが女だろうが、アジア人である日本人はアルコールを飲めば発癌性が跳ね上がる。食道癌のリスクは極端に高い。特に、少量飲酒で顔が赤くなる(フラッシング反応)人が飲むのは危険だ。全く飲めない体質を羨ましく思わなければならない。中途半端に顔を赤くして飲み続けられるから食道癌になってしまうんだよ。食道癌は辛いよ、本当に...
飲酒で顔赤くなるアジア人、食道がんのリスク高い

回の報告の中でも触れられているけど、若い女性は乳癌のリスクも考慮しなければならない。アルコールは明らかに発癌に関連性があり、若年でガンを発症してしまうと勉強や仕事のパフォーマンスを云々ってことにならなくなるよ。
アルコールは二度目の乳癌リスクを高めるかも

あこんな事に関係が無く、動脈硬化が進んでしまった身体をお持ちの中高年者で、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高いのであれば、好きで飲んでいるお酒を中等量で続けてもかまわないだろう。

日のようなタイトルをつけていると、アルコールは身体にいいと思ってしまうかもしれないけど、アルコールは日本人(アセトアルデヒドが体内に残留しやすい)にとって薬よりも毒に近いだろうね。まあ個々の適正を考えていないと、アルコールで人生を棒に振ってしまうよ。注意してね。

れは自分への戒めでもある。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "少量の飲酒は心臓にいい"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年3月22日 (月)

Third-hand smoke(残留受動喫煙物質)のことなど...(その2)

2009年1月2日といいますから、"third-hand smoke" という用語が使われた論文が Pediatrics 誌に載った頃ですが、この日の New York Times 紙"A New Cigarette Hazard: 'Third-Hand Smoke'" という記事が載りました。その記事から少し抜粋してみます。

なお、ここでは暫定的に「second-hand smoke(受動喫煙物質)」、「third-hand smoke(残留受動喫煙物質)」としてみました。

なお、その他の "Third Hand Smoke"関連記事については、こちらの索引をご覧ください。


third-hand smoke(残留受動喫煙物質)とは



事によれば、


これは、目には見えないが、クッションやカーペットは言うにおよばず、喫煙者の毛髪や衣服にまとわりつき、部屋から "second-hand smoke(受動喫煙物質)" がなくなった後も長期間残留しているガスと粒子からなる毒性の混合物を表す用語だ。この残留物には重金属、発ガン物質、それに放射性物質まで含まれており、特に床を這ったり床の上で遊んでいる幼い子供はそれを手に取り口に入れる可能性がある。

そして研究者はこう言っています。この説明はとても分かりやすいと思います。

third-hand smoke(残留受動喫煙物質)というのは、戸外でタバコを吸ってきた喫煙者がエレベータに入ってきたり、だれかがタバコを吸っていたホテルの部屋に入ったときに匂うアレだ。「鼻は正直だよ。こいつは恐ろしい毒だから脳が命令するわけさ、『逃げろ』ってね」


third-hand smoke(残留受動喫煙物質)という言葉を作った理由



究者によれば、


親がタバコを吸うとすれば、子供が家にいないときだろう。あるいは車の中か、さもなければ子供を車の後部座席に座らせてシートベルトで固定してから、窓を少し開けて吸う場合もある。そうして、これで second-hand smoke(受動喫煙物質) は子供に行かないから大丈夫だと親は思う。我々には、この目に見えないタバコの毒を説明する言葉が必要だったんだ。... 台所のドアを閉めてタバコを吸ったところで、そのタバコの煙の影響から子供を守ることになっていないということだ。この third-hand smoke(残留受動喫煙物質)には発ガン物質があり、こいつに接触した人は誰であれ歳がいくつであれ、ガンを発症する危険が高まるんだ。

つまり second-hand smoke(受動喫煙物質)に気を配るだけでは全然大丈夫じゃないということです。だから、その危険性を表す新しい用語が必要だったというわけです。


third-hand smoke(残留受動喫煙物質)に含まれる物質



は third-hand smoke(残留受動喫煙物質)にどういう物質が含まれているかというと、


...化学兵器に使われるシアン化水素、ライターの燃料になるブタン、ペンキの薄め液に使われるトルエン、ヒ素、鉛、一酸化炭素、おまけにポロニウム210まである。これは強い放射能を持つ発ガン物質で、2006年、元ロシア人スパイのアレクサンドル・リトビネンコ殺害に使われた。このような化合物のうち11種類に強い発がん性がある。

だそうです。



文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月21日 (日)

Third-hand smoke(三次喫煙)のことなど...

"Third-hand smoke"(三次喫煙)という言葉をご存知でしょうか。Third-hand smoke について、Scienticfi AmericanWhat is third-hand smoke? Is it hazardous?Third-hand smoke contains carcinogens too, study says という2つの記事が載っているのでまとめてみました。

なお原文の "Third-hand smoke" の訳語として「三次喫煙」という言葉もあるようですが、個人的にはどうもしっくりきません。というのは、原文の用語は、文脈から判断するに物質ないしはプロセスを指していると思われますが、日本語の「喫煙」という言葉はタバコを吸う「動作」を想起させるからです。ここではさしあたり "Third-hand smoke" のままにします。「タバコ残留汚染(物質)」というのはどうだろうか?

なお、その他の "Third-hand smoke" 関連記事については、こちらの索引をご覧ください。

この2つの記事と後述のニュースレポートを読むと、もはや「喫煙は個人の自由」とは言えなくなるかもしれませんね。個人的見解ですが、「喫煙するか否か」は依然として個人の選択の自由ですが、「喫煙する」ことを選択する場合は、"Second-hand smoke" および "Third-hand smoke" のことも充分考慮してほしいということでしょうか。この3つの記事の内容が現実なら、喫煙すれば、それだけで乳幼児や子供たちには充分過ぎるほどの被害が及ぶ可能性があります。

Third-hand smoke というのは、吸ったタバコを消しても、その後に残っているタバコの煙からくる汚染物質がカーペットやソファ、衣類をはじめ、さまざまな物に付着し、時間の経過とともに蓄積されていくことを指します。1本めのタバコの煙で部屋の表面が覆われ、2本めの煙でその表面がさらに上塗りされるというぐあいです。その表面には喫煙者自身も含まれており、その衣類や毛髪などに汚染物質が付着しています。そういう環境に存在する汚染物質が鼻腔から体内に取り込まれるところなど目に見えないし、見えなければ無害だろうと考えてしまいます。しかしそしてそういう環境に乳幼児や子供がいるとその健康を害するのです。

