« サラダで食中毒になる? | トップページ | 肥満者は12歳早く心臓発作を起こす »

2008年9月24日 (水)

13分間隔で食べるダイエット

Db_13_minuteNewlogo今日の「13分間ダイエット」っていうのは、食事と食事の間に、つまみ(スナッキング)を止められない人に向けてデザインされたんだろう。

しかし、読めば読むほど馬鹿げているとしか思えなくなる。まあ、こんなダイエットがブームになる事はないだろう。しかし、こんな馬鹿げたダイエット法が存在するっていうのも笑えるね。

今日のDiet Blogのコメント欄でも、読者からバッシングを受けている。ここまで、けちょんけちょんに叩かれると、リンク先のNorah Lane女史がピエロに見える。

こんなダイエット法で金儲けをしようとする彼女はいったい何者だろう?多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の患者さんに効果があるみたいな事を書いているけど、ちゃんと根拠のある話をしているのだろうか?もし、根拠の無い事を勧めているのであれば、彼女のしている事は、罪があるかも。盲目的な病人を相手に金儲けなんてすべきじゃない。

まあ、そんな事を言っても、抗ガン剤を開発する製薬会社が、癌患者に希望を与えながら金儲けに走っているこの世の中、何が倫理的に正しいのか私には判断できないけどね。

話が逸れるから、今日のダイエット法を読んでくれ。そして大笑いしてやろう。

13分間隔で食べるダイエット
Eat Every 13 Minutes Diet

言うまでもなく、今日の話には関心がある。根っからつまみ食い(スナック)が止められない人間として、このダイエットはどんなものか知る必要性があった。このダイエットの創始者は本当にこのダイエットが現実的なやり方と思っているのだろうか?「つまみ食い(スナック)」でどれ程食べられるのか?どんな物を食べていいのだろうか?止まらないつまみ食いの世界をもっと深く見てみよう。

13分間ダイエットは、Norah Lane女史によってデザインされた14日間のプランである。このダイエットで主張していることは、頻回に食べ(これは、絶え間なく)ると、減量する(だいたい2週間で7ポンドだ)ということ。Lane女史によると、このダイエットは、特に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の患者さんに効果があるそうだ。Lane女史の論点は、過体重の人は、代謝を上げるための十分な食事をしていないということ(確かに、これはある意味正しいだろう)。

このダイエットのいくつかの特徴

  • 2週間の間、毎日、朝食、昼食、夕食を選ぶ(記事に載っているリストから - どれも低カロリー)。それぞれの食事の間に、13分間隔、また、それに準じて「ニブル:つまみ食いが許されるスナック」と「バーン:燃焼を助けるスナック」をする。毎日30回の「ニブル」と「バーン」を摂るように目指そう。
  • ニブルは、指先サイズの小ささな野菜。ニンジン、セロリ、ペッパー、カリフラワー、キャベツ、アスパラガス、キュウリなんか。
  • バーンは、小さな赤身のタンパク質。選択枝には、チキン、調理した肉、魚、卵、コテージ・チーズ、処理したベーコン。それに硬いチーズでもいい。でも、1日25グラムまでだ。ベジタリアンなら、クオーン(訳注:これは何だ?)、豆腐、クオーク・チーズ(訳注:これも何だ?)なんかもいい。
  • 「ニブル」と「バーン」は自分の好きなようにアレンジすることもできる。ノンファットのサラダドレッシングやバルサミコ酢につけてもいい。
  • メニューに追加して、半パイントのセミ・スキムミルクも飲めるし、フルーツなら3つぐらい摂ってもいい(バナナは駄目)。パンには、低糖のスプレッド(ジャムやバター)を塗ってもいい。
  • カロリーの含まれる飲み物は、飲んじゃいけない。水、許される範囲でミルクを加えたお茶やコーヒー、ダイエットドリンクに固執しなさい。

私の考え

  • 「スナックをすべきかすべきじゃないか」ていう質問は、論議を引き起こす問題の1つだ - どちらのサイドでも支持する専門家、著者、ダイエットプランがある。
  • もっとも重要な問題は、何をどのように食べるかだ。「スナック」は、使い方によってダイエットを成功に導くし、失敗にも陥る。
  • 1日を通した総カロリーに「スナック」がどのような影響を与えるかどうかという研究はある。
  • スナックをするからといって、代謝に対して明らかな影響を示さない。しかし、大量に食べ過ぎてしまう人には効果があるだろう。
  • 「熱量産生効果(食事をするためのエネルギー消費量)」の全体に対する割合は、総代謝の8-13%を占める程度だ。もし仮に、このダイエットが代謝にいい影響を及ぼすとしても、これだけ頻回に食べるってことが、代謝の効率を上げるとは思えない - 量だって少なすぎる。

私は、この方法が現実的とは思わない。我慢と忍耐力をどれほど必要とするか考えると、やる気が失せてしまう。チキンの断片を一日中睨めっこしながら過ごさなければならない - ステーキのバーベキューを見つめるブルドックのようによだれを垂らしてだ。それに2週間過ぎたらどうしたらいいんだろう?

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« サラダで食中毒になる? | トップページ | 肥満者は12歳早く心臓発作を起こす »

コメント

Quorn(TM): a substance made from a type of mushroom, used in cooking instead of meat (Oxford Advanced Lerner's Dictionary より) となってました。
http://www.kanshin.com/keyword/113032
によると、「Quorn (クォーン):英マーロウ・フーズ社が販売している、肉のような食品」だそうです。

quark cheese: これは
http://en.wikipedia.org/wiki/Quark_cheese
に載ってました。調べた範囲では、「クォークチーズ、クワルクチーズ」などというようです。
http://www.nisshin.com/company/release/details/010112_b.html
によると、
※クワルクチーズとは...
さわやかな酸味と香りが特長のドイツ原産のフレッシュチーズのこと。フルーツと一緒に食べたり、料理、ケーキ作りなど幅広く使用される。
だそうです。

投稿: fumixie | 2008年9月25日 (木) 10時44分

fumixieさん、ありがとう。
ネットで調べたら色々ありましたね。
Quorn:http://www.quorn.com/
ですね。

辞書に載っていない単語はwikipediaで調べます。

投稿: 屋台ブルー | 2008年9月26日 (金) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/42579204

この記事へのトラックバック一覧です: 13分間隔で食べるダイエット:

« サラダで食中毒になる? | トップページ | 肥満者は12歳早く心臓発作を起こす »