« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

糖尿病を付け合わせでバーガーかフライドチキンはいかが?

今年最後の更新になるだろう。来年もこんな調子で更新を続けていくのでよろしく。あくまでも専門家向けじゃなく、一般向けに健康情報を伝えていくよ。物足りないって思う専門家は文献を読んで下さい。文献を読む能力があるのが専門家ですよね。

私もできるだけ文献には目を通しているけど、全部は読めていない(^_^;) 今年集めた文献は百少々なんだけど、半分ぐらいしか読んでいないな。来年は、この倍読む努力をしよう。エビデンス、エビデンスと、エビデンスを基にガイドラインも製作されている現在の流れに乗らないとついて行けないからね。

少しでも理論武装して人に丸め込まれない自分の考えを持たなきゃね。自己主張をしていいくために、文献を読み、結果を自分で解析して、自分の結論をつくりあげるって姿勢を持たないといけない。文献を読む時は、「こんなの嘘だろ」、「何言い切ってんだこいつ」と突っ込みを入れながら読むと楽しい。どんな立派な先生の報告でも、文献を読んでいる間は、そんな先生を馬鹿にして読むようにする。実生活で馬鹿にしてる訳じゃないから誤解しないでね。

さて、今日のロイターのニュースは、ある意味、分かりきったような話だよね。しかし、誰でも当たり前だと思っている事をデータとして集積していかないとコンセンサスの得られたエビデンスにならないんだろう。今は正にライフスタイルに関わる疫学データを集める時期で、これから何年もこのような報告が続くんだろう。疫学データを集め、得られるデータを解析して仮説を立て、それを実証するためのライフスタイル介入試験という流れが主流になるのかな?まだまだ膨大な時間がかりそうだ。

続きを読む "糖尿病を付け合わせでバーガーかフライドチキンはいかが?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年12月29日 (火)

2009年の目標をふり返る

今年の初めに目標設定をしていたから、ふり返らなきゃならない。ブログに書いているから無かった事にできないよね。ちゃんと評価して次の目標設定をしていこう。

私は子供の頃から日記を書いても3日続かない人間なのに、ブログがこんなに続いているのに驚いてしまう。レスをしてくれる人がいるからなんだろうな。

  1. フルマラソンで3時間30分以内:(○) この目標は達成できました。今年の4月に走ったとくしまマラソンで3時間17分でした。
  2. ウルトラマラソンで10時間以内:(×) これはちょっと難しかったですね。10月の四万十川ウルトラマラソンを自己ベストで走ったけど、10時間43分。まだまだサブ10は難しいかな。
  3. 年間の走行距離3000km以上:(○) 今のところ3500km以上は走れています。しかし、ウルトラサブ10なら年間4000kmの練習が必要かなと思ってます。
  4. トレイルランへの挑戦:(○) 7月になかばトレイル阿讃に参加してトレイルの体験をしました。やっぱり私はロードを極めたいですね。でも、色々な筋肉を刺激するためにトレイルも楽しもうかなと思ってます。
  5. Life-LOGの定期的な更新:(○) これもここを見ていただければ分かりますよね。ちょっと最近間隔が開いてきていたけど良しとしましょう(^o^)
  6. 韓国語能力試験初級:(×) 全然駄目です。相方と一緒に受験をしようとテキスト買って勉強を始めたけど、三日坊主... なんか、やる気が出ないのが問題だ。
  7. TOEICのスコア900以上:(×) 試験を受けていないし、試験のスケジュールも確認しなかったからまるでやる気無しだった。試験を受けるという目的じゃなかなか行動に移らないなと反省している。
  8. スポーツドクターの資格:(△) これは今春に資格が取れるので、これから「てんとう虫マラソン」のスポーツドクターとしてボランティア運動に参加していく。
  9. 栄養情報担当者(NR)の資格:(×) これも全く手つかず。何か資格が欲しいなと思って年始めに目標リストに加えたけど、やる気になれない...
  10. 初級シスアドの資格:(×) 無理矢理リストの10個目に入れた項目だけど、上と同じ理由...