Third-hand smoke というのは比較的新しい考え方ですが、研究者や非喫煙者の間では、何年か前から懸念されていたとのことで、Third-hand smoke の持つ毒性は、たとえば車の排気ガスに含まれる粒子のような他の環境有害物質などとは比べものにならないほど天文学的です。

にもかかわらず、調査によると喫煙者は、この Third-hand smoke についてはまったく無頓着でした。喫煙者と非喫煙者合わせて1500名を対象に調査したところ、受動喫煙(Second-hand smoke)については大半が危険だ答えましたたが、「前日誰かがタバコを吸った部屋の空気を今日乳幼児や子供が吸うとその健康を害する」という見解については、同意したのは非喫煙者で65パーセント、喫煙者では43パーセントしかいなかったそうです。

Third-hand smoke が潜在的に有害なのは、タバコの煙に含まれる分子を吸い込むからだけではなく、皮膚に直接触れたり、たまたま吸い込んでしまうからです。戸外で吸っても、室内で吸うよりはマシですが、喫煙者の皮膚や衣類にニコチンが付着して残ります。それが喫煙者に付いてまわり、周囲に拡散されてしまいます。Third-hand smoke による健康被害は過小評価されています。

の表面に層をなして蓄積したタバコの煙による汚染物質にもっとも接近するのは赤ん坊と子供です。赤ん坊と子供は汚染された表面に触ったり、場合によっては舐めたりします。発育途上の脳は微量の毒素でもきわめて影響を受けやすいのです。子供の吸入量は大人の倍です。大人の体重を68キログラム、赤ん坊の体重を7キログラムとすると、赤ん坊は大人の2倍の埃を体内に取り込みます。なぜなら大人よりも呼吸が速く、埃だらけの表面に近いからです。実際は大人の20倍も余計に汚染にさらされているのです。

2006年の米公衆衛生局長官レポートによると、どの程度までならタバコの煙にさらされても大丈夫かなどという基準は存在しません。

らにタバコの煙の残留物は、ガス器具や車などから排出される亜硝酸と反応して「タバコ特異的ニトロソアミン」(TSNA)という強力な発ガン性物質を作り出します。

動喫煙で吸い込む煙にもTSNAは含まれていますが、周囲に亜硝酸が存在すると、タバコの煙が無くなっても、その後何時間かの間にTSNAの量が増加します。1本のタバコの副流煙に含まれるTSNAは100ナノグラム相当。亜硝酸が存在すると、室内の表面には1立方メートルあたり数百ナノグラムのニトロソアミンが生成される場合があります。このニコチンが何週間も何ヶ月も物の表面に残っていると、その表面が壁や車のダッシュボードのような固いものだと、その汚染はタバコの煙や受動喫煙よりもずっとしつこくなります。

Third-hand smoke でいちばん被害を受けやすいのは子供です。喫煙者が部屋に来ると、子供は皮膚からニコチンを吸収してしまう可能性があります。通常、空気中には亜硝酸があるものなので、それによってTSNAが生成されます。幼い子供は埃を吸い込む可能性も高いですから、TSNAも大人よりも余計に吸収してしまうのです。

米ローレンス・バークレー国立研究所(バークレー研究所)が行った Third-hand smoke の危険性関する研究結果が載っているニュースリリースによると、この研究者らは次にように語っています。

「タバコに火を点けると蒸気の形でニコチンが放出され、それが壁や床、カーペット、カーテン、家具など、室内の表面にピッタリ吸着する。ニコチンは何日も何週間も、あるいは何ヶ月経っても、そういった物から容易には剥がれない。われわれの研究から、このニコチン残留物が周囲の亜硝酸と反応して、タバコ特異的ニトロソアミン(TSNA)が形成されることが分かった。TSNA というのは、タバコそのものとタバコの煙に存在する、もっとも広範囲に活性を示す強力な発ガン物質の一つだ」
「経時測定から TSNA の形成速度が明かになった。最初の一時間でニコチンが最大で0.4パーセント変換されるんだ。われわれの発見から言えるのは、衣類やヒトの皮膚を含む室内表面に高濃度のニコチンが急速に吸着すると、露出している皮膚や埃の吸入などから、実は過小評価されている健康被害が起きるということだ。これが Third-hand smoke の意味なのだ」

この研究者らは次のような実験を行ったそうです。

セルロースを使った部屋のモデルをタバコの煙にさらす実験をしたところ、「濃度は高いが妥当な線」と思われる亜硝酸(体積比60ppb)に3時間さらしたサンプルにもともと存在するものの10倍の量の TSNA がセルロース表面に検出された。室内で亜硝酸の主な供給源といえば換気されていないガス器具だ。また車のエンジンからも亜硝酸が排出されていて、それが車内の居住空間に侵入してくる。そこでステンレススチール製のグローブボックスを含め、ヘビースモーカーが運転するトラックの室内表面でも実験が行われた。ここでもやはり相当量の TSNA が測定された。どちらの場合でも検出された主要生成物の一つが、最初に放出されたタバコの煙には存在しない TSNA、つまりNNA というニトロソアミン だった。この反応から、NNN および NNK という強力な発ガン物質も形成された。

私たちが TSNA にさらされる可能性がもっとも高いのは、埃を吸入したり皮膚がカーペットや衣類に接触する場合です。そしてその最大の被害者が乳幼児です。この研究結果から、タバコを吸うときに窓を開けたり換気扇を回したりしても Third-hand smoke の被害は大して減らないことが分かります。研究者はこう語っています。

「戸外で吸うのは室内で吸うよりはマシだが、喫煙者の皮膚や衣類にはニコチン残留物が付着する。その残留物が喫煙者に付いてまわる。そして喫煙者が部屋に入ると残留物が至るところにまき散らされるのだ。これがいちばん危険なのは幼い子供だ。喫煙者が部屋に入ると子供の皮膚からニコチンが経皮吸収されるおそれがある。それに普通、空気には亜硝酸があるので TSNA が形成されてしまう」

"Third-hand smoke"(三次喫煙)という用語が初めて使われたのは、Pediatrics誌の2009年1月号に発表された研究においてだそうです。わずか1年前のことです。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月20日 (土)

孤独と血圧の関係

歳をとると友人との付き合いや社会との関わりが精神面に影響を与えるとよく言われるが、影響はそれだけに止まらない。孤独は血圧の上昇に直接影響を与えることを示す記事がいくつかある。

その記事は、 "Loneliness is a unique predictor of age-related differences in systolic blood pressure" という論文が元ネタになっているのではないかと思われる。その抄録にこんな記述がある。

... the authors found that loneliness was associated with elevated systolic blood pressure (SBP) and age-related increases in SBP, net of demographic variables, health behavior variables, and the remaining psychosocial factors. ...
... 著者らは、孤独が収縮期血圧(SBP)の上昇、SBP の加齢性上昇、純人口統計学的諸変数、保健行動の諸変数、心理社会学的要因に関係していることを見出した。...

