« スポーツ外傷:回復のための食事 | トップページ | 減量維持:どのくらいのエクササイズが必要? »

2008年7月31日 (木)

新しい糖尿病治療:ウォーキング!

0807walking Newlogo今日も引き続きエクササイズの話題。糖尿病の患者さんに歩きなさいと医療従事者なら当然言うよね。

今日のDiet Blogの記事は、患者さん説得材料になるだろう。早速患者さんに教えてあげよう。

実は、Diet Blogの内容は、少し分かりにくかったのでリンク先のニューキャッスル大学のレビュー報告の要約を読んだよ。そしたら、もう少し具体的な内容が分かったんで、紹介しよう。でも、先にDiet Blogの記事を読んでから、この後を読んだ方がいいかな。

この研究の面白いところは、MRIを使って骨格筋のミトコンドリアの機能評価をしているところだ。ウォーキングが細胞レベルでどんな影響を与えているのか観察してるんだよね。こういう研究が増えていくと面白い。

私は、今のMRIでどこまで機能評価できるのか知らないけど、ミトコンドリアレベルのエネルギーの消費プロセスも分かるようだ。

まずこの研究では、非糖尿病グループと2型糖尿病グループの下腿筋肉のミトコンドリア機能を比べている。ATP(エネルギー)基礎消費量やクレアチンリン酸(貯蔵エネルギー)の回復は、両グループとも同等だった。

更に、運動量を上げ(45分のウォーキング)て、8週間経ってもATPとクレア値リン酸の差は出なかった。しかし、2型糖尿病グループで、脂肪酸化のレベルは上昇したのである。

筋肉では、脂肪も糖質もミトコンドリアで燃焼されている。ミトコンドリアが効率的に働けば、より多くの脂肪は燃焼される。筋肉や血中の脂肪が低下して、筋肉への糖の取り込みが改善して糖尿病のコントロール改善が起こるのだろう。

ちょっと分かりにくかったかも。簡単に言っちゃえば、運動の効果は、正常の人より2型糖尿病患者さんにあるって事だよ。

新しい糖尿病治療:ウォーキング!
New Diabetes Medication: Walking!

ニューキャッスル大学の研究によれば、毎日45分間歩けば糖尿病のコントロールの助けになるそうだ。Micahael Trenell医師とRoy Taylor教授は、2型糖尿病の患者さんが毎日定期的に歩けば、糖尿病のネガティブな影響を減じることができると研究で報告した。

Diabetes Care誌に発表された研究により、10人の2型糖尿病患者さんと非糖尿病のコントロールグループが比べられた。各々の被験者に万歩計が与えられて毎日10,000歩以上歩く指示が出された。45分間余分に歩行すれば、2型糖尿病の患者さんは、20%以上の脂肪燃焼をするという知見が得られた。骨格筋における糖の取り込み能が改善されるから糖尿病のコントロールが良くなる。

この研究をしたTrenell氏は:

この研究のエキサイトするところは、投薬治療を全く必要とせず、直ちに糖尿病コントロールを開始できるところにある。毎日の生活で肉体的活動性を増せば、エクササイズのためだけに外出する時間を作る困難さを避けることができる。毎日余分に45分間歩くことで糖尿病は改善する - というメッセージは単純だけど非常に重要だ。

ウォーキングの他の利点

この研究の被験者の数は非常に少ないため、日々のウォーキングで糖尿病のコントロールができると結論づける前に更なる研究が必要だろう。しかし、ウォーキングには幅広い利点がある - 糖尿病であろうとなかろうと - これは十分証明されている。毎日歩く習慣が確立していないのなら、次のことができるってことを知っておこう:

  • 減量や減量維持の助けになる。
  • 体脂肪率を減らせる。
  • 骨密度を増加させる。
  • 血圧を低下させられる。
  • 中等度のうつの抑制。
  • 柔軟性を増す。

ウォーキングはあなたができる最高のエクササイズの1つである。なぜなら:

  • お金はいらない。
  • 特別な服装も道具もいらない。
  • もし太りすぎている状態なら、ゆっくり数分間だけ歩けばいい。
  • 友達でも家族でも一緒にしやすい。
  • どこへでも歩いて行ける:街でも、郊外でも、ショッピングモールでも...

エクササイズをしない人の一番多い言い訳は「時間がない」である。しかし、これはウォーキングを生活に組み込むことができない理由にはならない。Trenell医師によれば、

我々が知り得たことは、糖尿病患者は、誰でもウォーキングを通してアクティブな生活ができるということ。私たちの研究で、被験者の多くは、2つ3つ前のバス停で降りて歩いたり、お昼休みに歩いた。

ウォーキングで痩せた?減量できた?糖尿病コントロールしたことある?ウォーキングするためのアイディアがあったら教えてください。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« スポーツ外傷:回復のための食事 | トップページ | 減量維持:どのくらいのエクササイズが必要? »

コメント

バージンとは縁遠かった私のキッチンに、なぜかエクストラバージンオイルが鎮座しています。現在地中海式ダイエット、プラス低炭水化ダイエットを実践中です。昨日バージンちゃんと卵のコラボを頂きました。もちろん野菜もタップリデス。私はメタボでも糖尿病でも(今のところ)ないのですが、ウエストサイズは結構気にしています。十日程になりますが今のところウエストに変化はありません。エクササイズ不足は否めませんが、きっと内臓脂肪は減っているのだろうと自分なりに納得しています。気のせいかアバラが少しだけ明瞭になっているように思います。もう少し続けてみます。

投稿: おじゃるまん | 2008年8月 1日 (金) 00時32分

お金もかからない経済的なウォーキング。
確かな効果があるんですね。
私も最近運動不足気味なので、歩くなりジョギングなりしていこうと考えてますが、暑さでその心が折れてしまいます。
それに外を歩きたいと思えるような環境(自然が一杯の林歩道とか海辺とか…)があればいいのですが。
んーそう考えるとジムがいいかもしれないですね。

食事では結構な頻度でキャベツ食べて食生活の改善?しています。

投稿: くりたろ | 2008年8月 3日 (日) 02時44分

暑い日が続きますのでウォーキングは夜ですね。
でも、夜も暑いのでつらいです。

しかしこれがゴルフとなると行ってしまうんですよね。
熱射病直前までいつもなってしまいます。

投稿: HK | 2008年8月 5日 (火) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/42020480

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい糖尿病治療:ウォーキング!:

« スポーツ外傷:回復のための食事 | トップページ | 減量維持:どのくらいのエクササイズが必要? »