評価すれば、4.5/10で半分も達成できなかった。まあ自分をふり返るとこんなもんでしょう。これを踏まえて年始の目標リストを作り直す。来年は更なる野望を抱いて邁進していこう。

さあ、皆さんの今年の目標の達成度はどうでしたか?ふり返ってみるといいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世界初のジャックフード税導入は台湾かも

0912biscuitscandyNewlogo

こういうニュース(日本語リンク)があったのを知らなかったよ。Diet Blog(ダイエットブログ)で取りあげられていたから紹介しよう。

ダイエットブログのコメントに書いてあったけど、デンマークでも来年度から同様の税がかかるそうだ。デンマークでは「スイート税」だって。

米国でも一部の州、それとも都市?コメントを見たらシカゴでは課税されているそうだ。

こういう課税システムが成功すると、日本でも同様の動きが出てくるかもしれないね。マックの値段が上がって周りの人が食べなくなると嬉しいけど、ジャンクフードの定義づけをするのが難しいでしょうね。

いっそのこと「加工食品税」を取り入れて、生鮮食品を無税にしていくといいかもね。これもかなり過激な意見だと思うけど、皆さん、どうですか?

 

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "世界初のジャックフード税導入は台湾かも"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月28日 (月)

オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも

ライフログで取りあげたオメガ3系脂肪酸に関する話題
Flaxseed vs Fish: 植物性オメガ3か魚類オメガ3(2012/07/24)
魚と卒中(12/09/25)
オメガ3系で歯肉疾患の予防(10/12/30)
子供の脳の発達にかかわる必須脂肪酸 - オメガ3(10/11/13)
魚油は10代少年のうつ病を緩和させるかも - オメガ3(10/08/18)
食事の変化で高齢者のコレステロール値改善 - オメガ3(10/02/22)
魚油は統合失調症の予防になるか? - オメガ3(10/02/03)
魚油は細胞の老化を防ぐ - オメガ3(10/01/23)
オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも(09/12/28)
食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3(09/12/04)
魚を食べても心不全の予防にならないかも - オメガ3(09/10/17)
オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし(09/07/14)
オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)
不飽和脂肪酸、アラキドン酸で精神疾患の予防効果?(09/04/15)
オメガ3系脂肪酸に関する私見(08/11/18)
女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系(08/06/30)
オメガ3系:いかに騙されているか(08/06/20)

今日の話題になっている疾患、加齢黄斑変性をLife-LOG(ライフログ)で最初に取りあげたのは2009年5月14日のエントリー「ある種の食事で加齢性の失明は抑えられるかも」である。ちょっとそちらも読んでください。

加齢黄斑変性は、難病指定されているから難病情報センターに詳細が記載されているから気になる人はチェックしてください。

難病情報センター:加齢黄斑変性

「なんだ、難病なんて私に関係ないや!」なんて思わない方がいいだろう。というのも、この疾患、年齢が60歳を過ぎると増えてくる、実際、米国では失明原因の第一位である。日本でも、高齢化社会を迎え、加齢黄斑変性による失明は増えているそうだ。未だ効果的な治療法が無い現状を考えると、予防に力を入れる必要があるだろう。

そうそう現在、日本で保険適用されている加齢黄斑変性に適応がある薬剤は以下の2つだ。
ファイザー株式会社からマクジェン(一般名:ペガプタニブ)
ノバルティスファーマ株式会社からルセンティス(一般名:ラニビズマブ)
両製剤とも直接眼内(硝子体内)に投与して血管新生を抑えることで視力の回復も見られるようだ。私は眼科医ではないので、日本人に対する具体的な治療効果は知らない。今度眼科の先生に訊ねてみようと思う。

じゃあ薬価を見てみよう。
マクジェン硝子体内注射用キット0.3mg = 123,457円
これを6週間隔で投与するんですよ。両眼になれば2倍!
ルセンティス硝子体内注射液2.3mg/0.23ml = 176,235円
これは1ヵ月間隔で3ヶ月連続投与して、維持期は1ヵ月以上開けて続けるそうだ。

これは高いですよね。ちょっと考えてください。製薬会社は難病や癌の治療薬開発に力を入れている。難病や癌になった人には選択肢が無いからだ。こういう患者さんは藁をも掴みたい心境になっているから、どんなに高額な薬でも支払い続けるだろう。支払いが保証されている薬なら製薬会社も高額な開発費を投じ続けられるという図式ができあがってるんじゃないかな。