この論文を引用した記事によれば、50歳以上で孤独だと血圧が上昇する場合がある。シカゴ大学の心理学者ルイス・ホークリー博士らのチームは、5年間かけて 50歳から68歳までの無作為に選ばれた白人、アフリカ系アメリカ人、そしてラテン系のアメリカ人の229名を調査した。当初博士らは、血圧の上昇はうつとストレスで説明がつくのではないかと見ていたが、50歳以上の孤独な人たちの血圧が上昇していることは、そういった要因だけでは説明できないことが分かった。そして調査の結果、孤独が4年後の大幅な血圧上昇に直接関係していることを見出した。全被験者のうち、孤独感がもっとも強い人は、社会と満足できる関わりを持っている人よりも血圧が10%、14.4mmHg高かった。この孤独と血圧上昇の関係は年齢とも、喫煙や肥満といったその他の要因とも無関係だし、うつやストレスとのつながりも無かった。つまり、孤独それ自体が、まるで独立した一つの健康リスク要因のように振る舞っていたらしい。

しかしここで注目すべきはホークリー博士の次の言葉だろう。"People who have many friends and a social network can feel lonely if they find their relationships unsatisfying, while people who live solitary lives may not be lonely if their few relationships are meaningful and rewarding."(UPIの記事より抜粋)

友人がたくさんいて社会とのつながりがあっても、その関係に満足できなくなると人は孤独を感じるし、 一人暮らしでも、有意義で実り多い付き合いがわずかでもあれば孤独になることはない。
勇気づけられるありがたい言葉である。一人暮らしをしていることと孤独は別物なのだ。

サー・アーサー・コナン・ドイル氏描くところのシャーロック・ホームズ氏には、ディオゲネス・クラブという人付き合いが大嫌いな人用のクラブを創設したマイクロフトというふとっちょの兄貴がいるが、想像するに、彼もひょっとしたら高血圧だったのではあるまいか。なにせこの人物、このクラブだけが唯一の例外でそれ以外はどこにも行かず、自宅と職場を往復するだけというのだから。

関連記事の一つは "Loneliness increases your blood pressure" (Telegraph 18 Mar 2010)

大学の新しい研究によると、50歳以上で一人ぼっちだと血圧が上がることがある。

他の人との付き合いがないと楽しくないばかりか、体の健康にも良くないことが研究で分かった。

孤独が4年後の大幅な血圧上昇に直接関係していることを心理学者らが見出した。この関係は年齢とも、喫煙や肥満といったその他の要因とも無関係だ。

うつやストレスとのつながりも無い。

「孤独それ自体が、まるで独立した一つの健康リスク要因のように振る舞っていた」と研究者のルイス・ホークリー博士は Psychology and Ageing 誌で語っている。

シカゴ大学の心理学者ホークリー博士は、健康と生活の質におよぼす孤独の影響の問題に関する研究の先駆者だ。

症状がほとんど無いところから、よく沈黙の恐怖とも呼ばれる高血圧は、多くの面で健康を損なう。

高血圧になると、心臓麻痺や卒中の危険が増大するし、腎機能も損なわれる。最高血圧が140mmHg を越えると高血圧とも呼ばれ、米国では初期診断のもっとも一般的な結果で、この国の死因の約18%はこれが主因ないし一因になっている。

このチームは50歳から68歳までの229名の研究を元に調査を行った。この人たちは、加齢に関する長期間の研究のために無作為に選ばれたグループの一員だった。

被験者らには、自分を一人ぼっちだと感じているかどうかを判定する一連の質問が与えられた。

求められたのは、「周囲の人たちとは共通点が多い」とか「社会とのつながりはうわべだけだ」、「友だちなんか作ろうと思えばすぐにできる」といった選択肢を通して、他の人とのつながりを評価することだ。

5年にわたる調査の間に、研究開始時に報告された孤独感と当該調査期間における血圧の上昇には明らかな関係があることをホークリー博士は見出した。

「孤独との関係で血圧が上昇しても、2年間では調査にひっかからなかったが、4年の間血圧は上がり続けていたのだ」と同博士は言う。

孤独感がさほど強くない人にすら影響はあった。全被験者のうち、孤独感がもっとも強い人は、社会と満足できる関わりを持っている人よりも血圧が10%、14.4mmHg高いことが、4年間にわたる研究から分かった。

孤独な人たちの血圧が高い裏には、社会とのつながりにまつわる不安があるのかもしれない。

二つめは "Loneliness linked to higher blood pressure" (UPI. March. 17, 2010)

米シカゴ発。3月17日 (UPI)。

50歳以上で、しかも孤独を感じ他人とのつながりが無い人は血圧が高いことを米国の研究者らが見出した。

シカゴ大学のルイス・ホークリー博士らのチームは、血圧の上昇はうつとストレスで説明がつくのではないかと見ていたが、50歳以上の孤独な人たちの血圧が上昇していることは、そういった要因だけでは説明できないことが分かった。

「孤独それ自体が、まるで独立した一つの健康リスク要因のように振る舞っていた」と Psychology and Ageing 誌に寄せた記事でホークリーは書いている。

友人がたくさんいて社会とのつながりがあっても、その関係に満足できなくなると人は孤独を感じるし、 一人暮らしでも、有意義で実り多い関係がわずかでもあれば孤独になることはない、とホークリーは言う。

研究の対象になったのは、孤独と他人とのつながりに関する質問に答えた。50歳から68歳までの無作為に選ばれた白人、アフリカ系アメリカ人、そしてラテン系のアメリカ人の229名である。

もっとも孤独を感じている人は、社会とのつながりがもっとも深い人よりも、血圧が 14.4mmHg 上昇していることが4年にわたる研究で分かった。

「孤独の特徴は他人とつながりたいという衝動だが、否定的な評価や拒否、失望に対する恐怖の現れでもある」とホークリーは言う。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ニュージャージー州の女性が世界一の肥満を目指す

Article125785008b61ccd000005dc662_2Newlogo

ファティズムって言葉を覚えているかな?

