« ファースト・フードとアルツハイマー病の関連? | トップページ | 肥満は頭痛のリスクを高めるかも »

2008年12月 9日 (火)

ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト?

0811vegetarianNewlogo

「ベジタリアン」という言葉しか私は知らなかった。「ベガニズム」や「ロー・フーディスト」の存在を知っている人いる?日本で珍しいんじゃないかな。

少なくとも私の住んでいる高松でベガニズムもロー・フーディストを聞いたことはない。ベジタリアンの知り合いはいるけど、魚を食べているよ。

今日のDiet Blog(ダイエットブログ)の話は、日本で馴染みが薄いんじゃないかな、でも、「ベガン」という言葉は、知っているといいだろう。今後増えてくるかもね。

私は最終的にベジタリアンになりたいと思っている。

しかし肉が大好きなので時間がかかるだろう...

今日の話、コメント欄が白熱していた。牛乳を飲むべきかどうかっていう話題だ。Diet Blogには欧米の栄養士やダイエティシャンが集まっていて、牛乳の指導に関して侃々諤々とやりあっていた。

これは日本でも同じだろう。でも、牛乳が身体にいいかどうか考えるより、もっと身体にいい食材を食べればいいんだよ。好きなら飲めばいいし、嫌いなら飲まなくていい。牛乳を飲まなくても健康的にいられるだろう。私は飲まない。しかし、ホワイトソースの食事はたまにするよ(^_^)

ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト?
Vegetarian vs Vegan vs Raw: Which is Best?

「ダイエット」について話せば、普通は減量のための食事を意味する。自分の体重に満足している多くの人にとって「ダイエット」は、食事の制限を意味するのではなく、どんな種類の食事を避けるかである。

ある種類の食材を制限するいくつかのダイエットを簡単に説明して、どうしてこのようなダイエットをする理由、そして、このようなダイエットをしている人をゲストに呼ぶときのケータリングのヒントを紹介しよう。

  • ベジタリアン(肉なし)
  • ベガン(肉も乳製品もなし、例えば、卵やミルク)
  • ロー・フード(調理は全くなし、普通ベガニズムと同一)

ベジタリアン

ベジタリアン・ダイエットのコンセプトはたぶんよく知っているだろう - 肉を食べない。本物のベジタリアンは、死んだ動物を肉として考える。しかしながら、セミ・ベジタリアンは、少し制限が甘い(例えば、ペスクタリアンは魚を食べる)。英国や米国では、ほとんどのベジタリアンが卵とミルクは摂っている。

ベジタリアン・ライフスタイルになる一般的な理由は:

  • 倫理面:多くのベジタリアンは動物を食べることを道義的に悪だと考えている。
  • 健康面:肉を除外した食事は飽和脂肪酸やコレステロールが低値で、果物や野菜が多い食事を摂れば、食物線維、ビタミンやミネラルも豊富に摂れる。
  • 環境面:野菜より肉の生産にはよりエネルギーを必要とする。家畜を持つことは地球温暖化と公害の重大な原因になっている。

もしベジタリアンの知人を夕食に誘ったら、ここにいくつかのヒントを示そう:

  • 伝統的な欧米料理(英国/米国)以外の料理を出す。欧米料理は肉中心だけど、他の伝統的な料理にも肉を使っていない食事は多い。
  • ゲストが卵やミルクを食べられるかどうか確認しておこう。
  • ベジタリアンが食べられる成分が入っているかどうか食品ラベルで確認しよう(チーズを凝固させるためのリネットは、例えば、牛の胃から作られている)。

ベガン

ベガン・ダイエットはベジタリアン・ダイエットを更に進めたものとして見られている。ベガンは肉を食べないけど、更に、動物が産生したもの、卵、ミルク、ハチミツも食べない。

ベガン・ライフスタイルになる一般的な理由は:

  • 倫理面:ベガンは、自分たちが生きるために動物を利用することを良しとしていない。
  • 健康面:ベガンで得られる利点はベジタリアンと似ている、それに、すべての動物性食品を排除するダイエットから得るエネルギーは増加しているという報告が信奉者から増えている。
  • 環境面:卵やミルクを生産するために家畜を持つことも、穀物、果物、野菜を育てるほうが、やはり多くのエネルギーを要する。

もしベガンのの知人を夕食に誘ったら、ここにいくつかのヒントを示そう:

  • ベジタリアンベースの食事を選ぼう。例えば、ベジタリアンカレー、トマトソースやベジタブルソースのパスタ。
  • 植物性タンパク質を加えよう:豆、ナッツに大豆・クォーンはベガンにふさわしくない。というのも、練り込むために卵白を使用しているからだ。
  • クリーム、アイスクリームにケーキなんかすべて駄目だ、なぜなら、ミルクや卵が加わっているからだ。フルーツサラダとシャーベットが代わりのデザートになる。

ロー・フード

生の食事をするロー・ダイエットは、ここ十年ぐらいでポピュラーになっている。ベジタリアンやベガニズムと異なり、動物食品を避ける必要性は無い(そうではあるが、大多数の生食をする人は、ベジタリアンやベガンと同等だ)。

ロー・フード・ライフスタイルになる一般的な理由は:

  • 体重に関わる:生食を食べるダイエットで楽に減量することができる。
  • 健康面:食材に含まれる酵素は調理をすると失活する。そして、ロー・フードをする人は、調理をしないことで、これら酵素が消化過程を補助してくれると信じている。

もしロー・フードのの知人を夕食に誘ったら、ここにいくつかのヒントを示そう:

  • 100%生かどうか確認しよう。食事の60%以上が生を食べる時、「ロー・フーディスト」と認められる。何かもてなしをするとき、ちょっとした余裕はあるだろう。
  • 多くのロー・フード以外のゲストも一緒にケータリングするなら、スーパー・バッフェを頼んで、大量の野菜、果物、ローナッツ(ラベルをチェックしてよ)を加えよう。オリーブオイル、レモンジュースやビネガーはローサラダドレッシングに最適だ。
  • 生の魚や肉を出す場合は最大限の注意が必要だ - 食中毒のリスクはかなり高いからね。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« ファースト・フードとアルツハイマー病の関連? | トップページ | 肥満は頭痛のリスクを高めるかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/43368428

この記事へのトラックバック一覧です: ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト?:

« ファースト・フードとアルツハイマー病の関連? | トップページ | 肥満は頭痛のリスクを高めるかも »