まあ、この考えは私の考えなんで一般論と思わないでね。高額な薬剤の一部を患者さんが負担しているとはいえ、7割以上は税金が負担しているわけで、加齢黄斑変性のようにこれから患者さんが増えていくような疾患の場合、国民一人一人が予防していく姿勢を持たないと罪になると思う。難病センターの情報に書かれているように、喫煙だって危険因子になっている。私に言わせれば、喫煙は個人の問題ではない、喫煙することで社会がどれだけ損害を被っているか考えなきゃいけないだろう。タバコ税をもっと上げて喫煙者を減らすべきで、国の税収が減っても国民が健康になれば、医療費も減り社会生産性も上がるから将来的にプラスになるはずだろう。

まあ、話題が外れているので、元に戻さなきゃ。今日のエントリーは非常に興味深い。以前取りあげたエントリー「オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)」を読んでみて欲しい。

米国では、加齢黄斑変性が失明原因第一になっていて、保険に入っていない人が多いため高額な医療費のかからない治療が求められている。AMDの予防や治療に関する栄養学的アプローチを模索するため国立衛生研究所が主導の加齢黄斑変性スタティ(AREDS)があり、今日の結果のように、加齢黄斑変性の初期段階であっても病状進行を抑制する結果が出たということはすばらしいことだと思う。

日本でもこうい報告を活用すべきでしょうね。

続きを読む "オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年12月25日 (金)

アルツハイマー病における食欲ホルモン、レプチンの役割

ダイエットをする時、いらない物だと思っている脂肪組織なんだけど、最近、内分泌器官として注目されている。数々のサイトカインやホルモンを分泌することで脂肪組織を中心とした恒常性の維持に働いているのだろう。

脂肪組織だって無駄なものじゃないんだ。生きるために必要なエネルギーを蓄えているわけで、飢餓状態になった時、エネルギー供給源になる。したがって、身体は脂肪組織のバランスを取ろうとするんだろうね。

レプチンは脂肪組織由来のホルモンで、脳にある視床下部に働いて、強い摂食抑制とエネルギー消費亢進をもたらすため、その抗肥満効果はよく知られている。

今日の報告は、レプチンの脳への影響でも、視床下部に対する摂食行動への影響じゃない。記憶力の要である海馬への関わりを示したものだ。まだまだ分からない事が多いアルツハイマー病の病因解明の手がかりになるかもしれない面白い内容だ。これからの研究展開が楽しみだね。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "アルツハイマー病における食欲ホルモン、レプチンの役割"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年12月18日 (金)

葉酸摂取は大腸ポリープの再発予防にならない

いあや年末はtime fliesだね。葉酸の話題を続けようと思っていたら一週間ぶりになってた、なんとかしなきゃ。

まだ葉酸の話題を続けていく。今日の報告もちょっと古いけど、葉酸サプリメントを摂取して大腸ポリープの再発予防になるかどうか調べた報告だ。

内視鏡で複数のポリープが見つかる人は多いけど、翌年になれば再びポリープができていることがある。こういう人のポリープ再発を予防できればいいのにね。

葉酸は、胎児期の神経管成長にクリティカルであり、二分脊椎を予防するため、妊娠可能な若い女性の推奨量は400μg(マイクロ・グラム)になっている。これは0.4mg(ミリ・グラム)のことで、今回の報告に使用されたサプリメントは容量1mgなので半量にも満たない。

他の報告を見ると、葉酸4mg含有のサプリメントが使用されていたりする。サプリメントとして摂取すれば安易に過剰摂取に陥り易い。しかし、過剰摂取の安全性は明らかになっていない。大腸癌の発生が増えるという報告もあるし、ライフログで紹介した内容を見ても肺癌リスク上昇にも関わっているかもしれない。

基本的に食事から葉酸摂取をすべきだと思う。葉酸は緑黄野菜や果物に含まれているけど、熱に弱く調理すると失われ易い。毎日新鮮な野菜や果物を大量に取る食生活が求められるから、誰もが私のように生野菜と果物を大量に食べる食生活でないと葉酸不足に陥るだろう。ちょっと言い過ぎかな(^_^;)。しかし、こういう食生活を送ることは現実的でないと思われる今の世の中が変なんだけどね。結局サプリメントを飲む必要性が出てくるんだろうな。