2008年4月14日のエントリー、「人種差別より広がるファティズム(肥満差別)」で紹介したけど読んでみてよ。肥満者の差別を意味している。

ファティズムの事例として、8月に「クラブに行くのに肥満はだめ?」を採りあげているけど、こういう話題が大きく報道される程、肥満に対する米国民の関心は高いし、肥満者を擁護する動きもあるようだ。

これは12月の話題に続くけど、「スリムなモデルは消費者に受けない」なんて記事を読むと、大柄なモデルを求める米国民の肥満への考え方を知ると、私は恐ろしくなる。

今日のDiet Blogで久しぶりに肥満者の話題が載っていたので紹介しよう。記事を読むと、ファティズムは、「サイズィズム(sizeism)」という言葉に変わっていた。最近はサイズィズムという言い方が一般的なのだろう?どちらにしろ世界一のおデブを目指している女性を紹介しているけど、やっぱりアメリカ人だ!

肥満超大国の米国の進む道は興味本位でただ楽しい。彼女は有料サイトを使って、食事や風呂に入っている所を中継してるんだって。有名になりたいってのは分かるけど、なんとも哀れな方法で有名になろうとしているね。それでもこのDonnaさん、今後どうなっていくんだろう。彼女の食べている所なんか見たくないけど、彼女が将来とうなっていくのか見ていきたい。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

 

続きを読む "ニュージャージー州の女性が世界一の肥満を目指す"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年3月18日 (木)

太りすぎ、酒...そして肝臓 ( 1 + 1 > 2 )...という記事

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

を去ること六百数十年前、卜部兼好さんは徒然草にこんな言葉を記している。(徒然草の作者は「吉田兼好」と呼ばれる場合が多いが、集英社文庫「わたしの古典 永井路子の方丈記 徒然草」に載っている解説によると、この作者が生きていた時代には、姓として「吉田」と呼ばれることはなかったと最近では考えられているようである)

...かかる事をしても、この世も後の世も益あるべきわざならば、いかがはせん、この世には過ち多く、財を失ひ、病をまうく。百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそ起れ。...
(徒然草第百七十五段)
以下の記事を読むと、この言葉が世界に誇るべき名言と思えてくる。

続きを読む "太りすぎ、酒...そして肝臓 ( 1 + 1 > 2 )...という記事"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

禁煙をすると血管は再び元気になる

こでタバコ嫌いの話を何度かしてるけど、私は「嫌煙家」である。しかし、タバコを吸っている人に面と向かって文句を言える度胸は無い。ただ、ニコニコしながら、「できない人」のレッテルを貼ってるね。「タバコを吸っている人」=「できない人」と短絡的に結びつけるのに問題はあるけどね(^_^;)

煙者は2つのグループに分けられるだろう;「タバコを辞めたいけど辞められない人」と「タバコを辞める気のない人」。この両者には人間性にも生き方にも大きな相違点がある。明らかに後者は「できない人」になるだろう。どういう理由であれタバコを嗜好品、ストレス解消の手段にしている。健康障害を明らかに引き起こし、他人の迷惑になるタバコを自分のエゴで選択していて、仕事のパフォーマンスがいいと思いますか?体力が落ちれば自覚しなくてもパフォーマンスは落ちるし、口臭や服も臭いし、副流煙は周りの人の健康障害を引き起こすから、人間関係もいいとは言えないだろう。

「タバコを辞める気のない人」と「タバコを辞めたいけど辞められない人」には大きな隔たりがあるんですよ。辞められない人は、辞めたいという前向きな考え方を持っているし自分を向上させる気持ちに溢れている。「タバコを辞める気のない人」と同様に「できない人」のレッテルを貼られてしまうのは可哀想ですよね。辞められないのは、ニコチン依存という病気が隠れているからで、強いニコチン依存があれば、自分で禁煙をするのが難しい。そんな理由から、保険を使って禁煙治療ができるようになったんですよ。

「タバコを辞めたい人」は、是非、病院で禁煙治療を受けて下さい。私のような人間から「できない人」というレッテルを勝手に貼られてしまう不当な扱いをされなくなりますよ。

院でも積極的に保険を使った禁煙治療をしています。特に内服薬である「チャンピックス」を使った治療には効果があるので、禁煙を考えている方がいらっしゃれば、是非、トライして下さい。

て、今日のニュースは、禁煙を啓蒙する内容を紹介しよう。タバコを辞めれば、血管の内皮機能が改善するって話だよ。

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "禁煙をすると血管は再び元気になる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月16日 (火)

カルシウムは長生きの助けになるか:研究報告

タミンDの話題をfumixieさんが採りあげてくれたけど、カルシウムもビタミンDに深く関わっている。だって、ビタミンDは血中のカルシウム濃度を調整するために、腸管(十二指腸)からカルシウム吸収を促進させるからね。じゃあ、ビタミンDを十分摂っても,カルシウムの摂取不足だったら無駄になるよね。それどころか、骨からカルシウムを失うことになるよ。

ルシウムを十分摂取するって重要でしょ。今日私が紹介する記事はカルシウムの摂取が多くなれば死亡率が低下するという驚きの結果。嬉しいことに、このカルシウム摂取はサプリメントからじゃ無く、食事からってのが嬉しい。でも牛乳が主要なカルシウム源になっているのでガッカリ。私は「牛乳否定派」なんですよ。これから文献を手に入れて考えなきゃね。

て、カルシウム、ビタミンDのエントリーでも触れているけど、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」に絡めて知識を整理しよう。

