« ライフスタイルの要因で卒中リスクは倍になる | トップページ | スタディ:カロリーがすべてだ »

2009年3月 3日 (火)

安全に減量へ旅立つためのヒント

ExercisebikfjpgNewlogo欧米、特にアメリカでは肥満が問題なんで、「減量 = 健康」と一括りにしても、大きな問題にはならないだろう。圧倒的に重い人の割合(人口の70%以上)が多いからだ。

でも、日本じゃこの割合は小さいし、若い女性の異常なまでの痩せ願望には問題がある。

ここライフログでも、世間の受けがいいから、当初は「減量 = 健康」の図式を全面に出していたけど、昨年、ダイエットブログの記事を扱い始めて、「ダイエット = 健康」に変化させていた。

しかし、私と世間の間には、認識の違いが存在する。「ダイエット = 減量」と考えてしまえば、私の言いたいことが伝わらない。本家Diet Blog(ダイエットブログ)のロゴにあるサブタイトルを認識して欲しい。

Eat Right. Get Healty.(正しく食べて、健康になろう)」

この「正しく食べる」がダイエットであり、これは減量という意味じゃなく、あくまでも太っている人が正しく食べると、結果として痩せてくるということ。

それから、今までは、正しく食べることの重要性を話してきたけど、食事だけでは不十分だと常々感じるようにもなった。

何度も言っているけど、運動もしていないと健康という状態を長く続けることはできない。私の個人的な意見として、「いけてない」とも思う。要するに「かっこ悪い」のだ。健康的ということは、肉体や精神のバランスが取れていて、バランスの取れている格好良さが存在するのだろう。そう、格好良くなるために、運動は必要だ。格好良くなるために、最近、運動療法に力を入れて話している。

そんな訳で、今日のDiet Blog(ダイエットブログ)の記事は、減量の話じゃないよ。「減量へ旅立つ」と言うところは、「健康へ旅立つ」と読み直して考えて欲しい。

安全に減量へ旅立つためのヒント
Tips for a Safer Weight Loss Journey

過度に太りすぎていると、ワークアウトをするときも障害になり得るけど、完全に止めたほうがいいと言う訳じゃない。低い強度、ローインパクト・アクティビティ - - 軽い重り、エクササイズバンド... スープの缶を使ったり -- してする軽い筋トレは、怪我の危険性を避けてカロリー消費を始める1つの方法である。

しかし、減量にはどうだろう?筋力トレーニングはカロリー消費や減量の助けになるのは真実であり、重量を変更したり、有酸素運動と組み合わせると減量のスピードは速くなる。そう、医者がそれほど強く禁止をしていないなら、ローからミディアムレベルの有酸素運動を、週に少なくとも3回ぐらいを受け入れたらいいだろう。

医者から完全にオッケーだと言われているなら、ここに従うべき安全基準を紹介しよう:

  • 飢えないように。太っている人は痩せている人よりも早くカロリー消費をしたがる。だから、我慢しないで必要なエネルギーを摂って、ワークアウトをやり遂げたほうがいいだろう。
  • 水分を十分摂る。大きな人は汗もかきやすい。これは水分を失いやすいという意味でもある。失った水分量やそれ以上の水を補給するように気を付けよう。
  • 洒落たスニーカー、iPodのアタッチメント、サンルーフ、電力駆動の保証なんか含まれているものを購入しない、スタイルよりも快適性や耐久性に優れたものを選ぶようにしよう。
  • 脇、太ももの内側、乳首にワセリンや、ボディグライドのようなスポーツラブを使って保護しよう(不思議に、こういうのを使うとひどい擦れの予防になる)。

体重が重い人は、最初、かなり慎重になるべきた。楽しく気を張らずに始めよう。それから、強度や時間を延ばしていけばいい。何百回も聞いていると思うけど、フィットネスは長い旅であり、決して競争じゃない。それに、上で示したヒントに従えば、この旅は、生産的で楽しい以上のものになるって事は疑いもない。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« ライフスタイルの要因で卒中リスクは倍になる | トップページ | スタディ:カロリーがすべてだ »

コメント

余計なお節介かとも思ったのですが. . .
「そのために、ワークアウトをやり遂げるために必要なエネルギーまで我慢したくはないでしょ」の部分が、その前の文とのつながりの点から、私には分かりにくかったので、原文を調べてみました。そして "so you do not want to deny..." の "do not want to" の解釈を変えて、次のようにしてみました。
「だから、我慢せずに必要なエネルギーはちゃんと摂って、ワークアウトをちゃんとやりとげる方がいいよ」
"want" には "should" の意味があるので、その意味に解釈した方が、意味が理解しやすいし、前の文ともすんなりつながると思いました。

投稿: fumixie | 2009年3月 3日 (火) 22時44分

fumixieさん、毎回ありがとう。
ちょっと変な感じがするけど、手直ししないでアップしたところです。
wantにshouldの意味があると知っていれば、頭にすーっと入る文章ですね。ありがとう。修正します。

投稿: 屋台ブルー | 2009年3月 4日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/44229504

この記事へのトラックバック一覧です: 安全に減量へ旅立つためのヒント:

« ライフスタイルの要因で卒中リスクは倍になる | トップページ | スタディ:カロリーがすべてだ »