しかし、大量に野菜を果物を食べているとしても、葉酸欠乏に来しやすい薬剤があるので、慢性疾患を抱えて定期的に薬を飲んでいる人はかかりつけの医師に相談して下さい。このような場合は、葉酸をサプリメントで補充する意味はあるだろう。それから、大腸ポリープの既往があれば、自分の葉酸レベルを調べてみるといいかも。血中葉酸値が7.5ng/mlより低ければ、葉酸サプリメントを考えてもいいんじゃないかな。

葉酸関連のエントリー
The South Beach Diet 55 毎日のビタミン(05/09/09)
どのサプリメントがいい?(08/08/29)
葉酸サプリメントは発癌リスクを上げる:研究報(09/12/11)
葉酸摂取は大腸ポリープの再発予防にならない(09/12/18)

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "葉酸摂取は大腸ポリープの再発予防にならない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年12月11日 (金)

葉酸サプリメントは発癌リスクを上げる:研究報告

さて、久しぶりに新しいカテゴリーを作る。ずばり「葉酸」だ。

「なぜ葉酸?」って不思議に思うかもしれないね。最近、葉酸絡みの報告が多かったのと、サプリメントの効果に疑問を持っている立場から見て、これからサプリメントの在り方を考えていくつもりになったからだ。カテゴリー別にサプリメントの評価もしていきたい。

その第一弾に「葉酸」を持ってきたのに大きな意味は無いよ。

今日の報告を見ても、「葉酸」が悪者に思えないし、悪いのは「葉酸サプリメント」って考えることもできるんじゃないかな。サプリメントは過剰摂取に陥りやすい。食材から摂っていれば適量摂取になり、結果も異なっていた可能性もあるよね。今回の報告から葉酸の摂取量は分からないからね(ニュースから詳細が分からない)。

今までに「葉酸」が絡んでいたLife-LOG(ライフログ)のエントリーを調べてみると、かなり古い記事があった。まだLife-LOG(ライフログ)がSouth Beach Diet(サウス・ビーチ・ダイエット)のサポートサイトの頃で、1995年のエントリーだった。

The South Beach Diet 55 - 毎日のビタミン

この中で、「葉酸、B6そしてB12は血中ホモシステインレベルを低下させます。ホモシステインは血中に存在するアミノ酸の一種で心臓病や卒中を予測する重要なファクター」って書いているけど、今日の記事を見て分かるように、葉酸とビタミンB12サプリメントによる心臓の保護効果は示されていない。

どのサプリメントがいい?

このエントリーで、葉酸の摂取量の上限は1mgと書いているけど、これでは摂取量に関して誤解を受けそう。ちょっと説明しておこう。

ビタミンの摂取量には4つの基準値がある。推定平均必要量、推奨量、目安量、そして上限量だ。細かい説明は他で見て下さい。葉酸の場合、一般の男女とも推定平均必要量の0.2mg(200μg)以上の摂取が望ましく、できるだけ推奨量の0.24mg(240μg)に近づけた方がいい。しかし、上限値の1mg(1000μg)を超えたら障害が起きるかもよといったニュアンスで、妊娠可能な女性だけ妊娠前から推奨量は増え、0.4mg(400μg)摂って、胎児の出生異常(二分脊椎)を予防しようという社会的な流れになっている。

少しだけ「葉酸」でググって気になったサイトを紹介しよう。

極東ブログ:そろそろ葉酸について一言言っておくか(07/08/17)

ちょっと古いエントリーだけど、やっぱりアルファブロガーの書いているエントリーだけあって、コメントは多種多様で、感情的な内容も含め反応の大きさに感心するばかり。私は管理者のfinalventさんと少々異なる意見を持ってますが、ここを読めば、いかに「葉酸」についてエビデンスが少ないかわかるでしょう。

救急科専門医の独り言:葉酸をよーさんとりましょう。(09/12/10)

ここも医療関係のブログでは人気サイトの1つだ。Kim医師の向学心に頭が下がるばかり。ちょうどタイムリーに葉酸の話題が出ているのでチェックするといいだろう。葉酸服用で双胎妊娠が増える可能性があるというのは初耳でした。

葉酸関連のエントリー
The South Beach Diet 55 毎日のビタミン(05/09/09)
どのサプリメントがいい?(08/08/29)
葉酸サプリメントは発癌リスクを上げる:研究報(09/12/11)
葉酸摂取は大腸ポリープの再発予防にならない(09/12/18)

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "葉酸サプリメントは発癌リスクを上げる:研究報告"

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2009年12月10日 (木)

流行のダイエットを責めるべき?