ルシウムの摂取量には、推定平均必要量、推奨量、目安量、そして耐容上限量が設定されている。ここで重要なのは、耐容上限量の記載だ。

..... 最低健康障害発現量の決定にはミルクアルカリ症候群の症例報告が参考となる。カルシウム摂取量(食事由来とサプリメント由来を含む)が明らかであるミルクアルカリ症候群の報告(13 症例)では、カルシウム摂取量は2. 8~16. 5 g/日の範囲にあり、その中央値は6. 8 g/日であった98‒106)。この結果より、最低健康障害発現量は2.8g/日と考えられる。なお、カルシウムを負荷した無作為割付試験で高カルシウム血症1 例107)と腎結石1例108)の報告があるが、他研究ではこのような報告はない。また、同様の無作為割付試験で心筋梗塞または脳卒中等の循環器疾患の発症率が高かったとの報告がある109)が、研究の結果は必ずしも一致しておらず、現時点では明確ではないと考えられる。
以上のように、カルシウムを単独で多量に摂取しても成人における健康障害の発生は稀であることから、カルシウムにおける不確実性因子は、比較的小さく見積もってもよいものと考えられる。

の説明から考えると、今日の報告で長生きしているグループの摂取量、2,000mg/日は安全なんじゃないかな。それから、カルシウムの摂取量が増えると循環器疾患の発症率が高かったとう報告もあるようだが、今日の報告では、心疾患による死亡率が低下したようだ。まだまだコンセンサスは得られていなね。

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "カルシウムは長生きの助けになるか:研究報告"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年3月13日 (土)

ビタミンDと転倒防止が関係するという記事

注) ビタミンD:1IU(国際単位)=0.025μg

をとるにつれて、どうしてもつき纏うのが転倒の不安。ちょっとした段差や布団の端でも、つま先を取られると転倒して骨折する危険が高まる。骨折箇所が股関節だったりすると寝たきりになる可能性もある。そうなると認知症の危険さえ出てくる。それを考えると、この記事はひょっとしたら...

イターの "Over 65? Take lots of vitamin D to prevent a fall" (2009年10月3日付け) という記事によると、ビタミンDをせっせと摂取すると転倒防止につながるんだそうだ。

イス、チューリッヒ大学 Center on Aging and Mobility の所長 Heike A. Bischoff-Ferrari 博士によれば、「ビタミンDを一日あたり700 から 1000 国際単位(IU)摂取すること。それ以下では効き目が無い」(元ネタは "Fall prevention with supplemental and active forms of vitamin D: a meta-analysis of randomised controlled trials")

の推奨値の元になっている、2400名を越える65歳以上の成人を対象に行われ、British Medical Journalのオンライン版に掲載された転倒防止とビタミンDの補給を扱った研究の結果によると、ビタミンDの摂取量が700IUを下回ると転倒の危険性は減少しなかったらしい。

Bischoff-Ferrari博士によると、700IUから1000IUのビタミンDを毎日摂取すれば、その効果は数ヶ月後あたりから効き始めて、その効き目はその後何年にもわたって続くし、効き目は年齢とは関係ないし、生活場所が家庭だろうが老人ホームだろうが変わらないのだそうだ。

お、ビタミンD2よりもビタミンD3の方が強力なようなのだが、活性型と謳って市販されているビタミンD3でも、効き目は普通のビタミンDサプリメントと変わらなかったらしい。

て、このIUつまり国際単位とは何か。wikipediaによると「脂溶性ビタミンに対して用いられる、生体への効力を表す単位」で、ビタミンDの場合は 1IU = 0.025μg らしい。ということは700IUになるとその700倍だから、0.025 x 700 = 17.5μg ということになる。例として調べたサプリメントでは、一日1粒で、ビタミンDはその1粒中に3.5μg含まれていることになっている。ということは、一日700IU摂取する場合は 17.5 / 3.5 = 5 となり、一日5粒服用する必要がある。この例のサプリメントは60粒入りで希望小売価格が714円。一日5粒使うと、60粒で12日分。ひと月にこの瓶を大雑把に3本使うとすると、714円 x 3 = 2142円。一年でおよそ25700円。

まあ、計算上はこうなるが、実際にこれだけ服用すべきかどうかとなると、この記事だけでは分からない。ビタミンDは日光に当たっても体内で生成されるものだし、普通に生活していて普通に日光に当たったり食事から摂取していれば、ことさらサプリメントで補う必要は無いという話もある。それに「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉もあることだし、サプリメントで補うかどうかは、おそらくビタミンDが不足しているかどうか検査してから決めた方がいいのだろう。

の記事の背景はスイスであり日本とは生活様式がまったく異なるし、この「転倒」(元記事の "fall" という言葉)がどういう状態を指すのかは、なんとなく想像はできるものの、正確には分からない。また仮にビタミンDが足りてるとしても、布団でけつまづく可能性が無くなるわけではないと思う。それに足りていても転ぶときは転ぶ。とはいえ、どういう意味にせよ転倒は体にとっては嬉しくないことだし、ビタミンDで転倒しにくくなるというのであればありがたいこと。記憶の隅にとどめておく価値はあるのでは?!

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

-----2010年3月15日追記:屋台ブルー

非常に興味深い内容でした。実は厚生労働省から「日本人の食事摂取基準」の2010年版が出ているので、私の以前のエントリー「ビタミンD:十分に摂取している?」をチェックしてみるといいだろう。

それによると、ビタミンDの目安量は成人の男女とも5.5μg、耐容上限量は50μgになっている。国際基準で言えば、それぞれ220IUと2000IUってことになる。報告で言われている700IUから1000IUは問題ない摂取量になる。また、この報告は、サプリメントから摂取したビタミンDの検討をしているが、ビタミンDの豊富な食材を知っていますか?ビタミンDは脂溶性ビタミンなので魚類や肉類にも含まれる(ビタミンD3)。また、キノコ類にも多い(ビタミンD2)。しかし、野菜、果物、豆類、芋類、海草にはほとんど含まれていないから肉や魚を摂らない人は摂取不足に注意した方がいいでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年3月10日 (水)

独身男性は脳卒中になりやすいという記事

WebMD "Single Men Have Higher Risk of Stroke" (2010年2月24日) より

"Wives are young men's mistresses; companions for middle age; and old men's nurses."

