« 最新のフィットネス器具は何だろう? | トップページ | パワード ピーナッツ バター? »

2008年4月14日 (月)

人種差別より広がるファティズム(肥満差別)

Newlogo今日の記事をどう思うだろう?肥満は怠慢な生活の結果と決めつけてしまう人が差別をしてしまうんじゃないかな。確かに自分をコントロールできない無精な人もいるだろう。しかしながら病気や他の理由により体重をコントロールできない人も含まれているのは事実。100パーセント否定できない事象に対して、外見太っているという理由で差別するのは間違っている。

BMI値が30を超える人口が30パーセントを超える米国の話だけど、日本でも肥満者に対して冷ややかかに見られているかもしれない。BMI値30以上が3%そこそこの日本ではまだ数が少ないだけだろう。

Banner_03<--気に入ったらクリックしてください。

人種差別より広がるファティズム(肥満差別)
Fatism More Widespread Than Racism

法律の下 - 肌の色、人種、宗教、性別、年齢、その他諸々に係わって人を差別することははできない。

しかしながら1つだけ例外がある - 体重だ。

現代文明において体重に関する差別は社会的に容認されていると最新の研究で示された。

ABCニュースがこの研究から得られたデータをリストアップしている。

・男性の場合は、BMI値が35に達するまで差別を受けるリスクは高くないけど、女性の場合はBMI値が27から増え始める。

・BMI値が30から35の中程度肥満女性の場合、同程度の男性に比べて3倍以上の人が差別を受けた経験がある。

・米国では、他の差別と比較すると、体重に係わる差別は女性では三番目に多い理由になる(よく知られている性別と年齢に次いで)、そして成人全体では4番目の理由になる(性別、年齢、人種に次いで)。

現在の考え方では、年齢、人種、身長など自分ではどうすることも出来ない要因であるけど、体重はコントロールすることができると言われている。

研究の著者はこの考えに反論している:

「{...] 体重は修正可能だ。しかし現在の知りうる科学でコントロールできない。何百もの無作為化比較試験から分かっていることは、存在する減量法では減量を維持するこが難しい。」

|
|

« 最新のフィットネス器具は何だろう? | トップページ | パワード ピーナッツ バター? »

コメント

お疲れ様です。
先程は失礼致しました。肥満に関しては私も怠慢な生活の結果だと決め付けていたところがあります。このブログを見て考えも変わりました。
確かにBMIは人種差はあると思うのですが。。。
現在、私は怠慢な生活の末?太り気味になってきています。現在ダイエット中ですが。。。
出来る限りスポーツ行事には参加しているところです。しかし昔テニスをやっていてその頃の練習量からするとどうしても食事をしっかり節制するしかないです。
今後もブログ参考にさせていただきます。

投稿: 大内一朗 | 2008年4月14日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117495/40877308

この記事へのトラックバック一覧です: 人種差別より広がるファティズム(肥満差別):

« 最新のフィットネス器具は何だろう? | トップページ | パワード ピーナッツ バター? »