« ブロッコリー・スプラウトは胃癌予防になるだろう | トップページ | ランニングの記録3 - 四万十川桜マラソン »

2009年4月 8日 (水)

糖質の入った飲料水を減らせば減量になる

コンビニ、自動販売機、外食した時でもいいだろう、市販の飲料水を飲んだこと無いっていう人いる?

飲んだことない人はいないだろうね。じゃあ、どんな飲料水を選んでますか?

子供ならまだしも、大人になれば、自分の考えや嗜好から自由に選んでいるだろう。何も考えてない?じゃあ、数秒でいいから、考えるべきだろう。でないと、あなたは、ウエストサイズをコントロールできなくなるよ。

炭酸飲料、スポーツドリンク、その日の気分で、適当に手にとりレジに持って行く、ちょっと太り気味のあなた。そうです、あなたです。今日の文献は、本能のまま、糖質の入った甘い飲み物を選択しているあなたに向けた内容だよ。

でも、ここの読者なら、糖質の入った飲み物は飲んでないだろう。少なくとも私のところに受診した人なら、飲んでいないよね。だって、私は、「ブドウ糖果糖液糖」を毛嫌いしているからね。

糖質の入った飲料水を減らすことと減量は相関する:PREMIER試験
Reduction in consumption of sugar-sweetened beverages is associated with weight loss: the PREMIER trial

背景:飲料水から摂るカロリー摂取が増えれば、平行して、米国民の肥満は増えていくけど、その因果関係は不明である。
目的:この研究は、大人たちの飲料水の飲み方が変わると、どのくらい体重が変化するか調べることを目的にしている。
計画:PREMIER試験に参加している810名の成人を対象にした前向き研究で、18ヶ月間の無作為に比較検討した行動療法トライアルである。開始時、6ヶ月後、18ヶ月後に測定(体重、慎重、24時間の食事の記録)を行った。
結果:開始時に、飲料水からの平均摂取カロリーは356kcal/日(全摂取カロリーの19%)だった。考えられる条件や行動療法の介入をした後に補正したら、100kcal/日あたり飲料水のカロリーを制限すると、6ヶ月後に0.25kgの減量、18ヶ月後に0.24kgの減量になる。飲料水のカロリー制限は、固形の食事のカロリー制限よりも大きな減量効果があった。個々の飲料水を較べると、糖質の入った飲料水(SSB)のみ減量と強い相関関係を示した。一日に一回SSBの摂取を止めると、6ヶ月後に0.49kg、18ヶ月後に0.65kgの減量になる。
考察:大人では、飲料水からカロリー摂取を控え、SSBの摂取を減らすことで、減量そして体重増加を避ける方法となり勧められる結果となった。

この文献の要約では、詳しい事が分からない。Reuters Healthにもう少し詳しい内容を書いてあったよ。どんな飲料水を較べたかと言えば、1)糖質の入った飲料水(普通のソフトドリンク、フルーツジュース、フルーツパンチ、もしくは高カロリーの糖質入り飲料水)、2)ダイエット飲料(ダイエットソーダ、その他「ダイエット」と書かれた人工甘味料の入った飲料水)、3)牛乳(普通のミルク、2%低脂肪ミルク、1%低脂肪ミルク、スキムミルク)、4)100%果汁ジュース(100%果汁や野菜ジュース)、5)砂糖の入ったコーヒーやお茶、6)砂糖の入っていないコーヒーやお茶、7)アルコール飲料の7つのグループを較べて、1)の糖質入りの飲料水だけ減量と相関関係があったそうだ。

砂糖入りのコーヒーや100%フルーツジュースで太らないという意味じゃないからね。100%フルーツジュースでも、市販されているジュースと手作りフレッシュジュースじゃ較べられないだろう。

PREMIER trialとは?
Effects of comprehensive lifestyle modification on blood pressure control: main results of the PREMIER clinical trial.
Appel LJ; Champagne CM; Harsha DW; Cooper LS; Obarzanek E; Elmer PJ; Stevens VJ; Vollmer WM; Lin PH; Svetkey LP; Stedman SW; Young DR
JAMA 2003 Apr 23-30;289(16):2083-93.

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« ブロッコリー・スプラウトは胃癌予防になるだろう | トップページ | ランニングの記録3 - 四万十川桜マラソン »

コメント

非常に面白い内容ですね。私も30才を過ぎたころから飲料水の好みが変わりました。30歳までは、砂糖入りコーヒーを毎日5本飲んでいましたが、ピタツと辞めました。また、飲料水も成分表示を確認してから購入するようになりました。糖類が入っているものは、どこか体に良くないという意識があったと感じます。
しっかり、研究もされているのですね。非常に興味深い内容でした。

投稿: REDMEN | 2009年4月 9日 (木) 11時42分

私も30代後半になって、糖質の入っている飲料水に手を出していません。
コンビニで手にする飲み物は、お茶か無糖のコーヒー。
でも、ジャンクフードが好きだった昔の名残か、
時々無性に炭酸飲料が欲しくなる(^_^;)
そんな時、ゼロカロリー(人工甘味料)のコーラを飲んでたりして。

投稿: 屋台ブルー | 2009年4月13日 (月) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/44605646

この記事へのトラックバック一覧です: 糖質の入った飲料水を減らせば減量になる:

« ブロッコリー・スプラウトは胃癌予防になるだろう | トップページ | ランニングの記録3 - 四万十川桜マラソン »