« エクササイズは喫煙者のタバコへの欲求を抑える | トップページ | 人間の身体は長距離に向いている »

2009年11月 4日 (水)

コーヒーは子宮体癌のリスクを低下させるかも

ここのフリクエント・リーダーなら私が無類のコーヒー好きって知っているよね。

お酒は好きでも毎日飲まない。しかし、コーヒーは毎日欠かさず飲んでいる。目覚めの1杯から夕食後の1杯まで、時には寝る前に飲んで寝る。もはやカフェインは私の睡眠にさえ影響を与えていないようだ。

コーヒーだけは、節度を持って食事をするという理念から外れてしまっていて、患者さんからもよく咎められる。

「まあ、誰にだって弱点はあるさ。少なくともコーヒーの飲み過ぎて身体に悪いって言い切れないしね」、とお茶を濁してごまかしているよ(^_^;)

そんな訳で、コーヒーの話題があれば紹介してる。ある意味、理論武装してコーヒー擁護者になっているんだよ。今日もコーヒー好きには嬉しくなるニュースなんで紹介しよう。

これを機会に、「コーヒー」というカテゴリーを作ったから、コーヒー好きの人はチェックしてね。

その他コーヒーに関するエビデンスを知っていれば教えて下さい。吟味します(^^;)

さあ、コーヒーを飲み過ぎの私を責めることのできるエビデンスはあるかな?

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

コーヒーは子宮体癌のリスクを低下させるかも
Coffee may lower endometrial cancer risk

ニューヨーク(Reuters Health) - 女性なら子宮体癌の診断を恐れているだろう。ところが、カフェインの入っているコーヒーを少なくとも日に2杯飲んでいる女性だったら、子宮に並んだ細胞の癌化リスクを低下させているかもしれない。

コーヒーの飲用は、特に過体重や肥満の女性に対して予防効果があるようだ、とスエーデン、ストックホルムのKarolinska研究所の共著者Emilie Friberg医師は、電子メールでロイター・ヘルスにコメントした。

Friberg医師のグループは、60,634名のスエーデン人女性を対象に、コーヒー摂取量に関する調査を2度行った - 彼女達がSwedish Mammography Cohort研究に参加した1987年から1990年にかけて1回、そして2回目は1997年。

平均して、17年間の間、研究者が追跡を行い、677名の女性 - 約1%の被験者が -- 子宮体癌を発症した。診断された平均年齢は67歳だった。

研究全体を見れば、日に2杯以上のコーヒーを飲むグループは、少ないグループに比べて、明らかに子宮体癌発症が少なかった。

コーヒーの量が1日当たり1杯増える毎に、年齢や他の発癌リスクを考慮した後でさえ、全体として、子宮体癌のリスクは10%低下しているようだ。

そうではあるが、最も強い予防効果は、過体重や肥満の女性の間で認められた、とFriberg医師のグループは記載していたし、このグループは、「子宮体癌のハイリスク」でもある。

コーヒーの1杯が加わる毎に、過体重のグループなら子宮体癌のリスクは12%低下して、肥満のグループなら20%低下しているようだ、とFribergのグループはInternational Journal of Cancerに報告している。

彼らの意見によれば、コーヒーは、血糖、脂肪細胞、そしてエストロゲン、こういう子宮内膜癌に重要な役割を担う因子に影響を与えているかもしれないと言うことだ。しかし、彼らも書いているけど、今回の知見を他の集団で確かめていく必要はある。

特に、「デカフェ・コーヒーを使った研究をすれば、コーヒーの影響とカフェインの影響を区別して調べて行くこともできるだろう」、とFriberg医師は話している。

|
|

« エクササイズは喫煙者のタバコへの欲求を抑える | トップページ | 人間の身体は長距離に向いている »

コメント

なるほど~勉強になります。

コーヒーがホルモンに影響するとは考えもしませんでした。最近勉強して分かったのですが、体はホルモンの影響をものすごく受けているので、体の改善をしようとしたら体の中から変えていかないといけないってことなのかもしれませんね。

たとえばこれまで育毛というと、頭皮を刺激して強い毛根を作ることで毛が生えてくるものだとばかり思っておりました。これはテレビCMの影響も大きいと思います。

ところが最近分かったのですが、髪の毛もやはりホルモンが関係していて、男性ホルモンの影響が大きいということを知りました。

このことを知った後で、テレビCMなどを見ていると、育毛剤だけで本当に生えてくるのかな~と疑いの目でみてしまいます。テレビからはちゃんとした正しい情報が発信されていないような、なんだかもどかしいような感じがします。