妻は青年の恋人、中年の話し相手、老年の看護婦である
といったのはフランシス・ベーコンだが、この言葉がいかに的を得ているかは、この記事で分かろうというものだ。なにしろ「独身男の方が脳卒中の危険が高い」というのだから。

スラエル、テルアビブ大学の疫学と予防医学の教授 Uri Goldbourt 博士が一万人を越える男性を調べたところ、独身男性と不幸な結婚生活を送っている男性は脳卒中で死ぬ危険が高まるのだそうだ。

の調査が始まった 1960年代に独身だった男性は、結婚していた男性よりも、その後30年間に脳卒中で死ぬ確率が64パーセント高かったらしい。「結婚生活が不満だと言っている男性は、結婚生活がうまくいっている男性よりも脳卒中で命を落とす危険が64パーセント高いのだ。これは糖尿病の男性が抱える脳卒中で命を落とす危険と大して変わらないね」と博士は言っている。

「夫(妻)の健康が良くなるのは妻(夫)の助けがあればこそだということをうかがわせる情報はたくさんあるが、今回の発見はそれとつじつまが合っている。配偶者がいれば、医者に診てもらい、治療を受ける機会が増えるからね。そして食事も健康的になる。それに配偶者ならおかしな兆候がすぐに分かるから、早期の治療につながるしね。そうすれば脳卒中で命を落とす危険が低くなるよ」と語るのは米サウスカロライナ州チャールストンにあるサウスカロライナ医科大学の疫学と神経科学の教授ダニエル・ラックランド博士。同博士によると、不幸な結婚生活を送っている男性よりも結婚生活に満足している男性の方が、脳卒中で死ぬ確率が低いという事実があるのだそうだ。女性については研究されていないが、この結果は女性にも当てはまるだろう、と博士は見ている。

だし、この研究には、調査期間に男性の結婚生活に変化があったかどうかやその間の治療内容に関するデータが欠けているなど、限界があるそうだ。しかし Uri Goldbourt 博士は「この研究から、結婚やストレス、(脳の)疾患に関する興味深い仮説が生まれている。さらに突っ込んで研究する価値はある」と言っている。

の記事によると調査内容はこうなっている。この研究の対象になったのは、1963年に行われた Israeli Ischemic Heart Disease Study の被験者 10059 名の男性。国内の死亡統計をはじめとする記録を用いて1997年まで被験者を追跡した。その結果、1963年時点で独身だった男性(つまり未婚か離婚したか配偶者と死に別れたかを問わず)のうち、その後34年間に脳卒中で死亡したのは合計8.4パーセント。一方既婚者では7.1パーセントだった。統計処理上は、社会経済上の地位、肥満や高血圧、喫煙といった脳卒中の主な危険因子、そして研究開始時点で糖尿病や心臓病を患っていたかどうかが考慮されている。

えー?!、と言うべきか、さもありなん、と言うべきか。いずれにしても独身者は、じゃあさっそく結婚しよう、というわけにはいかず、自分で気をつけるしか手が無い。定期的に血液検査や健康診断を受けるのがいいのかもしれない。自治体によっては、検査範囲は限られるものの無料で受けられる健康診断がある。血液検査なら健康保険の範囲内でもかなりの項目が検査できる。平常時の血圧を知っておくだけでも役に立つのでは?

文: fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ワインは女性の体重を維持させるかも

文:屋台ブルー <ライフログ・オーガナイザー>

日の話題はアルコールだ。アルコールに魅せられている人は多いんじゃないかな。私もそのひとり(^_^;) 

晩の私のつぶやきをフォローしてくれてた人なら知っているかもしれないが、勉強会の後、久しぶりに、ひとりでぶらりと屋根裏に顔を出した。全国的に天気が荒れ模様で香川県も雪の影響を受けみぞれ混じりの小雨降る寒い夜だったけど、先客が二組もいた。

しそうに接客するマスターを捉まえて、ウダウダと最近の事を話しながらお酒を頂きました...

まあ、こんな世間話をしたかった訳でなく、こんな風にアルコールを楽しまれている方は多いでしょう。アルコールが好きな屋台ブルーは、ちょっと油断をすると飲み過ぎてしまう。毎日は飲まないように行動しているつもりだけど、今朝、「ここんところ毎晩飲んでるわね。言うこととやることがずれてない?」と相方にダメ出しをくらった。いやあちゃんと注意してくれる相方に感謝です。今日は飲まないでおこう。

た話が外れてる... どうも酔っぱらいのような話の展開だ(^_^;) 要するに、私はアルコールを正当化するデータを常日ごろ探している。ライフログでもアルコールの話題を何度か採りあげている。今日からカテゴリーに「アルコール」を作ったので、過去の記事に興味がある人はチェックして下さい。

て、今日のニュースはロイター・ヘルスからお届けしよう。アルコールの摂取と体重変化の関連性を示した初めての報告らしい。ここで注意しなければならないのは、体重に対する影響を示しているだけで、健康的でいられるかどうかは二の次だよ。私がショックを受けた「脳の萎縮」って問題もあるからね。

は別にアルコール研究者じゃないので、いつもアルコールに関する報告を読む時、頭が混乱してしまうことがある。それは、アルコールの飲酒量に関する定義と記述だ。

Diet Blogで採りあげられるニュースは英国の話題が多い。英国のアルコール摂取は、ユニット(UNIT)で評価されることが多い。1ユニットは8gのエタノールに相当するけど、比重から見て10mlのアルコール量になる。じゃあ、アルコール度数が5%のビール350ml缶を飲むと、1.75ユニットのアルコール摂取したことになるんだ。

国で「少量飲酒(light drinking)」の定義は、1から2ユニット/週になる。これは1週間に1度350ml缶のビール1本って事になるよね。ハッキリ言って少ないわ。

大量飲酒(heavy drinking)」が1ユニット/日って話なんで、毎日たしなむ人は誰でも大量飲酒者になっちゃうのが英国である。(「ライトな飲酒」は妊娠中でもOK?から抜粋)

日のニュースは米国からの報告だけど、文面から判断して、「lighat drinker」は15グラム/日以下のようなので、英国の大量飲酒者と同等になってしまう?????

