« ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト? | トップページ | 健康的に食べる報酬システム:うまくいくのか? »

2008年12月11日 (木)

肥満は頭痛のリスクを高めるかも

肥満から生じる障害は色々あるよね。とうとう頭痛にも関連があるんじゃないかという報告がロイターで流れていた。あくまでもこの報告は疫学調査の結果であり、肥満から頭痛が引き起こされる理由は分からない。関連があるということが示されただけ。

実は、低体重でも頭痛は多いみたい。これはサンプル数が少ないから何とも言えない。

肥満はよくないけど痩せすぎはもっと悪いと私は考えている。適正体重を維持するための適度な運動と食生活。この2本柱を続けること以外で健康的に生活できない。

どんな状況でも「運動と食生活」を楽しみながら改善することはできる。自分で自分の身体のメインテナンスのプロにならなきゃね。

肥満は頭痛のリスクを高めるかも
Obesity may raise headache risk

ニューヨーク(ロイター・ヘルス) - 過体重もしくは肥満になると、ひどい頭痛と片頭痛になる可能性を高める可能性がある。また、頭痛が多くなるのは、低体重と関わりもあるかもしれないと考えられている。

7,601人の男女を解析した結果、アトランタにある米国疾病対策予防センターのEarl S. Ford医師達は、過体重や肥満の人は、頭痛が1.2から1.4倍増加するという報告をした。

Ford医師のグループは、BMI値(ボディー・マス・インデックス)と、1999年から2002年の間に国民健康栄養調査に参加した20歳以上の男女の頭痛との関連を調べた。

最終的に、15%の男性と28%の女性は、調査時前の3ヶ月の間にひどい頭痛と片頭痛を経験したことがあったという報告を雑誌Cephalalgiaに報告した。

被験者の35%は過体重(BMI値は25から30)、30%は肥満(BMI値は30以上)であり、33%が適正体重(BMI値は18.5から25)だった。

低体重の被験者は、全被験者の2%しか占めなかったけれど、Ford医師のグループによれば、2倍以上の頭痛が存在した。しかし、被験者の数が少なく更なる解析を必要としている。

男女差、民族性、喫煙、アルコール、身体的活動、糖尿病やコレステロール値など考えられる関連因子を除外しても、過体重や肥満の人は、適正体重の人に較べて高い頭痛保持率を持っている。

「もし肥満が頭痛のリスクを高めるなら、体重コントロールも頭痛をコントロールする有効な手段になるかもしれない。」Ford医師のグループはこう言う。

「肥満が頭痛を発展させる原因となりえるかどうか。」調べるために更なる解析を推奨している。

|
|

« ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト? | トップページ | 健康的に食べる報酬システム:うまくいくのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/43387627

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満は頭痛のリスクを高めるかも:

« ベジタリアン、ベガン、ロー:どれがベスト? | トップページ | 健康的に食べる報酬システム:うまくいくのか? »