まだまだ知っているつもりでいることが、実は間違っているのではないかと思うとこわいです。


最後に、コーヒーについて。

ふとした瞬間からコーヒーが美味しく感じるようになりました。忘れもしません。缶コーヒーのワンダを飲んだときに缶なのにめちゃくちゃ美味しく感じました。その瞬間からなんだか大人になった気がしました(笑)

けど最近はブラックで飲んでいると、胸やけがするような気がして飲む頻度が減りました。今も緑茶を飲みながらコメント書いております。

投稿: はるうらら | 2009年11月 5日 (木) 20時38分

23歳にしてコーヒーの良さに少し気づいてきました。
仕事の会議中は眠気覚ましも兼ねて、必ずコーヒーを飲むようにしています。

投稿: E.F野 | 2009年11月 6日 (金) 01時49分

私もいつからコーヒーばかり飲むようになったんだろう。20代の頃はあまりコーヒー好きじゃ無かったような。今じゃ、コーヒー飲まないと身体がしゃんとしないよ。胸焼けなんて感じたことないし...

投稿: 屋台ブルー | 2009年11月 6日 (金) 13時38分

先生!おはようございます、ランディ・バウシュの本・動画の情報を教えていただいた情報や本舗です、夫婦してダイのコーヒ好き(かなり昔ですがダッチコーヒーのメーカー器まで購入)子宮がんは2杯のコーヒー!コチラは3杯以上で「すい臓がんのリスク⇒http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_b77f.htmlアラビノガラクタンという多糖類がコーヒー豆の細胞膜にあって胃では消化せず腸で初めて消化吸収・・・とUCCの上島コーヒー特許も出願して発表していますhttp://www.ucc.co.jp/company/research/polysaccharide/02.html⇒サイドの右の「多糖類」に他の研究結果が!以前先生にお知らせしました糖質栄養素にはアラビノガラクタン(コチラは西洋からまつ由来ですが)が主成分の1つです

投稿: 情報や本舗 | 2009年11月15日 (日) 05時54分

情報や本舗さん、お久しぶりです。
コーヒーに関する情報ありがとうございます。アラビノガラクタンについて知らないのでチェックをいれていくようにしますね。

投稿: 屋台ブルー | 2009年11月17日 (火) 12時22分

はじめまして!
大学4年にゼミの先生に出していただいたアメリカンを飲んで以来、コーヒーが大好きになりました。
最近はブラックで飲むことが多いのですが、カフェインを摂取しすぎるのはよくないと信じて1日1杯に我慢していました。
しかし、この記事を読んで勇気づけられました!これからは1日2杯も怖くありません…。

投稿: ぴぴん | 2009年11月18日 (水) 10時26分

ぴぴんさん、
コーヒー中毒の私は1日2杯どころじゃないからね。
朝起きて寝るまで飲んでます(^_^;)

投稿: 屋台ブルー | 2009年12月 2日 (水) 12時54分

先生!10月に「コーヒーがC型肝炎の進行を遅らせる」と医学誌「Hepatology(肝臓学)」に掲載 C型肝炎ウイルス(HCV)に感染した患者766人を対象に、コーヒー、緑茶および紅茶の摂取についてたずね、4年間検査実施、その結果、1日に3杯以上コーヒーを飲む患者は、コーヒーを飲まない患者に比べ肝疾患の進行がみられる確率が53%低かった。緑茶および紅茶による影響は認められなかった(ただし被験者の茶の摂取量自体が少なかったと)http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2140&Itemid=37

投稿: 情報や本舗 | 2009年12月 3日 (木) 20時14分

情報や本舗さん、コーヒーに関する話題提供ありがとうございました。

実はこのニュースをチェックしていたんですが、紹介するタイミングを逸していたのと、HCV感染者に限った効果であり、一般の人に向けた内容と言い難かったのっで紹介しませんでした。

これからも情報をお願いします。

投稿: 屋台ブルー | 2009年12月10日 (木) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/46672573

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーは子宮体癌のリスクを低下させるかも:

« エクササイズは喫煙者のタバコへの欲求を抑える | トップページ | 人間の身体は長距離に向いている »