には分からない。こういう事情に詳しい人がいらっしゃれば教えて下さい<(_ _)>

続きを読む "ワインは女性の体重を維持させるかも"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年3月 9日 (火)

第12回UMMLマラニック四国大会のお知らせ

Enomoto1

平成23年度第13回UMMLマラニック四国大会のおしらせは→ ここ


-----


年で12回目になるUMML四国大会が開催されます。「UMMLって何?」と思った人はここを見て下さい

げっ、100キロなんて無理、無理って思った人も大勢いるでしょう。心配しないで下さい。UMML四国大会は基本的に親睦会なんです。走ったこと無くても興味のある人が毎年大勢参加されます。関西エリアから走りの猛者も参加するので、宴会で面白い話がたくさん聞けるでしょう。

UMMLが他の走行会と異なるところは、個人的に走っている人の集まりってところです。色々な走行会に属している人が個人的に参加していて、ひとりで参加される人も多いです。基本的に走ることが好きな集団なので直ぐ仲間になれます。

齢も若い人から還暦を越えた人まで、男も女も、走るのが速いのから遅い人まで、多種多様の集まりです。是非、走ってみたい人は連絡を下さい。ショートコースで18km!、なんて溜息をついているあなた、途中でリタイアされても、フォローするので御心配なく。

あ、UMMLの活動に興味ありませんか?
*************************************************************
第12回UMMLマラニック四国大会開催要項〜平賀源内の里を訪ねて〜海と桜のマラニック〜

●日時:2010年3月28日(日) 午前10時30分スタート
●集合:JR高徳線志度駅(高松道、高速志度バス停より徒歩30分程度)
●受付開始:9時30分〜JR志度駅にて
●スタート:10時30分、JR志度駅 、荷物はスタッフがワゴン車でゴールまで運びます。貴重品はお持ち下さい。
ロングコース(約35km)、ミドルコース(約27km)、ショートコース(約18km)を設定します。 いずれも自動販売機は適当にあります。
●平賀源内記念館入園料:各自で500円用意して下さい(15名以上の場合400円)
●ゴール:ヴィラ讃岐(〒761-0704 香川県木田郡三木町下高岡972-30 電話:087-898-8881)
      http://www.anabuki-heartlei.co.jp/sanuki/
●入浴:500円
●宴会開始:16時30分、5000円、終了18時30分
●宴会にも風呂にも入らない方は無料です。
●帰路:関西方面へバスでお帰りの方は宴会終了後、高速三木バス停までマイクロバスでお送りします。高速三木バス停を19時7分あるいは12分発の高速バスに乗車可能です。
高松駅方面にお帰りの方は琴電白山駅から電車にご乗車ください。
●参加申込み:内園昭一さん(hittobi@yahoo.co.jp:頭のhを小文字のhに変えて下さい )あて、下記の内容を記載してメールでお申し込みください。
氏名、住所(県、郡市ぐらいで結構です)、メールアドレス、入浴・宴会に参加の有無、利用交通機関
参加申し込み締めきり:3月21日
●傷害保険には加入しません。ご自身の責任で御参加を御願いします。
######################
UMML開設者&管理人 白石恭史
ummler@me.com
http://www.niji.jp/home/yasshy
http://www.niji.jp/home/yasshy/ummltop.html
########################

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 8日 (月)

散歩には「ファイン(素晴らしい、罰金)」な日じゃないよね!

DogwalkNewlogo

は再び本家ダイエットブログから面白ネタを紹介しよう。車で犬の散歩をさせて罰金と免許停止をくらっているのに悪びれていない英国人の話題だ。

ッキリ言って、「怠慢」の極みだろう。どうして人は動かなくなるのだろう。誰でも年を取れば取るほど身体を動かすのが億劫になってくる。しっかりとした運動習慣を持っていないと、動けない老人ばかりが増えてしまうんじゃないかな。動かない老人は体調が悪いのが常で、「身体が怠い」、「身体が痛い」を理由にますます動かなくなり、人の手ばかり借りる生活を強いられるようになるよ。こういうビシアス・サイクルを打破するために、日頃から運動習慣、いや身体を動かす習慣は必要だよね。

の散歩に車... 日本で似たような光景を見たことありますか?あなた自身の怠惰な行為は?家の近くのスーパーに車で行ったりしませんか?出入り口に近いパーキング・スポットに車を駐めようとしてませんか?

文:屋台ブルー

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "散歩には「ファイン(素晴らしい、罰金)」な日じゃないよね!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2010年3月 6日 (土)

エクサゲームで高齢者のうつ病改善?という記事

ScienceDaily.com (2010年2月28日) の "Video Games May Help Combat Depression in Older Adults" によると、ある種のテレビゲームで高齢者のうつが解消するのだそうだ。まさに物は使いようということか。

クサゲーム (exergame) とは「エクササイズ」+「ゲーム」の合成語。つまり運動とゲームを組み合わせたエンタメ系テレビゲームのこと。

カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部では、このエクサゲームを活用して亜症候群性うつ (SSD) という病気の症状を改善する新手法を提案している。予備研究では、SSD にかかっている高齢者にエクサゲームをしてもらったところ、気分と精神衛生面での生活の質が著しく改善したそうだ。

の記事の説明によると、SSD というのは、高齢者に多く見られるうつよりもずっと一般的で、辛さも相当で、体も利かなくなり、費用がかさむ医療を利用することが多くなる。うつは体を動かせば改善できるのだが、体を動かした方がいいと勧められる高齢者は5パーセントに満たないのだそうだ。

の研究を率いたカリフォルニア大学サンディエゴ校医学部の精神科と神経科学の教授 Dilip V. Jeste, MD の話では、「うつになると体を動かさなくなるものだが、ほとんどの運動プログラムにとっては、これが大きな障害になる。うつ病の高齢者にとって特に危ないのは、体を動かすことが楽しみではなくなることだ。だから中途で運動プログラムを辞める場合が多い」とのこと。

、この教授らのチームがどういう調査をしたかというと、63歳から94歳までの SSD 患者19名に、任天堂 Wii のテレビゲームを週3回やってもらった。最初にちょっとした指示を与えてから、テニス、ボーリング、野球、ゴルフ、ボクシングという5種類の任天堂 Wii のスポーツゲームから、自分でやるゲームを一つ選んでもらった。被験者は「Wiiリモコン」という動きを感知するワイアレスの装置を使い、腕や体を動かして、実際のスポーツと同じように、たとえばテニスラケットのように Wii リモートを振るなどの動作をした。

の教授の話によると、研究の開始当初は、被験者らはエクサゲームの進め方やゲームを楽しむうえで必要な技術面にかなり神経質になっていたのだが、研究も終わりにさしかかるころには、テレビゲームのやり方が分かり、プレイすることに満足を覚え楽しんでいる、とほとんどの被験者が報告していたのだそうだ。

の方法なら、やる人は大いに満足するし楽しいし、頑張ろうという気持ちになれる、それに体をあまり動かさずにすむなど、さまざまなメリットがあるようだ。

の結果はけっこう有望らしく、うつの症状が50パーセント以上減少した被験者は三分の一を越えたし、精神衛生面で生活の質が著しく改善しているし、認知機能に対する刺激が以前より増えているのだそうだ。この調査の被験者は皆、エクサゲームは楽しいし、うまくなろうというやりがいを感じていたとのこと。