SnakeNewlogo

今日はDiet Blogのポストを紹介しよう。日本でも同様の話で、似たような話のダイエット本が名前を変えて現れ消えていく。

確かにダイエット本の著者は一攫千金を狙って書いているんだろう。それでも影響力を大きくする方法として優れているだろう。影響力が強くならないと、彼らの考えは広まらないからね。

注意すべき事は、彼らの示す考えが事実かどうか分かりにくいってとこだ。食事療法には科学的根拠が抜けている部分が多い、その抜け落ちている部分は主観的な考えで埋められている。しかし、自分の考えを事実のように話してしまうと、読者に混乱を招くことになる。科学的根拠のある話と自分の考えで埋め合わせた話をハッキリと区別していないダイエット本はクズになるんだろうね。

それでもダイエット本には著者の考えが詰まっているから面白い。どんなダイエットに興味を持っても。期間を設定しているダイエット法は選択しちゃいけないだろう。

ダイエットって、一時的に、30日とか3ヶ月で痩せる食事法じゃない。健康的に適正体重に戻る食事スタイルであり、あなたが一生続けていく食生活を提言すべきだろう。

短期間で痩せても、太っていた昔の食生活に戻れば体重も戻ってしまうよ。意識が変わらなければ維持できない。

「痩せるまでファーストフードや清涼飲料水は飲まない」、という決心をしてダイエットに成功しても、再びマックやコーラーを飲む生活に戻ればどうなりますか?

「もう一生ファーストフードや清涼飲料数は飲まない」、という決心ができますか?

この決心ができない人の価値観は昔のまま。「こんなこと出来る訳ないじゃない」、と考える人もいるでしょう。しかし、ファーストフードや清涼林領水を飲まない生活を送っている健康的な人は存在します。こういう人たちとの間で健康格差は大きくなっているんですよ。

まあ、私の話にも何ら科学的根拠はありません。ファーストフードや清涼飲料水を飲んで太った世代がどのくらい健康的に長生きできるのか今後が楽しみですね。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "流行のダイエットを責めるべき?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 4日 (金)

食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3

ライフログで取りあげたオメガ3系脂肪酸に関する話題
Flaxseed vs Fish: 植物性オメガ3か魚類オメガ3(2012/07/24)
魚と卒中(12/09/25)
オメガ3系で歯肉疾患の予防(10/12/30)
子供の脳の発達にかかわる必須脂肪酸 - オメガ3(10/11/13)
魚油は10代少年のうつ病を緩和させるかも - オメガ3(10/08/18)
食事の変化で高齢者のコレステロール値改善 - オメガ3(10/02/22)
魚油は統合失調症の予防になるか? - オメガ3(10/02/03)
魚油は細胞の老化を防ぐ - オメガ3(10/01/23)
オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも(09/12/28)
食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3(09/12/04)
魚を食べても心不全の予防にならないかも - オメガ3(09/10/17)
オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし(09/07/14)
オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)
不飽和脂肪酸、アラキドン酸で精神疾患の予防効果?(09/04/15)
オメガ3系脂肪酸に関する私見(08/11/18)
女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系(08/06/30)
オメガ3系:いかに騙されているか(08/06/20)

オメガ3系脂肪酸に関するニュースを定期的に取りあげている。だって、「オメガ3」をキーワードにして、ここに来る人が多いからね。やっぱりフォローしとかなきゃ。

オメガ3系脂肪酸について詳しく知りたければ、上記に示しているニュース掲載日の古い順から読めばいいだろう。だいたい理解できるんじゃないかな。

オメガ3系脂肪酸を摂っているつもりでも、オメガ6系脂肪酸の絶対量が多すぎているかもしれない。重要なのはオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の比率だと思うよ。

オメガ6系脂肪酸は炎症を惹起する邪魔者のように考えがちだけど、胎生期の神経新生(Neurogenesis)に関わる因子だという示唆もされている。しかし、逆にオメガ3系脂肪酸不足に陥ると神経分化(Neuronal Differentiation)に悪影響を与えると言われているよ。

