« ホルモンはカフェインと発癌リスクを結びつけるかも | トップページ | 中等量の飲酒は認知症を遠ざけるだろう »

2009年7月14日 (火)

オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし

ライフログで取りあげたオメガ3系脂肪酸に関する話題
Flaxseed vs Fish: 植物性オメガ3か魚類オメガ3(2012/07/24)
魚と卒中(12/09/25)
オメガ3系で歯肉疾患の予防(10/12/30)
子供の脳の発達にかかわる必須脂肪酸 - オメガ3(10/11/13)
魚油は10代少年のうつ病を緩和させるかも - オメガ3(10/08/18)
食事の変化で高齢者のコレステロール値改善 - オメガ3(10/02/22)
魚油は統合失調症の予防になるか? - オメガ3(10/02/03)
魚油は細胞の老化を防ぐ - オメガ3(10/01/23)
オメガ3系脂肪酸は加齢性の失明を避けるかも(09/12/28)
食事中の脂肪酸は潰瘍性大腸炎のリスクになる - オメガ3(09/12/04)
魚を食べても心不全の予防にならないかも - オメガ3(09/10/17)
オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし(09/07/14)
オメガ3系脂肪酸は黄斑変性の進行を抑えるかも(09/06/11)
不飽和脂肪酸、アラキドン酸で精神疾患の予防効果?(09/04/15)
オメガ3系脂肪酸に関する私見(08/11/18)
女の子は男の子より2倍重要なオメガ3系(08/06/30)
オメガ3系:いかに騙されているか(08/06/20)

国際アルツハイマー病カンファレンスが、11日から16日までオーストリアのベニスで開催されている。

そんなわけで、Reutersのニュースにアルツハイマー病関連のニュースが多い。今日の話もこのカンファレンスで発表された内容。

ニュースを読めば、文献になっていない内容のようだ。この内容なら過去に同じ結果になった文献がある。

実は、Archives of Neurolodyの2006年10月に掲載された「Omega-3 Fatty Acid Treatment in 174 Patients With Mild to Moderate Alzheimer Disease: OmegAD Study」、と同じ内容だと思うのは私だけかな?

以前の研究でも、オメガ3系脂肪酸、DHAのサプリメントを摂取してもアルツハイマーの病状の進行を止めることはできなかった。しかし、ごく初期の段階だったら病状改善の効果が見られたらしい。

今日のニュースも同様の内容だ。しかし、製薬会社主導の研究報告の結果は話半分で聞いた方がいいだろう。まだ今の段階じゃサプリメントは馬鹿げた考えだと思う。DHAを自然な食材からたっぷり摂ることの重要さを説かなければならない。

天然のDHAからパワー(たぶん他の付随する未知の栄養素にも助けられ)を吸収していこう。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし
Omega-3 no match for Alzheimer's, study finds

シカゴ(Reuters) - オメガ3系脂肪酸のサプリメントには、軽度から中等度のアルツハイマ病患者の記憶力低下を弱める効果は無かったが、健康な人々の軽度な記憶障害には期待が持てそう、と米国の研究者が先週の日曜日に語った。

政府に支援された18ヶ月の研究結果では、ドコサヘキサエン酸、DHA -- オメガ3系脂肪酸 -- のサプリメントを摂取しても、知力低下を既に進行させているアルツハイマー病の患者の病状を止めることができなかった。

「この臨床試験の結果から、アルツハイマー病の患者に定期的なDHA摂取は勧められない」、とポートランド、オレゴン・ヘルス・サイエンス大学のJoseph Quinn医師が、文書でコメントした。

しかし、製薬会社の6ヶ月の研究では、軽症の記憶障害を持っている人に、Martek Biosciences CorpのDHAサプリメントを摂取させると、失っていた記憶力が回復した。

「この効果は、だいたい学習と記憶力が3歳若返ったのと等しい」、とMartekの研究者、Karin Yurko-Mauroは電話インタビューで話してくれた。

両方の研究は、オーストリアのベニスで開催されている国際アルツハイマー病カンファレンスで発表されており、アルツハイマー病の治療が難しいことが示されている。この病気は、記憶障害、混乱、自立能の消失、そして死に至り、世界中で、2600万人が影響を受けている。

これをまとめると、他の研究結果も含めて考えて、アルツハイマー病の治療は、病期の初期段階、粘着性のあるアミロイド斑が脳内に障害のある塊になってしまう前に始めなければならない。

「アルツハイマー病になる前に ... 治療をしないと、遅すぎだ」、とミネソタ、ロチェスターのメイヨー・クリニックのアルツハイマー病リサーチ・ディレクター、Ronald Petersen医師が電話インタビューで話してくれた。

望み高く

マウスや人を使った数多くの研究から、DHA -- 脂身の多い冷水魚で豊富なオメガ3系脂肪酸 -- の豊富な食事は、アルツハイマー病の進行を劇的に遅延させることが示唆されていて、DHAを使った新しい治療法への期待は高まっていた。

DHAは、少量ではあるが体内で天然に見られ、脳内においてオメガ3系脂肪酸は最も豊富に存在する。

国立老化研究所によって支援されているアルツハイマー病の研究において、Quinn医師のグループは、MartekのDHAサプリメントとプラセボ(偽薬)を軽症から中等症のアルツハイマー病の患者さん402名に使用して比較検討した。血中のDHAレベルは上昇したけど、一般的に広く使われている2つのアルツハイマー病の検査に変化は見られなかった。

しかし、アルツハイマー病のリスクを高めるApoE4遺伝子を持っていないアルツハイマー病の患者には効果があることがこの研究から示されている。Quinn医師は、この知見を「非常に興味深い」としている、というのも、他の臨床試験では、この遺伝子の関わりで反応が異なることが示されていたからだ。そして、将来の研究で、このことを調べて行かなければならないと話した。

Martekの6ヶ月の研究によると、研究者は、平均年齢70歳で、軽症の記憶障害をもっていた健常者785名に、1日900mgのDHAを与えて効果を調べた。この研究に参加した被験者はコンピューターメモリーテストを使って評価された。

6ヶ月後に、DHAを摂取していた人は、プラセボ(偽薬)を摂っていた人に比べてミスが少なかった。Yurko-Mauro氏によれば、効果は「ほぼ2倍」だった。

アルツハイマー病協会の前副会長のPetersen氏は、この研究には期待できるけど、健常者がDHAサプリメントを摂り始める前に、確認する必要があると話した。

「我々の協会は、この研究をベースにして正常の高齢者がDHAを摂ることを勧めたりはしない」、と彼は話した。

|
|

« ホルモンはカフェインと発癌リスクを結びつけるかも | トップページ | 中等量の飲酒は認知症を遠ざけるだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/45632767

この記事へのトラックバック一覧です: オメガ3系、研究によると、アルツハイマーに効果なし:

« ホルモンはカフェインと発癌リスクを結びつけるかも | トップページ | 中等量の飲酒は認知症を遠ざけるだろう »