だし、この研究はもっと大規模なサンプルで再調査する必要がある点と、エクサゲームは怪我をする可能性があるから充分注意して行う必要がある点を、この教授は強調していた。

まり、あまり体を動かす必要も無いから手軽に始められるし、始めればハマって上達したいと感じ始める。そうすれば頑張る気持ちも湧いてくるし、やりがいも出てくる。これがうつの症状に良い効果をもたらす。という筋書きのようである。テレビゲームのボーリングくらいだったら座っていてもできそうな気がするなあ。もし本当に座っていてもできるんだったら、車椅子を使っている人でもできるってことか。

段は実売価格で17000円から23000円の間といったところだが、これはたぶん本体価格だろう。ソフトはピンキリで、大雑把に5000円前後か...な?。Wiiリモコンは本体に1個付属しているようだ。ということは 30000円出せばエクサゲームのメリットが享受できるってことか。30000円でうつ解消は高いか安いか???

れは一人でやるよりもグループでやった方が楽しみも増すんだろうから、老人ホームやデイサービスの施設ならウケそうな気がするなあ。

文:fumixie <fumixie@gmail.com>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月 5日 (金)

カリウムの豊富な食事は心臓にいい

今日のニュースも何ら目新しくないけど、カリウムの多い食材を食べれば心保護作用があるって報告だ。いわゆるメタアナリシスだと思う。カンファレンスでの発表ということで、具体的な内容は分からないけど、ヘルスデイニュースで取りあげられているから、ちゃんと形(文献)になって発表されるんじゃないかな。新鮮な果物と野菜を食べることの重要性を支持する報告と言えるだろう。

特に強調したいのが、「新鮮な」果物と野菜を摂ることが重要だっていうこと。「加工」された果物や野菜をいくら摂っても心保護にならないってのは嬉しいね。生で摂る量が少ないと思って、紙パック、ボトル、缶のフルーツジュースや野菜ジュースを飲んでも意味ないって考えてもいいかも。こんなジュース類を摂るぐらいなら、無糖のお茶を飲めってところでしょう。

トマトジュースで有名な会社が自分たちの商品の優位性を謳うために小規模な実験をして発表しているけどエビデンスのレベルには至っていない。心疾患の予防になるかどうか、生のトマトとトマトジュースを比べてプロスペクティブ研究をしてみろよと言いたいね。

「生野菜の摂れないあなたに野菜ジュース」なんてお笑いだよ。さあ、どなたか説得力のあるデータがあれば教えて下さい。

それでも、今日のニュースの話は、まだ文献になっていないので、「生」と「加工食品」どちらが優れているか結論づけるものじゃないから注意してね。

続きを読む "カリウムの豊富な食事は心臓にいい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月 2日 (火)

Diet Blog facebook

Hi, I know some people are coming from Diet Blog facebook, so I should introduce myself to such a newbie of here. Originally I set up this blog for providing the information about South Beach Diet to both the Japanese and English readers living in Japan!

That's why I have several English entries on my blog. They are...

I have been translating Diet Blog since Jan 2008, when I stopped writing English entries at all. Because there were not many English readers. In addition, my entries are besed on the translatied article, so you could read the original one on Diet Blog!

I just knew Diet Blog set up the facebook yesterday, so I joined it right away, then people have been coming form there. Thanks. I was really glad to receive the invitation from Mike who is a contributed writer on Diet Blog. Please feel free to drop me any commets in English!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 1日 (月)

「お腹の贅肉に救われた」撃たれた被害者は語る

SvNewlogo

ちょっと馬鹿馬鹿しいニュースをお伝えしよう。太った女性が銃で撃たれたけど、お腹周りの脂肪のおかげで致命傷に至らなかったっていう話なんだけど、これを理由に彼女は減量をする気がなくなったようで、「My love handles(*) saved my life」ってフレーズがプリントされたTシャツを着て堂々とするらしい。

どうでもいい話だけど、悲しい。

(*)Love Handlesってのは脇腹についている脂肪の事だ。恋人が腰に手を回した時に握りやすい場所にある余分な脂肪という意味のスラング。

こういうニュースを見ると、アメリカって肥満先進国だと思うよ。笑って彼女の人生を称えてあげましょう、なんて思っていたら、自分のアクセス解析に「ポテトホルダー」というキーワードを使って来ている人がいた。

2008年5月のエントリーに「フライドポテトホルダー」を取りあげていて、その当時、こんな商品が売れるアメリカに呆れていたけど...

国内でもオートバックスセブンが2009円9月にフライドポテト専用ホルダーを発売していたよ(^_^;)

明らかに国内でも需要があるんだ。そうなんだ、欲しがっている人がいるんだ。どんな人が買うんでしょうね。これを使っている人がいたら笑ってしまいそうだ。当然、気にしていない振りして後で笑うんだけどね。

日本も遅れないようにアメリカを追いかけているね。頑張れ日本!アメリカに追いつけ追い越せ!(かなり自虐的)

ふぅー、悲しい。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "「お腹の贅肉に救われた」撃たれた被害者は語る"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

平成22年3月の予定

平成22年3月の診療時間のお知らせです。

今月はカレンダー通りです(診察時間参照)。

生活習慣病に対する指導に力を入れているので気軽にお問い合わせ下さい。メールで問い合わせも受け付けています。

1) ダイエット指導(健康指導)
診察に含まれていて、基本的に無料で指導しています。そのため、私のフリーな時間帯、昼休み(午後1時から1時間程度)、及び午後診療後(午後6時から1 時間程度:仕事をしている人向け)になっているため、完全予約制で人数制限があります。興味のある人はメールや電話でお問い合わせ下さい。

現在(平成22年3月)の予約状況は2名です、希望者が増えた場合、お待ちいただく必要があります。ご了承下さい。

2) 禁煙指導(チャンピックスによる禁煙治療)

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1400円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1200円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1500円(税込)

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬(診察室での手渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • プロペシア錠1mg:28錠7000円(税込)

5) 漢方治療

6) 高圧酸素治療(専門医)

7) 日本糖尿病協会登録医
糖尿病患者さんのコントロール(インスリン注射を含む)もしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »