« 研究から地中海式ダイエットでうつ病リスク低下 | トップページ | マイケル・ポランの食べるためのルール »

2009年10月 9日 (金)

ソファーから離れてエクササイズをしよう!

FeetNewlogo

エクササイズをしていますか?エクササイズ無しのダイエットなんかしなでよ。そういう人はバカみたいに見えるから。

本当にエクササイズをしない人を哀れに思うよ。ちょっと補足するけど、エクササイズって、ジムに行くだけがエクササイズじゃないからね。肉体労働をしている人は、仕事が十分エクササイズになっている。しかし、デスクワーク中心ならエクササイズになっていない。自分の生活スタイルを見て、どれほど身体を使っているか評価する必要はあるだろう。

私はデスクワーク中心の仕事をしているので、エクササイズの時間を作っている。ここの読者なら知っているけど、私のエクササイズの柱は、「通勤ラン」。MacBook Proや本を背中に背負って、重さは7キログラムぐらい、負荷トレーニングのつもりで、10〜20kmの距離を走っている。ちょうど通勤コースに峰山という標高200mぐらいの山もあって、コースに組み入れて登りのトレーニングもしている。

しかし、軟弱者なので、インターバルトレーニングや心拍トレーニングはしていない。記録向上のためのトレーニングとして考えれば、ちょっと不十分だろう。しかし、私のプライオリティは別の所にある。怪我をしないことが重要なので、記録を狙うトレーニングはしない。素晴らしい肉体と精神を手に入れることを目標にしていて、記録は後から付いてくると考えている。

なぜ、こんな話をしていると思う?

実は、今月18日に高知県で開催される「四万十川ウルトラマラソン」に初参加するだよ。でも、今年1月に立てた目標(2009年の目標)の1つ、100kmを10時間以内というサブテンは無理だなって自覚したんだよ。そしたら言い訳をしとかなきゃね(^^;)

夏場の練習ができなかった(T_T)。今年の夏は、ランニングに対するモチベーションがかなり落ちてしまった。雨が多かったのも1つの原因だろう。雨が降ると車通勤に切り替えていたけど、それが気持ちの弱さに繋がったような気がする。

朝から雨が降っていると、「やった、今日は走って行かなくてもいいや。」という言葉が頭に浮かんだ。

「あれ?」、何か違うんじゃないかな。どうして雨が降って喜ぶんだ?!

自問しなければならないだろう。「何のために通勤ランをしているのか?」

誰かに強制されている訳じゃない。自分で決めて、肉体と精神のために走っているんだ。どうして楽をしようとするのか?

本当にモチベーションを維持することが難しいと思う。色々な妨げがある。「雨」も1つだろう。「結婚」「離婚」「子育て」「失業」「転勤」... 人生にはいくらでも妨げになるものがある。肉体と精神を健全に保つこと以上に重要な事ってあるのか?重要に思われる問題や妨げって、健全な肉体と精神を持って対処しなければならないんじゃないかな?

それでも、モチベーションを維持するのは難しい。私自身、こういう事を書き連ねることもモチベーション維持のためだよ。

ランニングは単調な運動で、ただ走るなんて私にはできない。通勤時間は勉強をする時間にしている。以前に話したけど、私はポッドキャストを聴きながら走っている。ポッドキャストには面白い教材が豊富に揃っているから面白いよ。中でも「iTunes U」は、今のお気に入り。統計的思考に興味があるって話したよね、UC Berkeleyの「Statistics」を聴いているけど、有名大学の講義をタダで聴ける幸せを噛みしめています。

今日のDiet Blogのエントリーもモチベーション維持のための方法論の1つだと思う。マルチタスキングとう考え方で説明しているよ。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

ソファーから離れてエクササイズをしよう!
Get OFF the Couch and Start Exercising!

テレビ(この記事は翻訳してないよ(^^;)の前に根を生やして何時間も座り続けてる?

疑いもなく、テレビには何時間も時間を費やしてしまう中毒性があるし、私はジムに行くようにクライアントを説き伏せてるけど -- 全く無視する人もいる。

だから、ここに妥協点を見いだそう...

複数のことを同時にする(マルチタスキング)ってどうだろう?

身体を鍛えるってのを邪魔してしまう道具としてテレビを観ている自分に気がつきませんか?

