« 地中海式と低炭水化物ダイエットに光明 | トップページ | 低炭水化物ダイエットの真実 »

2008年7月24日 (木)

人力浮遊ジム

FloatinggymNewlogo
最近の話題はちょっと学術的で面白くないという突っ込みが弟の嫁さんからあった。どんな話題にするかいつも悩んでいる。

今日は久しぶりに興味深い話題がDiet Blogで紹介されていた。スポーツジムを人力マシーンにしてしまうアイディア。こういうアイディアが実現されてくると面白いよね。日本でもエコとエクササイズを組み合わせたビジネスモデルができるといいね。

人力浮遊ジム
Human-Powered Floating Gym

スポーツジムで無駄なエネルギーが使われていると感じている人は多いんじゃないかな?人々はトレッドミルやバイクを無駄に動かしている。

「ただ個人の幸福のためだけの目的で、エネルギーは即座に多大な消費がされている。」エコ・デザイナーのMitchell Joachim氏は言う。Joachim氏は、どうすればいいか知っている:ヒューマン・パワー・リバー・ジム

Floatinggym2

健康のための快適性を与え続けることで、リバー・ジムは、ガラスボックスの世界を抜けだして、有効的で多面的な動的な空間を作り出している。水を浄化させたり、素晴らしい眺めを作り出したり、動けない市民を運搬したりできる人力マシーンに、ジムがなってしまうと想像してごらんよ。どうしてジムのメンバーは、自分の身体がもっともアクティブな時に、鏡、テレビ、変わらない風景を、せわしなく見続けなきゃいけないんだろう?

すばらしいアイディア - これこそ本物の機能的なフィットネスだ。

このデザインは、ニューヨークマガジンの「ジムを作る」応募で3位を獲得した。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

|
|

« 地中海式と低炭水化物ダイエットに光明 | トップページ | 低炭水化物ダイエットの真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/41957997

この記事へのトラックバック一覧です: 人力浮遊ジム:

« 地中海式と低炭水化物ダイエットに光明 | トップページ | 低炭水化物ダイエットの真実 »