« コーヒーで口腔ガンの予防になる? | トップページ | 電話カウンセリングで減量の手助け »

2009年1月14日 (水)

経済が縮小するとウエストは大きくなる?

0901moneysandwichNewlogo 今日のDiet Blog(ダイエットブログ)の記事を、皆さん、よく読んで考えた方がいいだろう。

これと似た話題を、以前から私もよく話しているよ。

米国から始まった今回の世界的な金融危機は、健康における格差社会を更に広げてしまうんじゃないかな。

生活にゆとりがある人間は、自分の健康に気を遣い、色々な健康情報を勉強して食生活の改善、運動の習慣化をしている。

その一方、毎日の仕事に追われ生活にゆとりがない人は、高カロリーだけど栄養価の低い安価な食事をして食費を切り詰め、仕事が忙しいため運動習慣も無い。

誰の目にも明らかだよね。後者は、早い段階で病気を引き起こし、医療費がかさむ、仕事もできなくなるから収入も減る。更にゆとりの無い生活に陥り悪循環から抜け出せなくなる。

こうなってしまえば社会は荒廃する。国家力の衰退だ。私は荒んだ日本に住みたくないよ。少しでも、こんな状況にならないために、私はこのブログを続けている。皆さん、食生活の改善と運動の習慣化を考えてくださいね。

長途半端な経済危機じゃなくて、最悪な状態になれば、こういう結果になるかもしれないよね。笑い話にならないかな。

経済が縮小するとウエストは大きくなる?
Waist Sizes Growing As The Economy Shrinks?

健康の専門家は、金融危機に直面して、アメリカ人は「不景気太り」することに懸念を抱いている。

一般家庭では、基本的な生活費の捻出と食費の緊縮に困窮しており、高価格でヘルシーなカロリーの無い食材の代わりに、安価で、高カロリーな食材を選ぶ人が増えている。

Adam Drewnowski氏(シアトルのワシントン大学、栄養科学プログラムのディレクター)の電話インタビューをREUTERSから引用をする。

人々は... 生活費を工面し食費を削ることで、栄養価は無く、糖質や飽和脂肪酸が多く、精製された穀物などの低価格な食材を多く食べるようになる。[...] 状況は更に悪くなる。肥満は、経済状況が悪くなることから生じた有害な結果だ。

貧困と肥満の関連性は以前から確立している。時代が厳しくなると、人々は安価なものに目が向き、(カロリーの詰まった)満足する食材を好む。こいう食事は、一般的に、高度に加工された食材で、「栄養の悪玉」を含んでいるとDrewnowski氏はコメントしている。

what 200 calories costs(200kcalの値段は?)を見てみると、新鮮な果物や野菜は高価格だ。例えば、ペッパー(ピーマン)200kcalは$3.23ドルかかるけど、ポテチは200kcalで$0.33ドルだ。

それでも、希望はある:アメリカ人は不景気な時代を乗り切るために、身体にいい基本的な食事に向かう必要がある。「値段は手頃で、栄養価の高い、挽肉、豆、ミルク、ナッツ、チーズ、ニンジン、ポテト、缶入りトマト、スープやライス」を食べることをDrewnoski氏は勧めている。

あなたは健康的な食事にお金がかかって困っていますか?健康的だけど値段の安い食事をするためのヒントを持っていますか?

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« コーヒーで口腔ガンの予防になる? | トップページ | 電話カウンセリングで減量の手助け »

コメント

納得する話ですね。安価で高カロリー食、インスタントのような簡単なものになります。たまに食べるとおいしいのですが・・。ゆとりがない生活になればなるほど「考える時間」を確保して、健康について考えなくてはいけないと痛感しました。

投稿: REDMEN | 2009年1月14日 (水) 22時18分

確かに経済が悪化して余裕が無くなると健康(食生活)も変わってきます。自分に置き換えて大学の時などを考えてみるとお金が無かったので健康には気遣わず安くすませていたと思います。(若いときはすぐには太らなかったですが)今もあまり余裕は無いのですが食事の習慣化と適度な運動は心がけて現在の体重ー10kgを目指します。(今年の目標)

投稿: 161616&katsuji | 2009年1月15日 (木) 12時41分

今のように政治家や経済学者が不在の世の中では、きっと定期的に不況が訪れるでしょう!職を失った方は本当におきのどくですが、その日の空腹を満たすために苦労されている方も多いんだと思います。おそらく食生活も安価で腹の足しになる炭水化物に偏ってしまうのではないでしょうか。問題は「太っていても腹が減る」現実ではないでしょうか?銀行預金の様に簡単に引き出して使えない、ここが最大の問題ではないでしょうか?医学や薬学はこのテーマに真剣に取り組むべきです。ここさえ改善できれば不況な時代も自然に受け止めらますし、もう少し人間的に暮らせるような気がします。

投稿: おじゃるまん | 2009年1月15日 (木) 23時39分

『経済状況の悪化が肥満を助長する』、矛盾しているようで的確に社会状況をとらえている言葉ですね…。確かにお金が不足すると、人は安価でカロリーの高いもので食欲を満たそうとする傾向があると思います。私もその1人ですが…。身体が資本ですので、食生活を見直します!

投稿: タケノコの里 | 2009年1月20日 (火) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/43739277

この記事へのトラックバック一覧です: 経済が縮小するとウエストは大きくなる?:

« コーヒーで口腔ガンの予防になる? | トップページ | 電話カウンセリングで減量の手助け »