十分なエクササイズができていない人ばかりいるってのは事実だ。何時間も続けてテレビを観ているのであれば、私の妥協案によって、二つのことを一緒にできる。

となりのサインフェルド」(訳注:このコメディは私も大好き。留学時代、フレンズとサインフェルドを欠かさず観てたよ)の今までのエピソードを全て観たいのなら、ワークアウトの道具を綺麗に掃除した方がいいだろう!考えてごらん、壁を見つめながら30分間走るのは、誰にとっても難しい、でも、テレビを観ながらやれるんじゃないかな!

新しい考え方はこんな感じで:「フィットネスをしないならテレビは観ないよ。」

もしテレビを観るのに興味がないなら、オーディオブックを聴きながらや、ポッドキャストも良い考えじゃないかな。

こんな風にしてみれば:

  • エリプティカル・トレーナー、ステイショナリー・バイクを持っているような幸運な人間なら、番組の前半にそれをやる。
  • コマーシャル1つ分の時間で、心肺機能トレーニングのためにステップを激しくしよう。
  • ウエイトを持ったり、レジスタンス・バンドを使って、腕力の負荷トレーニングをする。
  • 壁やソファーの背もたれを使って腕立て伏せをする。
  • 椅子を使ってスクワット -- コマーシャル1つ分の時間
  • ピラティス形式のストレッチで、番組のエンドロールに合わせてクールダウンさせる。

さあ、単調なエクササイズをすしないための気晴らしツールを何か持っていますか?私たちと意見をシェアしましょう!

|
|

« 研究から地中海式ダイエットでうつ病リスク低下 | トップページ | マイケル・ポランの食べるためのルール »

コメント

日々の通勤をエクササイズにするなんて素晴らしいですね!
私は全く運動をしていないので・・・・
何らかの形でエクササイズをしないといけませんね(汗

投稿: おき@ | 2009年10月13日 (火) 14時57分

おき@さん、コメントありがとう。
通勤をエクササイズにできる今の環境に感謝ですよ。勉強時間にも使えるから一挙三徳になってるかな。

投稿: 屋台ブルー | 2009年10月14日 (水) 17時36分

四万十川ウルトラマラソン。。すごい距離ですね!
走りきった後の爽快感は一段と格別なものに違いありませんね!私も、まずはフルマラソンにチャレンジしたいと思います。

投稿: SWAN | 2009年10月15日 (木) 18時00分

SWANさん、自分のできる事をコツコツとやっていきましょう。私もゴール設定と日々の努力という学生の時にやるべき事を今頃やり始めました。

投稿: 屋台ブルー | 2009年10月17日 (土) 11時35分

確かにモチベーションを維持するのは大変ですね。私も「忙しいから時間が無い。」とか「夏は暑いから秋になってから。」などと、ついつい自分で言い訳を作ってしまう傾向がおります。そろそろウエストが84cmとメタボの基準に近づきつつありますので、エクササイズを始めなきゃ!て常々思っているのですが、上記のような理由付けをしている毎日です。
「ウエストが85cmになったらやろうかな・・・。」
あ、これも自分への言い訳ですね・・・。

投稿: yasupon | 2009年10月20日 (火) 16時48分

四万十マラソン出られるんですか!すごいですね!私は長距離走が苦手なのでマラソンを走る人は尊敬します。私も何かスポーツしないと…

投稿: タケノコ | 2009年10月22日 (木) 11時37分

いやあ、四万十川ウルトラ、大変でした。大会参加はモチベーションを維持させるために良い効果がありますよ。皆さん、スポーツをしましょう。

投稿: 屋台ブルー | 2009年10月26日 (月) 12時46分

モチベーションの維持は本当に難しいと思います。自分で決めたのだからやりきる!と決意しても弱い自分が出てきたりして、高いモチベーションを保ち続けるのは難しいです(><)でも、そんな弱い自分に打ち勝てた時はちょっとだけでも成長出来たのかな?と嬉しく思うこともあるので自分が決意したことがぶれないように先生を見習って書き留めていこうと思いました★あと、四万十川ウルトラマラソンお疲れ様でした!本当にすごいです。。

投稿: ぶ~ | 2009年10月27日 (火) 16時14分

ぷ〜さん、続けて行くって、どんな些細な事でも大変です。モチベーションをキープして習慣化させるために楽しまなきゃね。辛いことも楽しく思えるように考え方を変えることが重要かな。

投稿: 屋台ブルー | 2009年10月30日 (金) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/46437314

この記事へのトラックバック一覧です: ソファーから離れてエクササイズをしよう!:

« 研究から地中海式ダイエットでうつ病リスク低下 | トップページ | マイケル・ポランの食べるためのルール »