« 健康的なライフスタイルで遺伝子発現が変わる | トップページ | ホルモンは減量維持を助ける:米国の研究 »

2008年6月25日 (水)

トレック・デスク

Trekdesk Newlogo今日は面白い商品を紹介しよう。少し関連のある過去の記事も読んでみたらどうだろう。

ニート:毎日動き続けるとどうして痩せているか

NEAT(エクササイズじゃない活動による熱量産生)を増やす道具としてトレッドミル・デスクやトレック・デスクは使えるよね。

Bnr80_15_04Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

トレック・デスク
The Trek Desk

トレッドミル・デスクの人気が出ている。トレック・デスクは、エクササイズ・ボールを付け加えて、トレッドミル・デスクの一歩先を進んでいる。

最初は、単なる宣伝用のデスクと思った。しかし、オフィスで1日中座っていると、体中が痛くなるのに気がつくだろう。

歩きながらキーボードをタイプするって、滅茶難しいって本当に思うんだよね。誰かトレッドミル・デスクを試した人いないかな?現実的な装置なんだろうか?

身体が上下に動いていてスクリーンに集中することができた?

-----
そしてJillさんのこんなコメントもあった。

私は、18ヶ月間トレッドミル・デスクを仕事場で使っているよ。最初は時速1マイルぐらいのスピードで歩いていたけど、今は時速1.5マイルになっている。同時に、歩いてタイプして話をするのは、慣れるのに丸1日かかった。それに、座るんじゃなくて1日中立っているのに慣れるのは、4から6週間かかったな。手書きをするのは今でも難しい - 歩いていたら酷いもんだよ。

典型的な日は、少なくとも5マイルは歩く。7マイル半か8マイル歩く時もある。

私は歩いている時の感覚が好きだ。従来の「デスク」仕事には戻りたくない。

-----
他のコメントに実際に使っている人のブログを紹介している。ちょっと覗いてみたらいいだろう。日本でも流行るかな?

|
|

« 健康的なライフスタイルで遺伝子発現が変わる | トップページ | ホルモンは減量維持を助ける:米国の研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/41644763

この記事へのトラックバック一覧です: トレック・デスク:

« 健康的なライフスタイルで遺伝子発現が変わる | トップページ | ホルモンは減量維持を助ける:米国の研究 »