この脂肪酸の比率は私にとって非常に興味があるところ。これから新しい知見に出会えばフォローするつもりだ。

今日の話は炎症に関わるオメガ6系脂肪酸、リノール酸を多く含む食事をしているグループから炎症性腸炎の発症が増えたけど、少なければ発症が少ないという、脂肪酸摂取と炎症性疾患の関連性を示した報告だ。

オメガ6系脂肪酸のアラキドン酸からアラキドン酸カスケードを介して炎症メディエーターが産生される。したがって、オメガ6系脂肪酸の多い食事を摂れば、炎症性疾患が増えるって感覚的に分かるよね。オメガ3系脂肪酸はそれに対して拮抗的に働く。

今日の報告のようにデータを示されると納得するんじゃない?やっぱり欧米化した食事スタイルが良くないってわかるでしょ。直ぐお腹が痛くなって下痢するような人はオメガ6系脂肪酸を減らした方がいいんじゃないかな。

皆さん、私はパソコンのマック信奉者だけど、ハンバーガーのマックは大嫌いだよ。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年12月 2日 (水)

エクササイズは食欲に拮抗的

今年も残すところ12月だけになりました。最後の締めくくりとして、気合いを入れて日々の生活に取り組むのと同時に、今年1年の食生活と運動習慣を振り返って見たらどうだろう。節目で振り返るって重要じゃないかな。それから来年に向けて目標を立てる準備をしよう。

今日はエクササイズに関して知っておいてもらいたいロイターのニュース。

食事だけで減量を勧める専門家は馬鹿だと思うし、エクササイズだけで減量させる専門家も同様に馬鹿者だと思っている。減量すれば健康になれると教えるあんぽんたんもいる。

減量を目的にして健康にはなれないよ。健康は食生活と運動習慣の組み合わでしか得られない、ということを再認識してよね。

確かに減量という観点からみれば、運動療法に比べて、食事療法の方が優れているだろう。運動療法で痩せにくい人がいるという報告が今日の話題だ。

エクササイズをしたら、人によって空腹の感じ方に差が生まれるらしい。痩せられるグループは日中を通して空腹感が抑えられるけど、痩せられないグループは一日中空腹になるみたいだ。

しかし、残念な事に、なぜこの違いが生まれるのか理由は分かっていない。私は、エクササイズで痩せられないグループに属すんだろうな。走ったらお腹が空いて食べてしまうし、止められなくなることがあるからね。あぁ、早く理由が分かって対処法が解明されるといいな。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

続きを読む "エクササイズは食欲に拮抗的"

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2009年12月 1日 (火)

平成21年12月の予定

平成21年12月の診療時間のお知らせです。

12月5日(土曜日)は講習会参加のため休診とさせていただきます。

また年末年始の休みは、12月31日〜1月3日(日曜日)までの4日間です。

他はカレンダー通りです(診察時間参照)。

生活習慣病に対する指導に力を入れているので気軽にお問い合わせ下さい。メールで問い合わせも受け付けています。

1) ダイエット指導(健康指導)
診察に含まれていて、基本的に無料で指導しています。そのため、私のフリーな時間帯、昼休み(午後1時から1時間程度)、及び午後診療後(午後6時から1 時間程度:仕事をしている人向け)になっているため、完全予約制で人数制限があります。興味のある人はメールや電話でお問い合わせ下さい。

現在(平成21年12月)の予約状況は3名です、希望者が増えた場合、お待ちいただく必要があります。ご了承下さい。

2) 禁煙指導(チャンピックスによる禁煙治療)

3) ED治療薬(診察室で医師から直接受け渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • バイアグラ錠50mg:1錠1400円(税込)
  • レビトラ錠10mg:1錠1200円(税込)
  • シアリス錠20mg:1錠1500円(税込)

4) AGA(男性型脱毛症)治療薬(診察室での手渡し可)
注意:医師から直接受け渡しの場合は領収書の発行はできません。領収書が必要な方は、受付での支払いになります。

  • プロペシア錠1mg:28錠7000円(税込)

5) 漢方治療

6) 高圧酸素治療(専門医)

7) 日本糖尿病協会登録医
糖尿病患者さんのコントロール(インスリン注射を含む)もしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »